阿部寛主演の映画「歩いても 歩いても」をWOWOWで観た。

長男の15回目の命日に、久しぶりに集まった家族を描く。

満足度 評価】:★★★★☆

この映画で描かれている家族の姿が、私の家族と重なるところがあり、観ていて心がほのぼのする映画だった。

どこの家族にも歴史がある。良い時も、悪い時も全部含めて家族なんだ。



目次

  1. 予告編
  2. 更新履歴・販売情報
  3. キャスト&スタッフ
     出演者
     監督
  4. あらすじ
  5. 感想


「歩いても 歩いても」予告編 動画




更新履歴・公開、販売情報

・2016年8月14日 WOWOWで観た感想を掲載。

・2019年5月8日 WOWOWでの放送に合わせて加筆・修正。

現在、DVD、ネット配信、共に販売中。


ネット配信で観る:「歩いても 歩いても」

歩いても 歩いても

新品価格
¥400から
(2019/5/8 16:16時点)



DVDで観る:「歩いても歩いても」

歩いても 歩いても [Blu-ray]

新品価格
¥2,668から
(2019/5/8 16:15時点)




キャスト&スタッフ


出演者

〇阿部寛

〇夏川結衣


〇原田芳雄

YOU

〇高橋和也


監督

是枝裕和
…(「万引き家族」、「三度目の殺人」、「海街diary」、「誰も知らない」など)


2007年製作 日本映画




あらすじ


横山良多(阿部寛)は、兄の15回目の命日のため結婚したばかりの妻ゆかり(夏川結衣)と息子のあつしを連れて実家へ帰省する。

父(原田芳雄)は町医者、母(樹木希林)は専業主婦で、実家の医者を長男が継ぐ予定であったが、それも叶わぬ夢となってしまっていた。

実家では、良多とゆかりよりも一足先に姉のちなみ(YOU)とその夫の信夫(高橋和也)が一足先に実家に着いており、2人の子供たちがワイワイとし、にぎやかになっていた。

実は、良多の妻ゆかりは再婚で、あつしは死に別れた元夫との息子だった。

そのことを、あまりよく思っていない家族の元へ帰ることに良多は気まずさを感じていた…。


映画「歩いても 歩いても」



感想(ネタバレあり)


どんな家族もこんなものかな


あぁ、やっぱり家族って、こんなものだよねぇ

と思いつつ、ほのぼのした気持ちで観ていた。

家族の間で起きた問題は、その家族じゃないと分からないし、でも、だからこそ、他人とは違う家族なんだなぁと思う。

庭で元気に育つ百日紅が観てきたその家族の歴史。

嬉しい時も、悲しい時も、集まらなきゃいけないから家族なんだなぁ。


映画「歩いても 歩いても」原田芳雄、樹木希林、阿部寛、夏川結衣

めんどくさいと思っても、うるさいと思っても、家族の気持ちは家族にしか分からない


この映画で描かれるのは、長男の15回目の命日。

町医者だった父の稼業を継ぐはずだった兄。

その兄と常に比べられながら育った次男良多は、家族と会う時はいつも、めんどくささを感じていた。

さらに、結婚した妻ゆかりは子連れの再婚。

そのことも家族はよく思っておらず、だからこそ、実家に帰ることを億劫に感じていた。

でも、父や母の小言がめんどくさい、うるさいと思っても家族なんだよね。

一緒にいる時間が大切な家族なんだよね。


映画「歩いても 歩いても」原田芳雄、樹木希林


父と母にしか分からない「歩いても 歩いても」


だから、もちろん家族の中にも楽しい思いでもあれば、悲しい思い出もある。

長男が事故で亡くなったことも悲しい思い出なら、父と母しか知らない悲しい思い出もある。

ちょうど、いしだあゆみの「ブルーライトヨコハマ」が流行った頃。

父は外に女を作り、よく外泊をしていた。

その女の家まで押しかけて帰ってしまった母。

この映画のタイトルである「歩いても 歩いても」は、その歌の歌詞から来ている。

それは、母が父のために一人ひっそりと胸の奥にしまいこんでいる家族の悲しい歴史だ。

家で威張り散らしても、ご近所さんには「大先生」と呼ばれようとも、母にとってはただの浮気夫だった。

思い出の歌はあるかと言われ、その浮気女の家でかかっていた曲「ブルーライトヨコハマ」をかけた母。

それが、せめてもの復讐だったのかもしれない。


2人の歴史を思うと、グッときちゃう「ブルーライトヨコハマ」





父の別の顔


映画の後半、父の機嫌を取ろうと野球の話を持ちだした良多。

しかし、父は「最近は野球じゃなくて、サッカーだ」「横浜のスタジアムまで見に行ったことだってあるんだ」と言う。

そのことに、少し驚いた良多が「へぇ~誰と行ったの??」と聞いたら、「いや、別に」と言って濁した父。

私はこの時、もう1人息子がいるんだなと思った。

一緒にサッカーに行ったのは孫なのか。

その時の良多と父のやり取りを見ながら、私たちの知らないところで、両親には別の時間が流れているんだなぁと思った。

もちろん、全ての家庭で両親が浮気をしているというわけではなく、幼い頃や、生まれていない頃、大人になってから出会っていない間に、両親は別の顔になることだってあった。

でも、その事実を知らなくて良かったんだなと思う。

全てが「知らぬが仏」

本妻との間の息子、孫よりも、可愛がっていた隠し子がいたなんて事実。

知らずに平和に過ぎた方が良い。


映画「歩いても 歩いても」高橋和也、YOU、樹木希林


全ての家族にそれぞれの歴史とストーリーがある


そんな、悲しい思い出も含めて、全ての家族に、それぞれの歴史とストーリーがある。

会うのが面倒だと思う時があるかもしれない、話せば小言ばかりで面倒だと思うかもしれない。

でも、それが家族だし、家族にしか理解できないこともある。

それに忘れてはいけない思い出もある。

だから、毎年、面倒でも定期的に会って、同じ時間を過ごすことが、とても大切な時間になる。

我が家の両親には、どんな私の知らない歴史があるんだろう。

ちょっと怖いけど、聞いてみたい気もする…。

いつか、聞いてみようかな…。



↓ 人気ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします

映画 ブログランキングへ

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村





ネット配信で観る:「歩いても 歩いても」

歩いても 歩いても

新品価格
¥400から
(2019/5/8 16:16時点)



DVDで観る:「歩いても歩いても」

歩いても 歩いても [Blu-ray]

新品価格
¥2,668から
(2019/5/8 16:15時点)