チョン・ドヨンコン・ユ主演の韓国映画「男と女」を映画館で観た。

フィンランドで偶然出会った男と女が、韓国でも再び出会い、W不倫の関係になっていってしまうラブロマンス。


韓国映画「男と女」

満足度 評価】:★★★★☆

チョン・ドヨンコン・ユが共演しているというだけで観たくなってしまった作品。

世間的によくある不倫の大半は、こういう結末を迎えるんだろうなぁと思いながら観た。

そのリアリティが切なく、チョン・ドヨンに共感して泣いてしまった。

「男と女」予告編 動画

(原題:남과여





キャスト&スタッフ


出演者

チョン・ドヨン
…(「メモリーズ 追憶の剣」、「無頼漢 乾いた罪」、「ユア・マイ・サンシャイン」など)

コン・ユ
…(「密偵」、「新感染 ファイナル・エクスプレス」、「サスペクト 哀しき容疑者」、「トガニ 幼き瞳の告発」など)


監督・脚本

〇イ・ユンギ

2016年製作 韓国映画



あらすじ


息子が精神的な障害を持つサンミン(チョン・ドヨン)は、息子により良い教育を受けさせるためフィンランドに滞在していた。

その息子が学校のキャンプに出掛ける日に見送りに行った場所で、同じく保護者として見送りに来ていたギホン(コン・ユ)と出会う。

間もなく二人は関係を持つが、互いに名前を告げないまま別れてしまう。

それから1年後の韓国。

アパレル会社の社長をしているサンミンは、彼女が経営するショップを訪ねてきたギホンと再会する…。

韓国映画「男と女」チョン・ドヨンとコン・ユ

感想(ネタバレあり)


誰かに救って欲しいと願う日々


手に職を持ち、順調なキャリアを積み、それなりに裕福な生活をして、何不自由なく生活しているように見える中年夫婦。

ところが実際のところ、夫婦関係は冷え切っており、息子や娘に障害があって手がかかり、家庭が癒しどころか苦痛になってしまっている

そんなため息しか出てこないような毎日。



どこか誰も知らないところで癒しが欲しいと思うのも無理はない。



この映画の主人公、女性サンミンと男性ギホンもそんな環境にいる二人だった。

子供のことはもちろん愛しているけれど、こんな毎日から解放されたい、誰かここから連れだして欲しいと心で願っている日々。



互いの名前も知らないのに、心の願望が互いを引き寄せていたかのように二人は出会ってしまった

雪が降るフィンランドの森の中で出会ってしまった二人なんて、普通の恋愛だったらとてもロマンティックな話だけど、これは不倫

きれいなまま終われるはずもない



韓国映画「男と女」コン・ユとチョン・ドヨン



仕事もプライベートも一切関係のない人が癒しの存在になる


仕事も家庭もパツパツの時、仕事や家庭からかけ離れたところに存在している友人たちが天使のように思える時がある

たとえば、共通の趣味が縁で知り合ったり、昔勤めていた会社が一緒だった友人とか。



自分とは全く違う世界で暮らしている友人たちと話をしているうちに、友人たちも悩みを抱えていたり、大変な環境にいることを知り、自分の悩みなんてすごく小さいと思えるひととき

そんな時間が気持ちをリフレッシュさせ、また次の日からがんばろうと思える



サンミンとギホンもそんな関係だったんじゃないかなぁと思った。

互いに子供が障害を抱え、夫婦関係は冷え切っている。

それなりに責任のある仕事を任され、プレッシャーの日々。



そんな自分のバックグラウンドどころか、名前さえも知らず、会えば身体の関係に没頭できる間柄

二人で過ごした時間が彼らにとって癒しの時間となり、次第に大きな存在へと変化していく。



韓国映画「男と女」チョン・ドヨンとコン・ユ


男にはただの息抜きでも、女性には新たな人生を切り開くチャンス


もちろん、そんな都合の良い関係が永遠に続くはずもなく

二人の関係に変化を求めたのはサンミンだった。



やめたいと思っていたタバコをやめられないニコチン中毒のように、常にギホンを求めるようになってしまう。

「もう彼なしではいられない」と思い、そのことを夫に告げてしまう。



ここから先の行動力の違いに男女で差が出ているのがとてもリアルだと思った。

誰もそこまで求めていないのに、勝手に「他に好きな人ができた」と宣言し飛び出すように家を出てしまう女性。

「今すぐ来て欲しい」と言われても、今の生活が壊れてしまうことに怖気づいてしまう男性。



ギホンはドアノブに手をかけるところまで行ったものの、中に入れず帰ってしまう。

ドキドキしながらこのシーンを観て、何も言わずに帰っていくギホンにやっぱりなと思ってしまった



そもそもがこの2人は全くしがらみのないところで出会い、互いのことを何も知らないまま会っていたからうまくいっていた。

だからギホンには、「それ以上の深い関係」になるという考えがなかった。



これはギホンだけでなく、世の中の不倫の大半も「自分の家庭が壊れること」を極端に恐れる男性たちが多いように思う。

彼らにとってはちょっとした息抜きが欲しかっただけで、誰かと新しい人生を歩もうなんていう度胸はない

それとは対照的に、愛する子供と離れることになっても「嫌なものは嫌」、「無理なものは無理」と言ってスパーンと家を出て、新しい人生を切り開こうとするのが女性の思いきりの良さなんだと思った。



韓国映画「男と女」コン・ユとチョン・ドヨン



彼らの未来は明るいのか、暗いのか…


この映画の中で頭に焼き付いて離れないのは、ラストでタクシーに乗っているサンミンの姿だ

夫と離婚し、愛する子供とは離れ離れ、好きな男を追いかけてフィンランドまで来てみたものの、彼は家族と幸せそうに暮らしている。

あぁ、なんて世の中はうまくいかないんだろう…と思った。



そしたら、タクシー運転手の女性が言葉も分からないのに気を利かして席をはずしたから、涙が溢れてしまう

そんなサンミンの姿を見て、私もつられて泣いてしまった。

きっと、運転手さんにもつらいことがあったんでしょう。



そして、この時思ったのは、この先の未来だった。

サンミンはここで泣いて泣いて泣き切ったら、スパッと切り替えて明日から明るい未来が待っていると思う。



しかし、バックミラー越しにいつまでもサンミンのタクシーを見守っていたギホンはこの先ウジウジと悔やみ続けると思う。

家族で辛いことがあるたびに、これまで癒しになってくれたサンミンはもういない。

そして、なんであの時ドアを開けなかったんだろうと悩み続けるんじゃないか…。



最後の最後がいつまでも続くフィンランドの道の空撮で終わっているのは、そんな彼らの未来を示しているように思えた

そこから先の違いも「男と女」の違いなんだと思う。



Twitterでも映画情報を発信しています~









↓ 人気ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします

映画 ブログランキングへ

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村





ネット配信で観る:「男と女」(字幕版)

男と女(字幕版)

新品価格
¥400から
(2019/4/18 01:09時点)



DVDで観る:「男と女」

男と女 デラックス版 [DVD]

新品価格
¥3,817から
(2019/4/18 01:10時点)