海外ドラマ「英国スキャンダル~セックスと陰謀のソープ事件」をWOWOWで観た。

ヒュー・グラントベン・ウィショー共演のイギリスドラマ。

イギリスの政界で首相候補にまで登りつめた大物政治家と若い男性のスキャンダルの実話を映画化した作品。

次から次へと目まぐるしく事件が起きて、これが実話だというのがビックリしたドラマだった。

「英国スキャンダル~セックスと陰謀のソープ事件」予告編 動画

(原題:A Very English Scandal)




DVDで観る:「英国スキャンダル~セックスと陰謀のソープ事件」

英国スキャンダル~セックスと陰謀のソープ事件 [DVD]

新品価格
¥3,911から
(2019/2/4 16:47時点)






キャスト&スタッフ


出演者



〇アレックス・ジェニングス




英国スキャンダル





感想(ネタバレあり)


1960年代、激動のロンドンで始まった二人の恋


首相候補にまで登りつめた政治家の同性愛スキャンダルとそれをめぐる陰謀の物語。

次から次へと事件が起きて、とてもドラマチックだけど、これが実話だというから驚いてしまう。



政治家のジェレミー・ソープ(ヒュー・グラント)と、青年ノーマン・スコット(ベン・ウィショー)が出会ったのは1960年代のことだ。

1960年代のロンドンといえば、ドキュメンタリー映画「マイ・ジェネレーション ロンドンをぶっとばせ!」で描かれていたけれど、カルチャーが爆発的に発展し、世界の先端をいくオシャレな都市へと変わっていく激動の時代だった。



その時代に将来有望な若手政治家ジェレミー・ソープが「天使のような若者」ノーマン・スコットをノにしたいと思ったのは、もしかしたら時代を先取りしたファッション感覚的なところもあったかもしれない。

なにせノーマンは、その後、モデルの仕事もするようになるぐらいのイケメンだったのだ。



しかし、その後、ジェレミーが政界でメキメキと頭角を現すようになると、ノーマンのことが邪魔になってくる。

いくら世界の先端をいくロンドンであっても、政治家の同性愛が認められるほどではなかったのだ。

そして、「邪魔だから殺してしまえ」と思い、実際に殺害計画を立てるまでになるのだ。



英国スキャンダル2






際立つジェレミーの軽薄さと、大物政治家への忖度


このドラマを観た中で、一番印象に残ったのは、そのジェレミーの軽薄さだ。

そもそも、ヒュー・グラントという人は軽薄な男を演じさせたら世界一。

ただでさえ軽薄な男が、より軽薄に見えてしまった。



最初に出会った時に「ロンドンに来たら連絡しなさい」と言ったのも、ノーマンのために住む部屋を用意したのもジェレミーだ。

それなのに、愛情が覚めたら捨ててしまう(ここまでならよくある話)上に、なんと、殺そうとしたのが仰天だった。



しかし、もしも、本当にノーマンが殺されていたら、一番に疑われるのはジェエレミーだったはずだ。

それでも、人を雇って殺そうとするところが、なんとも安易すぎる。



ところが、実際に裁判になると、裁判長がジェレミーを擁護するような発言をしてしまう。

「これが現実なんだな」と思った。



もしも、これがフィクションで描かれたなら、勇気ある告発をしたノーマンが勝利を収めるはずだ。

ところが、現実は「首相候補にまでなった大物政治家に対する忖度」が発動するのだ。

日本で同じことが起きたら、不起訴処分になりそうな話だけれど(笑)、イギリスでも忖度があるんだということに驚きだった。



それでも、結局、ジェレミーが政界に戻ることはなかったのだから、それが「社会的制裁」なのかもしれない。

でも、明らかに殺人教唆なのにな…。



ヒュー・グラントベン・ウィショーの共演が観たくて観始めたドラマだった。

二人の共演は十分に楽しんだけれど、同性愛に対して理解のない時代だったこともあって、なんとも煮え切らない気分になってしまった。



そんな理不尽なできごとを、人気俳優主演でこうしてドラマ化することで、世の中が少しでも変わっていけば良いかなとも思う。



英国スキャンダル3



Twitterでも映画や海外ドラマの情報を発信しています~

Instagramでも映画のレビューを日々更新しています~







↓ 人気ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします

映画 ブログランキングへ

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村





DVDで観る:「英国スキャンダル~セックスと陰謀のソープ事件」

英国スキャンダル~セックスと陰謀のソープ事件 [DVD]

新品価格
¥3,911から
(2019/2/4 16:47時点)