インド映画「バーフバリ 王の凱旋」を映画館で観た。

新年1本目の映画は、正月にふさわしいこの作品から!!

前作『バーフバリ 伝説誕生』で「帰ってきたバーフバリ」として国民から大歓声で迎えられたシヴドゥ。

なぜ、シヴドゥの父バーフバリは殺され、シヴドゥはシヴァガミによって命を助けられたのか…。

マヒシュマティ王国で起きた王座をめぐる陰謀を描く。



満足度 評価】:★★★★☆(4.5)

最初から最後まで、もんの凄いテンション高くて楽しかった!!

アクション、ミュージカル、ファンタジー、ラブロマンス…

私たちが映画に求める要素の全てがここにある!!



その中から、最も私が気になったところをピックアップして「なぜ、この映画はこんなに壮大なアクション大作になったのか」について考えてみた



この感想には「ネタバレ」を含みます。映画をご覧になってから感想をお読みください。

「バーフバリ 王の凱旋」予告編 動画

(原題:BAHUBALI 2: THE CONCLUSION)




更新履歴・販売情報

・2018年1月1日 映画館で観た感想を掲載。

・2018年8月4日 WOWOWでの放送に合わせて加筆・修正

現在、ネット配信、DVD共に販売中。


ネット配信で観る:「バーフバリ2 王の凱旋」(字幕版)

バーフバリ2 王の凱旋(字幕版)

新品価格
¥399から
(2018/8/4 12:36時点)



DVDで観る:「バーフバリ2 王の凱旋」

バーフバリ2 王の凱旋 [Blu-ray]

新品価格
¥3,918から
(2018/8/4 12:39時点)



予習に!ネット配信で観る:バーフバリ 伝説誕生(字幕版)

バーフバリ 伝説誕生(字幕版)

新品価格
¥299から
(2018/1/1 14:48時点)



予習に!DVDで観る:「バーフバリ 伝説誕生」

バーフバリ 伝説誕生 [DVD]

新品価格
¥3,324から
(2018/1/1 14:49時点)





キャスト&スタッフ


出演者

プラバース
…(「バーフバリ 伝説誕生」など)

ラーナー・ダッグバーディ
…(「バーフバリ 伝説誕生」など)

タマンナー
…(「バーフバリ 伝説誕生」など)

アヌシュカ・シェッティ
…(「バーフバリ 伝説誕生」など)

〇ラムヤ・クリシュナ

〇ナーサル

〇サティヤラージ


監督

S.S.ラージャマウリ
…(「バーフバリ 伝説誕生」など)

2017年製作 アメリカ映画



バーフバリ王の凱旋



あらすじ


遠い昔、インドで栄えたマヒシュマティ王国。ある日、シヴドゥ(プラバース)はその王国のバーフバリ王の息子だと、王の側近であったカッタッパ(サティヤラージ)知らされる。

しかし、そのバーフバリ王はある人の裏切りにより殺されたと知る…。

かつて国母だったシヴァガミ(ラムヤ・クリシュナ)から、国王に認められたバーフバリはカッタッパと共に旅に出る。

そこで美しいデーヴァセーナ姫(アヌシュカ・シェッティ)に恋したバーフバリは、しばらくその国滞在するのだが…。



バーフバリ王の凱旋2



感想(ネタバレあり)


ツッコミどころ満載!血にまみれた王家の陰謀



前作「バーフバリ 伝説誕生」は、ただただ圧倒される作品だった。

その続編である「バーフバリ 王の凱旋」は、前作をはるかに超え、さらにスケールが大きく、さらに豪華絢爛になって帰ってきた



前編では、実はマヒシュマティ王国の王子・バーフバリだということがわかったシヴドゥ。

この後編では、そのシヴドゥの父バーフバリ王が殺された王家の陰謀を描く。



国母シヴァガミ様、その息子バラーラデーヴァとシヴァガミの甥・バーフバリ。

みんな共通しているのは、目力が強い(笑)

シヴァガミ様は息子バラーラデーヴァと甥バーフバリを戦争に行かせ、どちらが王座にふさわしいかを見極めた。



その結果、シヴァガミはより多くの国民から愛されるバーフバリを王位継承者としたけれど、納得がいかないバラーラデーヴァはバーフバリを引きずり降ろそうとする。

その骨肉の争いを描くのが、この「王の凱旋」だった。



その骨肉の争いもド派手!!

こっそり毒を混ぜて殺すとか、そんなせこいことはしない。

誰だろうが、邪魔者は速攻で刺殺する!!

血が流れないと気が済まない、おそるべしバラーラデーヴァ!!

相手が血を流して死なないと気が済まない感じの血生臭さが、なんともすごい



ビックリしたのは、あれだけ長い間バーフバリと一緒にいて、「叔父貴」と言われるほどの仲だったカッタッパが、バラーラデーヴァが王座についたとたん、バラーラデーヴァの命令を聞いてしまうところ。

きっと多くの観客が、「そんなこと言ったって、カッタッパは最後の最後にバーフバリの味方になるんだろう」と思っていたはず…。

そんな観客の期待を裏切り、「王命」を実行してしまうカッタッパには驚いた。



「敵はとことん殺す」の信条でデーヴァセーナの実家の小国は国ごと燃やしてしまう徹底ぶりなのに、デーヴァセーナ本人は生かしておくという詰めの甘さ(笑)

その詰めの甘さがあったからこそ、バーフバリが帰ってくることになったんだから、よくできている(笑)

しかし、しかし、そんなツッコミどころこそワーキャー言いつつ、あーでもない、こーでもない言いながら観るところにこの映画の楽しさはあるのだ。

もう、その場で思う存分ツッコミを入れたら良い!!



バーフバリ王の凱旋4


常識とか、引力とか、リアリティとか全部無視!!!



しかし!この映画が多くの人たちから愛され、歓喜で迎えられるのは、そんな「血生臭い跡目争い」よりも、最初から最後までやむことのない「怒涛のアクション」なのである。

これは本当にすごい!!

凄すぎて、最初から最後まで口があんぐりの目がテンだった!!



2001年に「ロード・オブ・ザ・リング」三部作が公開された時、新しい時代の歴史叙事詩を観た。

なんて、壮大な映画ができたんだろうと思った。

そして、2017年、この「バーフバリ」二作を観て、「ロード・オブ・ザ・リング」は何だったんだろうと思った。

あの「ロード・オブ・ザ・リング」の壮大さがかすむぐらいに、この映画の壮大さには誰も勝てない!!



これぞインド!と言わんばかりの広大な国の力強さを画面全面に押し出してくる

これまで歴史叙事詩と言ったら人間のお供は馬だった。

しかし、この映画にとって馬は犬みたいなもの。

馬車は人を殺すための兵器であり、バーフバリのお供は「象」である



象と共に力を合わせて巨大な弓を射る、象たちと共に戦う、象たちも彼の前ではひれ伏せずにはいられない。

もう神としか言いようがない!!

それがバーフバリ!!

すごいわー。マジでーーー!!



しかし、象たちもすごかったけど、私が本当に仰天したアクションシーンは、バーフバリと仲間たちがヤシの木を使って敵陣に乗り込む場面

ヤシの木をしならせて、どうするのかなと思ったら、でかい体格の人たちばかり5人もそこに乗って、ヤシの木が元に戻る力を使って飛んだところ!!

あれはマジで仰天で笑っちゃったよ。



飛ぶのもただ飛ぶだけじゃなくて、5人がお団子みたいに一体になって人間爆弾みたいになっている。

ヤシの木は、彼らを飛ばす弓の代わり。

どんだけ強いんだ(笑)

ほら、もう「ロード・オブ・ザ・リング」超えてるじゃん。

いや、私も「ロード・オブ・ザ・リング」は大好きだけどね。



常識とか引力とか非現実的世界を無視して、マンガの中でしか起きないようなアイディアを実写にしてしまう勢い

それを実現してしまうところに、この映画の凄さがある!!

むしろ、リアリティなんてナンセンスだと言いたげな世界観がここにはある。

マジで仰天だわ!!!!



だいたい、人間爆弾になった人たちはどんだけ身体能力が高いのよーーーー(笑)



そんな仰天アクションが140分も続くんだから本当にすごい映画!!



バーフバリ王の凱旋5


男勝りで向こうっ気の強い者こそ、王家にふさわしい女性



物語もすごいし、アクションもすごい、さらにすごいのが「女性たち」!!



やはり、日本と同じアジアの国々で作られた映画となると、女性の扱いがとても気になるところ。

そこもまた、桁外れだった!!



マヒシュマティ王国では女性たちのみならず、国民たちのトップにいるのがシヴァガミ様。

当然、目力が強い(笑)

男性たちの陰謀の中で決して負けていないし、むしろ誰よりも強い

しかし、そんな彼女も息子バラーラデーヴァのこととなると判断が甘くなってしまうという人間らしさも持ち合わせている。

シヴァガミ様曰く、「男たちに負けない向こうっ気の強い女」こそが王室に入るにふさわしい女性なのだとか。



そんなシヴァガミ様的ルールを知ってかしらずか、バーフバリが恋したデーヴァセーナがこれまた気が強い!!

最も印象に残るデーヴァセーナのエピソードは「セクハラおやじの指をバッサリと切り落とした事件

王国に入る門の前で、いちいち女性たちの肩を必要以上になでなでする門番。

それを見ていて「こいつに触られたらいやだ」と思ったデーヴァセーナはその門番の指をバッサリと切り落としちゃう(笑)

うわーーーー。まじでーーーー(驚)



さらに!その話をバーフバリにしたら、なんと首を切って殺してしまった!!

えぇぇぇぇぇぇぇ!!

これがマヒシュマティ王国における「セクハラの罪」なり(笑)

セクハラ男ども心得よ



そして、シヴドゥが恋した女性も男勝りの戦士だった。



この「バーフバリ」における女性の描き方は、アジア諸国における男尊女卑をはるかに超え、フェミニズムところか、女性を崇め奉ってる感じさえ受けた

バーフバリが「より効果的に弓を射る方法」をデーヴァセーナに伝授して、そんなバーフバリに恋してしまうデーヴァセーナ。

王に尽くす女王ではなく、互いに武術も高めあう対等の関係だった



そんな女性たちの描き方もまた素晴らしいと思ったところの一つだった。



バーフバリ王の凱旋3


全てにおいて映画館で観客を喜ばせることを考え抜かれた娯楽大作



観客はこの映画になにを期待しているのか。どう描いたら、観客は楽しむのか

観客が歓喜するためなら、常識もリアリティも度外視する

それを突き詰めた結果が、血みどろの派手さを持つストーリー展開、想像を超える壮大なアクション、常に男性と対等である女性たちの描き方にあった。



ここ数年、ハリウッドを中心とした映画界では、ネット配信が大きなシェアを占めている。

そのため画面も「スマホサイズ」を意識する作品も少なくない。

そんな中、この映画は「より映画館で圧倒的な迫力を出す」作品を目指して作られている

この映画がハリウッド的主流から外れて作られた作品だからこそ、圧倒的な個性を放ち、光り輝くのである



ネット配信が主流になっても映画は映画館で観たい派としては、スクリーンをはみ出るぐらいの豪華絢爛な作品を観られるのは楽しくてしょうがない

これこそが娯楽映画であり、「観客が喜ぶような映像を映し出す」ことこそ基本なのではと感じさせられた作品だった。



趣味とか相性もあるので、「こういうの無理」という人もいるかもしれないけど、「今までに見たことのないような映画を観たい」と思ったら、ぜひ、この映画を観て欲しい

きっと、その願いを叶えてくれるはずだ


関連作品


〇「バーフバリ」前作

「バーフバリ 伝説誕生」細かいことは気にするな!なんでもあり!の歴史アクション映画の面白さてんこ盛り!!ツッコミどころ満載のトンデモ映画。インド産マサラムービー【感想】



Twitterでも映画や海外ドラマの情報を発信しています~







↓ 人気ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします

映画 ブログランキングへ

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村





ネット配信で観る:「バーフバリ2 王の凱旋」(字幕版)

バーフバリ2 王の凱旋(字幕版)

新品価格
¥399から
(2018/8/4 12:36時点)



DVDで観る:「バーフバリ2 王の凱旋」

バーフバリ2 王の凱旋 [Blu-ray]

新品価格
¥3,918から
(2018/8/4 12:39時点)



予習に!ネット配信で観る:バーフバリ 伝説誕生(字幕版)

バーフバリ 伝説誕生(字幕版)

新品価格
¥299から
(2018/1/1 14:48時点)



予習に!DVDで観る:「バーフバリ 伝説誕生」

バーフバリ 伝説誕生 [DVD]

新品価格
¥3,324から
(2018/1/1 14:49時点)