スティーヴン・キング、J・J・エイブラムス製作総指揮、アンドレ・ホランド主演、海外ドラマ「キャッスルロック」の<シーズン1>#6『神の声』をWOWOWで観た。

ヘンリーはお父さんの墓を移動し、ボストンから息子ウェンデルがやってくる。

そして、彼の家で暮らし始めた青年は、ヘンリーが幼い頃のVTRを観ていた。

そのことが、少しずつヘンリーの記憶の扉を開こうとする…。

「キャッスルロック」予告編 動画

(原題:Castle Rock)




現在、WOWOWにて独占放送中
 ↓
WOWOW公式サイト『キャッスルロック』海外ドラマ
(公式サイトで第1話のみ無料で観ることができます)






***********

〇 「キャッスルロック」<シーズン1>第5話 観ました!!

感想はこちらから →海外ドラマ「キャッスルロック」<シーズン1>#5『放たれた悪魔』謎を解く鍵は27年前の事件にあり。スティーヴン・キング製作ミステリードラマ。アンドレ・ホランド主演【感想】

***********

キャスト&スタッフ


出演者

…(「ムーンライト」など)

…(「アトミック・ブロンド」など)



…(「ドント・ブリーズ」など)

スコット・グレン
…(「最後の初恋」、ドラマシリーズ「デフェンダーズ」など)


製作総指揮

J・J・エイブラムス


製作総指揮・原案




キャッスルロック





感想(ネタバレあり)


葬式、息子、VTR…お父さんの記憶を引き戻す


ヘンリーはキャッスルロックへ帰ってきてから念願だったお父さんのお墓の移動を終わらせる。

そして、そのタイミングで息子のウェンデルがボストンからやってくる

ヘンリーはテキサスの人なのに、息子はボストンに住んでいるということは、ヘンリーは離婚したということかな。



おばあちゃんの痴ほう症が進む中で、ウェンデルのことが分かるうちに、一緒の時間を過ごさせたいというヘンリーの思いからだった。



しかし、お父さんの葬儀をし、幼い頃の自分によく似た息子が家にいて、裏の小屋にいる青年がヘンリーの幼い頃のVTRを観ていたことから、ヘンリーは嫌でも、失踪した時のことを思い出そうとしてしまう

しかし、記憶を失っていて、なかなか思い出せそうにない

そうすると、ますます耳鳴りが酷くなっていく。



そこで、ヘンリーはその当時近所に住んでいたモリーに「あの頃、僕はお父さんとよく夜の森の中へ行っていなかったか??」と聞く。

青年が観ていたVTRで、ヘンリーはお父さんと一緒に森の中へ向かっていたからだ。



すると、モリーから意外な返事が返ってくる「あなたはお父さんのことを憎んでいたでしょ

「私は、あなたがお父さんを憎んでいるのを感じて、お父さんにつながっているチューブを抜いたのよ」「お父さんがいなくなって安堵してたのよ」と告白したのだ。



キャッスルロック1-6-1







ヘンリーには神の声が聞こえる…?


モリーの言うことを頭では否定しつつ、森の中にヒントがあるかもしれないと思ったヘンリーは、ウェンデルをお母さんに任せ、夜の森へと向かう。



そこで出会ったのは、耳の聞こえない黒人の老人だった。



老人は、ヘンリーのお父さんと親しくしていて、二人ともスピリチュアルなことを信じていたという。

キリスト教の牧師であるヘンリーのお父さんが、スピリチュアルなことに傾倒していたとなると、おかしなことになってくる。



だからこそ、ヘンリーは老人の言うことを否定するのだけど、老人はヘンリーに「耳鳴りがするだろう??」と言う。

ヘンリーは「神の声」を受信できる人だと言う。



日頃は、世の中に溢れる雑音がフィルターとなって遮断しているけれど、その森の奥深くに行けば、雑音もなく、直接神の声を聞くことができる…。

そう言って、老人はヘンリーを無音室に閉じ込めてしまう…



なるほど。

お父さんは牧師だったけれど、その裏でスピリチュアルなことに傾倒し始めていて、さらに、ヘンリーには誰にも聞こえない神の声を聞く能力があることを知ってしまう。

そこで、お父さんは夜な夜なヘンリーを森の奥へと連れて行くけれど、そのことでヘンリーはお父さんのことを憎んでいた…。



ということなのでは。

しかし、ヘンリーはその時、何を聞いていたのだろうか。



Twitterでも映画や海外ドラマの情報を発信しています~ー

Instagramでも映画のレビューを日々更新しています~







↓ 人気ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします

映画 ブログランキングへ

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村