エリザベス・モス主演の海外ドラマ「ハンドメイズ・テイル/侍女の物語」<シーズン1>#5『忠誠』をWOWOWで観た。

なかなか妊娠の兆しがないオブフレッドに対して、ウォーターフォード夫人は驚きの提案をする。

久しぶりに戻ってきたオブグレンと会ったオブフレッドは、あれこれ聞き出そうとするが、オブグレン(その後、オブスティーブン)は上の空で、その直後に思わぬ行動を起こしてしまう…。

「ハンドメイズ・テイル/侍女の物語」<シーズン1>予告編 動画

(原題:The Handmaid's Tale)






***********

〇 「ハンドメイズ・テイル/侍女の物語」<シーズン1>第4話 観ました!!

感想はこちらから →海外ドラマ「ハンドメイズ・テイル/侍女の物語」<シーズン1>#4『メッセージ』異常な世界の中で生きていくカギは耐えられる精神力と心のつながり。エリザベス・モス主演【感想】

***********

キャスト&スタッフ


出演者

エリザベス・モス

…(「最後のランナー」など)

…(「かごの中の瞳」など)



…(「へレディタリー 継承」など)



製作総指揮

〇ブルース・ミラー



海外ドラマ「ハンドメイズ・テイル/侍女の物語」シーズン1



感想(ネタバレあり)


ウォーターフォード夫人からの驚きの提案…


侍女たちが生き抜いていくために必要なことは何か。

それは、ただ一つ「子供を産むこと」だ。



しかし、誰もがウォーターフォード司令官は「種なしではないか」と疑っていて、ウォーターフォード夫人は、オブフレッドに対して驚きの提案をする。

それは、司令官以外の人と試さないか?というものだった。

運転手のニックなら、彼らに忠実で、話を通しているからと。



その前に、司令官が本当に種なしかどうかの検査はしないのか?

と思うけれど、この男尊女卑の世界の中で、カーストの最上位にいる司令官に対して「種なしかどうか」の検査をすることは失礼になるのではないかと思った。

きっと、多くの女性たちが妊娠できない身体になってしまったように、多くの男性たちが種なしになってしまったのだろう。



そこで、まずはニックで試してみようというわけだ。

それにしても、ウォーターフォード夫人が監視している目の前でセックスをするというのは、健康な身体だとしても妊娠するのが難しいのではないかと思う。



だからこそ、オブフレッドは、夜中にニックの部屋を訪ねるのだ。



海外ドラマ「ハンドメイズ・テイル/侍女の物語」シーズン1第5話



オブフレッドの希望は司令官か、それとも運転手なのか…


その中で、オブフレッドは男性たちを味方につけていく…。



司令官は儀式の最中にオブフレッドに情熱的な視線を送る。

恐らく、ふたりでスクラブルゲームをしているうちに、オブフレッドへの感情が生まれたんだろう。

オブフレッドは、夫人の目の前でその熱い視線を感じそうになってしまう。



しかし、当の司令官は「儀式があまりにも人間味がない行為だと思って」と言い訳をしながらも、「女性たちは生物学的な役割のために保護されている」「愛なんてものは幻想にすぎない」とマニュアル的な回答をする。



司令官は、オブフレッドに対して生まれた感情に気付きながらも、「彼女はただの侍女で、儀式の相手に過ぎず、愛なんてものはないんだ」と自分に言い聞かせているのではないか。

そもそも、夫人は恋愛して結婚した相手ではないのだろう。

だからこそ、司令官はオブフレッドに対する感情に戸惑っているに違いない。



しかし、司令官の熱視線を感じながらも「愛なんてものはない」と言われた側のオブフレッドは、日頃から明らかに彼女を意識しているニックを選ぶのだ。

彼が「目」だと知りながら。



オブフレッドにとっては、ニックと恋愛関係になれば、この世界から抜け出せるかもしれないという希望があるのかもしれない…。

果たして彼らの間に子供はできるのか。

そして、オブフレッドは、この世界で生き抜くことができるのだろうか。





Twitterでも映画や海外ドラマの情報を発信しています~ー



Instagramでも映画やドラマのレビューを日々更新しています~






↓ 人気ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします

映画 ブログランキングへ

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村



原作本:「侍女の物語」

侍女の物語 (ハヤカワepi文庫)

新品価格
¥1,320から
(2019/10/29 11:45時点)