ブログネタ
映画の適当な感想 に参加中!
オスカー・アイザック主演の映画「アメリカン・ドリーマー 理想の代償」の予告編を観た。

石油業界の裏側を描いた社会派の作品で、予告編をみたところでは、とーーーーっても渋そうな映画よね。

ゴールデン・グローブ賞をはじめ、いろいろな賞にノミネートされた作品とのことで、どんな映画なのか気になって、予告編を見てみた。


「アメリカン・ドリーマー 理想の代償」予告編 動画

(原題:A MOST VIOLENT YEAR)




「アメリカン・ドリーマー 理想の代償」DVD

アメリカン・ドリーマー 理想の代償 [DVD]

新品価格
¥3,036から
(2015/12/31 01:06時点)




予習に!同じく石油の採掘権を描いた映画「ゼア・ウィル・ビー・ブラッド」DVD

ゼア・ウィル・ビー・ブラッド [Blu-ray]

新品価格
¥1,391から
(2015/9/29 00:49時点)



石油業界の裏側を描いたと聞いて思い出すのは「ゼア・ウィル・ビー・ブラッド」


原題を直訳すれば、「最も暴力的な年」というタイトルになるけれど、それから想像すると、石油の採掘権を手に入れて、これからはリッチピープルになる予定が、いろいろと問題が起こって・・・。

最後に何かを決断する・・・。なんて、感じだろうか・・・。

石油の採掘を描いた映画では、ちょっと前に、ダニエル・デイ=ルイスの「ゼア・ウィル・ビー・ブラッド」を思い出す。

その映画も確か、家族を見捨てて、人生の全てを石油のために尽くした男の話だったかと。

今の私には、ダニエル・デイ=ルイスが人でなしだった(役柄的に(笑))記憶しかない

アメリカン・ドリーマー

石油の採掘は、アメリカ人にとって最高のアメリカンドリーム


石油の採掘権についての話が、そうやって何度も映画化されるというのは、アメリカにとって油田を掘り当てることが、とても分かりやすい典型的なアメリカンドリームだからでしょう。

どんなに貧しい生活をしていたとしても、もしも油田を掘り当てたなら、一躍億万長者になれる。

だからこそ、野心があればある程、油田の採掘権を狙い、そこには悲喜こもごものドラマが生まれ、映画化もされやすい。

もちろん、今回の「アメリカン・ドリーマー 理想の代償」は、「ゼア・ウィル・ビー・ブラッド」とは話が違うはずなので、そこにどんな人間ドラマが描かれているのかとても興味がある。

アメリカン・ドリーマー2

落ち着きのあるキャスティングとスタッフ


主演は「The Promise/君への誓い」、「スター・ウォーズ/最後のジェダイ」、「インサイド・ルーウィン・デイヴィス 名もなき男の歌」、「ドライヴ」、「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」のオスカー・アイザック。

この人は、「インサイド・ルーウィン・デイヴィス 名もなき男の歌」の時も思ったけど、とても寂しそうな人なんだよね。

その彼を主役に選んだのは、きっと理由がありそう。

共演は、「ヘルプ ~心がつなぐストーリー~」「インターステラ―」「ゼロ・ダーク・サーティ」「MAMA」のジェシカ・チャステイン、現在は、マット・デイモン主演の「オデッセイ」が公開待機中。

監督は、「オール・イズ・ロスト ~最後の手紙~」のJ・C・チャンダー

公開は10月1日の予定。

重厚な人間ドラマを観たいなと思った時に、観に行きたい作品だなぁ。



↓ 人気ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします

映画 ブログランキングへ

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村



「アメリカン・ドリーマー 理想の代償」DVD

アメリカン・ドリーマー 理想の代償 [DVD]

新品価格
¥3,036から
(2015/12/31 01:06時点)



予習に!同じく石油の採掘権を描いた映画「ゼア・ウィル・ビー・ブラッド」DVD

ゼア・ウィル・ビー・ブラッド [Blu-ray]

新品価格
¥1,391から
(2015/9/29 00:49時点)