とにかく映画が好きなんです

とにかく映画が好きで、特にアメリカ映画大好きです このブログは、ネタバレありの映画鑑賞日記です。主にハリウッド映画と韓国映画をメインに感想を書いています








◆ SNSで映画情報を発信しています ◆
★Twitter → @pharmacy_toe
★インスタグラム → pharmacy_toe

マイケル・ファスベンダー主演の映画「アサシン・クリード」を映画館(3D IMAX)で観た。

アクションゲーム「アサシン・クリード」の実写映画版。

ある死刑囚が500年前の祖先の記憶に潜入し、歴史に秘められた謎を解く。


満足度 評価】:★★★☆☆(3.5)

周りの評判があまり良くなかったので期待せずに観たら、そんなにつまらなくもなかった。

500年前のアクションシーンが見どころなのに、それがぶつ切りになってしまっていて、緊張がブチブチ途切れちゃったところが残念だった。


「アサシン・クリード」予告編 動画

(原題:ASSASSIN'S CREED)




DVDで観る:「アサシン クリード」2枚組ブルーレイ&DVD

アサシン クリード 2枚組ブルーレイ&DVD(初回生産限定) [Blu-ray]

新品価格
¥2,345から
(2017/12/16 19:32時点)



ネット配信で観る:「アサシン クリード」(字幕版)

アサシン クリード (字幕版)

新品価格
¥399から
(2017/12/16 19:33時点)



ゲーム「アサシン クリード」 I II ウェルカムパック【CEROレーティング「Z」】

アサシン クリード I II ウェルカムパック【CEROレーティング「Z」】

新品価格
¥3,344から
(2017/3/11 19:46時点)



キャスト&スタッフ


出演者

マイケル・ファスベンダー
…(「エイリアン:コヴェナント」、「光をくれた人」、「X-MEN:アポカリプス」、「スロウ・ウエスト」、「スティーブ・ジョブズ」、「FRANK-フランク-」など)

マリオン・コティヤール
…(「たかが世界の終わり」、「マリアンヌ」、「エディット・ピアフ~愛の讃歌~」、「サンドラの週末」、「コンテイジョン」など)

ジェレミー・アイアンズ
…(「バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生」、「リスボンに誘われて」、「キングダム・オブ・ヘブン」など)

シャーロット・ランプリング
…(「さざなみ」、「リスボンに誘われて」、「クリーンスキン 許されざる敵」、「評決」など)

ブレンダン・グリーソン
…(「ヒトラーへの285枚の葉書」、「夜に生きる」、「未来を花束にして」、「ある神父の希望と絶望の7日間」、「白鯨との闘い」、「オール・ユー・ニード・イズ・キル」、「ハリーポッターと不死鳥の騎士団」、「ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1」、「ハリー・ポッターと炎のゴブレット」など)


監督

〇ジャスティン・カーゼル

2016年製作 イギリス、フランス、アメリカ、香港合作映画


アサシン・クリード

あらすじ


死刑囚のカイル・リンチ(マイケル・ファスベンダー)は、死刑執行された後、見知らぬ病室で目が覚める。

もう死んだと思った彼はまだ生きていて、ベッドの横にはソフィア・リッキン博士(マリオン・コティヤール)が。

彼女がカイルのことを助けてくれるという。

そして、カイルは巨大な機械につなげられ、500年前の過去の記憶に引き戻されるという経験をする…。


アサシン・クリード2

感想(ネタバレあり)


ゲームの良いところをつまみ食い


ゲームを全くしないので、この映画の元ネタである「アサシン・クリード」のことも知らないし、名前を聞いてもピンと来ない。

Wikipediaで調べてみたら(参考:Wikipedia「アサシン・クリード シリーズ」)、なるほど、映画はゲームを忠実に映画化したのではなく、おいしいところをちょいちょいつまみ食いして作ったんだろうなと感じた。

そういう「つまみ食いの寄せ集め」だから、この映画版が全体的にザックリとした大味な印象を受けるのだろう。

連続ドラマでいったら、ダイジェスト版を映画として上映しているような感じだろうか。



舞台は16世紀。

十字軍の残党から引き継がれた「テンプル騎士団」に対抗する暗殺者集団「アサシン教団」。

彼らは共に「エデンの果実」と呼ばれる秘宝を奪取するために争っていたが、「エデンの果実」は「アサシン教団」によって守られ、どこか安全な場所に隠されてしまった。



500年後の現在、「テンプル騎士団」の子孫たちは「エデンの果実」のありかを求め、「アサシン教団」の子孫のDNAに眠る記憶を呼び起こそうとしている。

「十字軍から引き継がれたテンプル騎士団」と聞くと聴こえはいいが、ここに登場する彼らは人間から一切の「自由と平等」を奪おうとしている者たちであり、その裏で人間の尊厳を守ってきたのは暗殺者集団の「アサシン教団」だったというお話。



アサシン・クリード3



500年前の戦闘シーンは迫力満点


この映画で最もテンションが上がったのは、マイケル・ファスベンダー演じる主人公のカラム・リンチが500年前の記憶に入り込んで戦闘をしている場面

手首から飛び出るナイフ、周りから飛び交う矢、切れのあるアクション…

豪華な古代のセットの中で繰り広げられるアクションは、IMAXで観たから余計に迫力満点だった



そういえば、マイケル・ファスベンダーは「X-MEN」シリーズで観ているけど、あのマグニートは空中を飛んでいるだけで、ガッツリアクションをしている訳ではない。

こんなにフルでアクションをしているマイケル・ファスベンダーは初めて観たような気がした。

そもそも、スタイルも良く身体もガッチリしているので、アクションはとても似合っている。

これからの新しいアクションスターの1人として期待したいと思った。



アサシン・クリード5



最高潮の盛り上がりで現代に引き戻される時の残念さ


ところが、この映画でとても残念だったのは、そのアクションが一番盛り上がっているところでプツッと途切れ、現代に引き戻されてしまうところだった。

「えぇ~、いいところだったのにぃ~」と思いつつ、強制的に現代の場面へと引き戻されてしまう

それはテレビシリーズの「24」で、ジャック・バウアーが何かを発見し、「えぇっジャック!?」と思った瞬間、見事に「ピッ・ポッ・ピッ・ポッ」といいながらCMに入ってしまうタイミングに似ている。

これは映画なのに…。



しかも「24」は数秒間のCMが流れた後に、さらに高いテンションで帰ってくるからまだ良い。

この映画の場合は、急にアクションが停止して緊張感が途切れた上、「早く続きが観たいのに」と思っているのに、なぜカイルがそこにいるのかの説明が始まってしまう。

あれだけのセットがあってアクションができるのだから、怒涛のアクションをガンガン見せて観客のテンションを上げることもできただろうに…



カイルがそこにいる理由は、高いテンションを保ったまま映像で説明することもできたはず。

あの一気にテンションが下がるタイミングの悪さは本当にもったいなかった



500年前の戦闘シーンをこれでもかというぐらいガッツリ見せた後で、フェイドアウトしつつ、再度、現代の場面でテンションを上げるという、上手い感じの二段攻撃にはできなかったものか…。

というか、もっとシンプルに描けなかったのか。

マイケル・ファスベンダーのせっかくのアクションシーンもこれではもったいなかった。



アサシン・クリード4



続編製作の可能性…


結局のところ、最後はカラム・リンチが父親の助けもあって「テンプル騎士団」に利用されているということに気付き、「アサシン教団」としての自我に目覚めていく

そして、マリオン・コティヤールもまた自分自身に目覚め、「アサシン教団」に立ち向かっていく…。

という所で終わっているのだけど、これは明らかに続編への伏線…。



しかし、アメリカで大コケしてしまった今、続編は難しいのではないかと…。

うーーん。

ゲームを元ネタに美味しいところだけつまみ食いして、名優を集めたものの使いきれず、目玉のアクションもぶつ切り状態…となるとやっぱり続編は難しいかな…。



一応、続編を作りたいなぁという構想はあるらしい。

→ eiga.com「『アサシン クリード』監督、マイケル・ファスベンダーと続編を構想



しかし、これは公開前だから言えた話なんだな…。

もしも、続編は完全に仕切り直して、もっとシンプルに「テンプル騎士団」と「アサシン教団」の対決を見せてくれる映画だったらちょっと観てみたい気もするな…






↓ 人気ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします

映画 ブログランキングへ

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村





DVDで観る:「アサシン クリード」2枚組ブルーレイ&DVD

アサシン クリード 2枚組ブルーレイ&DVD(初回生産限定) [Blu-ray]

新品価格
¥2,345から
(2017/12/16 19:32時点)



ネット配信で観る:「アサシン クリード」(字幕版)

アサシン クリード (字幕版)

新品価格
¥399から
(2017/12/16 19:33時点)



ゲーム「アサシン クリード」 I II ウェルカムパック【CEROレーティング「Z」】

アサシン クリード I II ウェルカムパック【CEROレーティング「Z」】

新品価格
¥3,344から
(2017/3/11 19:46時点)




















ブライアン・クランストン主演の海外ドラマ「ブレイキング・バッド」<シーズン1>エピソード3『人間の成分』をNetflixで観た。

死体の処理に失敗し、もう一人は殺せずにいて、前に進めないウォルターとピンクマン。

家に巨大な穴が開く大惨事は、テレビ史上まれにみるグロテスクなシーンだけど、そんな空間をなんだか笑ってしまう。

このシュールな感じが、この「ブレイキング・バッド」の魅力なんだろうなぁと思う。


そして、いよいよ、ウォルターが現状と決着をつける。

「ブレイキング・バッド」<シーズン1>予告編 動画

(原題:Breaking Bad)

 


「ブレイキング・バッド」ブルーレイBOX 全巻セット復刻版 Blu-ray

ブレイキング・バッド ブルーレイBOX 全巻セット復刻版 [Blu-ray]

新品価格
¥18,262から
(2017/12/14 00:38時点)



「ブレイキング・バッド」SEASON 1 - COMPLETE BOX Blu-ray

ブレイキング・バッド SEASON 1 - COMPLETE BOX [Blu-ray]

新品価格
¥3,980から
(2017/12/14 00:39時点)





***********

〇 「ブレイキング・バッド」<シーズン1>エピソード2 観ました!!

感想はこちらから →海外ドラマ「ブレイキング・バッド」<シーズン1>エピソード2『新しい相棒』給料の安さと医療費の高さが凡人を悪へと導いていく。ブライアン・クランストン主演【感想】

***********

キャスト&スタッフ


出演者

ブライアン・クランストン
…(「トランボ ハリウッドに最も嫌われた男」、「幸せの教室」、「ドライヴ」、「コンテイジョン」など)

〇アンナ・ガン

アーロン・ポール
…(「トリプル9 裏切りのコード」、「パパが遺した物語」)

〇ディーン・ノリス

製作総指揮

〇ヴィンス・ギリガン


ブレイキング・バッド1



感想(ネタバレあり)


解析できる成分を全て持ち寄っても、人間を再構成することはできない


前回、エピソード2で殺してしまった売人を風呂桶に入れて酸を入れたら、人間が風呂桶ごと溶けちゃった!!

それが、床を溶かし家に穴を開けてしまう大惨事に

しかし、これってグロくて大惨事だけど、笑ってしまう(笑)

すごい、ブラックジョーク!!



そして、このエピソード3は、大惨事になってしまった家の掃除からスタート。

ウォルターは血まみれになった家の掃除をしながら、かつて、ある女性と「人間の成分」について話し合った時を回想する…。

この回想に出てくる女性は誰だったんだろう

スカイラー(奥さん)ではなさそうだったけど…。



その時、出てきた成分を全て足しても、100%にならないことが分かる

最後に足りなかった数パーセントは、「もしや魂とか?」という話が出て、その微量な何かが人間を構成しているんだ…という結論になった



解析できる成分を全て正しい割合で持ち寄っても、人間にはならないんだね。

だからこそ、人間なんだって。深い話だねぇ。



ブレイキング・バッド1-3-1



情がわき始めたのも束の間…


そして、もう一人生きていた売人のクレイジーエイトは、ウォルターが殺す係だった。

しかし、ビールを飲みながら会話をしているうちに、彼の本名はドミンゴであり、実家は家具屋を経営し、ニューメキシコ大学で経営学の学士を取得するインテリであることが分かる。

そして、次第にドミンゴに対して情がわいてきてしまう


ところが、ウォルターがサンドイッチをドミンゴに渡そうとして倒れた時に、皿が割れてしまい、そのかけらの一つをドミンゴが持っていることに気付いてしまう。

それまでは、ドミンゴを助けるつもりでいたのに…

結局、そのままドミンゴの首を絞めて殺してしまう…。



そして、家に帰ったウォルターは、スカイラーに「話がある」と言う…

いよいよ、これはウォルターが「末期がん」であることを告白するのかなぁ…。

奥さんはつらいよなぁ…。この先、どんな展開になるんだろう…。





Twitterでも海外ドラマや映画の情報を発信しています~





↓ 人気ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします

映画 ブログランキングへ

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村





「マインドハンター FBI連続殺人プロファイリング班」

マインドハンター──FBI連続殺人プロファイリング班 (ハヤカワ・ノンフィクション文庫)

新品価格
¥1,037から
(2017/12/3 22:42時点)



「ゾディアック」特別版 DVD

ゾディアック 特別版 [DVD]

新品価格
¥927から
(2017/12/3 22:54時点)




















ソン・ヒョンジュ主演の韓国映画「ありふれた悪事」を映画館で観た。

1987年、民主化運動が高まる韓国で、どこにでもいる普通の刑事が国家安全企画部からワイロをもらい、悪の道へと引きずり込まれていく姿を描く。


満足度 評価】:★★★☆☆(3.5)

サスペンス映画なのかと思ってみていたら、ガッツリ社会派映画だった。

なぜ、韓国はこれほどまでにワイロや汚職にまみれているのか

その理由について考えてみた。



「ありふれた悪事」予告編 動画

(原題:보통사람(普通の人))




「ありふれた悪事」DVD

ありふれた悪事 [DVD]

新品価格
¥4,104から
(2017/12/15 16:27時点)



キャスト&スタッフ


出演者

ソン・ヒョンジュ
…(「悪のクロニクル」、「リバイバル 妻は二度殺される」など)

チャン・ヒョク
…(「愛の棘」、「FLU 運命の36時間」、「僕の彼女を紹介します」、「火山高」など)

キム・サンホ
…(「あなた、そこにいてくれますか」、「特別捜査 ある死刑囚の慟哭」、「海にかかる霧」など)

〇チョ・ダルファン

〇チ・スンヒョン

〇ラ・ミラン

チョン・マンシク
…(「アシュラ」、「7番房の奇跡」など)


監督

〇キム・ボンハン

2017年公開 韓国映画



ありふれた悪事



あらすじ


1987年の韓国で、ソンジン(ソン・ヒョンジュ)は目を付けた犯人は逃がさないという正義感に燃えるありふれた刑事だった。

そのソンジンが連続殺人犯を捕まえると、国家安全企画部のギュナム(チャン・ヒョク)から呼び出しを受ける。

ソンジンがギュナムの元へ向かうと、一冊のファイルが手渡される。

それは、殺人犯として逮捕したテソン(チョ・ダルファン)が殺したと思われる殺人現場の記録だった。

しかし、それは知的障害のあるテソンにはできないような犯行ばかりだったのだが、ソンジンにはギョナムの命令には背けない事情があった…。



ありふれた悪事2



感想(ネタバレあり)


独裁政権下で国の権力を握っていた 国家安全企画部



1987年になったばかりの韓国は、軍事独裁政権に対して民主化を求める運動が活発になっていた時期だった。

当時は冷戦下にあったこともあり、諜報活動やスパイを摘発する国家安全企画部では「言動が目立つ人物」を「共産主義的だ」と言って逮捕する、いわゆる赤狩りをして、国民に物を言わせないようにしたり、見せしめのように犯人をねつ造してまで犯罪検挙率を上げるなど、政府の威厳を保つことに躍起になっていた



この映画の中でチャン・ヒョクが演じているのが、その国家安全企画部で出世を狙う元検事ギュナムだ。

前半部分では、そのギュナムが「あと、有名人 2~3人の名前が欲しい」と言っていたのが、まさに赤狩りで、何もしていない歌手に自白の強要をさせている場面が出てくるのは、「国家安全企画部」が当時どのような活動をしていたのかを見せているシーンだった。



チョン・マンシクが演じているのは、そのギュナムの上司で、国家安全企画部の次長。

彼のポジションまで登りつめると、左うちわの生活ができるようになることを示している。

ギュナムが目指していたのは、まさに、その「左うちわ」の生活であって、その座を手に入れるためには悪魔とも取引しそうな、血も涙もない冷酷な男である。



そのギュナムが、「自分の出世のために利用できそうだ」と感じたのが、ソン・ヒョンジュ演じる「どこにでもいる平凡なタイプのありふれた刑事」ソンジンだった

当時の国家安全企画部は、そんな感じで国の権力を握っていたから、そこから声をかけられた小市民のソンジンが黙って言うことを聞くしかなかったのは当然である。



ありふれた悪事5


はじめは「選ばれた人間」だと思っていた、普通の人・ソンジン



この映画の面白さは、そんな「小市民」ソンジンが、国家安全企画部からワイロを積まれて徐々に闇へと落ちていく様を描いているところにある。



ソンジンは当時話題になっていた連続殺人犯を逮捕した刑事として話題になっていた。

彼は、一度犯人を見つけたら最後まで逃がさない熱血漢で、その真面目さがウリだった。

国家安全企画部は、そんな「善良そうな人気者 ソンジン」に目をつける



彼が逮捕した殺人犯なら、きっと国民も信じるに違いない

そんな善良な刑事をギュナムは探していた

そこで、ギュナムはソンジンに「ある連続殺人犯の尋問」を命令する。



はじめは、渡された資料を見て、その資料の通りに「犯人だと」名指しされたテソンに自白をさせようとしていた。

しかし、そのテソンには知的障害があり、刑事が殴ってくると怖くなって「はい。私がやりました」と言ってしまうような男だった。

そのうちソンジンは、「この男が犯人ではない」と思うようになる。



国家安全企画部は、知的障がい者のテソンが反論できないのをいいことに、国民への見せしめにするために利用したのである。



その国家安全企画部の悪事に気付いたソンジンだったが、その時には既に、ギュナムからは高級料亭に誘われ、実質トップの次長に会ったり、封筒に入った札束を渡されたり、高級車をプレゼントされたりした後だった。

そうして、もらえるワイロがエスカレートしていき、ソンジンは「善良な刑事」から「国家安全企画部の犬」へと変わり果てていく

そして、「足に障害のある息子の手術」まで世話になってしまい、もう国家安全企画部に何も言えない状態にまでなってしまっていた



ありふれた悪事3


給料だけでは家族を満足に養えないという「ワイロ事情」



韓国映画を観ていると、時代劇から現代劇まで、毎回のようにワイロや汚職が描かれていて「なぜ、韓国からワイロや汚職がなくならないのか」が、いつも不思議だった

しかし、そのソンジンの変化を見ているうちに、なぜ「ワイロや汚職がなくならないのか」その理由が見えてきたような気がした



そもそも、刑事の給料だけでは贅沢な暮らしができないという経済的な問題がある。

普通の家族だったら問題がないかもしれないが、ソンジンのように足に障害のある息子がいた場合、普通の家庭よりも医療費が多くなる。

すると、その他の部分は切り詰めなければならない。



映画の中では、ソンジンの妻が袋貼りの内職をしている場面が出てくるが、それが彼らの生活費の現状を表していた。

そんな妻をソンジンは叱るが、それは自分の不甲斐なさへの怒りなのかもしれない。

「正義感が厚く、善良な刑事」と言われて、国家安全企画部にチヤホヤされても、妻と息子を楽にさせてあげることができないからだ。



ギュナムはそんな「ソンジンの家庭の事情」に目をつけ、うまく利用する

そうして、国家安全企画部と刑事のズブズブな関係が出来上がっていく



もしも、「それなりに満足のいく生活を送っていれば、ワイロや汚職がなくなるのか」と言われれば、そこは個人の倫理観にもよるので、そうではないかもしれない。

でも、お金に困っている人は目の前にお金を出されれば手が出てしまうし、困っていなければ拒否することできる。

お金を使って人を動かすことで、地位や権力を手に入れられる構造をなくさないことには、この悪習慣はなくならないように思うが、それ以前に、刑事の給料のベースアップが必要なのかもしれない。



そして、この映画の焦点は「そのズブズブな関係からソンジンが抜け出す時」へと移っていく。

ソンジンの目を覚まさせたのは、親友の新聞記者・チュ・ジェジンだった



ありふれた悪事4


世の中を変える希望は「ジャーナリズム」にあり



そんなワイロや汚職がはびこる世界を変える「希望」は「ジャーナリズム」にあると、この映画は主張する

その象徴として登場するのが、ジェジンだった。

たとえ、彼が死んだとしてもその精神は生き続けると信じ、最後まで信念を貫き通したジェジン



「ジャーナリズムは、右に傾くと沈没するが、左に傾くと安定する」

という、ジェジンのセリフがある。

ジャーナリズムは国民の代表であり、国家が行っていることに常に目を光らせているべき存在であることをそこでは示している。



そんなジェジンを死に追いやってしまったソンジンは、再び正義感に目覚める。

「いつかは捨てられ、食われてしまう運命の犬なら、最後に悪あがきしてやる」とばかりに、国家安全企画部の悪事を暴露しようとするが、さすが相手は「情報機関」であり、すべてが筒抜けだった。

そして、国は彼を「反逆罪」にし、国家安全企画部がジェジンを殺した罪は葬り去られてしまう

その当時の韓国に「正義はなかった」のである。



そして、ジェジンの弔いをきっかけにデモが起きる。

それは「彼の肉体は死んでも、その意志は永遠に生き続ける」という証だった。



30年経った現在、韓国に平和がやってきた映像でこの映画の幕は閉じる。

しかし、大統領府を頂点としたワイロや汚職がなくならない以上、本当に平和が訪れたとは言えないように思った。

今でこそ、そのズブズブな関係が残っているからこそ、この映画は作られたのではないのか



大統領が変わるたびに、汚職問題で多くの人が逮捕されたり、誰かが自殺したりする体質は、いつ変わるんだろう…と、大統領が変わるたびに思ってしまう…。

そんな「善良な市民をおとしめるワイロ」について考えさせられた作品だった。




Twitterでも映画や海外ドラマの情報を発信しています~








↓ 人気ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします

映画 ブログランキングへ

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村





「ありふれた悪事」DVD

ありふれた悪事 [DVD]

新品価格
¥4,104から
(2017/12/15 16:27時点)




















ブライアン・クランストン主演の海外ドラマ「ブレイキング・バッド」<シーズン1>エピソード2『新しい相棒』をNetflixで観た。

「ブレイキング・バッド」を観始めて、思い出した映画はジョエル・エドガートン主演の「ウォーリアー」だった。

その二つの作品を通して観ると、アメリカが抱える問題が見えてくる

そして、副業を決めて、早くお金を稼ぎたいウォルターだったが、なかなか思うようにいかず…


「ブレイキング・バッド」<シーズン1>予告編 動画

(原題:Breaking Bad)

 


「ブレイキング・バッド」ブルーレイBOX 全巻セット復刻版 Blu-ray

ブレイキング・バッド ブルーレイBOX 全巻セット復刻版 [Blu-ray]

新品価格
¥18,262から
(2017/12/14 00:38時点)



「ブレイキング・バッド」SEASON 1 - COMPLETE BOX Blu-ray

ブレイキング・バッド SEASON 1 - COMPLETE BOX [Blu-ray]

新品価格
¥3,980から
(2017/12/14 00:39時点)





***********

〇 「ブレイキング・バッド」<シーズン1>エピソード1 観ました!!

感想はこちらから →海外ドラマ「ブレイキング・バッド」<シーズン1>エピソード1『化学教師 ウォルター・ホワイト』いきなりパンツいっちょのおっさん登場!ブライアン・クランストン主演【感想】

***********

キャスト&スタッフ


出演者

ブライアン・クランストン
…(「トランボ ハリウッドに最も嫌われた男」、「幸せの教室」、「ドライヴ」、「コンテイジョン」など)

〇アンナ・ガン

アーロン・ポール
…(「トリプル9 裏切りのコード」、「パパが遺した物語」)

〇ディーン・ノリス

製作総指揮

〇ヴィンス・ギリガン


ブレイキング・バッド1



感想(ネタバレあり)


教師の給料だけでは病気の子供を救えないアメリカの現状


このドラマを観始めて思い出したのは、トム・ハーディジョエル・エドガートンが共演した映画「ウォーリアー」だった。

ジョエル・エドガートンは高校で物理の教師をしている。

彼には幼い娘がいるけど、難病で手術をしなければ長く生きられない。

そのため、彼は娘に手術をさせたいけれど、教師の給料だけでは手術費用を賄えないため、格闘技の大会に出て、その賞金で娘を助けようとする…。



その映画を観た時に、アメリカの保険制度が日本と違うこととか、医療費の高さに気付かされた

真面目に教師として働いているのに、その給料で娘の手術費用も出せないなんて、どういうことなんだろうと思って。

ちょっと衝撃的だった。



そしたら、この「ブレイキング・バッド」も主人公のウォルターが、麻薬の製造をしようとしたきっかけが、自分の末期がんと、妻の出産と、障害児の息子という設定だったので、「ウォーリアー」と同じだと思った。

教師がバイトをかけもちしないと生活していけないのは、日本人からすると、ちょっと考えにくいけど、その二つの作品を通して観ると、それがアメリカが抱えている問題の一つなんだなぁというのがよくわかる。



さらに、ウォルターは余命わずかであり、妻と子供たちのために「短期間」で「大金」を稼がないといけない。

そこで、手っ取り早く稼げる方法として考えたのが、「麻薬の製造・販売」なんだから、ぶっ飛んでる

しかし「麻薬なら短期で大金を稼げる」のがリアルな現実であり、「アメリカの負の一面」なんだろうと思う



ブレイキングバッド1-2-1



何事も思うようにいかない ウォルター


前回のエピソード1で、死んだ売人の二人を始末しようとしたウォルターとピンクマン。

しかし、そのうちの一人は生きていた!?



さらに、そのピンクマンに死体の処理を任せるために、でかいポリバケツを買わせようとしたら、ポリバケツを買わずに、バスタブで処理していた!!

(バスルームが2階にあるっていうのがナイス!)

そしたら、ピンクマンの家が大惨事に。

今回の教訓

酸はポリバケツは溶かさないけど、バスタブも床も溶かす

ここはもう、タランティーノばりのグロさでビックリした(驚)



さらに、ウォルターの妻スカイラーにはピンクマンとの仲を怪しまれる始末。

(麻薬をあっせんしたり、女をあっせんしたり)

そんな彼の唯一の希望は、もうすぐ生まれてくる娘だけど、彼は彼女の成長を見守ることができない。

そして、生きていた売人の処理も決断が出せず、なんとか仲間に引き入れられないかと考える。



その様子を見ると、ウォルターにはまだ善人の部分が残っているようだけど、どんどん悪人になっていくのかな。

だって「ブレイキング・バッド」だしね。

今後の展開がマスマス楽しみになるエピソード2だった。


***********

〇 次回、「ブレイキング・バッド」<シーズン1>エピソード3 観ました!!

感想はこちらから →海外ドラマ「ブレイキング・バッド」<シーズン1>エピソード3『人間の成分』人間を構成する成分の数パーセントは魂でできている。ブライアン・クランストン主演【感想】

***********



Twitterでも海外ドラマや映画の情報を発信しています~





↓ 人気ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします

映画 ブログランキングへ

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村





「マインドハンター FBI連続殺人プロファイリング班」

マインドハンター──FBI連続殺人プロファイリング班 (ハヤカワ・ノンフィクション文庫)

新品価格
¥1,037から
(2017/12/3 22:42時点)



「ゾディアック」特別版 DVD

ゾディアック 特別版 [DVD]

新品価格
¥927から
(2017/12/3 22:54時点)




















ドキュメンタリー映画「謎の天才画家 ヒエロニムス・ボス」を試写会で観た。

15世紀から16世紀の初期にかけて、ヨーロッパ王侯貴族の間で人気のあったオランダ人 画家 ヒエロニムス・ボスの代表作「快楽の園」の解釈について、様々な人たちへインタビューをしたドキュメンタリー映画



満足度 評価】:★★★☆☆(3.5)

きっと誰もが「この絵はなんだ!」と思う。

そして、この映画を観ているうちに、いつしか引き込まれずにはいられない魅力を感じるようになる。

なぜ、私たちは500年もの間、この絵に引き付けられ、そこに描かれる様々な謎を考え続けているのか

その理由を考えてみた。


「謎の天才画家 ヒエロニムス・ボス」予告編 動画

(原題:El Bosco. El jardin de los suenos)




『快楽の園』を読む ヒエロニムス・ボスの図像学

『快楽の園』を読む ヒエロニムス・ボスの図像学 (講談社学術文庫)

新品価格
¥1,242から
(2017/12/14 16:35時点)



謎解き ヒエロニムス・ボス

謎解き ヒエロニムス・ボス (とんぼの本)

新品価格
¥1,728から
(2017/12/14 16:36時点)



図説 ヒエロニムス・ボス: 世紀末の奇想の画家

図説 ヒエロニムス・ボス: 世紀末の奇想の画家 (ふくろうの本)

新品価格
¥1,944から
(2017/12/14 16:36時点)



スタッフ


監督

〇ホセ・ルイス・ロペス=リナレス


2016年製作 フランス・スペイン合作映画



謎の天才画家ヒエロニムス・ボス



あらすじ


プラド美術館に所蔵されているヒエロニムス・ボス 作「快楽の園」。

多くの謎を呼ぶその作品について、様々なジャンルの知識人・著名人が各々の解釈を語る。

プラド美術館全面協力の元撮影された作品。



謎の天才画家ヒエロニムス・ボス2



感想(ネタバレあり)


ヒエロニムス・ボスも『快楽の園』も知らなかった



みなさんは、ヒエロニムス・ボスという画家をご存知ですか?

私は知りませんでした。

それでは、「快楽の園」という絵画はご存知ですか?

私は知りませんでした。



正直な告白をすると、

私はこの映画を観ることになった時に、全く知らないのもよくないと思い、慌ててWikipediaの「ヒエロニムス・ボス」のページを開き、ざーーっと読んだぐらいだった。

その時、不思議に思ったのは、そのヒエロニムス・ボスがオランダ人画家だったこと。

というのも、その日の試写会はスペイン文化院で行われたので、てっきりスペイン人だと思っていたからだった。



そして、その時、Wikipediaで彼の代表作「快楽の園」を初めて見た。

 ↓ ヒエロニムス・ボス 作「快楽の園」
ヒエロニムス・ボス快楽の園



そうして、なんだか、このヒエロニムス・ボスについて知った気になって、映画を観始めたけれど、それぐらいの知識で十分だった。

全く「快楽の園」について知らなかったからこそ、この映像の中で語られることをスポンジのように吸収できたからだった。



そして、観終わった後には、これまで全く知らなかったヒエロニムス・ボスについてもっと知りたくなった。

それは、この映画が「多くの人に未知の世界を伝える」というドキュメンタリー映画の役割を大いに果たしていた結果だと思う。



謎の天才画家ヒエロニムス・ボス3


観音開きする三連祭壇画『快楽の園』


この映画のタイトルは「謎の天才画家 ヒエロニムス・ボス」というタイトルになっているけれど、上映時間の大半が彼の代表作「快楽の園」のために費やされている。


様々なジャンルの専門家が登場し、その絵の解釈について語っていく。


そもそも、ヒエロニムス・ボスはカトリック信者であり、教会の祭壇に飾る祭壇画を多く残していた

ボスはヨーロッパの王侯貴族に愛好者が多く、スペインのフェリペ2世はその中でも熱心な愛好者で、現在もボスの遺作の多くがスペインに残されているのだという。

今回の「快楽の園」も、スペインに残る彼の作品のうちの一つ。



という話を聞いて、そこでようやく「なるほど、だからオランダ人画家なのにスペインなんだな」と思った。

改めて、当時からヨーロッパは一つの大きな大陸だったんだなぁと感心する。



そして、現在はスペインのプラド美術館に収蔵されている「快楽の園」が登場する。

そこで私が仰天したのは、これがまるで三面鏡のように観音開きになっていて、御開帳することで中の絵画を見ることができるということ。

キリスト教関係の祭壇画にはよくあるタイプで、三連祭壇画というらしい

ということも、この映画を観て初めて知った。

私は、その三連祭壇画を初めて見たので、仰天してしまった。



さらに、話が進んでいくと、最近の技術(X線解析)でヒエロニムス・ボスが元々書いた下書きが映し出される

当時は白黒で下書きを描いた上に色を付けていくのが一般的だったそう。

現在のX線解析技術では、その下絵までくっきり見ることができる。



その下絵にも驚きがあった。

初めに彼が描こうとしていた絵は、最終的に描いたものとは全く違っていたからだった。

おそらく、色をつけて描き始めたら、様々なアイディアが浮かんできたのだろうと思う。



そしてまた面白いことに、それぞれの分野のプロフェッショナルがその『快楽の園』について、いろいろ語っているのだが、それぞれが、それぞれの解釈で語っていて、考えがバラバラだった

さらに、彼ら・彼女らの話を聞きながら、実際に本物を見ていない私までも、「これは、こうなのかな?あぁなのかな?」と考えるようになっていた



この映画の面白さは「この『快楽の園』についてみんなで考えよう」というところにあるんだと思う。

「快楽の園」は、とても情報量が多く、とても多くの人間が描かれているので、自分の人生をその絵の中の誰かに投影することができる

すると、その周りに描かれているものについても自然と解釈でき、自分の人生を見つめ直すことへとつながっていく

だからこそ、この絵は500年も私たちの目を引き付けて離さないのだろう。



そうしているうちに、ヒエロニムス・ボスも『快楽の園』も知らなかった私が、その絵を見るためだけにプラド美術館へ行きたくなった

そして、その絵の前で「今、私は人生のどの辺にいるのか」を考えたくなった



謎の天才画家ヒエロニムス・ボス4


ヒエロニムス・ボスが「悪魔のクリエイター」と言われたワケ



祭壇画と言われたら、キリストがいて、神にひざまずく信者たちがいるような絵を想像するが、この「快楽の園」はまるで違う。

中央の最も大きな面積を使って「禁断の果実を食べて快楽にふける人間たち」の絵が描かれている

恐らく、昔の人々だったら「ハレンチ」だと言いそうな絵だ。



そして、その左側にはアダムとイブの結婚を許す神の姿があり、右側には地獄が描かれている。

つまりこれは、アダムとイブが出会い、禁断の果実を食べて、快楽にふけった挙句、地獄に落ちるという絵なのである。



パッと見はカラフルであり、人が大勢いて賑やかな感じがするし、中央だけ見ていると楽園のような雰囲気さえ感じる。

そこには人間の享楽ぶりが描かれていて、様々な人種や性別が入り混じっている

そのころから既に、ヒエロニムス・ボスには多様性に対する考え方があったようで面白い。

また享楽だけに、エロティックな描写も多く描かれ、普段は「観音開きで隠されている」ところがエロティシズム効果を上げている



王侯貴族たちは、そんなヒエロニムス・ボスの絵を、自分の寝室に飾って楽しんだという。

私はどうにも、その「観音開き」に現在の「袋とじ」を感じてしまう。

そこが閉じられ隠されているからこそ、「開いて観る」という行為にエロティシズムがある

そして、多くの王族たちがその享楽の絵を見て、物思いにふけったんだろうと思うと、「人間らしさ」を感じる。



そして、「そんな享楽にふけっていると、最後には『地獄』に落ちますよ」というメッセージまで添えている。



様々な人がこの絵について解釈した中で、一番面白く、記憶に残っているのは、左側にある「アダムとイブ」の絵についてだった。

神はイブと手をつなぎアダムとの結婚を承諾しようとしているが、アダムの目線は、この時すでに「快楽の園」にいっているというものだった。



それにはなるほどぉと思ってしまった。

この後、禁断の果実を食べた二人は追放され、右側の地獄へと落ちていくのだが、最初に出会った時から、アダムの頭の中には「快楽のこと」しかなかったのだとしたら…。

それはもう、あまりにも人間らしいアダムである。



ということは、その絵は当時の貴族社会を示していて、人間は欲望の赴くままに好き勝手していると、いつか地獄に落ちるというヒエロニムス・ボスからの忠告のようにも見える。

しかし、それをエロチシズム満載に描き、王侯貴族たちに「大人の喜び」を与えながらも、最後には地獄に突き落とすなんて、ヒエロニムス・ボスが『悪魔のクリエイター』と呼ばれた理由が分かった気がした



謎の天才画家ヒエロニムス・ボス5


絵の中へと、のめり込んでしまう


はじめは、ヒエロニムス・ボスについても、「快楽の園」についても暗中模索の状態で、様々なジャンルの専門家が話す通りに観ていたけれど、次第にその絵の中にのめり込んでいき、最終的には身を乗り出すようにして観ていた

この三連祭壇画には、所狭しとさまざまな人間たち、動物たち、魚たち、昆虫たちが描かれていて、一つ一つに意味がありそうだけど、そこまで深く理解できない。



やはり、すばらしい絵画はすばらしい映画と一緒で「解釈が一つではない」ということがよくわかる

原作者が実存していない限り、その解釈は想像でしかないけれど、10人の有識者がいれば、十人十色でそれぞれの解釈がちがってくる。

彼らの意見を聞いた上で、それぞれの解釈でこの絵を見ていいということなんだろうと思った。



「観音開き」を「袋とじ」と一緒だと言ったのも、そういう思いから。



何より、この映画を観たことでヒエロニムス・ボスや「快楽の園」を知ることができて良かった

映画の楽しさには、「今まで知らなかったことを知る楽しさ」があるが、まさに、この映画にはそんな『知る楽しさ』があった

いつかプラド美術館に行って、この『快楽の園』の前でぼんやりと時間を過ごしたいと思った。



Twitterでも映画や海外ドラマの情報を発信しています~








↓ 人気ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします

映画 ブログランキングへ

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村






















ブライアン・クランストン主演の海外ドラマ「ブレイキング・バッド」<シーズン1>エピソード1をNetflixで観た。

2008年に製作されたシーズン1を今さら観始めた。

すごく話題になったドラマなのに、いまだに観たことがなかった上、何かと言えばこのドラマの話が出てくるので、欠かせない!!と思った

そしたら、エピソード1からぶっ飛んだ話だったから、今後の展開が期待大!!

「ブレイキング・バッド」<シーズン1>予告編 動画

(原題:Breaking Bad)

 


「ブレイキング・バッド」ブルーレイBOX 全巻セット復刻版 Blu-ray

ブレイキング・バッド ブルーレイBOX 全巻セット復刻版 [Blu-ray]

新品価格
¥18,262から
(2017/12/14 00:38時点)



「ブレイキング・バッド」SEASON 1 - COMPLETE BOX Blu-ray

ブレイキング・バッド SEASON 1 - COMPLETE BOX [Blu-ray]

新品価格
¥3,980から
(2017/12/14 00:39時点)





キャスト&スタッフ


出演者

ブライアン・クランストン
…(「トランボ ハリウッドに最も嫌われた男」、「幸せの教室」、「ドライヴ」、「コンテイジョン」など)

〇アンナ・ガン

アーロン・ポール
…(「トリプル9 裏切りのコード」、「パパが遺した物語」)

〇ディーン・ノリス

製作総指揮

〇ヴィンス・ギリガン


ブレイキング・バッド1



感想(ネタバレあり)


いきなりオープニングからパンツいっちょのおっさんが狂ってる


いきなり頭からパンツいっちょのおっさんが出てきて、拳銃を振り回してるとこから始まったから、思わず目がテンになってしまった(笑)

そばにあるキャンピングカーの中では人が死んでそうだし、どういうこと??と思ったら、3週間前に戻った。



その「パンツいっちょのおっさん」は、ブライアン・クランストン演じる高校の化学教師 ウォルター・ホワイト

ウォルターには妻と息子がいるが、妻は妊娠中で、息子は脳性麻痺がある

そのため、ウォルターの教師の収入だけでは生活費が足りず、洗車場でのアルバイトを掛け持ちしている



休みの日は洗車場で働くウォルターは忙しい日々に追われているが、ある日、洗車場でバイトをしている最中に倒れてしまう。

そこから救急車で運ばれるが、病院で「末期の肺がんで、余命は2年以下」と診断されてしまう



いやー、もう、「いきなり末期の肺がんかよ。ヘビーだなー」っていうスタートだった

しかし!このドラマが面白いのはここからだった!!



ブレイキング・バッド1-1-1




思い立ったのが麻薬製造!?相棒は元教え子!!


どんなに真面目に働いても、あと余命2年だとわかったウォルターは、真面目に働くのが馬鹿らしくなってしまう。

そこで、DEA(麻薬取締局)で麻薬捜査官をしている義弟・ハンクの麻薬捜査に同行させてもらう

化学教師のウォルターは、そこで麻薬をつくる現場を見たくなったのだ。

しかし、その現場から出てきた犯人は元教え子のピンクマンだった!



それを知ったウォルターはピンクマンを訪ね、一緒にメタンフェタミン(日本ではスピードやヒロポンと呼ばれる覚せい剤)を製造しないかと持ち掛ける。

ピンクマンが売りを担当し、ウォルターが製造をすれば最高のコンビになれると提案する。



そして、二人はキャンピングカーの中で製造を始めるが、最初の客からつまづいてしまう。

ウォルターが作った純度の高いメタンフェタミンのつくり方を盗もうとしたその客を、ウォルターはガス中毒にしてしまう。

そして、ウォルターはパンツいっちょで外に飛び出し、遠くから聞こえるサイレンの音は自分を捕まえに来たのかと思って身構えれば、山火事の消火に来た消防車だった…というオチ…。



うぉーー。

これは、マイケル・ダグラスのフォーリングダウン的な話なのかな??

末期がんがきっかけだから違うかーーー。

でも、今後の展開がとても楽しみだわーーーー!!






Twitterでも海外ドラマや映画の情報を発信しています~





↓ 人気ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします

映画 ブログランキングへ

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村





「マインドハンター FBI連続殺人プロファイリング班」

マインドハンター──FBI連続殺人プロファイリング班 (ハヤカワ・ノンフィクション文庫)

新品価格
¥1,037から
(2017/12/3 22:42時点)



「ゾディアック」特別版 DVD

ゾディアック 特別版 [DVD]

新品価格
¥927から
(2017/12/3 22:54時点)




















ジム・ジャームッシュ監督、アダム・ドライヴァー主演の映画「パターソン」を映画館で観た。

ニュージャージー州パターソンで暮らすバス運転手パターソンの日常を描く。


満足度 評価】:★★★★★

本当に素敵な映画だったので、一人でも多くの人に観て欲しい作品。



主人公のパターソンが送るシンプルな日常を観て、「これまで常に時間と成果に追われていた自分の生活は何だったんだろう」と思った。

どれだけ、日常生活の中に無駄が多いことか

雑然としている部屋を整理し、不要な物を捨てていくと、本当に大切なものだけが残っていくように

日々の無駄を削り取ることで、本当に大切なことが見えてくることを教えられた作品だった。


「パターソン」予告編 動画

(原題:PATERSON)





【Amazon.co.jp限定】パターソン(非売品プレス&ポストカードセット付)DVD

【Amazon.co.jp限定】パターソン (非売品プレス&ポストカードセット付)[DVD]

新品価格
¥4,104から
(2017/12/13 14:36時点)



Paterson(Blu-ray Digital HD)【輸入版】

Paterson (Blu-ray Digital HD)

新品価格
¥2,173から
(2017/8/28 16:36時点)



「ユリイカ」 2017年9月号 特集=ジム・ジャームッシュ

ユリイカ 2017年9月号 特集=ジム・ジャームッシュ ―『ストレンジャー・ザン・パラダイス』から『パターソン』『ギミー・デンジャー』へ―あるいはイギー・ポップ&ザ・ストゥージズ―

新品価格
¥1,512から
(2017/8/28 16:38時点)




キャスト&スタッフ


出演者

アダム・ドライヴァー
…(「ローガン・ラッキー」、「沈黙-サイレンス-」、「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」、「あなたを見送る7日間」など)

ゴルシフテ・ファラハニ
…(「ワールド・オブ・ライズ」、「マリリン&モナ 踊って、泣いて、輝いて」など)

〇バリー・シャバカ・ヘンリー

永瀬正敏
…(「禅と骨」、「あん」、「紙屋悦子の青春」など)

監督

〇ジム・ジャームッシュ


2016年 アメリカ映画



パターソン



あらすじ


ニュージャージー州パターソンで暮らすバス運転手のパターソン(アダム・ドライヴァー)。

朝起きると妻(ゴルシフテ・ファラハニ)にキスをし、シリアルを食べ、仕事へ向かう。

一日の勤務を終えて家に帰ると、夕飯を食べて、マーヴィンの散歩に行く。

散歩の帰りには、バーに立ち寄り、ビールを飲んで帰る。

そして、空いた時間には、大好きな詩を書く。

それが、パターソンのシンプルな日常だ。



パターソン5



感想(ネタバレあり)


「毎日同じことの繰り返し」は決して「退屈な生活」ではない


毎日同じことの繰り返しにうんざりし

「退屈だな」「何か良いことないかな」「何か新しいことを始めたいな」と思ったことはないだろうか

私の人生は、そんな思いの繰り返しだった。

これまで、常に新しい習い事を見つけては、日々の生活に彩を添えてきた。



そんな私からしたら、パターソンのシンプルすぎる毎日は、価値観を覆すぐらいの衝撃だった。

『同じことを繰り返す毎日』は、決して『退屈』なんかではない

パターソンの生活は、『退屈』なんかではなく、むしろ、『充実した日々』に思えた。

退屈と思われる日常の中には、小さな幸せがたくさん落ちている

今まで、そのことに気づかなかっただけだ。

それに比べて、私のこれまでの人生にはどれだけ無駄が多いことか



いつから『同じことの繰り返し』を『退屈』だと思うようになってしまったんだろうか

日々の小さなできごとに満足できず、まるでテレビドラマのように『ドラマチックな日々』を送れるとでも思っていたんだろうか。

これまで、どうでもいいことに必死になっていた自分が、とてもちっぽけに思えた。



そして、この映画を観終わった頃には、私もパターソンのようなシンプルな生活を送りたいと思うようになっていた。

では、どうすれば、生活から無駄をなくすことができるのか、パターソンの行動を振り返りながら考えようと思う。



パターソン4


小さな喜びを積み重ねて、次の幸せへとつなげていく生き方



この映画の中で大好きなエピソードがある。



カップケーキを作ることが大好きなパターソンの妻が、大量のカップケーキを焼き、フリーマーケットへ売りに行った時のこと。

どうやら、フリマでは大盛況だったらしい。

フリマから帰ってきた妻は、「今日は、300ドルも売れたのよ。お祝いに、ちょっと贅沢をしましょう」と言う。

その夜、2人は近所のモールへでかけ、外食をし、映画を観て帰ってくる。

そして、2人は「今夜は、とても素晴らしい夜だったわね」と語り合う。

さらに、「来週もカップケーキを売って、映画を観に行こう」と約束する。



なんて、素敵な生活なんだろうと思った。

フリマでカップケーキが売れたから、プチ贅沢をしたいと思う気持ちも、

外食をして映画を観ることがちょっとした贅沢だと思える気持ちも。



この時、「300ドルも売れたから、贅沢しましょう」と言った奥さんがとてもステキだなと思ったのだ。

もしも、私だったら、「材料費もあるし、売り上げ300ドルだったら儲けはいくらになるかな」「今後も続けても平気なか」「貯金しておこうかな」と考えてしまう。

なんて私はせこいんだ。

この映画で描かれる喜びや幸せとは、そんなせこい『損得勘定』の中にはない



「カップケーキを売ったら、ちょっと贅沢な暮らしをできる」ことを楽しみにするように

自分が作ったカップケーキを売る楽しみの他に、『売った後の楽しみを』付加させることで

楽しみが倍増し、「来週もやろう」という気持ちへとつながっていく。

そして、もしも、次も売れたら、「カップケーキ屋さんができるかも」という夢へとつながっていくかもしれない。



人生の喜びとは、そうやって小さな喜びを1つずつ積み重ねて、大きくしていくものなんだなということがよく分かる。

フリマのカップケーキの話は、『日々の小さな幸せの積み重ねが、心豊かな生活を作り出す』ことを示す良いエピソードだった。



パターソン2


人生は、もっとシンプルで良い。『詩』がこの映画で伝えるメッセージ



主人公のパターソンの趣味は「詩を書くこと」である。

真っ白いノートに、思いついた詩を書き留める。

時には、大好きなマッチのデザインのことだったり、何気ない日常のことや、愛する妻のことだったり。



文章の中にある、あらゆる無駄をそぎ落としたものが『詩』なのだとしたら

パターソンと、その妻、愛犬マーヴィンの生活は、『詩』そのもの



『詩』こそが、この映画の「人生はもっとシンプルで良い」というメッセージそのものである



そして、この映画の中で紹介されるのが、ニュージャージー州出身の作家、ウィリアム・カーロス・ウィリアムズである。

永瀬正敏は、この映画の中でウィリアムズの熱心な読者を演じている。

パターソンにとって、永瀬との出会いの場面は、いつもの日常の中で起きたちょっとした驚きの瞬間である。



ウィリアム・カーロス・ウィリアムズ「ウィリアムズ詩集」

ウィリアムズ詩集 (海外詩文庫)

新品価格
¥1,258から
(2017/8/28 15:36時点)





それまで、愛犬マーヴィンに、ちょっと腹を立てていたパターソン。

頭を冷やすために散歩に出た先で、永瀬との出会い、笑顔を取り戻す。

その瞬間もまた、「何気ない日常がもたらした小さな幸せ」の瞬間である



パターソン3


日常の無駄を捨て、「本当に大切なもの」を探す時間の大切さ



私は、この映画「パターソン」を観て、物や行動に対する見方や考え方がちょっと変わったような気がする。

例えば、日頃している運動が、昨日よりも少し多くできたこととか

ブログのアクセス数が一週間前より少し良かったこととか

それまで、何とも思わなかったようなことを、楽しめるようになった。



つい、「棚からぼたもち」を期待して、刺激的でドラマチックな生活を求めてしまうけれど、

特に何もすることのない日常の中で、ある日突然、幸せが降りかかってくるようなことはない。

全ては、日々の積み重ねなのだ。



目の前にある小さな幸せに感謝する

その積み重ねが次へとつながっていく

そう考えたら、一日の生活の中にたくさんの幸せが落ちている。

そう思えるようになっただけでも、この映画「パターソン」に出会えて本当に良かったなと思った。



なぜ、つい刺激的で、ドラマチックな生活を求めてしまうのか。

私たちの身の回りには、無駄な情報が多すぎて、いろんなことに振り回されているんだなと思った。

パターソンのようにスマホもPCも手放せとは言わないし、パターソンの妻はスマホもPCもタブレットも使っている。

しかし、大量に入ってくる情報の中で、自分が本当に必要としているものだけを選択する目は必要なんだろうと思う。



それに、清貧が美しいわけではないけれど、不要な物や時間にあふれた贅沢すぎる生活が素晴らしいわけでもない。

しかし、無駄が多すぎると、その無駄の中に大切なものが埋もれてしまい、「本当に大切にすべきもの」を見失ってしまう

だから、常に心の中を整理し、無駄なものは捨てていくことが、「大切なものを見失わない」シンプルな生活を送るコツなのではと思う

時には立ち止まって、今、目の前にある幸せは何か、本当に大切にすべきものは何かを考え

それ以外のものは捨てていく時間をつくること。

その時間の大切さを、私はこの映画「パターソン」から教えられた



Twitterでも映画情報を発信しています~








↓ 人気ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします

映画 ブログランキングへ

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村





【Amazon.co.jp限定】パターソン(非売品プレス&ポストカードセット付)DVD

【Amazon.co.jp限定】パターソン (非売品プレス&ポストカードセット付)[DVD]

新品価格
¥4,104から
(2017/12/13 14:36時点)



ウィリアム・カーロス・ウィリアムズ「ウィリアムズ詩集」

ウィリアムズ詩集 (海外詩文庫)

新品価格
¥1,258から
(2017/8/28 15:36時点)



Paterson(Blu-ray Digital HD)【輸入版】

Paterson (Blu-ray Digital HD)

新品価格
¥2,173から
(2017/8/28 16:36時点)



「ユリイカ」 2017年9月号 特集=ジム・ジャームッシュ

ユリイカ 2017年9月号 特集=ジム・ジャームッシュ ―『ストレンジャー・ザン・パラダイス』から『パターソン』『ギミー・デンジャー』へ―あるいはイギー・ポップ&ザ・ストゥージズ―

新品価格
¥1,512から
(2017/8/28 16:38時点)




















デヴィッド・フィンチャー製作総指揮の海外ドラマ「マインドハンター」<シーズン1>エピソード10をNetflixで観た。

あぁぁ観終わってしまった。あっという間だったなぁ~。

「シリアルキラー」も「プロファイリング」もなかったところから、凶悪犯の心理分析をして連続殺人犯の手口を研究し、次の犯人逮捕に結びつけていく。

すごく地道な作業だけれど、だからこそ映画ではなく10話構成のテレビシリーズで作るのもわかる気がする。

「ゾディアック」もテレビシリーズだったら、解決できたかも??(笑)

シーズン2の配信も決まっている(日時は不明)ようなので、次回がとても楽しみ~♪


「マインドハンター」<シーズン1>予告編 動画

(原題:Mindhunter)




「マインドハンター FBI連続殺人プロファイリング班」

マインドハンター──FBI連続殺人プロファイリング班 (ハヤカワ・ノンフィクション文庫)

新品価格
¥1,037から
(2017/12/3 22:42時点)



「ゾディアック」特別版 DVD

ゾディアック 特別版 [DVD]

新品価格
¥927から
(2017/12/3 22:54時点)





***********

〇 「マインドハンター」<シーズン1>エピソード9 観ました!!

感想はこちらから →海外ドラマ「マインドハンター」<シーズン1>エピソード9 連続殺人犯へのインタビューで思わぬ内部捜査を受ける行動科学課。デヴィッド・フィンチャー製作総指揮シリーズ【感想】

***********

キャスト&スタッフ


出演者

ジョナサン・グロフ

ホルト・マッキャラニー

アナ・トーヴ


製作総指揮

デヴィッド・フィンチャー
…(「ドラゴンタトゥーの女」、「ゴーン・ガール」、「セブン」、ドラマシリーズ「ハウス・オブ・カード 野望の階段」など)


マインドハンター


感想(ネタバレあり)


新聞に載って浮かれ気味のホールデン


前回のエピソード9で起きたジョージア州アデアーズビルでの殺人事件で、容疑者のジーン・デヴィアが嘘発見器をすり抜けてしまう

しかし、行動科学課のプロファイリングでは確実にデヴィアが犯人だと示しているため、ホールデンとビルはアデアーズビルへと向かい、彼らが尋問をすることに。



尋問をする部屋には、少女が来ていた服や殺人に使われた石を並べ、犯人の記憶を呼び起こすようにセッティング

さらに、ホールデンは会話をデヴィアの調子に合わせて、本性を引き出そうとする

このホールデンとデヴィアの様子を見ていると、誘導尋問ギリギリのところにいて、最終的にはデヴィアの告白を待つものの、かなり際どい感じ

前回、それで内部調査になったから、今回はテープを切るという用意周到さ。



それに、この時のホールデンは犯人の心の奥底に入って話をしているから、あまりにも深く入り込んでしまうと、ミイラ取りがミイラになってしまうようなこともあるんじゃないかと思ってしまう。

刑事なのに、連続殺人犯の心を持ってしまうというか。

まる暴の刑事さんが、ヤクザみたいになっちゃうのと似たような感じ。



その日の夜、酒の勢いで「エド・ケンパーやブルードスやスペックと話をした」と、ホールデンが地元の刑事に自慢した話が、新聞に掲載されてしまう。

そして、たちまちホールデンはFBIの期待の若手になってしまう。



その記事を読んだカー博士が、話が大きくなってデヴィアが死刑にならないようにジョージア州の検事を説得しに行くが、時すでに遅し。

凶悪犯は死刑にするしかないの一点張り。

カー博士は、今後の犯罪抑止のためにも、凶悪犯たちの研究をするために生かしておきたかったのだ。

彼女の目的は「凶悪犯を死刑にすること」ではない



マインドハンター1-10-1



四面楚歌なホールデン。たったの一人の味方は凶悪犯


ジョージア州から戻ってきたホールデンが真っ先に向かったのは、恋人・デビーの家だった。

しかし、二人の関係はギクシャクし、デビーの態度も他人行儀だった。

そして、「私の心理を推理して」と言われたホールデンが導いた答えは「二人は別れること」だった



そこで「なぜ?」とか、なんとかやり直す方法を模索するとかあると思ったのに「今度荷物を取りに来る」と言って、あっさり帰っていくホールデン。

その様子を見ても、結局うまくいかなかったんだなぁと思う。

デビーはホールデンの良き理解者だと思ったんだけどな。



デビーとしては、仕事に憑りつかれ、仕事の話ばかりしているホールデンが嫌になったのだと思う。

その割に、デビーが勉強していると「勉強ばかりして僕の相手はしてくれない」と言うし、凶悪犯罪者の心理を分析することはできても、彼自身はまだまだ子供なんだなぁと思う。



そして、FBIに戻ったホールデンは、再び内部捜査を受ける。

グレッグが送ったテープのことで『証拠隠滅』だと言われたからだ。

ホールデンは正直に「隠滅したのは自分で、指示を出したのも自分だ」と認め、チーム内部は険悪な雰囲気になってしまう



内部捜査を受け、チームから冷たい視線を浴び、彼女とも別れて、味方がいなくなったホールデンが向かったのは、エド・ケンパーがいる刑務所だった。

なんと、エド・ケンパーが自殺したという連絡を受けたからだった。



しかし、自殺は未遂に終わり、エドはホールデンに「やっと来てくれたんだね」という。

これは、自殺未遂した人が恋人がお見舞いに来てくれるのを待っていた時のセリフだよね。

なぜならば、ホールデンのことが掲載された新聞で、「ホールデンはエド・ケンパーと友達」だと書かれたためだった。

誰ともコミュニケーションが取れないエド・ケンパーは、それをとても喜んだ様子だった。



そして、エド・ケンパーは立ち上がるなりホールデンをハグする

その瞬間、ホールデンは体が硬直し、その部屋を出るが間もなく倒れてしまう…



これは明らかにホールデンがエド・ケンパーの内面に近づきすぎたのではないだろうか。

もっと深く知りたいと思っただろうけど、まるで「バディ」のような仲になることまでは望んでいなかっただろうと思う。

そして、ホールデン自身はパンクしてしまう。



さて、次のシーズンは、ここからどうやって始まるんだろうか。

ホールデンは正気が戻るんだろうか…。

うあぁぁぁぁぁ、次回が楽しみだぁぁ。

しかしいつだろ…





Twitterでも海外ドラマや映画の情報を発信しています~





↓ 人気ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします

映画 ブログランキングへ

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村





「マインドハンター FBI連続殺人プロファイリング班」

マインドハンター──FBI連続殺人プロファイリング班 (ハヤカワ・ノンフィクション文庫)

新品価格
¥1,037から
(2017/12/3 22:42時点)



「ゾディアック」特別版 DVD

ゾディアック 特別版 [DVD]

新品価格
¥927から
(2017/12/3 22:54時点)




















アキ・カウリスマキ監督の映画「希望のかなた」を映画館で観た。

シリアからフィンランドに流れ着いた難民の青年と、彼に対する国や周りの人々の反応をユーモラスに描きつつ、ヨーロッパで起きている難民問題を考えさせる作品。


満足度 評価】:★★★★☆

ここで描かれているのは「難民」という現実的でシビアな問題ながら、時には笑わせ、人々の優しさがとても心地いい作品だった。

国に捨てられても、人々の善意が希望になる。

国同士の政治では解決できない難民問題も、人々の考え方ひとつで解決できることもあるのでは…と思わせてくれる作品だった。



なぜ、そう思ったのか。その理由は感想まで。


「希望のかなた」予告編 動画

(原題:Toivon tuolla puolen)






キャスト&スタッフ


出演者

〇シェルワン・ハジ

〇サカリ・クオスマネン

監督

〇アキ・カウリスマキ

2017年製作 フィンランド映画



希望のかなた



あらすじ


空爆が続くシリアから脱出し、ヨーロッパに入り各地を転々とした後、フィンランドに流れ着いた難民のカーリド(シェルワン・ハジ)はフィンランド政府に難民の申請をする。

フィンランドに暮らせるようになったら、ハンガリー国境ではぐれてしまった妹を探し、呼び寄せようと思っていた。

しかし、彼が住んでいたアレッポは「現在政情が安定している」という理由で難民申請を却下され、強制送還されることになってしまう。

ところが現実は、今も空爆が続いており、なんとしてでも妹を探し出したいカーリドは収容施設から逃げ出し、あるレストランのごみ置き場で一夜を過ごす。

カーリドを見つけたレストランのオーナー ヴィクストロム(サカリ・クオスマネン)は、彼から事情を聞き、「この店で働いてみないか」と提案する。



希望のかなた5



感想(ネタバレあり)


捨て犬を通じて難民問題を考える


もしも、自宅の前に子犬が捨てられていたら、どう行動するだろうか

自分で飼ったり、良い保護施設を探したり、SNSを使って里親探しをするだろうか。

それとも、殺処分されると知りながら、保健所に連絡するだろうか。



その時の「正しい行い」は人それぞれであるが、多くの人が「こんなにかわいいのに、殺されたらかわいそう」と思うのではないだろうか。



それならば、もしも自宅の前に、困り果てた難民が隠れていたらどうするだろうか

本人は、政情不安定で空爆が続く自国には帰りたくないと思っている。

それでも「強制送還されることにだろうな」と薄々感じつつ、警察に連絡するだろうか。

それとも、困っている彼が生活できるように、「どこか働き口や泊まる場所」を探してあげるだろうか。



捨てられた犬も、命からがら逃げてきた難民も、どちらも『命の問題』であるにも関わらず、私たちは「捨てられた犬」の問題には真剣に悩み「役所には渡せない」と思うけど、難民の問題となると「国に渡せば良い」と単純に考えてしまう。

この映画では、難民問題について「その周りにいる人たちにできること」を描いている。

ヨーロッパでは、難民は「仕事と金を奪う泥棒」のように思われ、排斥する動きがあるけれど、果たして、それは正しい行動なのだろうか。

そう思う以前に、私たちにできることがあるのでは…と考えさせられる作品だった。



希望のかなた2


逃亡者と新たな人生を始めた者の出会い



主人公のカーリドはシリアからフィンランドに流れ着いた難民である。

彼が住んでいたアレッポでは、今でも空爆が続いている。

そのため、妹と一緒にシリアから脱出したのだが、避難している最中に離ればなれになってしまった。

そこで、カーリドは妹を探しつつ、フィンランドで難民の申請をして、妹を呼び寄せようと考えた。



ところが、フィンランド政府に難民の申請を拒否され、『強制送還』を言い渡される

そのため、カーリドは収容所を抜け出し、政府の目から隠れながらフィンランドで暮らす道を選択する。



そんなカーリドを救ったのは、レストランのオーナー ヴィクストロムだった。

ヴィクストロムは今までやっていた商売を辞め、長い間共に暮らした妻とも別れ、カジノで稼いだお金でレストラン買い取ったばかりだった。



そんなヴィクストロムが新しい人生を始めたばかりの時、レストランのごみ置き場で寝泊まりをしていたのがカーリドだった。

ヴィクストロムはカーリドに食事を出し、ここに流れ着くまでの話を聞いた後、「ここで働かないか」と声をかける。

カーリドはそのヴィクストロムの申し出に対し、目を輝かせながら、「やります」と答える。



ヴィクストロムの店も商売繁盛しているわけではなく、さらに人を雇う余裕があるわけでもない。

それでも、カーリドを雇ったのは『彼を気の毒に思う気持ち』からである。

レストランの女性店員 ミルヤが、「かわいそうだから」と言って捨て犬を拾ってきたのと同じように、「カーリドが気の毒だから」寝泊まりする場所と仕事を提供する

雇うお金が足りないなら、商売繁盛するようにレストランのメニューを考え直せばいい。



目の前に困っている人がいたら、助けてあげるのが当然のこと。

何も特別なことをしているわけではない。

そんなヴィクストロムの声が聞こえてきそうな行動だった。



そして、ヴィクストロムの第二の人生は、「人助けの人生」としてスタートする。



希望のかなた3


「邪魔者は国へ帰れ」と言うことが、本当に正しいことなのか



しかし、フィンランドでも全ての人々がヴィクストロムのように難民に優しい目線を向けているわけではない。

当然ながら良い人もいれば、悪い人もいる



収容所から逃げ出すときに手助けしてくれた局員の女性や、身分証明書を作ってくれた店員の甥、妹を呼び寄せる手助けをしてくれたドライバーなど、カーリドと彼の妹のために「命のバトン」をつないでくれた良い人たちもいた

しかし、その一方で、カーリドを執拗に追いかける「フィンラド版ネオナチ」のような極右の人たちもいる



彼らは、現在、ヨーロッパ各地で「難民排斥運動」をしている人たちの象徴であり、邪魔者は殺せ、異教徒は殺せと言わんばかりにカーリドを追い詰める。

国や彼ら極右の人たちがしている行動は、カーリドに対し「国に帰って、空爆に遭って殺されなさい」と言っているようなものだ。

だからこそ、国に頼らず、国民一人一人が真剣に難民一人一人の問題を考えたら、もっと助けられる命がたくさんあるのではないかと、考えさせられる。



この映画の中で私がとても印象的だったのは、カーリドの妹の密航を手伝ったトラックの運転手にヴィクストロムが「君に運送費を払わなければ」と言った時、その運転手が「とても素敵なものを運んだんだから、費用なんていらないよ」と言った場面だった。



そう誇らしげに言った運転手がとてもかっこよかったし、とても心が温かくなる場面だった

人の命や善意はプライスレスなのだ。



「困っている人を助ける」と言うのは、本来とても素晴らしいことで幸せな気持ちになれることなのに、いつから私たちは「困っている人をさらに苦しめる」ようになってしまったのか

この映画は、とてもユーモアに溢れ、時々笑いながら観られる作品だけど、その笑顔の裏側にはアキ・カウリスマキ監督の難民問題に対する嘆きが詰まっている



希望のかなた4


国が人を捨てても、国民にできることがある



追われ追われて、フィンランドに流れ着き難民申請をするも、ただの事務処理のように紙一枚で国から拒絶されてしまうカーリド。

しかし、捨てる神あれば拾う神あり

国民の善意が彼を受け入れる



中には、身分証明書を偽造したり、カーリドの妹の密航を手助けしたり、法律を破る場面が出てくるけれど、最優先すべきなのは「人の命を助けること」なのではないだろうか。

もしも、いつも一緒に働いていた外国から来た友人が、急に国に強制送還されることになって殺されるかもしれないことになっても、「それは国の問題だから仕方ない」と言って割り切れるだろうか

どんな手を使ってもいいから、その友人のために、日本で暮らせる道を探そうと思うのではないだろうか。


目の前にいる人が「生きたい。家族を助けたい」と言っている時に、地獄へ送り返すことが本当に正しいことなのか

一旦立ち止まって「何が一番正しいことなのか」と自分の善意に問いかけることも必要なのではと思う。


周りを海で囲まれ、隣国と接することなく生活している日本では「難民問題」について、どこか「他人事」のような気がしてしまう。

しかし、こういう映画を観ると、日本にもできることがあるのでは…と思えてくる。

そういう貴重な時間のためにも、この映画を観る必要性があるんだと思う。




Twitterでも映画や海外ドラマの情報を発信しています~








↓ 人気ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします

映画 ブログランキングへ

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村






















デヴィッド・フィンチャー製作総指揮の海外ドラマ「マインドハンター」<シーズン1>エピソード9をNetflixで観た。

ホールデンとビルは有名な連続殺人犯のリチャード・スペックにインタビューをする。

しかし、その時のホールデンの行き過ぎた行為がスペックに対する人権侵害として内部捜査を受ける

周りのひとたちの協力もあり、なんとか収まったと思えた内部捜査も、意外なところから広がりを見せていく。

次回はいよいよ最終話。


「マインドハンター」<シーズン1>予告編 動画

(原題:Mindhunter)




「マインドハンター FBI連続殺人プロファイリング班」

マインドハンター──FBI連続殺人プロファイリング班 (ハヤカワ・ノンフィクション文庫)

新品価格
¥1,037から
(2017/12/3 22:42時点)



「ゾディアック」特別版 DVD

ゾディアック 特別版 [DVD]

新品価格
¥927から
(2017/12/3 22:54時点)





***********

〇 「マインドハンター」<シーズン1>エピソード8 観ました!!

感想はこちらから →海外ドラマ「マインドハンター」<シーズン1>エピソード8 校長が生徒の身体を触っても、わいせつ罪にならなかった時代の話。デヴィッド・フィンチャー製作総指揮シリーズ【感想】

***********

キャスト&スタッフ


出演者

ジョナサン・グロフ

ホルト・マッキャラニー

アナ・トーヴ


製作総指揮

デヴィッド・フィンチャー
…(「ドラゴンタトゥーの女」、「ゴーン・ガール」、「セブン」、ドラマシリーズ「ハウス・オブ・カード 野望の階段」など)


マインドハンター


感想(ネタバレあり)


ホールデンにとって有名な連続殺人犯はロックスター


ホールデンとビルは、イリノイ州ジュリエットにある刑務所へ向かった。

そこには、ホールデンが昔から興味のあった犯罪者 リチャード・スペックがいた。

彼へのインタビューは、ホールデンにとって「ロックスターにインタビューするようなもの」であり、少し緊張していた。



そのリチャード・スペックは看護学生寮へ行き、一人をレイプ後殺人、その後、その学生寮で暮らす学生を次から次へと殺していく。

彼は連続殺人魔として一躍有名になる。



その犯行の動機を知るためにスペックにインタビューするホールデンとビルだったが、スペックはなかなか話そうとしない。

そこで、ホールデンは汚い言葉で挑発し、スペックから言葉を引き出そうとする

まんまとその作戦に乗ったスペックは、事件当時のことについて話すようになる



インタビューが終わり、部署へ帰ったホールデンとビルだったが、文字起こしをするグレッグにホールデンが挑発した部分を「テープがよく聞き取れず…」という言葉に置き換え、隠ぺいするように指示する



マインドハンター1-9-1



内部捜査を受けるホールデン


連続殺人犯の中にも、ケンパーのような秩序型とブルードスのような無秩序型がいることが分かり、無秩序型はこれまで名付けてきた「シーケンスキラー」には属さないことが分かる。

そこで、その総称について考えていたところ、「シリアルキラー(連続殺人犯)」はどうかとビルが提案し、今後、「シリアルキラー」と呼ぶことになった。



ジョージア州アデアーズビルの警察から少女の変死体が見つかったと連絡を受けた行動科学課。

早速、現場へ向かうビルとホールデン。

12歳の少女が、下校中にレイプされた後に殺されて、林の中に捨てれれていた。

ホールデンとビルは、現場の木が不自然に切られていたことから、伐採作業員を疑ったところ、プロファイリングした犯人像にピタリと合った作業員がいることが分かる。



12歳の女の子って、まだまだ子供だよねぇ…。

いくら早熟だといったって、幼さがあるよ。

こんな犯人は死刑になればいいんだ。ほんとに。



アデアーズビルから帰った二人を待っていたのは、FBIの内部捜査だった。

スペックへのインタビューの件で、「ホールデンから心を傷つけられた」とスペックから苦情があったためだった。

その時、ホールデンとビルとグレッグの3人はその当時の言い訳をし、資料を提出するが、録音テープは「上書をして残っていない」とうそをつき、書き起こしもグレッグにうその書き起こしをさせたままだった

内部捜査班も「形式的なものだ」と言い「スペックなんてだれも擁護しない」と言って、その場は収まった。



しかし、部屋に帰るとカー博士が、今回の隠ぺいについて所長に話していて、所長もテープを聞いていた。

その後、所長はホールデンのやり方を咎め、今後は「正しい質問事項と台本にのっとってインタビューをすること」をホールデンに約束させる

ようやく、その場は収まったかに見えたが、グレッグが録音テープを内部捜査部に送ってしまう



彼としては「正しいことをした」つもりだったのだろう。

ただし、グレッグはまだ一度も刑務所でシリアルキラーたちにインタビューをしたことがない

もしも現場に行って、犯罪者たちにインタビューをする立場になったら、「ホールデンのやり方が間違っている」と言えるだろうか。

異常者に、普通の言葉は通じない

それは、ホールデンとビルが一番よく知っていることだ。



次回は、いよいよ最終話。




***********

〇次回 「マインドハンター」<シーズン1>エピソード10 観ました!!

感想はこちらから →海外ドラマ「マインドハンター」<シーズン1>エピソード10 最終話 そして一人気になったホールデン。仲間は凶悪犯のみ。デヴィッド・フィンチャー製作総指揮シリーズ【感想】

***********


Twitterでも海外ドラマや映画の情報を発信しています~





↓ 人気ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします

映画 ブログランキングへ

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村





「マインドハンター FBI連続殺人プロファイリング班」

マインドハンター──FBI連続殺人プロファイリング班 (ハヤカワ・ノンフィクション文庫)

新品価格
¥1,037から
(2017/12/3 22:42時点)



「ゾディアック」特別版 DVD

ゾディアック 特別版 [DVD]

新品価格
¥927から
(2017/12/3 22:54時点)