キキ・レイン主演、バリー・ジェンキンス監督の映画「ビール・ストリートの恋人たち」を試写会と映画館で観た。

1970年代のニューヨークのハーレムで暮らす若い黒人の男女の恋愛を描く。

原作は、ジェームズ・ボールドウィンの小説「ビール・ストリートに口あらば」。


満足度 評価】:★★★★★

素晴らしかった!

70年代のハーレムを舞台に描くティッシュとファニーの恋。

たとえ尊厳を傷つけられても、屈することなく、人としての誇りを失わずに生きる 。

そんな彼らの強い愛と生き様がとても美しい作品だった。

目次

  1. 予告編
  2. 更新履歴・販売情報
  3. キャスト&スタッフ
     出演者
     監督
  4. あらすじ
  5. 感想


『ビール・ストリートの恋人たち』予告編 動画

(原題:If Beale Street Could Talk)



更新履歴・公開、販売情報

・2019年1月24日 試写会にて鑑賞。

・2019年2月13日 映画館にて鑑賞。

現在、全国順次公開中。詳しい劇場情報につきましては、下記公式サイトをご参照ください。
 ↓
映画「ビール・ストリートの恋人たち」公式サイト


原作本:「ビール・ストリートの恋人たち」

ビール・ストリートの恋人たち

新品価格
¥2,376から
(2019/3/26 15:07時点)



オリジナル・サウンドトラック『ビール・ストリートの恋人たち』

オリジナル・サウンドトラック『ビール・ストリートの恋人たち』

新品価格
¥2,592から
(2019/3/26 15:08時点)





キャスト&スタッフ


出演者

〇キキ・レイン

〇ステファン・ジェームス

…(「ザ・エージェント」など)

〇テヨナ・パリス

〇コールマン・ドミンゴ

〇ブライアン・タイリー・ヘンリー

〇マイケル・ビーチ


〇エド・スクレイン

…(「ネイバーズ」など)

ペドロ・パスカル
…(「キングスマン:ゴールデンサークル」、「グレートウォール」、海外ドラマ「ナルコス」など)

監督

バリー・ジェンキンス
…(「ムーンライト」など)


2018年製作 アメリカ映画



ビール・ストリートの恋人たち




あらすじ

1970年代のアメリカ ニューヨーク ハーレム。

ティッシュ(キキ・レイン)と、ファニー(ステファン・ジェームス)は、幼なじみから友人を経て恋人関係に。

芸術家を目指すファニーは、創作活動をしながら、ティッシュとの将来を考え始めた時、身に覚えのないことで逮捕されてしまう。

そして、ファニーが刑務所へ入所した直後、ティッシュの妊娠が発覚する…。



ビール・ストリートの恋人たち2




感想(ネタばれあり)


この映画の感想につきましては、私が「ぴあ映画生活」に掲載したものをご紹介します。


ビール・ストリートの恋人たち (2018)


★★★★★ [100点]「誇りを失わず生きる姿の美しさ」


今年のアカデミー賞で脚色賞、助演女優賞、作曲賞の3部門にノミネートされている作品。

(追記:レジーナ・キングが助演女優賞を受賞しました。)



ムーンライト」のバリー・ジェンキンス監督の作品。

前作の雰囲気そのままに、知的で、力強くて、美しい映画だった。



1970年代のハーレムで生活するティッシュ(キキ・レイン)とファニー(ステファン・ジェームズ)。

幼い頃から友人同士だった彼らは、大人になると愛し合うようになる。

やがて二人は、将来について考えるようになるが、そんな幸せの絶頂にいる彼らを地獄へ突き落とすような事件が起きてしまう。



ファニーは22歳、ティッシュは19歳。

そんな若い二人に、次から次へと試練がやってくるのだ。



ファニーは身に覚えのないことで逮捕され、挙げ句の果てに刑務所に収監されてしまう。

そして、その後間もなくティッシュの妊娠が発覚。

それがもしも自分の身に起きたらと考えたら、絶望的な気持ちになってしまう



しかし、この映画のティッシュとファニーは、絶望的な状況でも希望を失わず、常に毅然としている

その強さが美しくていい



そんな彼らの姿を観ていると、とても悲しいことだけど、「人種差別を受けるのは当たり前」で、それは生まれついた運命として受け入れているように見える。

その上で、たとえ尊厳を傷つけられても、人間としての誇りを最後まで失わずに生きている

その強さが美しいのだ。



ビール・ストリートとは、音楽の街メンフィスのメインストリートの名前だという。

その通りでは、多くのジャズミュージシャンが生まれており、そこで、多くの偉大なる黒人アーティストの誕生を長い間見守ってきたのだ。



もしも、そんなビール・ストリートが、ティッシュとファニーを観たら、何と声をかけるだろうか。

彼らは、どんなに尊厳を傷つけられても屈しない生き方を誇りにするべきなのだ。



この映画は、昨年のアカデミー賞で話題になった
スリー・ビルボード」にも通じるところがある。

どちらの映画にも、黒人を差別する白人警官が出てくるのだ。

つまり、1970年代も、現代も、相変わらず、人を人種によって判断する差別主義者が存在するということなのだ。



しかし、そんな人間に負けることなく、誇りを失わずに毅然として生きることの美しさを感じる作品だった

本当に素晴らしい映画なので、ぜひ、多くの人に観て欲しい作品。


Posted by pharmacy_toe on 2019/02/04 with ぴあ映画生活



ビール・ストリートの恋人たち3





Twitterでも、映画情報や海外ドラマの情報を発信しています~




Instagramでも映画のレビューを日々更新しています~




ゆるめの映画ネタはこちら→「とにかく映画が好きなんです」【別館】

映画のコラムやイベントに参加した話、音楽やご飯ネタなども掲載しています。

この【本館】よりも、もっとユルッとした裏アカです。

こちらも、ぜひ。
 ↓





↓ 人気ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします

映画 ブログランキングへ

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村





原作本:「ビール・ストリートの恋人たち」

ビール・ストリートの恋人たち

新品価格
¥2,376から
(2019/3/26 15:07時点)



オリジナル・サウンドトラック『ビール・ストリートの恋人たち』

オリジナル・サウンドトラック『ビール・ストリートの恋人たち』

新品価格
¥2,592から
(2019/3/26 15:08時点)