玉木宏 主演の映画「悪と仮面のルール」を試写会で観た。

父親に「悪」として育てられた男が次々と周りの人間を殺していくサスペンス映画。


満足度 評価】:★★★☆☆

題材的に面白いし、物語にひかれる部分もあったし、つまらないというわけではなかったけど、全てにおいて盛り上がりに欠けてしまい、イマイチ乗り切れないまま終了してしまった。

では、なぜ私はこの映画に乗り切れなかったのか。その理由…


目次

  1. 予告編
  2. 更新履歴・販売情報
  3. キャスト&スタッフ
     出演者
     監督
  4. あらすじ
  5. 感想


「悪と仮面のルール」予告編 動画




更新履歴・公開、販売情報

・2017年12月20日 試写会で観た感想を掲載。

・2019年3月21日 WOWOWでの放送に合わせて加筆・修正。

現在、DVD、ネット配信、共に販売中。

ネット配信で観る:「悪と仮面のルール」

悪と仮面のルール

新品価格
¥2,000から
(2019/3/21 01:09時点)



DVDで観る:「悪と仮面のルール」

悪と仮面のルール [Blu-ray]

新品価格
¥4,011から
(2019/3/21 01:32時点)



原作本:「悪と仮面のルール」

悪と仮面のルール (講談社文庫)

新品価格
¥669から
(2019/3/21 01:33時点)





キャスト&スタッフ


出演者

〇玉木宏

〇新木優子

〇吉沢亮

…(「斬、」など)

…(「モリのいる場所」など)

…(「累-かさね-」など)

〇柄本明



監督

〇中村哲平

原作

〇中村文則


原作本「悪と仮面のルール」

悪と仮面のルール (講談社文庫)

新品価格
¥713から
(2017/12/16 23:19時点)



2018年製作 アメリカ映画


映画「悪と仮面のルール」



あらすじ


11歳の久喜文宏は、父親(村井國夫)から「悪」として育てられたと告げられる。

そして、文宏を完全な「悪」にするために、久喜家に養女として迎えられた香織に父は危害を加えようとしたため、文宏は父を殺害する。

それから十年以上の月日が経ち、文宏(玉木宏)は顔を別人に変え、新谷弘一として新たな人生を歩み始めるが、彼は、周りにいる人間を次々と殺していく…。


映画「悪と仮面のルール」玉木宏



感想(ネタバレあり)


連続殺人犯の裏の顔は、一人の女性を愛し守り抜く純情青年… のはずだった


とても題材にしているネタが豊富な作品だなと思った。

連続殺人犯によるサスペンスをベースにして、圧倒的な力で息子たちを支配する富豪の毒親、その呪縛から逃れようとする息子たちの葛藤、そして、主人公の初恋の人への恋心



しかし、それらの豊富なテーマについて、どれも中途半端なまま終了してしまった印象だった。

強いて言えば、これはサスペンス映画というよりも、恋愛映画だったような印象が残る



鋭く切り込む恐ろしさを描くのがサスペンス映画なら、恋愛映画は、それとは真逆でスウィートなもの。

本来なら、その相反する二つのテーマが背中合わせになっているところに、この映画は存在するはずだった。



凶悪な殺人者の裏の顔は、ただひたすらに一人の人を思い続ける純情青年

ゾッとする恐ろしさの裏に、一人の女性を守り抜く男性の強い優しさが見えてくる

そんな映画だったはずだ。



しかし、残念ながらこの映画には、そのゾッとするような恐ろしさがない

そこが、この映画の物足りなさであり、中途半端さだったように思う。

では、なぜそうなってしまったのか。

その理由を考えてみた。


映画「悪と仮面のルール」新木優子


子供たちを支配し暴行した暴君であり毒親だった父


主人公の久喜文宏の兄 幹彦は父から「悪」として育てられていた



しかし、父は幹彦を途中で見限り、その弟 文宏を「悪」にするように方向転換する

そして、弟 文宏は11歳になった頃、久喜家の養女として育てられていた香織に恋心を抱くようになっていた

ところが、父が香織を酷い目に遭わせようとしていることを知った文宏は父を殺してしまう



それから十数年後、文宏は顔をすり替え、別人に生まれ変わる

(「フェイス/オフ」みたいなもの。)



文宏の父は、子供たちを支配し虐待する典型的な毒親である。

兄 幹彦は、その呪縛から逃れることができず、成人しても「悪」である自分を引きずっている

たとえ毒親であっても、幹彦にとっては父であり、長男として、その期待に応えるべきだと思っていたんだろう。



ところが、なかなか期待に応えることができず、父の姿を模倣しようとする。

その「弱さ」を見た父は、幹彦を見捨ててしまう。



そして、父がそうであったように、幹彦は香織を探し出し、彼女を恐怖で支配しようとしたため、文宏は幹彦を殺してしまう



彼らと共に育った香織は父から性的虐待を受けていた。

恐らく、香織を養女として迎え入れたのは、野獣の群れに羊を放ち、息子たちの反応を見たかったからだろうと思った。

そして、その香織に文宏が食いついたのが分かったから、文宏から「憎悪」の感情を呼び覚ますために、香織を暴行したのだろう



それ以来、香織にとって父は恐怖の存在となり、文宏にも父の面影を見てしまい、その関係を先へと進めることができない。

その香織の苦しみを知った文宏は、父の予測通り「憎悪」の感情に目覚め、父を殺害してしまう



ということは、そこまでは父の思惑どおりに進んでいて、その後、文宏はダークサイドに落ち、「悪」へと目覚めるはずだった。



ただし、とても残念なのは、全てが私の推測でしかないということ。

どの場面においても、肝心なシーンが抜けている。

文宏が父を殺すシーンも、父が香織を暴行するシーンも

どれも、この映画の中では描かれていない

だから、「きっと、こういうことなんだろうな」と想像するしかない



あえてショッキングなシーンを省いたのだとしたら、それは失敗だったのではと思う。

とても生ぬるい印象しかない

これが「サスペンス映画」なのだとしたら、ショッキングなシーンがあってこそ、「悪」の心の闇が見え、際立ってくるはず。



もしかしたら、原作を読んでいたら、その背景がもっとくっきりするのかもしれない。

でも、原作を読んだ方が理解が深まるなら、映画を観るより、原作を読んだ方がいいのではと思う


映画「悪と仮面のルール」玉木宏


父が太鼓判を押した文宏の闇はどこにあったのか


そして、私が最も理解できなかったのは、父が文宏を「悪」にしようと思った根拠だった。

父は文宏のどこを見て「この男は悪にふさわしい」と思ったのか



たとえば、アナキン・スカイウォーカーは、「善」であるジェダイへの反抗心と、妻とのすれ違い、そして心の弱さがあって、シスによる支配力からダークサイドへと引き込まれた。

では、文宏のどこに「悪の要素」があったのか



それは、この物語の核心部分だというぐらい重要な意味を持っていたと思う。

なぜなら、これは文宏が「父の呪縛を解く」物語であって、その「悪の要素」を排除してこそ、文宏は呪縛を解き、新たな人生を歩めるはず

顔をすり替えただけで、自分の中の「憎悪」を取り除けるのなら、凶悪犯はみんな整形手術をすればいい。



それとも、父に悪として育てられ、大人になって散々人を殺しながら、「私は悪ではない」と言い切るんだろうか。



その父の呪縛から逃れようとする息子の葛藤がとても薄いように思った。

虚勢を張っているけど、気の弱そうな 兄 幹彦の方がよっぽどそれらしいと思った。


映画「悪と仮面のルール」中村達也


愛のために生きていた人間が人を殺すことができるのか


文宏が完全な「悪」になることを踏みとどめたのは「香織への愛」だった

しかし、「香織への愛」のために、散々人を殺しておきながら、「すべては君を守るためだった」というは都合のいい言い訳のような気がしてくる。

「悪」として育てられた人間に、人を殺す快楽が本当になかったのか。

「愛」のためだけに生きている人間が、そんなにも簡単に人を殺せるのか。



そして、結ばれるはずのない「香織への愛」に終止符を打ち、その後の文宏自身はどこへ向かっていくのか。

彼のアイデンティティはどこにあるのか。

それで父からの呪縛を解いたと言い切れるのか。



毒親から受けた虐待とその呪縛に苦しむ子供たちを描きながら、どこにも「悪」も「憎悪」もない。

ストーリー展開にはとても興味があって、それぞれのキャラクターの背景も面白そうだったのに、肝心なところが描けていないようで残念だった。

特に文宏の内面について、「人を殺す時の感情」とか「本当に悪の部分はなかったのか」とか、その奥の深い部分を知りたかった。

人間の心の闇は、もっと深いところにあると思う。






↓ 人気ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします

映画 ブログランキングへ

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村





ネット配信で観る:「悪と仮面のルール」

悪と仮面のルール

新品価格
¥2,000から
(2019/3/21 01:09時点)



DVDで観る:「悪と仮面のルール」

悪と仮面のルール [Blu-ray]

新品価格
¥4,011から
(2019/3/21 01:32時点)



原作本「悪と仮面のルール」

悪と仮面のルール (講談社文庫)

新品価格
¥713から
(2017/12/16 23:19時点)