とにかく映画が好きなんです【本館】

とにかく映画が好きで、特にアメリカ映画大好きです このブログは、ネタバレありの映画鑑賞日記です。主にハリウッド映画と韓国映画をメインに感想を書いています


カテゴリ:ジャンル > 人間ドラマ



デヴ・パテル主演の映画「スラムドッグ$ミリオネア」をWOWOWで観た。

インド版「クイズ$ミリオネア」に出演していた青年が快進撃を続け、あと1問で億万長者に!なぜ彼はそんなに正解することができたのか。


映画「スラムドッグ$ミリオネア」


満足度 評価】:★★★★☆

LION/ライオン~25年目のただいま~」と「T2 トレインスポッティング」を観たこともあって、観たいなぁと思っていたところ、WOWOWで放送していたので久しぶりに観た。

好きな女の子に会いたくてクイズ番組に出てみたら、大金持ちになっちゃったっていう、まるでおとぎ話みたいなところが好き。

最後の最後までワクワクドキドキが止まらないエンターテイメント作品。

目次

  1. 予告編
  2. 更新履歴
  3. キャスト&スタッフ
     出演者
     監督
  4. あらすじ
  5. 感想


「スラムドッグ$ミリオネア」予告編 動画

(原題:SLUMDOG MILLIONAIRE)



更新履歴

・2017年5月13日 WOWOWでの放送に合わせて加筆・修正。

・2020年1月20日 「映画天国」での放送に合わせて加筆・修正。





キャスト&スタッフ


出演者

デヴ・パテル
…(「LION/ライオン~25年目のただいま~」、「マリーゴールドホテルで会いましょう」、「チャッピー」)

マドゥル・ミッタル
…(「ミリオンダラー・アーム」など)

フリーダ・ピント
…(「猿の惑星:創世記(ジェネシス)」など)

〇アニル・カプール
…(「ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル」など)

イルファン・カーン
…(「インフェルノ」、「ジュラシック・ワールド」、「めぐり逢わせのお弁当」、「ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日」など)

監督

ダニー・ボイル
…(「T2 トレインスポッティング」、「スティーブ・ジョブズ」など)


2008年 イギリス・アメリカ合作映画

第81回(2009年)アカデミー賞 作品賞、監督賞、脚色賞、撮影賞、作曲賞、歌曲賞、音響賞、編集賞 受賞



あらすじ


人気番組「クイズ$ミリオネア」に出演している青年ジャマール(デヴ・パテル)は、あと1問でミリオネアというところまできていた。

スラム街出身の彼が正解を連発することを怪しんだ警察(イルファン・カーン)は不正があるのではと取り調べを始める。

すると、彼はなぜ正解したのかについて、一問一問理由を答え始める…。


映画「スラムドッグ$ミリオネア」


感想(ネタバレあり)


私が目にしたインドの子供たちの現実


20年ぐらい前に、大学の友人たちと卒業旅行でインドへ旅行に行った時、路上で生活する子供たちを見たことがある。



子供たちは欧米諸国や日本のような先進国の観光客に群がり、お金をねだる。

この映画の中にも出てくるが、路上で芸をしている子供たちや、電車の中で物を売る子供たちもいた。

そして、中には、より同情をひいて稼げるように、わざと手足をなくした子供たちさえいた。



この映画を観ながら思い出したのは、そんな現実の姿だった。

その頃の私はまだ社会をよく知らない子供で、当然、それ程お金も持っていなかった。

なので、「絶対にお金をあげてはいけない」と言われた通りにすることしかできなかった。



1人の日本人がお金をあげると、「日本人=金をくれる人」というイメージが定着し、日本人のお金が狙われるようになるという理由だった。

片足を失いながらも、必死になってでんぐり返しをしている子供が目の前にいて、私はその姿を心を痛めながら見つつ、何だか見てはいけないものを見てしまった気分になっていた。



この映画「スラムドッグ$ミリオネア」を見て、20年前に見たそんな光景を思い出した。



映画「スラムドッグ$ミリオネア」


カースト制の名残からスラム街出身者に立ちはだかる高い壁


世界には、誰かが「ここでこんなことが起きています」と知らせてくれなければ、知らないことがたくさんある。

先日公開された映画「LION/ライオン~25年目のただいま~」と、この映画「スラムドッグ$ミリオネア」では、インドのスラム街で暮らす人々の現実を思い知らされた。



町で拾われた子供たちが物乞いの仕事をさせられたのも、同情を買うために目を潰されたのも、女の子たちが売春婦になるために大事に育てられたのも、実際にあった話が元になっているのではと思う。

なぜなら私は実際にこの目でその現実を見てきたからだ。



かつてインドにあり、今でもその名残があると言われるカースト制の中で、スラム街出身者は最下層にいる。

だから、スラム街出身者のジャマールはどこに行っても「虫けら」のような扱いを受けてしまう。



ジャマールのようにクイズ番組で勝ち残る程知識があったとしても、就職したコールセンターでは「お茶くみ」の仕事しか与えられない。

なぜなら、彼は「スラム街出身者」だからだ。

どんなに頑張っても、最高級のクラスには上がれない。



それが、インドのカースト制の現実なのだ。



映画「スラムドッグ$ミリオネア」


どんな人にも夢を見る権利があり、実現するチャンスが訪れる


この映画の素晴らしいところは、絶対無理だと思える夢を実現するところにある。

ジャマールのような人間でも、知識があれば「億万長者」になれる。

これは、継母と義姉たちに虐げられて育ったシンデレラが王子様と結婚するような夢のおとぎ話である。



クイズの一問一問が彼の生い立ちと重なり、私たちはジャマールの波乱万丈な人生を思い知らされる。

と同時に、ジャマールになんとか勝ち抜いて欲しいと思うようになる。

それは、私たちにもジャマール程悲惨じゃなくても目を背けたくなる現実があって、その現実を乗り越え、幸せになろうとしているジャマールに自分の姿を重ねて見ているからだ。



何より良いのは、彼が「初恋の人」ラティカに会いたくて「クイズ$ミリオネア」に出たという動機だ。

「億万長者になりたいんだ」とか、「お金をもらって家を建てるんだ」なんていう夢じゃない。

「きっとラティカが見ているに違いない」から、彼は出るのだ。



そんなスイートな動機を知ったら、嫌でも応援したくなちゃうし、幸せになれよと思わずにいられない。



最下層の出身者でも、学校へ行っていなくても、夢を見る権利は全ての人たちに平等に与えられている。

そのチャンスを切り開く原動力が愛なのだ。

愛の力は、ジャマールの人生を切り開く



映画「スラムドッグ$ミリオネア」


「好きな人に会いたい」という理由で億万長者になれることもある


T2 トレインスポッティング」でジャンキーの現実を描いたダニー・ボイルは、この映画で「スラム街で暮らす少年たち」の現実を描いた。

ありがたいことに、日本ではこんな光景を目にすることはないが、海外へ行くと電車の中や路上で物乞いする子供たちに頻繁に出会う。

つい、私たちはその現実から目を背けようとしてしまう。



しかし、ダニー・ボイルはその現実を真正面から見据え、彼らを主人公にしたおとぎ話を描いた。



育ちが悪いからとか、いい学校へ通っていないからという理由で人生を諦めるのはもったいない。

自分の心に正直に、おもむくままに生きていれば、きっとチャンスは訪れる。

そのチャンスに向かって行動を起こすか起こさないかの違いである。



ジャマールのように「好きな人に会いたいから」という理由で、テレビに出たら億万長者になれる可能性だってある。



どんな人でも夢を見ることは自由である。

人間の可能性も無限大である。

いつかきっとチャンスが訪れる。

だから、もっと人生を楽しむべきだとラストシーンのダンスを見ながら思った。







↓ 人気ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします

映画 ブログランキングへ

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村





Amazonプライムで観る:「スラムドッグ$ミリオネア」 (字幕版)

スラムドッグ$ミリオネア (字幕版)

新品価格
¥400から
(2020/1/20 18:31時点)



DVDで観る「スラムドッグ$ミリオネア」

スラムドッグ$ミリオネア [Blu-ray]

新品価格
¥1,414から
(2020/1/20 18:31時点)



サウンドトラック「スラムドッグ$ミリオネア」

スラムドッグ$ミリオネア

新品価格
¥5,291から
(2017/5/12 16:51時点)












このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


クリント・イーストウッド主演・監督の映画「運び屋」を試写会で観た。

87歳の老人が麻薬の運び屋をしていたという報道記事を元に、麻薬の運び屋をする孤独な老人の姿を描いた作品。



映画「運び屋」


満足度 評価】:★★★★☆

驚きの実話を映画化。

クリント・イーストウッドが90歳の運び屋アールを通じて「人生で最も大切にすべきことは何か」をブラッドリー・クーパーに語る。

それは師匠から弟子への遺言のように聞こえ、だからこそ心に沁みて泣けてくる映画だった

目次

  1. 予告編
  2. 更新履歴・販売情報
  3. キャスト&スタッフ
     出演者
     監督
  4. あらすじ
  5. 感想


『運び屋』予告編 動画

(原題:The Mule)



更新履歴・公開、販売情報

・2019年2月20日 試写会にて鑑賞。

・2019年4月3日 感想を掲載。

・2019年12月29日 WOWOWでの放送に合わせて加筆・修正。

詳しい作品情報につきましては、下記公式サイトをご参照ください。
 ↓





キャスト&スタッフ


出演者

クリント・イーストウッド(兼 監督)


ローレンス・フィッシュバーン


〇ダイアン・ウィースト


〇イグナシオ・セリッチオ

〇アリソン・イーストウッド



製作・監督

クリント・イーストウッド
…(「ハドソン川の奇跡」、「アメリカン・スナイパー」、「ジャージーボーイズ」、「インビクタス/負けざる者たち」、「グラン・トリノ」、「硫黄島からの手紙」、「父親たちの星条旗」、「ブラッド・ワーク」など)


2018年製作 アメリカ映画




あらすじ

ゆり農家を営んでいたアール(クリント・イーストウッド)は、家族と過ごす時間よりも仕事を優先して生きてきたが、ネット通販の時代に乗れず、販売額がガタ落ちし、家は差し押さえられてしまう。

気付けば90歳になっていて、離婚した妻(ダイアン・ウィースト)や子供たちから見放されていた。

そんな生活に途方に暮れていたアールは、「荷物を運べば金を支払う」という仕事を持ち掛けられ、車の運転が得意だったアールは、荷物の中身が何か知らないまま、その話に乗ってしまうのだが…。



映画「運び屋」


感想(ネタばれあり)


この映画の感想につきましては、私が「ぴあ映画生活」に掲載したものをご紹介します。


運び屋 (2018)



★★★★ [80点]「90歳になって思うこととは」


沁みる映画だったー。

87歳の老人が一人で麻薬の運び屋をしていたという報道記事に着想を得て製作された作品。

映画では、90歳の主人公アールが「ただの老人」から「運び屋」になるまでが描かれている。



そのアールの姿を見て思う。

人は、90歳になった時、何を思うだろうか

クリント・イーストウッドからしたら若輩者の私が思うことは、ただの想像でしかない。



しかし、人は90歳になった時、それまでの人生を振り返り、自分が失敗したことを、若い世代にはさせたくないから
「こんなことをしてはいけないよ」と言って諭す
のではないかと思う。



では、今年、89歳になるクリント・イーストウッドが、この90歳になる運び屋の実話を題材に選んだのは何故だろうか。

クリントなりに、この運び屋アールの人生に共感することがあり、自分の人生と重ね合わせた上で「こんな老人になってはいけないよ」というメッセージを込めて製作したかったのではと思う。



そのメッセージを私たちに届ける役割を果たしているのが、ブラッドリー・クーパーだ。

クリントの弟子とも言われるブラッドリーと、クリントが共演している場面はどれも貴重なものであり、その中で、クリントは若者世代へのメッセージを込めたセリフをしゃべっている。



アールは、これまでどんな生活を送り、何を後悔し、若い世代に何を伝えたいのか

もっと具体的に言えば、彼は「人生で最も大切にすべきことは何か」を伝えたいのだ。

それは、アールだけのものでなく、クリント自身の言葉でもあるのだ。



私の心の中では素直に認めたくないけれど、クリントはアールという役柄を通じて、ブラッドリー・クーパー世代へ遺言を遺しているのだろうと思った

ブラッドリーは、クリントからの遺言を託される重要な役割を果たしているのだ。



世界中の人たちが、クリントにはもっと作品を作って欲しいと願っているけれど、もうすぐ90歳を迎える彼は、遺すべき言葉を選んでいるのだ。



そう思ったら、後半、この映画の中でクリントの放つ言葉の一つ一つが心に沁みて、切なくなり、映画が終わると涙が出てしまった。



惨めで、孤独な老人になりたくないと思ったら、どうすべきなのか

そのクリントからのメッセージをしっかりと受け止めたいと思った作品だった


Posted by pharmacy_toe on 2019/02/28 with ぴあ映画生活




Twitterでも、映画情報や海外ドラマの情報を発信しています~




Instagramでも映画のレビューを日々更新しています~






↓ 人気ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします

映画 ブログランキングへ

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村





Amazonプライムで観る:「運び屋」(字幕版)

運び屋(字幕版)

新品価格
¥399から
(2019/12/29 18:28時点)



DVDで観る:「運び屋」

運び屋 4K ULTRA HD&ブルーレイセット (2枚組) [Blu-ray]

新品価格
¥3,627から
(2019/12/29 18:28時点)












このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


ジェフ・ブリッジス主演の映画「最後の追跡」をNetflixで観た。

テキサスの田舎町で、ある兄弟が銀行強盗を起こす。

なぜ彼らは銀行強盗をしたのか。

そして、そんな彼らを追跡する引退間近のテキサスレンジャーの姿を描く。



映画「最後の追跡」



満足度 評価】:★★★★☆

‪面白かった!‬

テキサスの田舎町で銀行強盗をする兄弟。

貧しさは病であり、街に蔓延し、活気を失わせる‬。

だからこそ彼らは強盗をする‬。

その困窮っぷりに真実味があって、とても人ごととは思えず、強盗兄弟に同情してしまった‬。

目次

  1. 予告編
  2. 更新履歴・販売情報
  3. キャスト&スタッフ
     出演者
     監督
  4. あらすじ
  5. 感想


『最後の追跡』予告編 動画

(原題:Hell or High Water)



更新履歴・公開、販売情報

・2019年11月25日 Netflixにて鑑賞。

・2019年11月26日 感想を掲載。




キャスト&スタッフ


出演者

 

…(「ウインド・リバー」など)

監督

〇デヴィッド・マッケンジー


2016年製作 アメリカ映画




あらすじ


引退間近のテキサス・レンジャー マーカス(ジェフ・ブリッジス)の元へ銀行強盗の通報が入ってくる。

その犯人逮捕を最後の仕事にしようと、マーカスは捜査を開始する。

マーカスが追っている強盗犯は、トビー(クリス・パイン)とタナー(ベン・フォスター)のハワード兄弟だった。

元々強盗の前科があった兄タナーと、犯罪とは一切無縁の暮らしをしてきた真面目な弟トビーは、ある理由があって、地元テキサスにある銀行から金を盗んでいた。

マーカスは長年の経験を元に、勘で彼ら兄弟の行方を追い始める…。



映画「最後の追跡」ジェフ・ブリッジス



感想(ネタばれあり)


なぜ、彼らは強盗をしたのか


この映画の原題「Hell or High Water」という言葉には、「どんな困難な状況にあっても」という意味があるのだとか。

つまり、この映画は何としてでもお金が欲しかっtた兄弟が銀行強盗をする姿が描かれている。

そして、問題は「なぜ、彼らが強盗をするのか」という理由にあった。



そもそも、短気でやんちゃな兄タナーは、たびたび強盗を繰り返しては逮捕され、刑務所に入る生活を繰り返していた。

しかし、弟のトビーは、兄とは違い真面目な人で、犯罪とは無縁の暮らしをしてきた。



となると、一見、真面目な弟が兄に引きずり込まれたように見える。

しかし、そうではなかった。

この強盗計画を立てたのは弟だった。



それでは、なぜ、彼らは強盗をすることになったのか。

そこには「貧しさ」があった。



母を亡くしたばかりの彼らだが、両親は彼らに借金を残して亡くなってしまい、その返済期限があと数日というところまで迫っていた。

もしも、その返済期限を過ぎてしまうと担保にしていた土地を銀行に奪われてしまう



それだけではない。

その土地から石油が出ることが分かったのだ。



つまり、もしも、返済期限までに借金を返済できなかった場合、その土地の地下深くに眠っている石油も含めて銀行に奪われてしまう。

そして、その石油が出る土地をトビーは息子たちに譲ろうと考えた。

そのため、彼らはなんとしてでも銀行に土地を奪われることだけは避けたかったのだ。



何もなく、何代も貧しさが続くその土地で、トビーは負の連鎖を終わらせ、子供たちは不労所得で金の苦労なく裕福な生活を送らせよう。

そう思い、トビーは驚くべき借金返済計画を立てたのだ。



映画「最後の追跡」クリス・パイン



弟が立てた完璧な借金返済計画


その借金返済計画とは、「銀行からお金を奪い、再び銀行へお金を返す」というものだった。



なんとしてでも借金を返済したい彼らだったが、返済期限が迫る中、そんな大金を用意することはできない。

どうしようかと考えた末に思い浮かんだのが銀行強盗だったのだろう。



兄のタナーは銀行強盗のプロだからだ。

兄をうまく使えば、盗めるに違いないと考えた。

ただし、絶対に人を殺さないという約束の元で。



そして、「足がつかないように、銀行から帯のついていないバラの金だけを盗む」という強盗を数件繰り返す。

その後、その盗んだ金をカジノでチップに換え、その金を持ったまま数時間を過ごし、「ギャンブルで買った金」としてそのチップを換金をするのだ。

つまり、彼らは強盗した金をカジノでマネー・ロンダリングして、罪のない金にするのだ。



さらに、その金のうち借金返済分は小切手に変えてしまう。

そうして、段階を踏んで誰も追跡できない金に換えるのだ。

もしもの時のために、弁護士を間に入れるという用意周到ぶりで、弟の立てた計画は完璧だった。



映画「最後の追跡」ギル・バーミンガム



「貧しさ」とは、代々受け継がれ街に蔓延する「病」


そんな彼らを見て、「貧しさ」というのは「病だな」と思った



たとえば、両親が病気になって、高度な医療を受けさせようと思ったら、金が必要になる。

たとえば、息子に良い教育を受けさせたいと思ったら、金が必要になる。

銀行やサラ金は、そんな彼らに対して土地を担保に金を貸す。



もちろん、銀行も貸倒れされて回収できなくても困るので、土地を担保にし、返済期限を設定する。

そして、期日が来れば無情にも土地を奪っていくのだ。



この映画の舞台のような田舎町では、両親が作った借金を子供が受け継ぐということを何代も続けて行われており、銀行は町民たちから金を巻き上げ、貧しさは町民に広がっていく。

そして、貧しさという病が蔓延した町からは活気が失われていく



そんな彼らの貧しさは、とても他人ごととは思えなかった

いつ、彼らのような借金に追われる貧しい生活になるか、明日は我が身だと思った。

必死になって強盗をし、ドキドキしながら数時間をカジノで過ごすトビーの姿を身につまされる思いで見た。



トビーの場合、「両親から受け継いだ土地に石油が出た」という希望があったけれど、どこにも希望がない人たちは、どうしたらいいのか。

犯罪でもしなければ、その負の連鎖は止められないということではないのか。



映画「最後の追跡」ベン・フォスター



政治とは一体、誰のためのものなのか


アメリカでは低所得者に金を貸す「サブプライムローン」が失敗し、2008年にリーマン・ショックが起きる。

その貧しさを引きずっている姿を描いた作品に「フロリダ・プロジェクト」や「ドリームホーム 99%を操る男たち」がある。

この映画にも、それらの映画に共通する貧しさががあった。



貧しい人たちから土地を巻き上げる銀行の吸血鬼のようなあくどさには、本当に腹が立った。

最初から、銀行側は彼らには返せる能力がないと分かっていながら貸したのではないか



そして、トビーの家から石油が出ると分かると「ぜひ、うちの信託で金を管理させてください」と手のひら返しをする。

お金を貸すという商売上、それは仕方のないことなのかもしれないけれど、政策で貧困層にも金を貸すと決めた以上、政策で救済策を考えるべきなのだ。



そして、その貧しさはアメリカだけのものではない。

日本にも、貧しさから活気を失ってしまった田舎町はたくさんある。

その貧しさは明日は我が身だと思いながら観た



その負の連鎖を止めるには、この兄弟のように犯罪に手を染めるしかないのだろうか…。



一体、政治とは誰のためにあるものなのかと考えてしまった映画だった。





Twitterでも、映画情報や海外ドラマの情報を発信しています~




Instagramでも映画のレビューを日々更新しています~






↓ 人気ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします

映画 ブログランキングへ

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村














このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


アンソニー・ホプキンス主演の映画「アトランティスのこころ」をU-NEXT で観た。

シングルマザーと二人暮らしの少年が、彼らの家に下宿している不思議な力を持った老人と友情を育んでいく物語。




映画「アトランティスのこころ」



満足度 評価】:★★★★☆

父を亡くし、仕事に忙しい母に構ってもらえず、寂しい思いをしている少年の前に現れたのは不思議な力を持った老人。

二人の間には出会うべくして出会った運命があり、寂しい少年を救う物語に原作者キングの優しさを感じた。

目次

  1. 予告編
  2. 更新履歴・販売情報
  3. キャスト&スタッフ
     出演者
     監督
  4. あらすじ
  5. 感想


『アトランティスのこころ』予告編 動画

(原題:Hearts in Atlantis)



更新履歴・公開、販売情報

・2019年10月24日 U-NEXT にて鑑賞。

・2019年11月4日 感想を掲載。

現在、DVD、ネット配信、共に販売中。



Amazonプライムで観る:「アトランティスのこころ」(字幕版)

アトランティスのこころ (字幕版)

新品価格
¥199から
(2019/11/4 15:10時点)



DVDで観る:「アトランティスのこころ」

アトランティスのこころ 特別版 [DVD]

新品価格
¥725から
(2019/11/4 15:11時点)



オリジナルサウンドトラック「アトランティスのこころ」

アトランティスのこころ ― オリジナル・サウンドトラック

新品価格
¥699から
(2019/11/4 15:12時点)





キャスト&スタッフ


出演者

アンソニー・ホプキンス





監督

スコット・ヒックス
…(「シャイン」など)


2001年製作 アメリカ映画




あらすじ


50歳の写真家ボビー(デヴィッド・モース)は、少年時代の友人を訃報を聞き、11歳の夏を回想する。

その当時、幼い頃に父を亡くしたボビー(アントン・イェルチン)は、母(ホープ・デイヴィス)と二人暮らしだった。

母は、自分を着飾ることにお金をかけても、ボビーを構うことは一切なかった。

そんな二人が暮らす家の二階にテッド(アンソニー・ホプキンス)が下宿することになった。

ボビーは知識が豊富なテッドとすぐに親しくなり、友情を育むようになる。

そして、テッドには予知能力があり、そのせいで政府から追われていることを知るのだが…。



映画「アトランティスのこころ」アントン・イェルチン



感想(ネタばれあり)


寂しい思いをしながら暮らしている少年へのプレゼント


幼い頃に父親を亡くし、生活費を稼ぐのに一生懸命な母と二人暮らしの少年ボビー。

そんな、寂しい思いをしているボビーと、不思議な力を持った老人テッドの歳の差を越えた友情を描いた作品だった。




スティーヴン・キング原作というと、「シャイニング」「IT」「ミザリー」のようなホラー映画と、「ショーシャンクの空に」や「スタンド・バイ・ミー」、「グリーン・マイル」のようなハートウォーミングな作品がある。

この「アトランティスのこころ」は、後者のハートウォーミングなタイプだ。



主人公のボビーはシングルマザーの家庭に育ち、その母はボビーのことよりも、自分の生活に一生懸命で、ボビーは寂しい思いをしながら暮らしている。

キングは、「IT」や「スタンド・バイ・ミー」のように、いじめられっ子や、家庭に問題を抱えた子供たちを主役にすることが多い。

そこには、辛い思いや、寂しい思いをして暮らしている子供たちへの「君はそのままでも大丈夫だよ」というメッセージを感じる。



この映画では、たとえ構ってくれなくても、反抗することなく、母を助けて健気に生きているボビーの前にテッドが現れる。

ボビーはテッドと出会うことで、父親がいない寂しさから救われていく

それは、「テッドが優しい子だから、神様がプレゼントを贈ってくれた」ようにも見える。



つまり、ボビーは、辛い思いをしながら生活している子供たちに対して「真面目に生きていればきっといいことがある」という希望に見える。

そして、そんな日々も、大人になれば美しい思い出になると。



ホラーで人々を怖がらせながらも、そういった人への優しさも忘れないところに、キングが世界中から愛される理由があるのではないかと思う。

この映画も、そんな世界の片隅にいる人たちへの優しさと希望に溢れた映画だった。



映画「アトランティスのこころ」テッド



テッドとの出会いがボビーを成長させる


思春期の男の子にとって、父親はとても必要な存在だ。

なぜなら、母親には思春期の男の子の頭の中のことなど、想像もつかないからだ。



そんな思春期にさしかかったボビーに元に現れたのがテッドだった。



テッドは知識が豊富で、まるで百科事典のような人だけれど、それだけでなく、彼はボビーの初恋の相談にものってくれる。

それに、初めて好きになった女の子キャロルに、どうやってアプローチしたらいいのかまで教えてくれる。



そして、そんなテッドが政府から追われている身だと知った時、ボビーはテッドを守りたいと思うようになる。



それまで、自信がなく、自ら前に出ることがなかったボビーが、女の子にキスをして、キャロルが上級生から酷い目に遭わされると仕返しをし、友達のテッドが窮地に追い込まれると助けようと奔走する。

ボビーはテッドと出会ったことで、彼から勇気をもらい、今まで知らなかった世界を知り、強くなる。




そんなテッドは、ボビーにとって父であり、祖父であり、教師であり、友人なのだ。

そして、11歳の夏、ボビーはテッドと出会って大人への階段を上がったのだ。

そもそも、未来が読めるテッドは、そんなボビーを助けるために、彼らの家を選んだに違いない



映画「アトランティスのこころ」アンソニー・ホプキンス



ママは本当に悪者だったのか


そして、テッドは、ボビーだけではなく、ママも救いたかったに違いないと思った。



ママはボビーや、近所の人たちから「子供のことに構わず、自分ばかり着飾っている」と言われていたが、彼女は本当に悪者だったのだろうか。

私は、そんなママの気持ちが分かる気がした。



この時代は冷戦時代の真っただ中。

恐らく、1960年代から70年代だと思われるけれど、その当時、女性たちが一人で子供を育てることは、相当、大変だったはずだ。



周りの人たちは「ボビーのお父さんはとても良い人だった」と言うけれど、バーの店員の話からギャンブルをしていたのは間違いない。

となると、ママが「パパはお金を残さずに死んでしまった。」と言っていたのは恐らく本当のことで、それには、誰だって、文句の一つも言いたくなってしまう。



そして「ママはいつもキレイな服を着て着飾って」ということが批判の的になっていたけれど、その当時「女らしさ」で上司に気に入られなければ、お金を稼げない人もいたのだ。

ママにとっては、いつもキレイにしていることが、彼女の生きる道だったのだ。



手に職があるわけでもない彼女は、それはそれで必死だったし、生活は大変で、彼女なりに不幸だったんだろうと思う。

不幸だからこそ、つい息子に愚痴をこぼしてしまうんだし、嫌な上司でも我慢して出張について行ったのだ。



結局、そんな嫌いな男について行くところをテッドに指摘されてしまうのだけど、悪いのは、そんなシングルマザーの足元を見ている最低な上司であって、ママではない

そんな彼女を見ていると、当時の女性たちの大変さをひしひしと感じて胸が痛くなる



その後、ママは引っ越しを決意することになるが、それもテッドとの出会いがあったからだろう。

そうなることをテッドは分かっていて、あの家に引っ越してきたはずだと思う。



映画「アトランティスのこころ」ホープ・デイヴィス



人は人と出会い、世界を広げていく



ボビーとママにとって、テッドとの出会いは、彼らの大変な生活を救うことになった。



しかし、長い間、FBIから逃亡する生活をして、家族のいないテッドにとっても、彼ら家族と過ごした夏は幸せな日々だったに違いない。

追手が迫っているのを感じながら、もう逃げきれないと思ったからこそ、テッドはボビーと過ごすことを選んだのはではないか。



きっとボビーなら、テッドとの日々をいつまでも覚えていてくれると信じて

年老いたテッドにとって、「誰かの記憶に残ること」はとても大切なことだからだ。




ボビーにとって、そんなテッドはそれ以上の存在となった。

テッドを忘れるどころか、彼は「この人に出会っていなかったら、全く違う人生になっていただろう」と思える人だった。



そんな人に出 会えるということはとても幸せなことだ。

けれど、人は日々過ごしていく中で「全く違う人生」というほどではなくても、人との出会いによって新しい世界を知ることはよくある

そうやって、出会いを重ねていくことで、私たちは成長し、自分の世界を広げていくのだ。



そんな「人との出会い」の大切さ、まさに一期一会を感じた作品だった。

彼らのピュアな友情に心が洗われる、心が荒んだ時に観たい作品だ。


見逃しちゃった?でも大丈夫!映画「アトランティスのこころ」は、現在U-NEXT で配信中


本ページの情報は2019年11月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。



Twitterでも、映画情報や海外ドラマの情報を発信しています~




Instagramでも映画のレビューを日々更新しています~








↓ 人気ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします

映画 ブログランキングへ

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村
















このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


ダコタ・ファニング主演の映画「500ページの夢の束」を試写会で観た。

自閉症の女性ウェンディの冒険と成長を描いたハートウォーミングストーリー。


映画「500ページの夢の束」

満足度 評価】:★★★★☆

自閉症のウェンディの冒険と成長を描いた心温まる素敵な話だった。

人生には困難がつきものだけど最後まで諦めてはいけないと、ウェンディはスタートレックから学び、実践する。

私はその諦めない力をウェンディから教えられた

目次

  1. 予告編
  2. 更新履歴・販売情報
  3. キャスト&スタッフ
     出演者
     監督
  4. あらすじ
  5. 感想


『500ページの夢の束』予告編 動画

(原題:Please Stand By)



更新履歴・公開、販売情報

・2018年8月26日 試写会にて鑑賞。

・2018年9月26日 感想を掲載。

・2019年10月28日 WOWOWでの放送に合わせて加筆・修正。

現在、ネット配信、DVD共に販売中。詳しい作品情報につきましては、下記公式サイトをご参照ください。
 ↓



Amazonプライムで観る:「500ページの夢の束」(字幕版)

500ページの夢の束(字幕版)

新品価格
¥2,500から
(2019/10/28 17:01時点)



DVDで観る:「500ページの夢の束」

500ページの夢の束 [DVD]

新品価格
¥3,251から
(2019/10/28 17:03時点)





キャスト&スタッフ


出演者

ダコタ・ファニング


〇アリス・イヴ

〇リヴァー・アレクサンダー


〇ジェシカ・ロース

〇マーラ・ギブズ

〇ジェイコブ・ワイソッキ

〇パットン・オズワルド

〇ロビン・ワイガート


監督

〇ベン・リューイン


2017年製作 アメリカ映画




あらすじ

自閉症のウェンディ(ダコタ・ファニング)は、「スター・トレック」が大好き。

自分なりのストーリーを考えて、脚本を書くほど好き。

ある時、その「スター・トレック」の脚本コンテストが行われることを知るが、郵便局に出しても締め切りに間に合わないことを知る。

コンテストに参加するには、ハリウッドにあるパラマウントピクチャーズへ直接届けるしかない!

そのため、ウェンディは大切な脚本を持ち、愛犬ピートを連れて長距離バスに乗るのだが…。



映画「500ページの夢の束」



感想


この映画の感想につきましては、私が「ぴあ映画生活」に掲載したものをご紹介します。


500ページの夢の束 (2017)


★★★★ [80点]「常に心はエンタープライズ号と共に!」

ステキな映画だった~

すごく優しくて温かくて繊細な作品だった。

こういう映画すごく好き。



自閉症のウェンディ(ダコタ・ファニング)は、施設で暮らしている。

「スター・トレック」が大好きで、脚本コンテストに応募するために、500ページの脚本を書き上げた。

しかし、郵送では締め切りに間に合わないことに気付き、愛犬ピートを連れてパラマウントピクチャースタジオに脚本を持って行くことに…。



これは、自閉症のウェンディの冒険と成長を描いた心温まる作品だった。

私たちが当たり前にできることも、彼女にとっては恐怖であり、大変な勇気のいることもある。

そんな彼女の勇気ある冒険を観ていると、私たちの身の回りで起きていることが、どれだけ驚きと喜びに満ちたことなのかと思わされる。

電車やバスに乗って、行きたいところに行くということさえ、当たり前にできない人もいるのだ。



信号を渡ることさえ難しいウェンディの冒険は、「スター・トレック」の冒険と同じく、決して順風満帆ではなかった

けれど、スタトレオタクの彼女は、カーク船長とスポックから「冒険には困難がつきもの。最後まで諦めない」という強い気持ちを学んでいる

だからこそ、目の前にある困難に立ち向かっていけるのだ



その、ウェンディの気持ちには、映画ファンだからこそ、すごく共感できた

私も辛い時は「こんな時、きっとあのキャラだったら、こう乗り越えるはず」とか、「この気持ちは、まるであのキャラみたい」と、思い浮かべて乗り越えることがよくあるからだ。



それだけじゃない。

大好きな「スター・トレック」のためなら、どんなことでもできるし、同じ気持ちを共有できる人とは、すぐに友達になれる

そんなところも、すごく共感できた。



そういうオタク魂をくすぐるところも、この映画のステキなところだった。

原題の「Please Stand By」とは、「スタートレック」でおなじみのセリフだけれど、ウェンディにとっては、困難にぶつかって、自分を見失ってしまった時に落ち着くためのおまじないのようなもの。



これは良いなと思った。

私にも、八方塞がりになって混乱してしまうことがあるけれど、そんな時はウェンディのようにおまじないを決めておいたら良いのかも。

深呼吸をして、おまじないを唱えたら何か良いアイデアが思いつくかもしれない。



そうして困難を乗り越えた時には、また一歩成長するのだ。

さて、ウェンディの脚本コンテストがどうなったかは、映画を観て確認してもらうとして、あまりにも、自然に自閉症のウェンディになっていたダコタ・ファニングはやっぱり天才だったと再認識した



周りの人たちが「お前にできるはずがない」と、頭ごなしに決めつける権利は何一つない

私たちの能力は無限大であり、自分で行きたいように生きる権利があるし、誰もそれを止めることはできない

一つずつ困難を乗り越えて、成長していくのだ



Posted by pharmacy_toe on 2018/08/28 with ぴあ映画生活





Twitterでも、映画情報や海外ドラマの情報を発信しています~




Instagramでも映画のレビューを日々更新しています~






↓ 人気ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします

映画 ブログランキングへ

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村





Amazonプライムで観る:「500ページの夢の束」(字幕版)

500ページの夢の束(字幕版)

新品価格
¥2,500から
(2019/10/28 17:01時点)



DVDで観る:「500ページの夢の束」

500ページの夢の束 [DVD]

新品価格
¥3,251から
(2019/10/28 17:03時点)


















このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


マット・デイモン主演、リドリー・スコット監督の映画「オデッセイ」を映画館で観た。

火星にたった一人取り残されてしまった宇宙飛行士が、なんとか地球へ帰ろうとする話。


オデッセイ



満足度 評価】:★★★★☆

本当に素晴らしい映画で、笑ったり泣いたり忙しかった!!

目次

  1. 予告編
  2. 更新履歴・販売情報
  3. キャスト&スタッフ
     出演者
     監督
  4. あらすじ
  5. 感想


「オデッセイ」予告編 動画

(原題:The Martian)



更新履歴・公開、販売情報

・2016年3月2日 映画館で観た感想を掲載。

・2019年10月14日 NHK BS プレミアムでの放送に合わせて加筆・修正。

現在、DVD、ネット配信、共に販売中。


見逃しちゃった?でも大丈夫!映画「オデッセイ」は、現在U-NEXT で配信中

本ページの情報は2019年10月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

Amazonプライムで観る:「オデッセイ」(字幕版)

オデッセイ(字幕版)

新品価格
¥199から
(2019/10/14 20:38時点)



DVDで観る:「オデッセイ」

オデッセイ [AmazonDVDコレクション] [Blu-ray]

新品価格
¥950から
(2019/10/14 20:40時点)



 ↓「音楽の趣味が最低」の隊長が選んだ宇宙に持って行きたい音楽はこちら

Songs from The Martian

新品価格
¥1,600から
(2019/10/14 20:44時点)



原作本「火星の人」(上)

火星の人〔新版〕(上) (ハヤカワ文庫SF)

新品価格
¥704から
(2019/10/14 20:45時点)



原作「火星の人」(下)

火星の人〔新版〕(下) (ハヤカワ文庫SF)

新品価格
¥704から
(2019/10/14 20:46時点)






キャスト&スタッフ


出演者

マット・デイモン

 
クリステン・ウィグ
…(「ゴーストバスターズ」、「ローラーガールズ・ダイアリー」、「LIFE!」、「宇宙人ポール」など)




…(ドラマシリーズ「ハウス・オブ・カード 野望の階段」など)




監督

リドリー・スコット
…(「エイリアン:コヴェナント」、「オデッセイ」、「ワールド・オブ・ライズ」、「キングダム・オブ・ヘブン」、「ブレードランナー」、<製作総指揮>ドラマシリーズ「グッド・ワイフ 彼女の評決」など)


2015年製作 アメリカ映画





あらすじ


宇宙飛行士のワトニー(マット・デイモン)は、火星探索の任務中、嵐に遭遇、事故に遭い居場所も分からず、酸素レベルも低下してしまう。

他のクルーたちは、彼は助からないと判断し、火星から脱出してしまう。

しかし、ワトニーは奇跡的に一命をとりとめるが、残された食料は30日分しかなく、通信手段も途絶え、次の火星探索が4年後だという現実を知る…。





感想(ネタバレあり)


火星にひとりぼっちでも寂しくないのは音楽のおかげ!


この映画は、本当に面白かった!!

火星にひとりぼっち残されたワトニーの言動に笑ったり泣いたり笑ったり。



「何もない火星にひとりぼっち。地球に帰れる可能性はほんのわずか」と聞くと、悲しい気分になってくる。

しかし!70年代~80年代ダンスミュージックをBGMに観ていると、なぜか、観ているこちらが前向きな気分になってくる(笑)



もしもこのBGMが北島三郎的な演歌だったら、地球を思って切なくなって号泣するに違いない(笑)

音楽の力って本当にすごい。



映画「オデッセイ」



立ち止まって悩むより、行動して解決する。ワトニーのポジティブマインド


さ らにすごいのは、主人公ワトニーのポジティブマインド。

彼の言動はどれも素晴らしい。

その中でもすごく共感したのは、「悩んでる暇があったら行動せよ」という、その行動力



主人公のワトニーは、ある時突然火星にひとり取り残されてしまう。

もし、私がそうなったらと想像してみる。

きっと、やることがなくて「どうしよう・・・」と思って呆然としたまま時間が過ぎていくに違いない。



しかし、ワトニーは違う。

腕を組んで眉間にしわを寄せて悩んだりしない。

まずは「行動する」



食料が無ければ「ジャガイモを育てる」ことを考え、実際に植えてみる。

火星の砂では育たないかもしれないのに、失敗することは考えず、うまくいく方法(排泄物を肥料にする)を考える。



通信手段がなければ、「あの辺に昔使った通信機器があったはず」と思い、そこへ行ってみる。

もしかしたら無いかもしれないし、あっても壊れているかもしれないのに、きっとうまくいくと信じて行動する。

この行動力にすごく共感したし、真似したい!と思った。




映画「オデッセイ」



火星にひとりぼっち。困難の乗り越え方。ワトニーの場合


とても個人的な話になるけど、私は2016年2月に簿記検定2級の検定試験にチャレンジしていた。

検定試験では会社での会計処理の仕方について、数字やシチュエーションが与えられ、どのように処理をするか答えるのが主な内容。

検定試験直前は、ひたすら過去問やら、練習問題を解く日々だった。



中には、「ん??この問題は、どうやって解いたら良いんだろう」という問題に出会う。

そんな時、腕を組んで文章を読んでいても、ひらめきは降りてこない。

そういう時は、計算用紙に問題の内容を絵や数式にして書き出していくと、いつの間にか答えが導かれていく。



この映画中で、ワトニーが今まで過ごした日数を書き出したり、問題にぶつかるとまず行動する姿を見て、その難しい試験問題にぶち当たった時の自分を思い出した。



とても不思議なことに、すごーーーーーーく遠く離れた火星でワトニーがしている行動には、「私たちが日常生活で困難にぶち当たった時に、どうやって乗り超えていくか」のヒントがある。



まずは行動してみるとか、書き出してみるとか、成功も失敗もアウトプットして残すとか。

自己啓発本を1冊読むぐらいの生活のアドバイスがここにはあると思った。



映画「オデッセイ」



アカデミー賞主演男優賞にノミネート マットデイモン、男前な隊長 ジェシカ・チャステイン、史上最高に明るくて楽しい映画 リドリー・スコット監督


とにかく前向きで明るいワトニーを演じるのは、マット・デイモン

この映画でアカデミー賞主演男優賞にノミネートされた。

初めのうちは、胸板の扱った男も、日々ジャガイモだけの生活で最後にはガリガリに。



それでも、一切の悲壮感が無いのは、マット・デイモンの演技力。

悲壮感どころか、思わず爆笑してしまうシーンがいろいろあって、中でも、水を作ろうとして、酸素と水素を燃やした時に火力が強すぎて、爆発しちゃってドリフのコントみたいに煙がモクモクになってるワトニーが大好きだった。



もちろん、火星ひとりぼっちと言っても、地上クルーや、彼を助けに行くクルーたちもいる。

中でも一番印象に残っているのは、「音楽の趣味が最低」の隊長(笑)

演じているジェシカ・チャステインがすごく凛々しくて良かった!

隊長がいなかったら、ワトニーは地球へ帰れなかったよ!



監督はリドリー・スコット

私的には、リドスコ史上最高に明るくて前向きで楽しい映画だったと思う。

弟のトニー・スコットを自殺という悲しい事故で亡くされた後、深い悲しみを乗り超えた末に、「たとえ地球から遠く離れた場所にあっても、今ある命を大切にする」という思いを持ったのかなと思った。



映画「オデッセイ」



ツライ時に思い出したい アイアンマンのポーズ


この映画の中でいつまでも心に残るのは、ワトニーのアイアンマンのポーズ。

「隊長!僕はアイアンマンになります!!」

と言ったワトニーが、命がけでスーツの空気を抜いてアイアンマンのポーズをした時、とてもハラハラドキドキするシリアスなシーンだったのに、その姿に笑ってしまった。



これからは辛いことがあった時、あのアイアンマンのポーズを思いだせば乗り越えらる。

それぐらい、印象的なシーンだった。

それは、この映画全体の印象にもリンクしていて、だから、あのシーンは、この映画を象徴していると思う。



酸素ボンベが無くても普通に生きられる毎日がありがたく、地面に生えている雑草さえも愛おしく思う。

そう思えるような日々を過ごしたい。

本当に素晴らしい映画だった。



そして、この曲を聴きながら泣いた。

David Bowie Starman





見逃しちゃった?でも大丈夫!映画「オデッセイ」は、現在U-NEXT で配信中


本ページの情報は2019年10月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。



Twitterでも、映画情報や海外ドラマの情報を発信しています~




Instagramでも映画のレビューを日々更新しています~






↓ 人気ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします

映画 ブログランキングへ

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村



Amazonプライムで観る:「オデッセイ」(字幕版)

オデッセイ(字幕版)

新品価格
¥199から
(2019/10/14 20:38時点)



DVDで観る:「オデッセイ」

オデッセイ [AmazonDVDコレクション] [Blu-ray]

新品価格
¥950から
(2019/10/14 20:40時点)



 ↓「音楽の趣味が最低」の隊長が選んだ宇宙に持って行きたい音楽はこちら

Songs from The Martian

新品価格
¥1,600から
(2019/10/14 20:44時点)



原作本「火星の人」(上)

火星の人〔新版〕(上) (ハヤカワ文庫SF)

新品価格
¥704から
(2019/10/14 20:45時点)



原作「火星の人」(下)

火星の人〔新版〕(下) (ハヤカワ文庫SF)

新品価格
¥704から
(2019/10/14 20:46時点)














このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


ヒラリー・スワンク主演の映画「サヨナラの代わりに」をU-NEXT で観た。

ALSを発症してしまったピアニストのケイトと、彼女を介護することになった大学生ベックの心の交流を描く。


満足度 評価】:★★★★☆

病気を描いているけど、泣かせようとせず、重くもなく軽く観られるのが良い‬。‪

互いに正反対の人と出会い、共に過ごすうちに、自分らしさを取り戻していく‬。

飾ることなく自分らしく付き合える相手って大切!と思った‬

目次

  1. 予告編
  2. 更新履歴・販売情報
  3. キャスト&スタッフ
     出演者
     監督
  4. あらすじ
  5. 感想


『サヨナラの代わりに』予告編 動画

(原題:You're Not You)



更新履歴・公開、販売情報

・2019年9月3日 U-NEXT にて鑑賞

・2019年9月20日 感想を掲載。

現在、DVD、ネット配信、共に販売中。



見逃しちゃった?でも大丈夫!映画「サヨナラの代わりに」は、現在U-NEXT で配信中

本ページの情報は2019年9月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

Amazon プライムで観る:「サヨナラの代わりに」(字幕版)

サヨナラの代わりに(字幕版)

新品価格
¥400から
(2019/9/20 16:15時点)



DVDで観る:「サヨナラの代わりに」

サヨナラの代わりに [Blu-ray]

新品価格
¥3,980から
(2019/9/20 16:24時点)





キャスト&スタッフ


出演者


…(「スノー・ロワイヤル」など)

〇ジョシュ・デュアメル
…(「ニューイヤーズ・イブ」など)

〇ロレッタ・デヴァイン


〇フランシス・フィッシャー

〇ジェイソン・リッター



監督

ジョージ・C・ウルフ
…(「最後の初恋」など)


2014年製作 アメリカ映画



映画「サヨナラの代わりに」



あらすじ


ピアニストのケイト(ヒラリー・スワンク)は、ある日突然、ALS(筋萎縮性側索硬化症)を発症してしまう。

発症から1年半後、車椅子生活を余儀なくされたケイトは、介護人が必要な生活になるが、夫のエヴァン(ジョシュ・デュアメル)が選んだ相手とは相性が悪く長続きしない。

そこで、ケイトは自分で面接をしたのだが、彼女が選んだ女子大学生のベック(エミー・ロッサム)は、二日酔いで平気でやって来るのようなだらしない女性であり、エヴァンは猛反対する。

しかし、それでもケイトはベックを雇い続け、やがて、ケイトとベックの間に友情が芽生えるようになっていく…。



映画「サヨナラの代わりに」ジョシュ・デュアメル




感想(ネタばれあり)


対照的なふたりの女性版「最強のふたり」


ALS(筋萎縮性側索硬化症)を発症してしまった元ピアニストのケイトは、几帳面で真面目な性格の女性だ。

そんなケイトの介護をすることになったのが、女子大学生のベックだ。

ベックはケイトと対照的に、自堕落な生活を送り、面接の時間にも遅刻し、二日酔いの状態でケイトの前に現れような女性だ



そんな対照的な二人の心の交流を描くこの作品は、まるでアメリカ版「最強のふたり」のような映画だった。



しかし、この映画のケイトは、身体が麻痺していて、車椅子生活をしているところは「最強のふたり」と同じだが、彼女は病気で余命宣告を受けているところが「最強のふたり」と違っている。

つまり、ケイトは、近いうちに命の終わりがくること知っているところが、大きく違っている。



そして、自堕落な生活を送り、見るからにアバズレなベックは、そんな余命わずかなケイトと生活を共にすることで、様々なことを学び、それまで見失っていた自分を取り戻していく。



映画「サヨナラの代わりに」エミー・ロッサム



そばにいて欲しいのは自然体でいられる相手


では、なぜ、ケイトは自分とは正反対で、いかにも気が合わなそうなベックを選んだのだろうか。



それまで、裕福な家庭で暮らし、余命わずかなケイトは、まるで腫れ物に触るかのような箱入りの扱いを受けてきた。

それは、夫のエヴァンがケイトのことを心配し、彼が側にいられない間も、専門家による最高級のサービスを受けられるようにと考えたからだった。



けれど、ケイト本人が望んでいたのは、もっと人間らしい扱いだった

もっと気を遣わずに、自然体でいられる相手にそばにいて欲しかったのだ。



だから、面接時間でさえ遅刻してくるような人の方が、気軽に付き合えると思ったのだろう。

大切に、大切に扱われると疲れてしまうんだろうと思う。



そのケイトの気持ちはとてもよく分かる。

勝手なことを言っているかもしれないけれど、できれば放っておいて欲しいのだ。



ピアニストとして成功していた彼女は、それなりにプライドも高かっただろうと思う。

必要な時は手を貸して欲しいけれど、いつもそばにいられると息がつまってしまうのだ。



ベックのような人だったら、ほったらかしにされるかもしれず、それが、ケイトとしては都合が良かったのだと思う。

つまり、ケイトは「仕事ができない介護人」かつ、「自分を腫れ物扱いしない人」が欲しかったのだ。



ところが、予想外にベックと気が合って、二人の間に友情が芽生えていくようになっていく。



映画「サヨナラの代わりに」ヒラリー・スワンク



本当の自分らしさはどこにあるのか…


そして、ケイトはベックと付き合っていくうちに、ベックもそれなりに裕福な家庭で育ったことを知る。

もともと自堕落な生活をしていたわけではなく、裕福な家庭で育ったのだが、彼女には歌手になりたいという夢があった。

その夢のため、過干渉な親元を離れ、親からの支援も断り、自分で稼いで生活していたのだ。



けれど、ステージにあがると緊張して声が出ないという致命的な欠点があり、歌手として全く芽が出ず、そのストレスから自堕落な生活を送ってしまうのだ。



そんな時にベックが出会ったのが、ケイトだった。

ケイトもまた、過干渉な親とうまくいかないという家庭環境があった。

初めからお互いに家庭環境を暴露し合ったわけではないけれど、背景に共通する部分があったから気が合ったのだろうと思う。



ケイトはベックの気持ちがわかるからこそ、「自堕落なベックは本当のベックでない」と思い、「本当のベック」と付き合うようになる

そうして、ベックはケイトの影響を受けて「自分らしさ」を取り戻し、互いに気を遣わずにいられる存在になっていく



そんな「腹を割った」二人の間柄だからこそ、ケイトは最後の決断をベックに任せるのだ。

そして、ベックはケイトから「生きている時間の大切さ」を教えられ、再び歌手になる夢を追い始める。



映画「サヨナラの代わりに」ヒラリーとエミー



呼吸器をつけた生活の素晴らしさを描いて欲しかった



ただ、私としては、ケイトには延命措置を受けて欲しかった

人口呼吸で生きていくことが辛いという気持ちはよく分かる。



けれど、ホーキング博士がそうであったように、言葉が話せなくても、会話をする手段はたくさんある。

先ほども言った通り、ピアニストとして成功しているケイトはプライドが高いのもあるでしょう。

それでも、呼吸器をつけて生きていくことの素晴らしさを、私は映画で描いて欲しいと思った



以前は延命措置をすることにそれ程思い入れはなかったのだけど、ドキュメンタリー映画の「ギフト 僕がきみに残せるもの」を見て以来、そう思うようになった。

最近では、「ブレス しあわせの呼吸」という映画もある。



「呼吸器をつける生活をするぐらいなら死んだほうがまし」という考え方ではなく、「呼吸器をつけたことで世界が広がった」という考え方をする人が増えれば良いなと個人的に思うようになった。

映画で描くことで、そういうポジティブな考え方がもっと普及すると良いなぁと思っている。

だから、この映画でも、最後には呼吸器をつけて欲しかったのだ。



そこは、個人的にとても残念なところだったけれど、ケイトとベックの心の交流には心が温かくなるし、飾らない自分でいられる相手の存在っていいなと思える映画だった。


見逃しちゃった?でも大丈夫!映画「サヨナラの代わりに」は、現在U-NEXT で配信中


本ページの情報は2019年9月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。




Twitterでも、映画情報や海外ドラマの情報を発信しています~




Instagramでも映画のレビューを日々更新しています~






↓ 人気ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします

映画 ブログランキングへ

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村





Amazon プライムで観る:「サヨナラの代わりに」(字幕版)

サヨナラの代わりに(字幕版)

新品価格
¥400から
(2019/9/20 16:15時点)



DVDで観る:「サヨナラの代わりに」

サヨナラの代わりに [Blu-ray]

新品価格
¥3,980から
(2019/9/20 16:24時点)


















このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


篠原涼子主演の映画「人魚の眠る家」を試写会で観た。

事故で意識不明の昏睡状態なってしまった娘を巡るサスペンス映画。


満足度 評価】:★★★★☆

もしもある日突然、娘が「脳死です」と医者に言われてしまったら。

心臓は動いているに二度と目覚めないなんて信じられない。

その母の時には恐ろしくさえある生への執着心にグッと引き込まれ、後半は家族の思いに涙が止まらなかった。

目次

  1. 予告編
  2. 更新履歴・販売情報
  3. キャスト&スタッフ
     出演者
     監督
  4. あらすじ
  5. 感想


『人魚の眠る家』予告編 動画




更新履歴・公開、販売情報

・2018年10月1日 試写会にて鑑賞。

・2018年10月18日 感想を掲載。

・2019年9月14日 WOWOWでの放送に合わせて加筆・修正。

現在、ネット配信、DVD共に販売中。詳しい作品情報につきましては、下記公式サイトをご参照ください。
 ↓


見逃しちゃった?でも大丈夫!映画「人魚の眠る家」は、現在U-NEXT で配信中

本ページの情報は2019年9月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

AmazonPrimeで観る:「人魚の眠る家」

人魚の眠る家



DVDで観る:「人魚の眠る家」

人魚の眠る家 豪華版(初回限定生産) [Blu-ray]

新品価格
¥5,558から
(2019/9/14 16:03時点)



原作本「人魚の眠る家」

人魚の眠る家 (幻冬舎文庫)

新品価格
¥788から
(2018/10/18 16:16時点)






キャスト&スタッフ


出演者


…(「女が眠る時」など)

〇坂口健太郎

…(「亜人」など)

〇山口紗弥加

…(「デイアンドナイト」、「ビリギャル」など)

〇田中泯

〇松坂慶子

監督

…(「天空の蜂」など)


2018年製作 日本映画



人魚の眠る家




あらすじ

離婚寸前の夫婦、播磨薫子(篠原涼子)と、播磨和昌(西島秀俊)の間には、来年から小学校に通う娘の瑞穂と、一つ下の弟 生人がいる。

二人が小学校のお受験が終わるまで、離婚はしないでおこうと決めていた二人だが、育児は薫子がしていた。

夏休みのある日、瑞穂と生人を母 千鶴子(松坂慶子)と妹の美晴(山口紗弥加)に預け、美晴の娘 若葉と共に子供たちはプールへ。

しかし、そのプールで瑞穂は事故に遭ってしまい、昏睡状態となってしまう。

病院に運ばれた瑞穂だったが、担当医(田中哲司)から「娘さんは脳死の可能性が高い。脳死判定を受けて、脳死だと診断されたら臓器を提供してもらえませんか…」と相談され…。



人魚の眠る家2




感想(ネタばれあり)


もしも、家族が脳死かもしれない…と言われたら


この映画は、人間の命と魂について考えさせられる映画だった。



二児の母 薫子(篠原涼子)は、娘の瑞穂が事故に遭い、医者から「脳死かもしれない」と言われてしまう。

そして、医者から「脳死判定をして臓器を提供する」ことを勧められる。

瑞穂のおかげで、助かる命がたくさんあるからと。



この映画の中では、夫・和昌(西島秀俊)の同級生の息子が心臓病で、移植手術のためにアメリカへ行く資金を集めるの募金活動をする姿が描かれている。

身近にそういう人がいると、臓器を提供した方が良いのでは…と考えてしまう。



もしも、自分の家族が「脳死かもしれない」と言われたら、どう思うだろうか

「はい。わかりました」と言って、臓器の提供などできるだろうか。



しかも、この映画の瑞穂は、まだ小学校にも行っていない幼さで、人生がこれから始まる子だ。

心臓は動いているし、身体も温かい。

「いつか目が覚めるんじゃないか」と思い、その「いつか」に希望を抱いてしまうのも当然だと思ってしまう。



いくら「脳波が反応していない」と言われていても、人間の命は数値では測れない。

いつか奇跡が起こるはず…と思うことこそが、家族の思いだろうと思う。



人魚の眠る家3



薫子の逸脱した行為に、周りはついていけず…


そこで、この映画では一つの可能性を提示する

機械で身体を動かす方法だ。

具体的に、どう動かすのかは映画を観て確認して欲しいのだが、今の科学技術だったらこんなことも可能なのでは…と思えてくるし、近いうちにこういうことをする金持ちが出てきてもおかしくない。



眠っている脳の代わりに、機械が瑞穂の身体に信号を送り、瑞穂は目を閉じたまま身体を動かすようになる。

そんな瑞穂を見ながら、薫子は「瑞穂は生きている」と確信するようになる。



しかし、周りの人たちは、そんな薫子を気味悪がっていく…。

確かに、薫子はとても気の毒だと思うし、同情してしまう。

けれど、車椅子に寝たまま座った瑞穂が手を動かしたり、足を動かしたりする様子は、まるでホラー映画だ。



誰がどう見ても、薫子は瑞穂の死にこだわり過ぎた余り、常軌を逸してしまったと思ってしまう。



でも、毎日、毎日、そんな瑞穂の様子を見ていたら、母親なら「私の娘は生きています」と言いたくなるのも当然だと思う。

そもそも、薫子は「瑞穂は死んでいない。生きている」と思っているからだ。



たとえば、薫子に信仰している宗教があって、宗教の教える倫理観と照らし合わせて、それが「神を冒涜した行為だ」という判断になったら、そこまでエスカレートしなかったかもしれない

しかし、これは「宗教観の薄い日本」「宗教よりも科学の国、日本」だからこそ起き得る話なのだ。



瑞穂を動かすことに執着する薫子は、まるで、悪魔に魂を売って、事故死した息子をペット・セメタリーに埋めた父と同じことをしていると思ってしまう。

いつか、「一線を越えた罰」として、しっぺ返しが来るに違いないと。



人魚の眠る家4



大好きなお母さんの側にいたい人魚姫


後半、薫子はご近所から奇異の目で見られ、息子や夫からも理解してもらえず、彼女の行動はどんどん逸脱していくのを見て、「うわぁーーー。この映画ってホラーかよーーー。」と思った。



その直後、瑞穂がある行動をするのだ。

その瑞穂は、夢か幻か…。何だったんだろう…。



そう思ったところでハッとした。

この映画のタイトルは「人魚の眠る家」であり、原作者の東野圭吾は、言葉を話すことができない瑞穂の思いをそのタイトルに込めたことに気付いたからだ。

思わず「うぅーーん」と唸ってしまった。



人魚とは、あの童話の「人魚姫」のことだ。

人間の王子に恋をした人魚姫は、魔女に悩みを打ち明け、言葉を話すことと引き換えに二本脚で歩く足を手に入れる。

しかし、言葉を話すことができない彼女の思いは王子に届かず、泡となって姿を消した後、精霊となって王子を見守るのだ。



それは、そのまま瑞穂の話として置き換えられる。

大好きなお母さんと一緒にいたい瑞穂は、言葉を話せないけれど動く身体を手に入れ、お母さんの側にずっといられることになった

けれど、そのことで大好きなお母さんを窮地に追い込むことになってしまったのだ。



そこで、瑞穂は薫子が「夢か幻か…。いや、現実だった」と思う行動をしたのだ。

そして、その瑞穂の思いを受け取った母は、ある決断をする。




人魚の眠る家5




人間の生死は、数値で表せるものではない


この映画では「もしも、あなたの家族が『脳死かも』と診断されたら、どう行動しますか」と問題を提起し、あらゆる可能性について考えさせる



すぐに脳死判定をしてドナー提供するのもあり、そのまま機械でつないで延命措置をするのもあり、この映画の播磨夫妻のようなやり方もあり。

金に糸目をつけなければ、いくらでも考えられる方法はある。



しかし、医者が脳波の測定をして「心臓は動いているけれど、脳が反応していないから脳死です」と言われても、家族はなかなか納得できないだろう。

人の生死を無機質な数値で測るなんて、それではあまりにも無慈悲ではないか



脳は動いていなくても、魂は生きている。

きっと、いつか目覚めるに違いない

家族だったら、そう思いたいのは当然だ。



とはいえ、たとえ心臓が動いていても、寝たままで言葉を話さなければ、周りの人たちから「もう死んでいる」と判断されてもやむを得ない側面もある。

それならば、せめてこの映画のように、本人も家族も納得できる瞬間があれば幸せだろうと思う。

その上で、ドナーとなって誰かの身体の中で生きていたら、「まだ、この世界のどこかで生きているかもしれない」と思えるし、それが、心の拠り所になるはずだ。



どんなに医学が発達しても、脳死状態の頭の中など、誰も知ることができない。

だから、どんなに薫子の行動が常軌を逸していても、誰も彼女のことを責められないし、彼女は正しかったかもしれない。

人間の神秘は、科学で解明できるものではないのだ。



映画のラスト、空から写した映像が、この物語のラストにふさわしいと思った。

きっと、瑞穂も幸せな思いで眺めているに違いない。


見逃しちゃった?でも大丈夫!映画「人魚の眠る家」は、現在U-NEXT で配信中


本ページの情報は2019年9月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。



Twitterでも、映画情報や海外ドラマの情報を発信しています~




Instagramでも映画のレビューを日々更新しています~






↓ 人気ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします

映画 ブログランキングへ

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村





AmazonPrimeで観る:「人魚の眠る家」

人魚の眠る家



DVDで観る:「人魚の眠る家」

人魚の眠る家 豪華版(初回限定生産) [Blu-ray]

新品価格
¥5,558から
(2019/9/14 16:03時点)



原作本「人魚の眠る家」

人魚の眠る家 (幻冬舎文庫)

新品価格
¥788から
(2018/10/18 16:16時点)


















このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


イ・ジョンジェ主演の韓国映画「新しき世界」をU-NEXT で観た。

裏組織の権力争いを舞台に、陰謀、ワイロ、策略、駆け引き、裏切りが渦巻く世界で生き抜く男たちを描く人間ドラマ。


満足度 評価】:★★★★☆

面白かった!‬‪

マフィアの会長の座をめぐる跡目争い‬。

最後の最後まで話が二転三転し、ヒリヒリとした緊張感もあって飽きさせない‬。

その中で予想外の兄弟愛が発覚し、その絆の深さにグッときて思わず泣いてしまった‬。

目次

  1. 予告編
  2. 更新履歴・販売情報
  3. キャスト&スタッフ
     出演者
     監督
  4. あらすじ
  5. 感想


『新しき世界』予告編 動画

(原題:신세계(新世界))



更新履歴・公開、販売情報

・2019年8月27日 U-NEXT にて鑑賞。

・2019年9月5日 感想を掲載。

現在、DVD、ネット配信、共に販売中。


見逃しちゃった?でも大丈夫!映画「新しき世界」は、現在U-NEXT で配信中

本ページの情報は2019年9月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

ネット配信で観る:「新しき世界」(字幕版)

新しき世界(字幕版)

新品価格
¥300から
(2019/9/5 16:17時点)



DVDで観る:「新しき世界」

新しき世界 [Blu-ray]

新品価格
¥4,068から
(2019/9/5 16:23時点)





キャスト&スタッフ


出演者

イ・ジョンジェ
 
…(「沈黙、愛」、「LUCY/ルーシー」など)

〇ソン・ジヒョ

監督・脚本

パク・フンジョン
…(「The Witch 魔女」、「V.I.P. 修羅の獣たち」など)


2013年製作 韓国映画




韓国映画「新しき世界」





あらすじ

ある巨大裏組織の会長が亡くなり、後継者争いが始まった。

No.2のイ・ジュング(パク・ソンウン)が最も会長に近いと言われていたが、会長お気に入りの中国出身の朝鮮族チョン・チョン(ファン・ジョンミン)が勢いを増していた。

ジャソン(イ・ジョンジェ)はチョン・チョンの右腕として仕えていたが、実はカン刑事(チェ・ミンシク)が送り込んだ潜入捜査官だった。

ジャソンは、周りに警察の犬だとばれないかという不安を感じながらも、その権力争いに巻き込まれていく…。



韓国映画「新しき世界」イ・ジョンジェ



感想(ネタばれあり)


極めて韓国らしい人間ドラマ


会長の座をかけた権力争いは「ゴッドファーザー」のようであり、潜入捜査官の水面下での争いは「インファナル・アフェア」のようでもあった。

さらに、「会長=王様」と見立てると、組織が右と左に二分し、どちらの派閥につくのかを巡って、陰謀や策略が巻き起こる様は、朝鮮王朝を描いた歴史ドラマそのものでもある。



そして、韓国で特徴的なのが、人と人の距離の近さ、絆の強さだ。

血のつながった兄弟でもないのに、仲の良い先輩のを兄(ヒョン)と言って慕い、先輩も後輩のことを本当の弟のようにかわいがる。

そんな「兄弟」の絆は、世界の中でもあまり類のない韓国らしさだと思う。



この映画では、主人公のジャソンとチョン・チョンの「兄弟」が物語の軸となっていて、二人の関係を感じさせる場面には、思わず泣かされてしまった。

つまり、これは「ゴッドファーザー」や「インファナル・アフェア」などの海外の映画のエッセンスを感じさせながらも、極めて韓国らしい映画だった。



韓国映画「新しき世界」パク・ソンウン



王座を手に入れるのに必要なのは冷静さとしたたかさ


物語のメインとなるのは「誰が次期会長になるのか」だ。



イ・ジュング(パク・ソンウン)、チョン・チョン(ファン・ジョンミン)、ジャソン(イ・ジョンジェ)の3人が、それぞれしたたかで、腹黒く、何を考えているのか分からない。

だから、どこからどんな裏技をしかけてくるのか分からず、誰が会長になるのか、最後まで分からない。

その王座をかけた権力争いが一番面白かった



それだけでもハラハラドキドキなのに、さらに「ジャソンはいつ犬だとバレるのか、それともバレないのか」という怖さもある。

ジャソンがまたポーカーフェイスの人で、表情を見ているだけでは「何を考えているのか」が分からない。



しかし、全てを見終わった後で、頭からジャソンの行動を思い返してみると、「一番のしたたか男」はジャソンだったことが分かり、思わず背筋がゾッとしてしまう

最後の最後まで生き抜き、頂点に立つために必要なのは、何を言われても動じない強さと、したたかさなのだ。



そう思うと、ジュングは権力はあったけれど人望がなく、チョン・チョンはカッとなると見境がなくなるところが欠点だった。

その二人の間を縫って、ジャソンは耐えるところは耐え、したたかに時が来るのを待っていたのが、王座を手に入れた秘訣だったのだろうと思う。



韓国映画「新しき世界」チェ・ミンシク



「許せない一線」を越えてしまったチョン・チョン


全体的に男臭く、血生臭い映画であったけれど、その中にホロっとさせる場面があったのも、この映画が他の裏社会を描く映画と違う特徴的なところだ。



それは、チョン・チョンの最後の場面だった。

ジャソンが連絡係として使っていた囲碁の先生を突き止めたチョン・チョンは、先生をレイプした上で散々痛めつけるという、とても人間とは思えない暴行をする。

それを観たジャソンは、これ以上苦しめないために、囲碁の先生を殺してしまう。



しかし、あまりにも酷いことをしたチョン・チョンは次から次へとやって来る刺客と格闘した上、息も絶え絶えの状態で病院に搬送される。

その刺客は「弟分」のジャソンが送り込んだものだった。



そのチョン・チョンを見舞ったジャソンは、チョン・チョンから「側まで来い」と言われる。

殺気を感じつつも、そばに寄ったジャソンだったが、その時チョン・チョンから出た言葉は意外にも「もし俺が生きていたら、許してくれるか?」だった。

その言葉に私は泣いてしまった。



互いに権力争いをする間柄でありながら、チョン・チョンにとってジャソンは大事な弟であって、ジャソンのことは守っていたけれど、囲碁の先生には酷いことをしてしまった。

それはジャソンにとって許しがたい、一線を越えたできごとだったのだ。

そのことを感じていたチョン・チョンは「許して欲しい」と言ったのだろうと私は思った。



最後まで観ればわかるけれど、中国の深センで出会った朝鮮族の二人は、恐らく「韓国で天下を取ろう」という夢を持って韓国にやってきたに違いない。

そこで、ジャソンは警察に入り、チョン・チョンは裏組織に入った。

その後、計画通りジャソンはその組織に潜入捜査官として入るが、チョン・チョンは最後の最後でジャソンの一線を越えてしまった。



カッとなると我を忘れてしまうチョン・チョンは、後で我に返るが、もう時すでに遅しだったのだ。

その時の「許してくれるか」の一言で二人の関係が分かる場面だった



韓国映画「新しき世界」ファン・ジョンミン



「新世界」とは、一体誰のシナリオなのか


「新世界」というのは、「その裏組織を一掃して、警察が裏から操れるようにする」というカン刑事が書いたシナリオだった。



しかし、最後まで観ていると、深センにいた時から二人は「兄弟」だったことが分かる。

ということは、そもそも、このシナリオを書いたのはカン刑事ではなく、ジャソンだったのでは…と思えてくる。

そう思って、最初のシーンを思いだすと、ジャソンが会長の右腕を殺したことから始まって いる。



そもそも、この抗争を仕掛けたのはジャソンではないのか。

当初のシナリオでは、チョン・チョンとジャソンが天下を取るはずだったのに、チョン・チョンがジャソンの許せない一線を越えてしまったから、世界はジャソンだけのものになったのだ。



これは、本当に最後の最後まで気を抜けない映画で、最後まで観ても、「どういうことだ…?」と考えてしまう映画だった。

人間の腹の探り合いから、兄弟の仁義、陰謀や裏切り、策略など、人間の汚いところが全部描かれている上、全てのシーンが見応えのある、本当に面白い映画だった。


見逃しちゃった?でも大丈夫!映画「新しき世界」は、現在U-NEXT で配信中


本ページの情報は2019年9月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。



Twitterでも、映画情報や海外ドラマの情報を発信しています~




Instagramでも映画のレビューを日々更新しています~






↓ 人気ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします

映画 ブログランキングへ

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村






















このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


イスラエルのサミュエル・マオス監督「運命を踊る」を映画館で観た。

運命に翻弄されてしまう一家の切ない人間ドラマ。



満足度 評価】:★★★★☆

運命に踊らされた家族の物語。

その運命はどんなに逆らっても必ずやってくる。

責められべきは両親ではなく軍隊のはずなのに、息子に定められた運命を受け入れることができず、踊るしかない両親の姿が切ない。

もう自分を責めないで欲しい。


目次

  1. 予告編
  2. 更新履歴・販売情報
  3. キャスト&スタッフ
     出演者
     監督
  4. あらすじ
  5. 感想


『運命は踊る』予告編 動画

(原題:Foxtrot)



更新履歴・公開、販売情報

・2018年9月29日 映画館にて鑑賞。

・2018年10月16日 感想を掲載。

・2019年9月4日 WOWOWでの放送に合わせて加筆・修正。

現在、ネット配信、DVD共に販売中。詳しい作品情報につきましては、下記公式サイトをご参照ください。
 ↓
映画『運命は踊る』公式サイト



見逃しちゃった?でも大丈夫!映画「運命は踊る」は、現在U-NEXT で配信中

本ページの情報は2019年9月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

Amazon Primeで観る:「運命は踊る」(字幕版)

運命は踊る(字幕版)

新品価格
¥2,000から
(2019/9/4 17:59時点)



DVDで観る:「運命は踊る」

運命は踊る DVD

新品価格
¥3,902から
(2019/9/4 18:00時点)




キャスト&スタッフ


出演者

…(「オオカミは嘘をつく」など)

…(「彼が愛したケーキ職人」など)

〇ヨナタン・シライ


監督

〇サミュエル・マオス


2017年製作 イスラエル・フランス・ドイツ・スイス合作映画



映画「運命は踊る」



あらすじ

イスラエルのテルアビブで暮らすミハエル(リオル・アシュケナージ)とダフナ(サラ・アドラー)の夫妻に、ある日、従軍している息子 ヨナタン(ヨナタン・シライ)の戦死の知らせが届く。

突然のショックに妻 ダフナは気を失い、夫は軍に遺体に合わせて欲しいと懇願する。

しかし、それが軍によるミスで、亡くなったのは別人だと分かる。

そのことに激怒したミハエルは、軍に対しすぐにヨナタンを呼び戻すよう要求するのだが…。



映画「運命は踊る」




感想(ネタばれあり)


この映画の感想につきましては、私が「ぴあ映画生活」に掲載したものをご紹介します。


運命は踊る (2017)


★★★★ [80点]「逆らえない運命の悲しさ」


すごく静かな場面が続く映画だったけど、その静けさにグイグイと引き込まれた作品だった。

ベネチア国際映画祭 銀獅子賞 受賞作品。



イスラエルで暮らす中年夫妻の元に、ある日突然「息子ヨナタンが戦死した」という知らせが入る。

ひどくショックを受けた夫妻だったが、やがて、それが誤報だとわかり…。



たとえば、友人に余計な一言を言ってしまった結果、その友人との仲が険悪になってしまい「あの時、あんなことを言わなければ良かった」と、ひどく後悔してしまった時。

少し時間が経ってから、「遅かれ早かれそうなる間柄だったんだな」と思うようなできごとが起きる。

結局、「その相手とは仲たがいする運命だったんだなぁ」と自分を納得させる

そんな経験はないだろうか?



この映画を観ながら、そんな「逃れることができない運命」を思った



父も母も、息子ヨナタンに起きたことについて自分を責めているけれど、そもそも、それはヨナタンに定められた逃れることのできない運命だったのでは…。

それは、ステップを踏み続けても、最初のポジションに戻ってくるダンス フォックストロットのように

そう考えれば、きっと、ヨナタンの両親も少しは気分が楽になるのではと思った。

そんなことを考えながら、夫妻のダンスを観ていたら、涙が溢れてしまった。

それが「もう、お互いを責めるのはやめよう」と言っているように見えたからだ



それよりもむしろ、「一日の通行人がラクダしかいないような過酷な環境に、検問所を置く必要性があるのかどうか」ということの方が問題だと思った。

いつ沈むか分からないようなコンテナでの生活を強いられている彼らに、事故が起きたのは必然としか思えない。



だから、責められるべきは両親の言動ではなく、無駄が多すぎる軍隊のあり方なのではないだろうか。

セリフが少なく、説明が極端に少ない映画がだけれど、そこに描かれる闇はヨナタンの家にあった抽象画のように深く、「運命は踊る」というよりも「運命に踊らされる人々の話」だと思った


Posted by pharmacy_toe on 2018/10/07 with ぴあ映画生活


見逃しちゃった?でも大丈夫!映画「運命は踊る」は、現在U-NEXT で配信中


本ページの情報は2019年9月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。




Twitterでも、映画情報や海外ドラマの情報を発信しています~




Instagramでも映画のレビューを日々更新しています~






↓ 人気ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします

映画 ブログランキングへ

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村





Amazon Primeで観る:「運命は踊る」(字幕版)

運命は踊る(字幕版)

新品価格
¥2,000から
(2019/9/4 17:59時点)



DVDで観る:「運命は踊る」

運命は踊る DVD

新品価格
¥3,902から
(2019/9/4 18:00時点)


















このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック