タイ映画「バッド・ジーニアス」を映画館で観た。

中国で実際に起きたカンニング事件をモチーフに制作されたクライム・サスペンス映画。



満足度 評価】:★★★★☆(4.5)

高校生のカンニングビジネスの向こうに見える格差社会。

貧乏学生が頭の良さで格差を乗り越え、裕福な学生より優位に立つことで味わう優越感。

そこからエスカレートする犯罪。

緊迫感とスピード感満載の面白さ

目次

  1. 予告編
  2. 更新履歴・販売情報
  3. キャスト&スタッフ
     出演者
     監督
  4. あらすじ
  5. 感想


『バッド・ジーニアス』予告編 動画

(原題:ฉลาดเกมส์โกง/英題:Bad Genius)



更新履歴・公開、販売情報

・2018年10月9日 映画館にて鑑賞。

・2018年10月26日 感想を掲載。

現在、全国順次公開中。詳しい上映劇場情報につきましては、下記公式サイトをご参照ください。
 ↓
映画「バッド・ジーニアス」公式サイト

【映画パンフレット】「バッド・ジーニアス 危険な天才たち」

【映画パンフレット】バッド・ジーニアス 危険な天才たち

新品価格
¥2,300から
(2018/10/26 16:24時点)






キャスト&スタッフ


出演者

〇チュティモン・ジョンジャルーンスックジン

〇チャーノン・サンティナトーンクン

〇イッサヤー・ホースワン

〇ティーラドン・スパパンピンヨー

〇タネート・ワラークンヌクロ


監督

〇ナタウット・プーンピリヤ


2017年製作 タイ映画



バッド・ジーニアス




あらすじ

幼い頃から優秀で、常にトップクラスの成績だったリン(チュティモン・ジョンジャルーンスックジン)は、特待生として有名高校に入学する。

母を亡くし、裕福ではない父子家庭で育ったリンが高校へ入学して、初めてできた友達グレース(イッサヤー・ホースワン)は、とても裕福な家庭の娘だ。

ある時、リンはテストでグレースに回答を教えてしまう。

すると、グレースは彼氏のパット(ティーラドン・スパパンピンヨー)に紹介、パットは、次のテストでグレースだけでなく、自分にも答えを教えて欲しいと言う。

そこで、リンはテスト中に複数の人たちに答えを教える方法を考え始める…。



バッド・ジーニアス2



感想(ネタばれあり)


この映画の感想は、私が「ぴあ映画生活」に掲載したものをご紹介します。


バッド・ジーニアス 危険な天才たち (2017)


★★★★☆ [90点]「カンニングから見える格差社会の悪影響」


面白かった!

スピード感と緊張感に満ちたエンターテインメント作品だった!



中国で実際に起きたカンニング事件をタイで映画化した作品。

天才少女のリンは、高校の同級生グレースを助けるつもりで、テスト中に答えを教えてしまう。

すると、リンはグレースの彼氏のパットからも試験中に答えを教えて欲しいと懇願されてしまい…



最初から最後まで「この悪事がいつバレるんだろうか…」と思い、私も、まるで当事者になった気持ちで、ドキドキしながら観ていた



そして、この映画の面白さは、その緊迫感だけではない

金持ちと貧乏という格差社会の中、それまでは、金持ちに見下されていた貧乏が、誰よりも努力して満点を連発する天才になった結果、金持ちが彼らの足元にひれ伏し、

「お願いだから、答えを教えてください」と、頭を下げる事態が発生
する



そして金持ちたちの願いを叶えることで、貧乏学生たちは一気にスクールカーストのトップにまで登り詰めるという下克上が起きる。



その優越感を味わい、その上、報酬が手元に入ってくると、彼らのカンニングはますますエスカレートし、国際犯罪にまで発展していく。

ということは、もしも、貧乏な家の子たちが、金の心配をすることなく、満たされた生活を送っていたら、カンニングという犯罪に手を染めることはなかったのだろうか

それとも、そもそも満たされた生活を送っていたら、勉強でがんばることはなかったのだろうか

いったい、彼らは何のために勉強をしているのか…



この映画は、とてもハラハラドキドキして面白いエンターテインメント作品になっているけれど
その裏側には、そんな社会の不条理があるように思った

そんなに熱心に、綿密にカンニングのプランを立てる時間と頭があったら勉強すればいいのに…

と単純に思ってしまうけれど、金持ちの学生も、貧乏な学生も、バレるか、バレないかのギリギリのスリルがあるゲーム感覚と、バレなければお金ががっぽり入ってくるという、ギャンブル要素が相まって、アドレナリンが上がっちゃったんだろうなと思った



彼らにとっては、そんなプランを練っている時間が、とても充実した時間だったに違いない

しかし、もしも、それがバレたら人生が台無しになると考えたら、その代償はあまりにも大き過ぎる…

格差社会が生む弊害はいろいろあるけれど、子供たちに与える悪影響の大きさを感じた作品だった


Posted by pharmacy_toe on 2018/10/14 with ぴあ映画生活



バッド・ジーニアス3




Twitterでも、映画情報や海外ドラマの情報を発信しています~




Instagramでも映画のレビューを日々更新しています~






↓ 人気ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします

映画 ブログランキングへ

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村