映画のタイトル「風と共に去りぬ!?」は知っていても、内容はよく分からないまま、WOWOWで放映してるのを見てみた

チャ・テヒョンが出てるっていうだけで、面白そうな雰囲気は伝わってくるんだけど、歴史ものでコメディっていうのが、ちょっと心配だった

でも、実際に見てみると、想像以上に面白かったなぁ~

先の展開が気になって、ワクワクしながら見たよ

「風と共に去りぬ!?」予告編 動画

(原題:바람과 함께 사라지다(風と共に去りぬ)





あらすじ


右議政の息子ドンム(チャ・テヒョン)は、書店主として生活しているが、ある時、右議政の反対派チェ・ミョンスにはめられ、父は失脚

同じ頃、西氷庫別監のトンス(オ・ジホ)は、同じくミョンスにはめられ、役を下ろされてしまう

監房で出会った二人は、ミョンスへの仕返しのために、大強盗を計画することに…

風と共に去りぬ

感想(ネタバレあり)


塩を巡って戦争になるって話は、聞いたことあるけど、氷の利権争いっていうのは、なかなか無いよね

まず、この設定が斬新だなって思った

それに加えて、かわいそうな人が辛い目に遭うのは、見てて心が痛むけど、嫌~な奴を懲らしめるっていうのは、やってしまえ~ って思うし、成功すれば、スカッとするよね~

この 「風と共に去りぬ!?」は、まさにそういう映画

あんな悪い奴は、懲らしめてしまえ~

って、おっさんたち強盗団を応援しちゃう

オ・ジホは別としても、汚らしいおっさんたちが集まって、穴掘ったり、爆弾作ったり、泥棒したり、喧嘩したり

うまくいかないんじゃないの??
って思わせては、人をドキドキさせ、

え?そこはどうするの??

って思わせては、新キャラが登場する

ハラハラとドキドキの繰り返し

また、主役のおじさんたちが、みんなイキイキとしてて、ステキなんだよね~

中年過ぎたおっさんたちをイキイキと輝かせるのは、韓国映画の得意分野

本当、そういうところ、上手だと思う

もちろん、テヒョンが得意のお笑いもあるし、オ・ジホ得意のアクションも満載

中でも一番に印象に残っているのは、穴掘り名人のアジョシ(おじさん)が、穴の開通と共に巨大な水鉄砲みたいにドゴーーーーンって外に打ち出されて、バックに花火がボンボン上がってたシーン

もう、ドリフのベタなコントのまんま(笑)

大砲の玉になっちゃってるアジョシが面白すぎて、手ぇ叩いて笑っちゃったよ

こんなに、中年のアジョシたちをイキイキと描く監督って誰~??って思ったら、

この映画「風と共に去りぬ!?」の監督 キム・ジュホは、これが初の長編作品なんだって

すごいなぁ~。これからが有望で、とても楽しみ

歴史ものだからって、ちょっと苦手意識を持つ人もいるかもしれないけど、そんなことを考えずに頭を空っぽにして見て欲しい一本


↓ 人気ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします

映画 ブログランキングへ

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

WOWOW_新規申込 はこちら