ジェームズ・フランコ主演、サム・ライミ監督の映画「オズ はじまりの戦い」を観た。

カンザスから熱気球に乗って魔法の国に行ったのは、実はオズの魔法使いだったって話。

WOWOWで放映していたのを、全く期待しないで観て、その結果、かなり楽しかった。

「オズ はじまりの戦い」予告編 動画

(原題:OZ: THE GREAT AND POWERFUL.)




◆DVDで観る:「オズ はじまりの戦い」

オズ はじまりの戦い ブルーレイ DVDセット [Blu-ray]

新品価格
¥2,500から
(2019/4/30 11:12時点)



ネット配信で観る:オズ はじまりの戦い(字幕版)

オズ はじまりの戦い (字幕版)

新品価格
¥400から
(2019/4/30 11:12時点)





感想(ネタバレあり)


カンザスのインチキ魔術師が、実はオズの魔法使いだった!?


カンザスから熱気球に乗っていった、インチキマジシャンが、魔法の国にたどり着いたら、

運命の魔法使いにされて、国を救わなきゃいけなかった

まず、その発想が面白くて引き込まれたんだけど、

この魔法の国の一つ一つがすごく面白い

オズを出迎えた水の妖精も、助けた猿も、街を破壊された陶器の女の子も、

最初から飛ばしすぎ!っていうくらいキャラが立ってて面白かった

特に、私は陶器の女の子(チャイナガールって呼ばれてた)が本当にかわいくて、気に入ったなぁ

映画「オズ はじまりの戦い」



ダークな世界を描かせたら天下一品のサム・ライミが監督


監督は、サム・ライミ

「スパイダーマン」シリーズの監督で、

オズを演じたジェームズ・フランコは監督とは「スパイダーマン」シリーズからのお付き合い

このジェームズ・フランコ(「エイリアン:コヴェナント」「猿の惑星/創世記(ジェネシス)」「パーフェクト・プラン」「バーン・カントリー」)が、適当でいい加減なマジシャンにホントにピッタリで良かった

そして、3人の魔女たち

オズをめぐる、3人の女の戦いのように見えて面白い

魔女も女だったんだねって

レイチェル・ワイズ(「女王陛下のお気に入り」、「否定と肯定」「光をくれた人」「アレクサンドリア」「ニューオーリンズ・トライアル」「ロブスター」「コンスタンティン」)が悪い魔女ってイメージもあまりなかったし、

ミシェル・ウィリアムズ(「マンチェスター・バイ・ザ・シー」)が良い魔女をやるってイメージも無かったんで、

この期待を裏切るキャスティングも良かったんじゃないかな

ギリギリまで、悪いのはどっち??って思いながら進めるから




ファンタジーが苦手でなければ、この世界観を楽しんで欲しい


このとことんファンタジーの世界が気に入るか、気に入らないかは人によるかもしれないけど

食わず嫌いするぐらいだったら、観て欲しいなぁって思う映画

もしかしたら、この中にお気に入りのキャラの一人ぐらいは見つかるかもしれない

私は、陶器の女の子がお気に入り



↓ 人気ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします

映画 ブログランキングへ

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村



◆DVDで観る:「オズ はじまりの戦い」

オズ はじまりの戦い ブルーレイ DVDセット [Blu-ray]

新品価格
¥2,500から
(2019/4/30 11:12時点)



ネット配信で観る:オズ はじまりの戦い(字幕版)

オズ はじまりの戦い (字幕版)

新品価格
¥400から
(2019/4/30 11:12時点)





 ↓ 「オズ はじまりの戦い」も放映しているWOWOW_新規申込