アーノルド・シュワルツェネッガー主演の映画「ターミネーター:新起動/ジェネシス」をWOWOWで観た。

人気シリーズ第5作。2029年。核戦争後の世界。人類の救世主ジョン・コナーの父となるカイル・リースがサラ・コナーを守るため、1984年に送られるが…。



満足度 評価】:★★☆☆☆

退屈だった。これは無いなーーーと思いながら観ていた。

結局のところ、最後まで何をしたかったのか良くわからない映画だった。

「ターミネーター:新起動/ジェネシス」予告編 動画

(原題:TERMINATOR: GENISYS)




ネット配信で観る:「ターミネーター:新起動/ジェニシス」(字幕版)

ターミネーター:新起動/ジェニシス (字幕版)

新品価格
¥199から
(2018/9/17 15:23時点)



DVDで観る:「ターミネーター:新起動/ジェニシス」

ターミネーター:新起動/ジェニシス[AmazonDVDコレクション] [Blu-ray]

新品価格
¥1,500から
(2018/9/17 15:22時点)



キャスト&スタッフ


出演者





J・K・シモンズ



監督

〇アラン・テイラー


2015年制作 アメリカ映画




あらすじ


2029年、人間対マシンによる核戦争後の世界。

人類の救世主となるジョン・コナー(ジェイソン・クラーク)は、彼の母であるサラ・コナー(エミリア・クラーク)を守るため、仲間であるカイル・リース(ジェイ・コートニー)を1984年へ送る。

カイルには、彼の知らないミッションとして、ジョンの父親になるという使命も含まれていた。

そして、1984年に降り立ったカイル・リースだったが、そこはジョンも想定していない世界が待っていた。


映画「ターミネーター:新起動ジェネシス」


感想(ネタバレあり)


どんでん返し?どこが??


↑ ここに貼ってあるポスターによれば、このシリーズの元ネタである「ターミネーター」と「ターミネーター2」を監督したジェームズ・キャメロンは

期待を遥かに超える大どんでん返し。必見の作品だ!!

というコメントを残しているらしい。

はぁ??どこにどんでん返しがありました??どこが必見ですか??

っていう気分で、「けっ」っと言いながら、このポスターを観た。

私は、この「ターミネーター」シリーズは、全作観ていて、その中でも、面白いのは「ターミネーター」と「ターミネーター2」だけだと思っている。

そんな私からしたら、この第5作が、その前作2つの全てをひっくり返し、今まであったことは全て無かったことにした時点で、「なんだこれ。ターミネーターの意味がないな」と思った。

さらに、今の時代に合わせサイバーダイン社もバージョンアップさせたあたりで、「そんなことするんだったら、全く違う映画にするか、完全なリブートにすれば良かったのに」と思った。


映画「ターミネーター:新起動ジェネシス」アーノルド・シュワルツェネッガー


敵がバージョンアップしたつもりが弱くなってる気がするーーー


これは、作品が迷走しているようにしか見えない。

私は、なぜキャメロンが上記のようなコメントを残したか、全く想像がつかないが、この第5作では、これまでの作品から何を残し、何を再構築したかったのかが全く見えなかった

結局、何をしたかったんだろうか

まず、サイバーダイン社はこれまで精密機械の会社で、将来的には軍事産業で人工知能を使い、人間を脅かす存在になるはずだったが、この第5作では、世界中で10億人が使用する端末のOS(ジェネシス)の制作会社に変わっている。

そのOS(ジェネシス)にウイルスとして人工知能を仕込み、人工知能は端末を手放せない人間を支配するようになる

なるほど。ってことは、私たちは数年後、携帯のSiriに支配されるんだね(笑)

Siriはウイルスではないけどね(笑)

ロボットの方が目に見える形で具体的だし分かりやすく、観客を納得させやすかったのに、なんでいきなりOSにしちゃったんだろう。

そのせいなのか、そのおかげなのか、人間vsマシンの戦いは、人間がサイバーダイン社のサーバーセンターを破壊すればそれで終了というとてもイージーな戦いになってしまった。

世界中に売られている軍事用ロボットの一つ一つ、宇宙を飛んでる衛星の一つ一つに人工知能が仕込んであって、それぞれが、それぞれに反乱を起こすから、誰も止められなかったんじゃないの??

なんか、しょぼいよね。アニメとかテレビゲーム観てるみたいだと思った


映画「ターミネーター:新起動ジェネシス」アーノルド・シュワルツェネッガーとエミリア・クラークとジェイ・コートニー


それで、ジョン・コナーはどうなるの??サラにターミネーターを送ったのは誰??


そん中、「ターミネーター」、「ターミネーター2」の頃から変わらないものは、シュワルツェネッガーのターミネーターと、サラ・コナーの運命の人はカイル・リースということだけ。

ジョンは、結局マシンに支配されてしまったし、1984年から2017年に勝手にタイムスリップしてしまったサラ・コナー。

そうなると、ジョンが生まれたとしても、年齢は変わってしまうし、それでも、ジョンは人類の救世主なのか??

それとも、絶対に核戦争は起きないのか??

そうなるとさぁ、やっぱり、もう「ターミネーター」っていう映画のコンセプトからずれるんだよね。

さらに、7歳のサラ・コナーにターミネーターを送ったのは、結局誰だったんだ??

伏線を作るんだったら、最後にちゃんと収拾しましょうね。

はぁ。なんだか、先を決めずに「これはインパクトがあるだろう」とか、「こうした方が衝撃的だろう」っていうその場しのぎの展開が続いて、とても残念だった。


映画「ターミネーター:新起動ジェネシス」アーノルド・シュワルツェネッガー


主演はアーノルド・シュワルツェネッガーと新星女優エミリア・クラーク


主演は、LA州知事の仕事を終え映画界に戻ってきたアーノルド・シュワルツェネッガー

古い機種のターミネーターだからなのか?走らない、動きが遅い、感度が鈍い。

ターミネーター役にも限界なのかなーーと思う。

そろそろ、新しい人でリブートする時期なんじゃないかな??



そして、もう1人の主役、サラ・コナーを演じたのはエミリア・クラーク

決して、このサラ・コナー役がはまり役だったとは思わないが、彼女自身は、現在注目されている女優の一人。

彼女は、TVドラマ「ゲーム・オブ・スローンズ」で人気女優となる。

そして、「ターミネーター:新起動/ジェネシス」を経て、現在、アメリカで公開されている新作映画「Me Before You」に出演。

それが、下半身不随の実業家男性と介護人の恋という地味な作品に関わらず、「X-MEN:アポカリプス」や「ミュータント・ニンジャ・タートルズ:影<シャドウズ>」などの大作が並ぶ中、それらに負けないスマッシュヒットの興行成績を上げている。

まさに、これからが楽しみな女優の一人。


映画「ターミネーター:新起動ジェネシス」エミリア・クラーク



今後のお願い


結局のところ、もしも、今後、この「ターミネーター」の新たなシリーズを作るのだったら、キャスティングを一新して、ストーリーを組み直してリブート作品を作って欲しい

もう、ここまで崩されちゃうと、元ネタも破片しか残っていないけど(涙)

これ以上、こねくり回したら、破片すらもなくなってしまう気が…。

あの素晴らしかった「ターミネーター」「ターミネーター2」の素敵な思い出を壊さないでくれ!!

ファンからのお願いです…。





↓ 人気ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします

映画 ブログランキングへ

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村





ネット配信で観る:「ターミネーター:新起動/ジェニシス」(字幕版)

ターミネーター:新起動/ジェニシス (字幕版)

新品価格
¥199から
(2018/9/17 15:23時点)



DVDで観る:「ターミネーター:新起動/ジェニシス」

ターミネーター:新起動/ジェニシス[AmazonDVDコレクション] [Blu-ray]

新品価格
¥1,500から
(2018/9/17 15:22時点)