とにかく映画が好きなんです【本館】

とにかく映画が好きで、特にアメリカ映画大好きです このブログは、ネタバレありの映画鑑賞日記です。主にハリウッド映画と韓国映画をメインに感想を書いています



◆ SNSで映画情報を発信しています ◆
★Twitter → @pharmacy_toe
★インスタグラム → pharmacy_toe


ジョセフ・ゴードン=レヴィット主演の映画「ザ・ウォーク」を観た。

NYのツインタワーを綱渡りしたフランス人大道芸人、フィリップ・プティの実話を映画化。

満足度 評価】:★★★★☆

夢を見ることの素晴らしさ、不可能な夢なんてないんだと思わせてくれる素敵な作品。

高い所が大好きな私でも足がすくんでいた。終わってからも、しばらく足の周りがゾワゾワした(笑)


目次

  1. 予告編
  2. 更新履歴・販売情報
  3. キャスト&スタッフ
     出演者
     監督
  4. あらすじ
  5. 感想


「ザ・ウォーク」予告編 動画

(原題:The walk)



更新履歴・公開、販売情報

・2016年1月23日 映画館で観た感想を掲載。

・2019年4月22日 NHK BS プレミアムでの放送に合わせて加筆・修正。

現在、DVD、ネット配信、共に販売中。


ネット配信で観る:「ザ・ウォーク」(字幕版)

ザ・ウォーク (字幕版)

新品価格
¥199から
(2019/4/22 11:19時点)



DVDで観る:「ザ・ウォーク」

ザ・ウォーク [AmazonDVDコレクション] [Blu-ray]

新品価格
¥1,500から
(2019/4/22 11:21時点)



原作本「マン・オン・ワイヤー」

マン・オン・ワイヤー

新品価格
¥2,376から
(2016/1/23 17:14時点)




キャスト&スタッフ


出演者

ジョセフ・ゴードン=レヴィット
…(「スノーデン」、「インセプション」、「リンカーン」、「(500)日のサマー」など)

ベン・キングスレー
…(「ジャングル・ブック」(声の出演)、「ナイト ミュージアム/エジプト王の秘密」、「エンダ―のゲーム」、「ボビー・フィッシャーを探して」など)

シャルロット・ルボン
…(「The Promise/君への誓い」、「マダム・マロリーと魔法のスパイス」など)

監督・脚本

ロバート・ゼメキス
…(「バック・トゥ・ザ・フューチャー」シリーズ、「フライト」、「リアル・スティール」など)




あらすじ


フィリップ(ジョセフ・ゴードン=レヴィット)は、幼い頃にサーカスの綱渡りを見てから、綱渡りに魅せられ、それ以来、家の庭に生えてている2本の木を使って、独学で綱渡りの練習をする。

その後、ジャグリングやバランス芸も覚え、街で一輪車に乗りながら芸をしたり、街灯を使って綱渡りをする大道芸人としてスタートする。

その傍らで、フィリップは常に綱渡りのことを考え、綱渡りに最適な場所がないかと探していた。

そんなある時、歯痛で訪れた歯医者の待合室にあった雑誌から、アメリカのNYに世界最高の高さを誇るツインタワーができることを知る。

そして、ツインタワーこそが世界最高の綱渡りの場所だと直感する。

映画「ザ・ウォーク」

感想(ネタバレあり)


「夢」とは、簡単には手に入らないもの


もしも私が、「将来は、ロバート・デニーロに会ってインタビューするのが夢だ!!」と宣言したら、周りはどんな反応をするだろう。

恐らく、多くの人が口では「がんばって~、応援してるよ~」と言ったものの、苦笑いを浮かべつつ、

「ただ毎日、映画のブログを書いてるだけの人間が何を言ってるんだ。そんなの叶うわけないじゃん」

という表情をするに違いない。


この映画の主人公、フィリップも同じだ。

ただ、パリの街角で、週に何回かジャグリングをしているだけの人間が、ある日突然、「ツインタワーで綱渡りをするんだ!!」と宣言してしまった。

彼は常に、日頃から大きな舞台を踏んでいるパフォーマーなんかではない。

休日や祭日に歩行者天国でお菓子の缶を置いて、一輪車に乗ったり、街灯を使って綱渡りをしたり、ジャグリングをしたりする、ただの大道芸人なんだ。

そんなもんなんだ。

夢とは、多くの人間が「そんなもの叶うわけない」と思うものであり、最後まで挫折せずにチャレンジし続けた人間だけが、手にすることができるもんなんだ。

映画「ザ・ウォーク」ジョセフ・ゴードン=レヴィット

否定的な意見は「不可能な夢」を可能にするためのエネルギー


しかし、そうは言っても、最後まで挫折せずにチャレンジし続けることが、何よりも難しい。

もちろん!難しいから夢なのであり、簡単に手に入るようなことは、夢とは言えない。

では、最後まで挫折せずにチャレンジし続けるにはどうすれば良いのか。

例えば、私にとって、夢を実現させるためのモチベ―チョンを保ち続けるための栄養素は何か。

それは、周りの人たちの「そんなもの叶うわけないじゃん」っていう表情や、これまでに、私の生き方や人生、仕事を否定してきた人たちの姿だ。

彼らに対する「今に見てろ」という思いが、私にとっての一番の起爆剤になる。

怒りや、負けん気は何よりも強いエネルギーを放出する。

映画「ザ・ウォーク」ジョセフ・ゴードン=レヴィットとシャルロット・ルボン


フィリップにとっての起爆剤は、同じく彼を否定する人たちの存在と、綱渡りのへの情熱だ。

彼がツインタワーへチャレンジする前に、「練習」として行ったノートルダム寺院での綱渡り。

今まで行ってきたどんなパフォーマンスよりも、最高の舞台とパフォーマンスだったにも関わらず、フランスの国民は彼に対し、とても冷ややかな反応だった。

フィリップはこの時、「フランス人は、なんでこの素晴らしさを理解しないんだ!!」と、爆発するが、私は、この時の思いが、彼のNYへの思いをさらに強くしたものだと感じた。

そして、ことあるごとに、彼の綱渡りにダメ出しをする、師匠のパパ・ルディ(ベン・キングスレー)の存在も大きい。

常に、ダメだ。そんなものはやめてしまえというパパ・ルディがいてこそ、フィリップは常に成長し続けることができたんだと思う。

人間とは不思議なもので、否定されると、マスマスやりたくなってしまう生き物だ。

だから、もしも叶えたい夢があるのなら、常に否定する人間を側に置いておくと良い。

きっと、その人が夢へと導いてくれるはずだ。

その上で、毎日、毎日、綱渡りへの情熱を失わないこと。

もちろん、それが何よりも大切なことだ。

映画「ザ・ウォーク」ジョセフ・ゴードン=レヴィットとシャルロット・ルボン

そして、地上411mでの綱渡り


とはいえ、この映画での最大の見せ場は、地上411mでの綱渡り。

もう、もう、ここは本当にすごいから。

とにかく見て欲しいとしか、言いようがない。

見ているだけで足がすくんでしまい、タワーからタワーへと到着した時には、感動して泣いてしまった。

だって、その途中で、綱の上で寝そべったり、しゃがんだりするんだよ。

本当、尋常じゃないよね ><

もうやめて、早く終わりにして・・・>< と、何度思ったことか。

いや~本当にすごいパフォーマンスだった。


リアルな世界へ導く俳優たちの演技と、ベテラン大物監督


フィリップ・プティを演じるのは、ジョセフ・ゴードン=レヴィット

彼が、この映画ですごいなぁと思ったのが、歩く姿勢が綱渡り職人になってる。

背筋をピンと伸ばして、常にバランスを気にしたような歩き方を見ているだけで、フィリップ・プティ本人を感じさせた。

彼の動きは、綱の上を踊るバレエダンサーのように見えた。


そして、フィリップの師匠パパ・ルディを演じるのは、ベン・キングスレー

この方は、本当にどんな役でも、本当にすんなりと、なり切っちゃうんだなぁ。

今回も、若干怪し気なサーカス団の団長がすごく良かった。

フィリップはパパに会えて良かったよ。


フィリップを側で支え続ける恋人のアニーには、シャルロット・ルボン

かわいかったなぁアニー。

フィリップの夢をフィリップと一緒に楽しんじゃっている感じが良かった。


監督は、「バック・トゥ・ザ・フューチャー」シリーズ、「フライト」、「リアル・スティール」のロバート・ゼメキス

地上411mの綱渡りを、一大エンターテインメントに仕上げる腕前は、さすが大作映画ベテランの腕前。

文句のつけようがない。

映画「ザ・ウォーク」ジョセフ・ゴードン=レヴィット


ツインタワーが忌まわしい記憶から、夢の舞台へと上書きできたなら


フィリップが、命がけで大きな夢を成し遂げて手に入れたのは、永遠にツインタワーの展望台へ上がれるチケットと、NYの市民権。

アメリカは、表向きでは犯罪行為と言いつつ、彼が行ったパフォーマンスを芸術として認めたということ。

国民が注目するような犯罪行為をした人間を歓待するアメリカの寛大さをしみじみと感じた。

ただ、その永遠に使えるチケットも、今はもう使えない。

最後に、フィリップが「永遠」を強調しているところに、切なさを感じた。

世界中の人々にとって、忌まわしい記憶の象徴となってしまったツインタワーも、フィリップのおかげで、「そんな素晴らしい夢を成し遂げた人がいた」場所へと、記憶が上書きされるといいなぁと思う。



ゆるめの映画ネタはこちら→「とにかく映画が好きなんです」【別館】

映画のコラムやイベントに参加した話、音楽やご飯ネタなども掲載しています。

この【本館】よりも、もっとユルッとした裏アカです。

こちらも、ぜひ。
 ↓





↓ 人気ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします

映画 ブログランキングへ

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村



ネット配信で観る:「ザ・ウォーク」(字幕版)

ザ・ウォーク (字幕版)

新品価格
¥199から
(2019/4/22 11:19時点)



DVDで観る:「ザ・ウォーク」

ザ・ウォーク [AmazonDVDコレクション] [Blu-ray]

新品価格
¥1,500から
(2019/4/22 11:21時点)





原作本「マン・オン・ワイヤー」

マン・オン・ワイヤー

新品価格
¥2,376から
(2016/1/23 17:14時点)



ドキュメンタリー映画「マン・オン・ワイヤー スペシャル・エディション(2枚組)」DVD

マン・オン・ワイヤー スペシャル・エディション(2枚組) [DVD]

新品価格
¥2,993から
(2016/1/23 17:25時点)















このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


4月19日にWOWOWで放送された「Hollywood Express」の全米映画ランキングをご紹介。

今週の1位は、先週に引き続き「シャザム!」

その他に2位にはコメディ映画「Little」、3位にはリブート作品「ヘルボーイ」、8位にはワン・ダイレクション(1D)のハリー・スタイルズのファンが彼をモデルに書いたというロマンス映画「After」、9位には、ライカの新作アニメーション映画「Missing Link」が初登場でランクイン!!





全米 映画ランキング ベスト10(4月12日~4月14日)


1位 「シャザム!」

)(現在公開中)



映画「シャザム!」オフィシャルサイト

映画「"シャザム!」"


2位 「Little」

)(日本公開未定)



3位 「ヘルボーイ」

)(今秋 日本公開予定)





4位 「Pet Sematary」

)(日本公開未定)



5位 「ダンボ」

)(現在公開中)



映画「ダンボ」ディズニー公式サイト

6位 「キャプテン・マーベル」

)(現在公開中)



映画「キャプテン・マーベル」公式サイト



7位 「Us」

)(日本公開未定)



8位 「After」

)(日本公開未定)



9位 「Missing Link」

)(日本公開未定)





10位 「The Best Of Enemies」

)(日本公開未定)



先週のランキングはこちら
 ↓
全米映画ランキング(4/5~4/7)初登場で1位にランクインしたのは、DCコミックヒーロー「シャザム!」その他に2本の新作がランクイン!!【予告編あり】


今週、紹介する新作は4本!


初登場で2位にランクインしたのはコメディ映画『Little』

パワハラ上司が、ある日目覚めると子供になっていた!?というコメディ映画。

予告編を観た時には面白そう!と思ったのだけど、Rotten Tomatoesによれば、評価の支持率は46%で否定的

だけど、一般客の支持率は76%と好意的。

Little

日本でも観られるといいなぁ…と思うけれど、日本での公開は未定。



初登場で3位にランクインしたのはリブート作品「ヘルボーイ」

2004年に製作されたギレルモ・デル・トロ監督のアメコミ映画「ヘルボーイ」を15年ぶりにリブートした作品。


ヘルボーイ

日本では今年の秋に公開の予定。



初登場で8位にランクインしたのは、映画「After」

ワン・ダイレクションのハリー・スタイルズのファンが、彼をモデルに書いた作品が、ベストセラーになり、ついに映画化までされた作品。

高校時代まで真面目でお堅い女子高生だったテッサが、陰のある謎めいた男ハーディンと出会い、今まで知らなかった世界を知っていくというお話。


after

日本での公開は未定。

ファンが推しをモデルにロマンス小説書いちゃうってすごいよね。

さらに映画化もされるなんて、いやらしい妄想もお金になる時代なんだね!!



初登場で9位にランクインしたのはアニメーション映画「Missing Link」


KUBO/クボ 二本の弦の秘密」の制作会社ライカ製作の人類の進化の謎について描いたアニメーション映画。

主人公の声を演じるのは、ヒュー・ジャックマン


MissingLink

KUBO/クボ 二本の弦の秘密」もとても良い映画だったし、日本でも公開して欲しいなぁと思う。



今週は以上です。



Twitterでも映画や海外ドラマの情報を発信しています~




インスタでも映画のレビューを日々更新中!!







↓ 人気ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします

映画 ブログランキングへ

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村








このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


私がかつてコレクションしていた映画パンフレットをメルカリで販売することになりました。

日々「メルカリ」に出品した商品をツイッターで紹介しているのですが、こちらにも掲載していきます。

ハリウッド大作映画その1」「ハリウッド大作映画その2」「ハリウッド大作映画その3」「ミニシアター系映画【その1】」「ミニシアター系映画【その2】」「ミニシアター系映画【その3】」「ミニシアター系映画【その4】」「ミニシアター系映画【その5】」「ミニシアター系映画【その6】」「ミニシアター系映画【その7】」「ミニシアター系映画【その8】」「ミニシアター系映画【その9】」「日本映画」の3ジャンルに分けてご紹介します。
(そのうち、それに当てはまらない作品が出てくるかも)

このページは「ミニシアター系映画」のページです

どのパンフレットも直射日光の当たらない部屋で保存していましたので、色落ちなどはしておりません

このパンフレットが欲しい!という方はメルカリの販売ページよりご購入ください
(掲載しているツイッターのコメントの中に販売ページへのリンクが記載されています。)




映画パンフレット販売 ミニシアター系映画編 その10


現在販売中のパンフレット

【SOLD OUT】タンゴ / 小さな中国のお針子アトランティスアルテミシア

聖週間ボーイ・ミーツ・ガールHEART ハートヴェラ・ドレイク

BOYSムーンライト&ヴァレンチノ【NEW】ミルドレッド



--------------------------


小さな中国のお針子


2003年日本公開作品。フランス映画(中国語)

サイズ:A4版

監督:カルロス・サウラ

出演:ミゲル・アンヘル・ソラ 、セシリア・ナロバ 、ミア・マエストロ など


【掲載内容】
・ダイ・シージエ監督来日インタビュー
・ジョウ・シュン インタビュー
・ツォン・チーチュン  インタビュー
・川本三郎(評論家)、宇田川幸洋(映画評論家)によるレビュー
・採録シナリオ


--------------------------


アトランティス


1992年日本公開作品。フランス映画

サイズ:B4版

※ メール便の規定サイズを超えるため、宅急便にて発送致します。
値下げはできません。


音楽:エリック・セラ など


【掲載内容】
リュック・ベッソン+中村征夫 対談
・佐藤晃一(グラフィックデザイナー)、友成純一(作家)によるレビュー
・高橋直樹による音楽解説
・出演者(海洋生物)プロフィール




--------------------------


アルテミシア


1998年日本公開作品。フランス・イタリア合作映画

サイズ:A4版

※ 裏表紙に汚れがあります。
3枚目の写真に汚れのアップがあります。
ご了承の上、ご購入ください。

監督: アニエス・メルレ

音楽:ヴァレンティナ・チェルヴィ 、ミシェル・セロー 、ミキ・マノイロヴィチ など


【掲載内容】
・アニエス・メルレ監督によるアルテミシア探究
・原由美子(スタイリスト)、八坂裕子(詩人)、若桑みどり(千葉大学教授・美術史)によるレビュー
・アルテミシア・ジェンティレスキについて
・採録シナリオ



--------------------------


聖週間


1997年日本公開作品。ポーランド・ドイツ・フランス合作映画

サイズ:B5版

※内部に多少汚れがあります。
3枚目の写真に汚れのアップがあります。
ご了承の上、ご購入ください。

監督:アンジェイ・ワイダ

音楽:ベアタ・フダレイ 、ヴォイチェフ・マライカット 、マグダレナ・ヴァジェハ など


【掲載内容】
・アンジェイ・ワイダ監督 「聖週間」日本公開に寄せて
・江藤文夫(評論家)、土屋好生(読売新聞記者)、加賀乙彦(作家)、関口時正(東京外国語大学助教授)、矢川澄子(詩人)、加藤剛(俳優)によるレビュー
・アンジェイ・ワイダ監督 作品総目録
・採録シナリオ




--------------------------


ボーイ・ミーツ・ガール


1988年日本公開作品。フランス映画

サイズ:B5版(幅狭め)

※ 全ページ 白黒 雑誌タイプ
全112ページ

監督:レオス・カラックス

音楽:ドニ・ラヴァン 、ミレーユ・ペリエ など


【掲載内容】
・レオス・カラックス 監督は語る
・西嶋憲生(映像研究家)、鈴木布美子(映画評論家)、醍醐久美子(シネマライター)によるレビュー
・林海象(映画監督)と八坂裕子(詩人)による対談
・採録シナリオ



--------------------------


HEART ハート


1999年日本公開作品。イギリス映画

サイズ:B4版(高さ低め)

※ メール便の規定サイズを越えるため、宅急便での発送となります。(サイズ:クロネコ60)

値下げはできません。


監督:チャールズ・マクドガル

出演:クリストファー・エクルストン、サスキア・リーヴス 、リス・エヴァンス など


【掲載内容】
・脚本家 ジミー・マクガヴァン インタビュー
・黒田邦雄(映画評論家)、石原壮一郎(コラムニスト)、香山リカ(精神科医)、永井明(作家・医療ジャーナリスト)によるレビュー




--------------------------


ヴェラ・ドレイク


2005年日本公開作品。フランス、イギリス、ニュージーランド合作映画

サイズ:A4版(高さ低め)


監督・脚本:マイク・リー



【掲載内容】
・マイク・リー 監督 インタビュー
イメルダ・スタウントン インタビュー
・フィル・デイヴィス インタビュー
・佐々木知子(弁護士)、和久本みさ子(映画評論家)、ピーター・バラカン(ブロードキャスター)によるレビュー



--------------------------


BOYS


1997年日本公開作品。アメリカ映画

サイズ:B4版(B4版の幅の正方形)

※ メール便のサイズを越えるため、宅急便での発送となります。
値下げはできません。


監督:ステイシー・コクラン

出演:ウィノナ・ライダー、ルーカス・ハース など


【掲載内容】
・ルーカス・ハースは語る
・サウンドトラック 一覧
・大浪剛史(HMV サウンドトラック担当)による音楽解説
・唯川恵(作家)によるレビュー




--------------------------


ムーンライト&ヴァレンチノ


1996年日本公開作品。アメリカ映画

サイズ:B5版

※ 裏表紙に汚れがあります。
3枚目の写真に汚れのアップがあります。
ご了承の上、ご購入ください。


監督:デヴィッド・アンスポー

出演:エリザベス・パーキンス 、ウーピー・ゴールドバーグ 、グウィネス・パルトロウ、キャスリーン・ターナー 、ジョン・ボン・ジョヴィ など


【掲載内容】
・金子裕子(映画ライター)と杉谷伸子(映画ライター)の対談
・内館牧子(脚本家)、佐藤友紀(映画評論家)、青井陽治(演出家)によるレビュー



--------------------------


ミルドレッド


1996年日本公開作品。アメリカ映画

サイズ:B5版

※ 裏表紙の角が折れ、汚れもあります。
3枚目の写真に折れと汚れのアップがあります。
ご了承の上、ご購入ください。


監督・脚本:ニック・カサヴェテス

出演:ジーナ・ローランズ 、マリサ・トメイ、ジェラール・ドパルデュー など


【掲載内容】
・ニック・カサヴェテス監督 インタビュー
・ジーナ・ローランズ インタビュー
マリサ・トメイ インタビュー
・ジェラール・ドパルデュー インタビュー
・プロデューサー ルネ・クレイマン インタビュー
・榎戸耕史(映画監督)、松田美由紀(女優)によるレビュー
・シナリオ採録



--------------------------


他にもあります→
映画パンフレット販売-ミニシアター系映画編-【その1】


映画パンフレット販売-ミニシアター系映画編-【その2】


映画パンフレット販売-ミニシアター系映画編-【その3】


映画パンフレット販売-ミニシアター系映画編-【その4】


映画パンフレット販売-ミニシアター系映画編-【その5】


映画パンフレット販売-ミニシアター系映画編-【その6】


映画パンフレット販売-ミニシアター系映画編-【その7】


映画パンフレット販売-ミニシアター系映画編-【その8】


映画パンフレット販売-ミニシアター系映画編-【その9】





↓ 人気ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします

映画 ブログランキングへ

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村




















このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


ジェイク・ギレンホール主演の映画「ボストン ストロング ダメな僕だから英雄になれた」を映画館で観た。

2013年に起きたボストンマラソン爆破テロ事件で被害に遭い、両足の膝から下を失ってしまったジェフ・ボーマンが再起するまでを描く。実話の映画化。



満足度 評価】:★★★★☆(4.5)

最初から最後まで、ほぼ泣きながら観ていた。

両足を失って絶望の淵にいたジェフを救ったのは、同じ絶望を観ている人たちだった。

懸命に生きる姿は誰かを励まし、相手の痛みを知ることでジェフは強くなれたのだ。


目次

  1. 予告編
  2. 更新履歴・販売情報
  3. キャスト&スタッフ
     出演者
     監督
  4. あらすじ
  5. 感想
  6. 関連記事


「ボストン ストロング ダメな僕だから英雄になれた」予告編 動画

(原題: Stronger)




更新履歴・公開情報


2018年5月16日 映画館で「ボストン ストロング ダメな僕だから英雄になれた」を鑑賞。

2018年5月29日 感想を掲載。

2019年4月21日 WOWOWでの放送に合わせて加筆・修正。

現在、DVD、ネット配信共に販売中。




DVDで観る:「ボストン ストロング ~ダメな僕だから英雄になれた~」

ボストン ストロング ~ダメな僕だから英雄になれた~[Blu-ray]

新品価格
¥3,876から
(2018/10/5 14:36時点)



ネット配信で観る:「ボストン ストロング~ダメな僕だから英雄になれた~」(字幕版)

ボストン ストロング ~ダメな僕だから英雄になれた~(字幕版)

新品価格
¥2,500から
(2018/10/5 14:37時点)



サウンドトラック「ボストン ストロング~ダメな僕だから英雄になれた」

ボストン ストロング~ダメな僕だから英雄になれた

新品価格
¥2,374から
(2018/5/30 15:57時点)



【映画パンフレット】「ボストン ストロング ~ダメな僕だから英雄になれた~」

【映画パンフレット】ボストン ストロング ~ダメな僕だから英雄になれた~

新品価格
¥2,300から
(2018/5/30 15:58時点)




キャスト&スタッフ


出演者


〇タチアナ・マスラニー

〇ミランダ・リチャードソン

〇クランシー・ブラウン



監督

〇デヴィッド・ゴードン・グリーン


2017年製作 アメリカ映画



映画「ボストン ストロング ダメな僕だから英雄になれた」




あらすじ


2013年4月 ボストンで暮らすジェフ・ボーマン(ジェイク・ギレンホール)は、元カノのエリン(タチアナ・マスラニー)が、ボストンマラソンに挑戦することを知り、ゴールで応援して待っていると約束する。

そして、4月15日 ボストンマラソン当日。

ジェフはエリンを応援するボードを掲げて、彼女がゴールするのを待っていた。

しかし、その時、ジェフがいた場所の近くで大爆発が起きる。

ジェフは近くにいた人に応急手当をされ、病院に搬送されるが、両足の膝から下を失ってしまう…。



映画「ボストン ストロング ダメな僕だから英雄になれた」ジェイク・ギレンホール



感想(ネタバレあり)


2013年4月 愛国者の日 ボストンマラソンの観客を狙った爆破テロ事件が発生


2013年4月15日、その日はアメリカ愛国者の日だった。

ボストンでは、毎年マラソン大会が開催され、その日も多くの観客がランナーたちにエールを送るためにゴール付近に集まっていた。

そして、トップのランナーがゴールしてから数分後、最も観客がにぎわっているゴール付近で爆破テロが起きる

その事件の詳しい状況については、マーク・ウォルバーグ主演の「パトリオット・デイ」を観るとよくわかる。



この映画の主人公 ジェフ・ボーマンは、その時、ランナーとして参加している元カノのエリーを応援するために、ゴール付近で応援ボードを掲げながら彼女が来るのを待っていた

その時、まさにそのジェフが立っている場所のすぐそばで、その爆破事件が起きる

そして、ジェフは両足の膝から下を失ってしまう…。



この映画は、そこからジェフが再起していくまで描いたものであり、テロについてはあまり詳しく描かれていない。

そのため、もしも、ボストンマラソンについてあまり知らない人は、先に「パトリオット・デイ」を見ておくことをおススメする。

知らなくても理解できるが、観ておいた方が、ジェフの心情についてより深く理解できると思う。



そして、両足を失ったジェフは、その日から車いすでの生活が始まる



映画「ボストン ストロング ダメな僕だから英雄になれた」ジェイク・ギレンホール




苦しんでいるのは自分だけではないと知ることで強くなる


ジェフはどこにでもいる若者だ

スーパーストア コストコで商品管理の仕事をし、夜は友人たちとバーへ飲みに行く。

多くのボストン市民がそうであるように、野球チーム「ボストン レッドソックス」を愛し、バーでビールを飲みながらレッドソックスを応援する。



それが、ある日突然両足の膝から下を失ってしまう

まだまだやりたいことがあっただろうし、夢や希望を持っていたはずだ。

それなのに、いきなり奈落の底へと落とされてしまったのだ。



私は、そんなジェフの姿は涙なくしては見られなかった



その時、傷ついていたのはジェフだけではない

ボストン市もまた、そのテロ事件によって心が傷ついていた

亡くなった人もいたし、ジェフのように足を失った人たちが他にもいて、そんな地獄絵図を目の前で目撃してひどく落ち込む人もいた。

また、「テロとの戦い」で戦地に行った家族を失った人たちも大勢いた。



そんなボストン市民は、足を失ったジェフを「ボストン復帰の象徴」として見た

そもそも、爆破テロ犯捜査の際に突破口となったのが、ジェフの目撃情報であり、彼は犯人逮捕のヒーローの一人とされた



しかし、ジェフ自身はそんな「英雄扱い」を重荷に感じていて、酒に頼り、思考は後ろ向きで、「悲劇のヒーロー」となってエリーに当たるようになる

そんなジェフに嫌気がさしたエリーは、ジェフの元を去ってしまう。



エリーを失ってから徐々に正気を取り戻したジェフは、再び前を向き始め、大好きな「レッドソックス」の始球式に登場する。

この時、多くの人たちが家族を失ったり、テロの現場で惨劇を目撃して精神的に傷ついたりしたことでうまく社会復帰できていないことを知る

苦しんでいるのは自分だけではないと気付いたのだ。



なにも、品行方正で完ぺきなヒーローである必要はないのだ。

時には自暴自棄になりながらも、それでも希望を捨てずに生き続け、その姿を見せることが誰かの支えになるのだ。

そしてジェフ自身も、人の痛みを知り、「辛い思いをして生きているのは自分だけではない」ことに気付いて強くなるのだ。



きっと誰もがそうだろう。

立ち直れないぐらい辛いことがあった時、自分が世界の悲しみを背負っているという気分になってしまう。

しかし、そうではない。

世界には、もっと悲しい思いをしながら、必死で生きている人たちがたくさんいる。

自分が辛い時には、そういう人たちの存在を知ることで、「その人たちのためにも頑張ろう」と思えるのだ。



映画「ボストン ストロング ダメな僕だから英雄になれた」ジェイク・ギレンホール




ヒーローではない、ダメな自分を理解してくれる人がいて強くなれる


ある日突然車いすでの生活を強いられ、周りからの期待に応えられず、自暴自棄になっていたジェフ

酒に溺れ、ネガティブな発言を繰り返し、恋人のエリーに八つ当たりをしていた。

そんなジェフが、前向きに生きるようになるきっかけは、エリーだ。



もしも、酒に溺れたジェフをそのまま甘やかし、ネガティブな発言や八つ当たりを許していたら、きっと今もジェフは酒に溺れた生活をしていただろう。

そんな自堕落なジェフについていけないと思ったエリーはジェフの元を去ってしまう。

それで、ジェフは目が覚めるのだ。



それまでエリーはとても献身的にしていた。

仕事を辞め、身の回りの世話から下の世話までして、落ち込んだ時は励まし、車の運転から車いすを運ぶのだって全部エリーがしていた。

それなのに、ジェフがいつまでも後ろ向きになっていたのでは、二人の未来はない

そう、エリーは思ったに違いない。



エリーを失ったジェフが気付いたのは「本当の自分を理解してくれる存在の大切さ」だったはずだ。

ジェフとエリーは、ボストンマラソンまで何度も付き合ったり別れたりを繰り返していた。

ボストンマラソンの時は別れていたのに、事件後、足を失ったジェフを看護するうちに寄りを戻していた。

だから、事件が起きる前も、起きた後も、ジェフの良いところも悪いところも、誰よりも知っているのがエリーだったのだ。



ジェフはエリーを失って初めて、エリーの存在の大きさに気付くのだ。

人は一人では生きてはいけない

だからこそ、本当の自分を理解してくれる人が必要なのだ。



そして、ジェフはエリーに必死に生きている自分を見せるために、義足で歩く練習を始める。

ジェフが義足をつけて歩く練習をする姿は、テロによって傷ついた誰かの支えとなっているが、そんなジェフにとっては、エリーが生きる支えになっているのだ。



映画「ボストン ストロング ダメな僕だから英雄になれた」ジェイク・ギレンホール



災難に遭っても、必死に生きている姿は誰かの力になる



2011年3月11日に日本で東日本大震災が起きた後、私たちは壊滅的な被害を受けた東北の街が元気になることを願っていた。

東北にある野球チームの「楽天イーグルス」を応援することで、彼らを復帰の象徴とした。

そして、家族や家を失った人たちが元気でがんばっている姿を見て、「私もがんばらなきゃ」と思ったものだった。



それと同じことが、この映画にも言える。

多くのアメリカ国民が、ボストンで起きたテロを観て「Boston Strong(ボストン、がんばれ!)」と言って励ました

地元の野球チーム「ボストン レッドソックス」を市民が一丸となって応援することで、彼らを復帰の象徴とした。

そして、犯人逮捕に向けて有力な情報を提供した英雄のジェフが頑張って生きている姿を見て、人々は励まされ「私も頑張ろう」と思うのだ。



この映画を観ると、そう思われた当人は、時にプレッシャーに押しつぶされながら、自暴自棄になったり、後ろ向きになったりして、もがき苦しみながら生きているのだということを知る。

誰もが初めから英雄ではないのだ。

テロや災害で失ったことを受け入れるのはとても難しいことなのだ。

それでも、苦しみに負けることなく生き続けることは、きっと誰かの力となる

そして、同じく苦しみを抱えながら生きている人と出会い、互いの痛みを共有し、他人の痛みを知ることで人はより強くなるのだ。




この映画はきれいごとばかりでなく、ジェフの汚いところも、人間的に成長できていないところも全部見せてしまうところが魅力だ。

私たちも、いつ災難に遭い、ジェフのような人になるとも限らないからだ。

私たちが完ぺきな人間でないように、ジェフもまた普通の人なのだ。

だからこそ、私はこの映画に共感するのだ。

悲しみのどん底にいて、辛い思いをしている人にこそ、観て欲しい作品だった。



 ↓ ジェフ・ボーマン本人(左)と彼を演じたジェイク・ギレンホール(右)
映画「ボストン ストロング ダメな僕だから英雄になれた」ジェフ・ボーマン本人(左)と彼を演じたジェイク・ギレンホール(右)



関連記事


〇2013年4月15日 ボストンで何が起こったのか。ボストンマラソンテロ事件の映画化









↓ 人気ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします

映画 ブログランキングへ

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村





DVDで観る:「ボストン ストロング ~ダメな僕だから英雄になれた~」

ボストン ストロング ~ダメな僕だから英雄になれた~[Blu-ray]

新品価格
¥3,876から
(2018/10/5 14:36時点)



ネット配信で観る:「ボストン ストロング~ダメな僕だから英雄になれた~」(字幕版)

ボストン ストロング ~ダメな僕だから英雄になれた~(字幕版)

新品価格
¥2,500から
(2018/10/5 14:37時点)



サウンドトラック「ボストン ストロング~ダメな僕だから英雄になれた」

ボストン ストロング~ダメな僕だから英雄になれた

新品価格
¥2,374から
(2018/5/30 15:57時点)



【映画パンフレット】「ボストン ストロング ~ダメな僕だから英雄になれた~」

【映画パンフレット】ボストン ストロング ~ダメな僕だから英雄になれた~

新品価格
¥2,300から
(2018/5/30 15:58時点)




















このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


トム・クルーズ主演の映画「ザ・マミー 呪われた砂漠の王女」を映画館で観た。

ユニバーサルスタジオが製作する、ダークユニバース第一弾、「ミイラ再生」のリブート作品。

エジプトで掘り起こしたミイラが、ロンドンで大暴れするアクション大作。



満足度 評価】:★★★☆☆


この映画を観て、「えーーと、これは何??」と思うところがなかっただろうか。

よく考えても分からないから、アクションが楽しめればいいか。

そんな風に思わなかっただろうか。

私は、この映画「ザ・マミー 呪われた砂漠の王女」を観て、いろいろ説明不足!!だと思ったので、ちょっと頭の中を整理しようと思う。

いや~、そんなことないよ!!この映画はすごく面白かったよ!!

そう思う人にとっては、これから書くことは必要ないかも…。

目次

  1. 予告編
  2. 更新履歴・販売情報
  3. キャスト&スタッフ
     出演者
     監督
  4. あらすじ
  5. 感想


「ザ・マミー 呪われた砂漠の王女」予告編 動画

(原題:THE MUMMY)




更新履歴・公開、販売情報

・2017年8月5日 映画館で観た感想を掲載。

・2019年4月20日 WOWOWでの放送に合わせて加筆・修正。

現在、DVD、ネット配信、共に販売中。



DVDで観る:「ザ・マミー/呪われた砂漠の王女」

ザ・マミー/呪われた砂漠の王女[AmazonDVDコレクション] [Blu-ray]

新品価格
¥1,500から
(2019/4/20 12:51時点)



ネット配信で観る:「ザ・マミー/呪われた砂漠の王女」(字幕版)

ザ・マミー/呪われた砂漠の王女 (字幕版)

新品価格
¥1,500から
(2019/4/20 12:55時点)



元ネタ「ミイラ再生」Blu-ray

ミイラ再生 [Blu-ray]

新品価格
¥1,375から
(2017/8/5 00:14時点)



1999年製作リブート版:「ハムナプトラ失われた砂漠の都」 (字幕版)(Amazonプライム)

ハムナプトラ失われた砂漠の都 (字幕版)

新品価格
¥300から
(2017/8/5 00:16時点)



「ハムナプトラ/失われた砂漠の都」Blu-ray

ハムナプトラ/失われた砂漠の都 [Blu-ray]

新品価格
¥1,150から
(2017/8/5 00:18時点)





キャスト&スタッフ


出演者

トム・クルーズ
…(「ミッション:インポッシブル/フォールアウト」、「バリー・シール/アメリカをはめた男」、「ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル」、「ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション」、「m:i:Ⅲ ミッション・インポッシブル3」、「アウトロー」、「コラテラル」、「大いなる陰謀」、「ザ・ファーム 法律事務所」、「ワルキューレ」、「オール・ユー・ニード・イズ・キル」、「マイノリティ・リポート」、「ザ・エージェント」など)

〇アナベル・ウォーリス

ソフィア・ブテラ
…(「アトミック・ブロンド」、「スター・トレック BEYOND」、「キングスマン」など)

〇ジェイク・ジョンソン

ラッセル・クロウ
…(「ナイスガイズ!」、「ディバイナー 戦禍に光を求めて」(兼監督)、「レ・ミゼラブル」、「3時10分、決断の時」、「ノア 約束の舟」、「ワールド・オブ・ライズ」、「消されたヘッドライン」、「パパが遺した物語」など)


監督

〇アレックス・カーツマン


2017年製作 アメリカ映画

映画「ザ・マミー」


あらすじ


中東で、古代遺跡を発掘した軍人のニック(トム・クルーズ)と、考古学者のジェニー(アナベル・ウォーリス)は、その遺跡にあった棺を軍用機に乗せてロンドンへ向かう。

しかし、その途中でカラスの大群による攻撃を受け、飛行機は墜落。

ジェニーはパラシュートによって、そこから脱出するが、ニックは奇跡的に命が助かる。

ところが、その後ニックは吸い寄せられるように飛行機が墜落した現場へと向かう。

ニックの異変に気付いたジェニーは、共にミイラの研究を行っているジキル博士(ラッセル・クロウ)に連絡をする。

映画「ザ・マミー/呪われた砂漠の王女」トム・クルーズ


感想(ネタバレあり)


夏の「娯楽大作」を期待したのに、なんだか「不完全燃焼」


今、このブログを読んでいる方の中には、お盆休み!夏休み!という方もいるかもしれない。
(この映画の公開は2017年サマーシーズンだった。)

現在、映画館もサマーシーズン真っ最中!!

サマーシーズンと言えば、「なーーーーんにも考えないで(実際は考えないなんて無理)楽しめる」娯楽大作の季節。



この映画の主役、トム・クルーズは、夏の娯楽大作の定番俳優。

そんな定番男だからこそ、バンバン、ミイラに追いかけられて、キャーーーーッとなったところを、トムくんがバッタバッタと倒していく…そんなアクション娯楽作を期待した人もいるかもしれない。

少なくとも、私は、そんな楽しいアクション大作を期待していた!!



ところが、実際、幕が開けてみたら「ちょっと、違うかも」、「なんだか、よく分からない」…。

なんだか『不完全燃焼』…。

その『不完全燃焼の理由』は、細かい部分をテキトーに描いていてしまっていたことや、いろいろなことが説明不足であることが原因だと、私は思っている。



映画「ザ・マミー/呪われた砂漠の王女」トム・クルーズとアナベル・ウォーリス

「ダークユニバース」第一弾。案内役はジキル博士


そもそも、この映画は「ユニバーサルスタジオ」が企画している「ダークユニバース」の第一弾

「ダークユニバース」とは、これまで「ユニバーサルスタジオ」が製作してきたモンスター映画を次々とリメイクしていく企画



その第一弾として1932年に製作された「ミイラ再生」のリメイクが、この「ザ・マミー 呪われた砂漠の王女」である。

ちなみに、1999年に公開された作品「ハムナプトラ/失われた砂漠の都」も、「ミイラ再生」をリメイクしたもの

この後にもハビエル・バルデム主演の「フランケンシュタインの花嫁」や、ジョニー・デップ主演の「透明人間」のリメイクが予定されている。



★2019年4月20日追記:
ユニバーサルスタジオの「ダークユニバース」は事実上、消滅しました


今思えば、この時の「ザ・マミー」の失敗が痛かったんだな…



その「ダークユニバース」シリーズの全作品で共通して登場し、案内役を務めるのが、ラッセル・クロウ演じる「ジキル博士とハイド氏」なのだと言われている。



しかし、私にとっては、このジキル博士がこの映画の『違和感 その1』で。

途中まで、ミイラ映画だったのに、ヒロイン、ジェニーの紹介で、「ミイラ研究の第一人者」として、ジキル博士が登場し、しばらくすると、恐ろしいモンスターのハイド氏になってしまう。

えぇ??それってちょっと、唐突すぎやしませんか??



もしかして、「ダークユニバース」シリーズの第一弾として公開されるべきだったのは、ラッセル・クロウの「ジキル博士とハイド氏」だったのでは??

ジキル博士がハイド氏になるストーリーを知った上で登場してくれないと、なぜ、ジキル博士がいきなりハイド氏になるのか分からない。



「『ジキル博士とハイド氏』の話なんて、みんな知っているだろ」と言われても、それが、なぜ、この「ザ・マミー」に乱入してくるのかが分からない

それは、あまりにも乱暴で、説明不足なんじゃないかと思った。


映画「ザ・マミー/呪われた砂漠の王女」ラッセル・クロウ


十字軍の兵士がエジプトの女王にひれ伏す世界って…


その「説明不足」は、他にもあって。

飛行機が墜落して、一旦、死亡が確認されたはずのニックが生き返ったのも、イマイチよく分からなかった。



それは「選ばれし者」だから?

なんだか、トムくんの全裸シーンでごまかされちゃった感あり

(これが本当の話なんだから困っちゃう)



それで、生き返ったニックが友達のクリスみたいに、「いかにもミイラ」っぽくしててくれたら、まだ分かりやすかったんだけど

いつものように、美しい姿のトム・クルーズでいたから、生きているのか、死んでいるのか、ミイラなのか何なのかよく分からない(笑)



ついでに気になったところを言うと、ロンドンに到着して目覚めたエジプトの女王アマネットが、ニックの身体に乗り移って世界征服を目論むのだけど

ロンドンの地下で眠っているミイラを全て起こして、ニックを襲わせる。

その、ロンドンの地下で眠っているミイラっていうのが、十字軍のミイラで。

この十字軍たちが、目覚めたアマネットにひれ伏しているんだけど。



いくら、目覚めたアマネットに力があるからといって、十字軍の兵士が異教徒の王女にひれ伏すなんて、ナンセンスだろーーーと思った。

そこはさすがに失笑してしまった。

他にやり方はなかったのかな。



やっぱり、ペルシャで発掘したエジプトの女王をロンドンで暴れさせることに、無理があったような気がしてならない



映画「ザ・マミー/呪われた砂漠の王女」ソフィア・ブテラ

やっぱり、結局は「説明不足」


結局のところ、「ミイラ取りがミイラになって」、ニックは全能の力を得て終了する。


んーーーー。

私としては、「ハムナプトラ」のような、砂嵐と戦うトム・クルーズを期待していたし、そうでなくても、ミイラに追いかけられて死にそう!!

っていう、迫力満点のアクションを次から次へと見られるんじゃないかと期待してしまったんだけど、そいういう「娯楽的な楽しさ」が無かったように思う。



その中でも、ラッセル・クロウトム・クルーズが闘う場面は、迫力があったのと思うので、やっぱり、あそこはもっと掘り下げて描いて欲しかった

やっぱり、「説明不足」っていうのが、この映画の欠点なんだと思う。

キングスマン」や「スター・トレック BEYOND」で、キレキレのアクションを見せてくれたソフィア・ブテラも、今回はあまりアクションらしいアクションが無かったのも残念なところ。



次回の、「ダーク・ユニバース」は「フランケンシュタインの花嫁」が企画されているらしいけど、詳細は不明。

これを機に、よりブラッシュアップした作品を期待したい。



ゆるめの映画ネタはこちら→「とにかく映画が好きなんです」【別館】

映画のコラムやイベントに参加した話、音楽やご飯ネタなども掲載しています。

この【本館】よりも、もっとユルッとした裏アカです。

こちらも、ぜひ。
 ↓





↓ 人気ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします

映画 ブログランキングへ

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村



DVDで観る:「ザ・マミー/呪われた砂漠の王女」

ザ・マミー/呪われた砂漠の王女[AmazonDVDコレクション] [Blu-ray]

新品価格
¥1,500から
(2019/4/20 12:51時点)



ネット配信で観る:「ザ・マミー/呪われた砂漠の王女」(字幕版)

ザ・マミー/呪われた砂漠の王女 (字幕版)

新品価格
¥1,500から
(2019/4/20 12:55時点)



元ネタ「ミイラ再生」Blu-ray

ミイラ再生 [Blu-ray]

新品価格
¥1,375から
(2017/8/5 00:14時点)



1999年製作リブート版:「ハムナプトラ失われた砂漠の都」 (字幕版)(Amazonプライム)

ハムナプトラ失われた砂漠の都 (字幕版)

新品価格
¥300から
(2017/8/5 00:16時点)



「ハムナプトラ/失われた砂漠の都」Blu-ray

ハムナプトラ/失われた砂漠の都 [Blu-ray]

新品価格
¥1,150から
(2017/8/5 00:18時点)


















このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


エレン・ペイジ主演の海外ドラマ「アンブレラ・アカデミー」<シーズン1>#6『かなわぬ願いを想う日』をNetflixで観た。

もしも、世界の滅亡まで、あと3日だと知ったら、何をするだろうか。

きっと最後に会いたい人に会ったり、これまで言えなかったことを告白したりするのではないだろうか。

アンブレラ・アカデミーのメンバーは、特殊能力の持ち主だけど、彼らの想いは、普通の人々と変わらない…。

「アンブレラ・アカデミー」<シーズン1>予告編 動画

(原題:The Ambrella Academy)



オリジナルサウンドトラック「The Umbrella Academy」

The Umbrella Academy (Original Series Soundtrack)

新品価格
¥1,600から
(2019/4/2 16:22時点)



原作本「The Umbrella Academy Volume 1: Apocalypse Suite」【洋書】

The Umbrella Academy Volume 1: Apocalypse Suite

新品価格
¥3,108から
(2019/4/2 16:23時点)






***********

〇 「アンブレラ・アカデミー」<シーズン1>第5話 観ました!!

感想はこちらから →海外ドラマ「アンブレラ・アカデミー」<シーズン1>#5『5号』5号が突如やってきた理由と、ヴァーニャに現れる変化。エレン・ペイジ主演【感想】

***********

キャスト&スタッフ


出演者











製作総指揮


〇スティーヴ・ブラックマン



海外ドラマシリーズNetflix「アンブレラ・アカデミー」


感想(ネタバレあり)


世界の滅亡まで、あと3日。人は何を思うのか


世界の滅亡まで、あと3日だと分かった時、人は何をするだろうか。

アンブレラ・アカデミーのメンバーは全員で集まって、「何をすべきか」を話し合う。

しかし、彼らにできることなどないと思い知ってしまう。



それならば、これまで叶えることができなかった想いを叶えようと思うのではないか。

1号のルーサーにとって、それは、「父に愛されること」であり、「アリソンとの愛を叶えたい」という思いだった。



怪力の持ち主であるルーサーだが、彼の能力には限界があった

父はそのことに早くから気付いていたのだが、ルーサーを傷つけまいとして、彼に「月のデータを送れ」という任務を課す。

しかし、ルーサーは、父が定期的に送っていたデータを全く読んでいなかったことに気付いてしまう。

兄弟の意見をまとめることもできず、父の期待にも応えられていなかったことに気付いたルーサーは不甲斐なさを感じて落ち込んでしまう。



失意の中にあったルーサーは、その思いをアリソンに助けられる。

ルーサーとアリソンは、両想いの関係だったけれど、家族であることから、その想いを封印していた。

しかし、世界滅亡まであと3日となって、彼らは想いを成就させる。



そして、もう一人。

4号のクラウスは、時間旅行をしている間にベトナム戦争で出会ったデイブと再会するために、「ドラッグ抜き」をする。

シラフになって能力を取り戻せば、デイブに会えると思ったからだ。

そして、クラウスもまた、その想いを成就させる。



海外ドラマシリーズ「アンブレラ・アカデミー」シーズン1 第6話エイダン・ギャラガー



ヴァーニャは限界を知らず、5号は世界を救うヒントを得る


その裏で、着々と能力を発揮させているのが7号のヴァーニャだった。

恋人のレナードがヴァーニャの実家から盗んだパパの日記によれば、ヴァーニャの能力はルーサーと違って制限不可能のため、薬を飲ませて能力が表に出ないようにしているという…。

レナードは、そのことを知って、ヴァーニャに近づいたのか…。



実際に、ヴァーニャが怒りながら歩いた道では、街灯が折れ曲がるという事態になっている…。

そして、なぜ、レナードはヴァーニャの能力に関心を示すのか。



そして、5号は、世界の滅亡まで時間がないことから、ハンドラーと共に幹部になるが、そこで情報を盗み出す。

会社は「ハロルド・ジェンキンスを守れ」という指令を出していたのだ。

そこで、5号は「ハロルド・ジェンキンス」が世界の滅亡に大きくかかわっていると感じ、現在に戻る。

その前に、会社を破壊して。



5号が戻ったのは、アンブレラ・アカデミーのメンバーが家族会議を開く直前であり、結局、ルーサーとアリソンの想いも、クラウスがデイブと再会したことも、全てなかったことになってしまった。

しかし「ハロルド・ジェンキンス」の存在と、ヴァーニャが能力を発揮し始めていることは事実なのだ。





Twitterでも映画や海外ドラマの情報を発信しています~ー



Instagramでも映画のレビューを日々更新しています~






↓ 人気ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします

映画 ブログランキングへ

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村



オリジナルサウンドトラック「The Umbrella Academy」

The Umbrella Academy (Original Series Soundtrack)

新品価格
¥1,600から
(2019/4/2 16:22時点)



原作本「The Umbrella Academy Volume 1: Apocalypse Suite」【洋書】

The Umbrella Academy Volume 1: Apocalypse Suite

新品価格
¥3,108から
(2019/4/2 16:23時点)


















このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


ロマン・デュリス主演の映画「パパは奮闘中」を試写会で観た。

ある日、突然、妻が失踪してしまい、仕事も子育ても家事も、全て一人でやることになってしまったパパの奮闘記。


満足度 評価】:★★★★☆

いきなり妻が家出してしまいパニクってしまうパパのお話。

思わず、手を差し出して助けてあげたくなってしまうリアルな混乱ぶりが良かった!

目次

  1. 予告編
  2. 更新履歴・販売情報
  3. キャスト&スタッフ
     出演者
     監督
  4. あらすじ
  5. 感想


『パパは奮闘中』予告編 動画

(原題:Nos Batailles)



更新履歴・公開、販売情報

・2019年3月19日 試写会にて鑑賞。

・2019年4月19日 感想を掲載。

・2019年4月27日 全国順次公開。

詳しい劇場情報につきましては、下記公式サイトをご参照ください。
 ↓
映画「パパは奮闘中」公式サイト




キャスト&スタッフ


出演者


…(「若い女」など)

〇ロール・カラミー

〇バジル・グランバーガー

〇レナ・ジェラルド・ボス

〇ルーシー・ドゥベイ


監督・脚本

〇ギヨーム・セネズ


2018年製作 ベルギー・フランス合作映画



パパは奮闘中



あらすじ


ネットショップの配送倉庫で働くオリヴィエ(ロマン・デュリス)は、妻ローラ(ルーシー・ドゥベイ )と、二人の幼い子供たちの4人で暮らしている。

しかし、ある日、突然、妻のローラが家出をしてしまう。

子供たちにも、職場にも何も告げずに、妻はいきなり姿を消してしまったため、オリヴィエは、子供たちの世話も、家事もどうしていいか分からず、混乱してしまう…。



映画「パパは奮闘中」ロマン・デュリス



感想(ネタばれあり)


この映画の感想につきましては、私が「ぴあ映画生活」に掲載したものをご紹介します。


パパは奮闘中! (2018)


★★★★ [80点]「子育てなんて無理!なお父さんに捧ぐ」


フランスにおけるシングルファーザーのワンオペ育児の大変さを描いた作品。

まるで、自分の身に起きていることのようなリアリティがあって、次はどうなるんだろう…と、終始ドキドキし、できることなら助けてあげたくなってしまう。

そんな映画だった。



ネットショップの配送所で働く主人公のオリヴィエ(ロマン・デュリス)は、ある日突然、妻に家出をされてしまう。

それ以来、仕事も、家事も、幼い子供2人の育児も、全て、オリヴィエがこなさなくてはいけなくなってしまう。



私には子供がいないので、育児の経験はないけれど、それでも、オリヴィエが置かれた状況には、身につまされるものがあった。

チームリーダーとして仕事を任され、職場ではいろいろ起きるし、家では、子供たちが母親を恋しがっている。

そんなオリヴィエの発狂しそうな心境が、すごく伝わってくる空気感があって、そのリアリティがこの映画の魅力だと思った。



そして、この中で起きる様々な事柄について、こんな時、私ならどうするだろう…。

と、考えながら観ていた。



その時思ったのは、「こういう時に私には、助けてくれる人がいるだろうか」ということと、逆に、「もし、私に近しい人がオリヴィエのような状況になったら、私はその人に何かしてあげられるだろうか…」ということだった。



その全てを一人でこなすのは到底無理で、誰も幸せになれない。

少しでも良いから、周りにいる人たちがサポートすることが大切だと感じた。

日頃、家事や育児に不慣れなお父さんの目線でこの映画が作られているからこそ、ワンオペ育児の大変さが身に染みる作品になっている。



きっと、子供たちが好きな服や、好物のおかずすらも知らず、かといって、仕事もあるから、そこに時間をかけている余裕もない。

オリヴィエのようにならないためにも、日頃から辛い時は「辛い」と言うことが、大事なことなんだと思う。

オリヴィエのように、どうにもならない思いは、家族にぶつければ良いし、自分一人で決められない家族のことは、子供たちと一緒に決めれば良い

周りの人たちも「ヘルプ」と言ってくれた方が手伝いやすい



お父さんでも、お母さんでも、シングルになってしまったら、ワンオペ育児でがんばるのではなく、周りの人たちと、その大変な思いをシェアすべきなんだと思った。

そして、この映画は、できることなら、日頃、お母さんに育児を任せっきりのお父さんにぜひ観て欲しい作品だと思った

きっと、奥様の偉大さを感じるに違いないと思う


Posted by pharmacy_toe on 2019/03/28 with ぴあ映画生活







Twitterでも、映画情報や海外ドラマの情報を発信しています~




Instagramでも映画のレビューを日々更新しています~





ゆるめの映画ネタはこちら→「とにかく映画が好きなんです」【別館】

映画のコラムやイベントに参加した話、音楽やご飯ネタなども掲載しています。

この【本館】よりも、もっとユルッとした裏アカです。

こちらも、ぜひ。
 ↓





↓ 人気ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします

映画 ブログランキングへ

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村






















このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


J・K・シモンズ主演の 海外ドラマ「カウンターパート/暗躍する分身」<シーズン1>#10『中間地帯 パート2』をWOWOWで観た。

シーズン最終話。

中間地帯でテロ攻撃があり、一触即発の緊張状態に突入する。

それぞれの登場人物は、それを受けてどう行動し、次にどうつながっていくのか。

このシーズンを乗り越えて、それぞれに現れた「変化」に注目した。

「カウンターパート/暗躍する分身」予告編 動画

(原題:Counterpart)




現在、WOWOWにて独占放送中
 ↓
ドラマ『カウンターパート/暗躍する分身』WOWOWオンライン







***********

〇 「カウンターパート/暗躍する分身」<シーズン1>第9話 観ました!!

感想はこちらから →海外ドラマ「カウンターパート/暗躍する分身」<シーズン1>#9『中間地帯 パート1』表と裏の人々を引き寄せる「愛」と「憎しみ」サスペンスドラマ。J・K・シモンズ主演【感想】

***********

キャスト&スタッフ


出演者

J・K・シモンズ




…(「真夜中のゆりかご」など)






海外ドラマ「カウンターパート/暗躍する分身」


感想(ネタバレあり)


暮らす「環境」によって人は変わる


人を育てるのは、食べ物、飲み物、家族や周りの人々である。

つまり、日々暮らしている日常生活や環境が、その人を育てている。



日本語を話している人に囲まれて育てば、国籍や人種が違っても日本語を話す人間に育つし、穏やかな人に囲まれて育てば、穏やかな人に育つ。



このドラマの主人公ハワードは二人いる。

私たちが暮らしている世界にいる表のハワードと、もう一つの世界で暮らしている裏のハワード。



見た目は全く同じでも、二人の性格は全く違う。

とても穏やかで争いごとが嫌いな表ハワードと、好戦的でズバズバとものを言う裏ハワード。


このシーズン1の後半は、そんな二人が入れ替わり、表のハワードがあちら側で生活し、裏のハワードがこちら側に暮らすようになった。

すると、少しずつ、それぞれの性格が、お互いの性格に似通うようになってきたのだ。

その変化がとても面白いと思った。



裏ハワードは、少しずつ穏やかになり、昏睡状態にある他人の妻・エミリーを少しずつ思いやるようになり、最終的には命をかけてエミリーを守る生活を選択する。

その逆に、表ハワードは攻撃性を増し、「元いた世界に帰りたい」と要求した見返りに「手下にならないか」と提案してきたポープを殴り殺してしまう。

その撲殺は事故のようなものだったが、こちらの世界で暮らしている頃には、考えられないできごとだっただろう。



その「環境」によって性格が変わったのはハワードだけではない。

クエイルの妻になった裏のクレアは、それまで敵だと思っていたクエイルや、新しい家族を愛するようになってしまう。

そして、暗殺者ボールドウィンは、人を愛することを知り、「人を殺すこと」をためらうようになっていく。



「人を殺すため」に教育された彼らも、愛のある生活を送っていくうちに、そこに罪悪感を持ち、「人を殺してはいけない」と思うように変化していくのだ。

つまり、この二つの世界を平和にするには、そこに「愛」が必要だということなのだ。

しかし、その二つの世界を裏で仕切っている執行部の人間は、未だに謎のままであり、ポープがいなくなったからといって、次に新しい刺客を送り込んでくる可能性がある。



海外ドラマ「カウンターパート/暗躍する分身」シーズン1 第10話 J・K・シモンズ


中間地帯の封鎖で動けなくなった人々


中間地帯でテロが起き、死者が出たことで、その場を閉鎖せざるを得なくなってしまった。

クレアによれば、「それは始まりに過ぎない」というが、彼らの目的は一体何なのか。

まだ、何も分かっていない。



そして、表ハワードは、向こうの世界から戻れなくなってしまった。

それでも変えることを望んだハワードは「エコー」と言われる場所に送り込まれるが、そこから進展はない。



そして、向こうからこちらに潜伏しているクレアは、暗殺に来た刺客を殺し、アルドリッチはボールドウィンに殺されてしまう。

そのため、クレアがスパイだと知っているのは裏ハワードだけになった。



そこで、裏ハワードはクエイルと、「エミリーが無事な限り、クレアがスパイだとばらさない」という取引をする。

これまでのハワードだったら、平気でクレアを殺していたはずだが、ここでもエミリーの命を守ったのだ。



さすがの裏ハワードも、表ハワードと同じ生活をしているうちに、彼の生活を守るようになるのだ。



結局ところ、向こう側の世界の意図が見えないまま、物語は終了してしまった。

この先、シーズン2はどう展開していくのか。

シーズン2もWOWOWでの放送が決まっているそうなので、次回の放送が、今から楽しみだ。




Twitterでも映画や海外ドラマの情報を発信しています~ー



Instagramでも映画のレビューを日々更新しています~






↓ 人気ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします

映画 ブログランキングへ

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村




















このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


私がかつてコレクションしていた映画パンフレットをメルカリで販売することになりました。

日々「メルカリ」に出品した商品をツイッターで紹介しているのですが、こちらにも掲載していきます。

ハリウッド大作映画その1」「ハリウッド大作映画その2」「ハリウッド大作映画その3」「ハリウッド大作映画その4」「ハリウッド大作映画その5」「ハリウッド大作映画その6」「ハリウッド大作映画その7」「ハリウッド大作映画その8」「ハリウッド大作映画その9」「ハリウッド大作映画その10」「ハリウッド大作映画その11」「ハリウッド大作映画その12」「ハリウッド大作映画その13」「ハリウッド大作映画その14」「ハリウッド大作映画その15」「ハリウッド大作映画その16」「ハリウッド大作映画その17」「ハリウッド大作映画その18」「ハリウッド大作映画その19」「ハリウッド大作映画その20」「ハリウッド大作映画その21」「ハリウッド大作映画その22
ミニシアター系映画その1」「ミニシアター系映画その2
日本映画
の3ジャンルに分けてご紹介します。
(そのうち、それに当てはまらない作品が出てくるかも)

このページは「ハリウッド大作映画」のページです

どのパンフレットも直射日光の当たらない部屋で保存していましたので、色落ちなどはしておりません

このパンフレット欲しかった!という方はメルカリの販売ページよりご購入ください。
(掲載しているツイッターのコメントの中に販売ページへのリンクが記載されています。)



映画パンフレット販売 ハリウッド大作映画編


現在販売中のパンフレット

ヘラクレスマーヴェリックポルターガイスト3 少女の霊に捧ぐ…ポカホンタス

【NEW】めぐり逢えたら


--------------------------


ヘラクレス


1997年日本公開作品。

サイズ:A4版

※ 裏表紙に汚れがあります。
中身に問題はありません。
3枚目の写真に汚れのアップがあります。
ご了承の上、ご購入ください。


監督・製作・脚本:ジョン・マスカー&ロン・クレメンツ

声の出演:テイト・ドノバン 、スーザン・イーガン 、ジェームズ・ウッズ 、ダニー・デビート 、チャールトン・ヘストン など


【掲載内容】
・テーマソング担当 藤井フミヤからのメッセージ
・横森文(ライター&役者)、島田綾子(ライター)によるレビュー


--------------------------


マーヴェリック


1994年日本公開作品。

サイズ:A4版

※ 裏表紙と、そこから2枚、角が折れています。
3、4枚目の写真に折れている部分のアップがあります。
ご了承の上、ご購入ください。

監督:リチャード・ドナー

出演:メル・ギブソンジョディ・フォスター、ジェームズ・ガーナー 、ジェームズ・コバーン 、グラハム・グリーン 、アルフレッド・モリナ など


【掲載内容】
・笹尾俊一によるレビュー

--------------------------


ポルターガイスト3 少女の霊に捧ぐ…


1998年日本公開作品。

サイズ:A4版

※ 内部に茶色く変色している箇所があります。
3枚目の写真に変色部分のアップがあります。
ご了承の上、ご購入ください。

監督:ゲーリー・シャーマン

出演:ヘザー・オルーク、 トム・スケリット 、ナンシー・アレン 、ゼルダ・ルビンスタイン 、ララ・フリン・ボイル など


【掲載内容】
・高橋良平(フリー・ライター)によるレビュー



--------------------------


ポカホンタス


1995年日本公開作品。

サイズ:A4版

※ 内部にシミがあります。
3枚目の写真にシミのアップがあります。
ご了承の上、ご購入ください。


監督:マイク・ガブリエル 、エリック・ゴールドバーグ

出演:アイリーン・ベダード 、メル・ギブソンクリスチャン・ベール など


【掲載内容】
・主題歌「カラー・オブ・ザ・ウィンド」歌詞・訳詞
・矢崎由紀子(フリーライター)、菅野悦子(映画ライター)、和栗隆史(小説「ポカホンタス」の著者)によるレビュー



--------------------------


めぐり逢えたら


1993年日本公開作品。

サイズ:A4版

※商品内部が茶色く変色しています。
表紙が少し折れています。
3枚目の写真に変色部分のアップ、4枚目の写真に折れている部分のアップがあります。
ご了承の上、ご購入ください。


監督・脚本:ノーラ・エフロン

出演:トム・ハンクス、メグ・ライアン 、ビル・プルマン、ロージー・オドネル 、リタ・ウィルソン 、ロブ・ライナー など


【掲載内容】
・瀬川裕司、菊池里佳(映画評論家)、北川れい子(映画評論家)によるレビュー


--------------------------




他にもあります→
映画パンフレット販売-ハリウッド大作映画編-【中古】1990年代以降の旧作を中心に販売しています【その1】

映画パンフレット販売-ハリウッド大作映画編-【中古】1990年代以降の旧作を中心に販売しています【その2】

映画パンフレット販売-ハリウッド大作映画編-【中古】1990年代以降の旧作を中心に販売しています【その3】

映画パンフレット販売-ハリウッド大作映画編-【中古】1990年代以降の旧作を中心に販売しています【その4】

映画パンフレット販売-ハリウッド大作映画編-【中古】1990年代以降の旧作を中心に販売しています【その5】

映画パンフレット販売-ハリウッド大作映画編-【中古】1990年代以降の旧作を中心に販売しています【その6】

映画パンフレット販売-ハリウッド大作映画編-【中古】1990年代以降の旧作を中心に販売しています【その7】

映画パンフレット販売-ハリウッド大作映画編-【中古】1990年代以降の旧作を中心に販売しています【その8】

映画パンフレット販売-ハリウッド大作映画編-【中古】1990年代以降の旧作を中心に販売しています【その9】

映画パンフレット販売-ハリウッド大作映画編-【中古】1990年代以降の旧作を中心に販売しています【その10】

映画パンフレット販売-ハリウッド大作映画編-【中古】1990年代以降の旧作を中心に販売しています【その11】

映画パンフレット販売-ハリウッド大作映画編-【中古】1990年代以降の旧作を中心に販売しています【その12】

映画パンフレット販売-ハリウッド大作映画編-【中古】1990年代以降の旧作を中心に販売しています【その13】

映画パンフレット販売-ハリウッド大作映画編-【中古】1990年代以降の旧作を中心に販売しています【その14】

映画パンフレット販売-ハリウッド大作映画編-【中古】1990年代以降の旧作を中心に販売しています【その15】

映画パンフレット販売-ハリウッド大作映画編-【中古】1990年代以降の旧作を中心に販売しています【その16】

映画パンフレット販売-ハリウッド大作映画編-【中古】1990年代以降の旧作を中心に販売しています【その17】

映画パンフレット販売-ハリウッド大作映画編-【中古】1990年代以降の旧作を中心に販売しています【その18】

映画パンフレット販売-ハリウッド大作映画編-【中古】1990年代以降の旧作を中心に販売しています【その19】

映画パンフレット販売-ハリウッド大作映画編-【中古】1990年代以降の旧作を中心に販売しています【その20】

映画パンフレット販売-ハリウッド大作映画編-【中古】1990年代以降の旧作を中心に販売しています【その21】

映画パンフレット販売-ハリウッド大作映画編-【中古】1990年代以降の旧作を中心に販売しています【その22】




↓ 人気ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします

映画 ブログランキングへ

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村




















このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


ブリー・ラーソン主演のMARELヒーロー映画「キャプテン・マーベル」を映画館で観た。

1990年代を舞台に、記憶を失った女性がヒーローになっていく姿を描く。

アベンジャーズはじまりの物語。


満足度 評価】:★★★★☆

面白かった!かっこよかった!

1990年代当時、抑圧されていた女性たちと移民たちによる逆襲!

これはエンドゲームへつながる始まりの物語。

その「今」を反映したヒーローの誕生は、新時代の幕開けを予感させる希望となる

目次

  1. 予告編
  2. 更新履歴・販売情報
  3. キャスト&スタッフ
     出演者
     監督
  4. あらすじ
  5. 感想


『キャプテン・マーベル』予告編 動画

(原題:Captain Marvel)



更新履歴・公開、販売情報

・2019年3月15日 映画館にて鑑賞。

・2019年4月18日 感想を掲載。

映画館での上映は4月25日まで!「アベンジャーズ:エンドゲーム」が始まるまでに、ぜひ!!

詳しい劇場情報につきましては、下記公式サイトをご参照ください。
 ↓
映画「キャプテン・マーベル」公式サイト


フィギュア「キャプテン・マーベル」約150mm

S.H.フィギュアーツ キャプテン・マーベル 約150mm PVC&ABS製 塗装済み可動フィギュア

新品価格
¥7,390から
(2019/4/18 16:52時点)



フィギュア「キャプテン・マーベル」1/6スケール

【ムービー・マスターピース】『キャプテン・マーベル』1/6スケールフィギュア キャプテン・マーベル

新品価格
¥42,000から
(2019/4/18 16:55時点)



コスプレ キャップ「キャプテン・マーベル」

2019 Captain Marvel Cosplay Caps Carol Danvers Hat S.H.I.E.L.D LOGO HAT ャプテン マーベル コスプレ キャップ 帽子 (サイズ調整可能) キャロル ダンバース コスチューム ハット 帽子 キャップ

新品価格
¥1,699から
(2019/4/18 16:53時点)



【映画パンフレット】「キャプテン・マーベル」

【映画パンフレット】キャプテン・マーベル 監督 アンナ・ボーデン、ライアン・フレック キャスト ブリー・ラーソン、ジュード・ロウ、サミュエル・L・ジャクソン、クラーク・グレッグ

新品価格
¥1,300から
(2019/4/18 16:57時点)




キャスト&スタッフ


出演者

ブリー・ラーソン




〇ラッシャーナ・リンチ

〇クラーク・グレッグ



〇リー・ペイス


監督

〇アンナ・ボーデン

〇ライアン・フレック


2019年製作 アメリカ映画


映画「キャプテン・マーベル」




あらすじ

1995年、ロサンゼルスのビデオショップに空から落ちてきた一人の女性(ブリー・ラーソン)。

彼女は昔の記憶を失くしているが、地球にやってきてから、失くしていたはずの記憶がフラッシュバックで蘇り、彼女を悩ませる。

特殊な能力を持つ人間を調査しているニック・フューリー(サミュエル・L・ジャクソン)が彼女を追いかけるが、彼女は謎の敵に追われていて…。


映画「キャプテン・マーベル」ブリー・ラーソン



感想(ネタばれあり)


この映画の感想につきましては、私が「ぴあ映画生活」に掲載したものをご紹介します。


キャプテン・マーベル (2019)


★★★★ [80点]「エンド・ゲームに向けての始まりの物語」


エンドゲームに向けて、どのシーンも見逃してはいけないとガッツリスクリーンに向かった2時間。
とても充実した時間だったー。



その物語の中で、私が最も共感し、感動したのは、1990年代のアメリカで、絶対的な力によって抑圧されてきた女性たちや、移民たちによる反撃だった。



そのマイノリティたちの逆襲は、そもそも、アメコミの読者を勇気づける源になっていて、それが、今回は、女性たちや移民たちに向けて描かれた作品になっている。

それは、明らかに #metoo運動 以降のアメコミの姿であるし、現政権への批判でもある。



そこに、これが始まりの物語でありながら、未来の希望を感じさせる新時代の幕開けでもあることを感じるのだ



これからの時代は「女の癖に」とか「○○人の癖に」という暴言を吐く人間こそが「悪」なのだ。

これは「エンドゲーム」へとつながる物語になっているので、MARVEL ファンは必見!

それにしても、猫のグースが可愛すぎたー


Posted by pharmacy_toe on 2019/03/25 with ぴあ映画生活


映画「キャプテン・マーベル」ブリー・ラーソン





Twitterでも、映画情報や海外ドラマの情報を発信しています~




Instagramでも映画のレビューを日々更新しています~




ゆるめの映画ネタはこちら→「とにかく映画が好きなんです」【別館】

映画のコラムやイベントに参加した話、音楽やご飯ネタなども掲載しています。

この【本館】よりも、もっとユルッとした裏アカです。

こちらも、ぜひ。
 ↓





↓ 人気ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします

映画 ブログランキングへ

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村






















このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック