とにかく映画が好きなんです【本館】

とにかく映画が好きで、特にアメリカ映画大好きです このブログは、ネタバレありの映画鑑賞日記です。主にハリウッド映画と韓国映画をメインに感想を書いています


カテゴリ:ヨーロッパ映画 > スウェーデン映画



スウェーデン映画「幸せなひとりぼっち」を試写会で観た。

妻に先立たれ、仕事を解雇され、絶望的になっていた男性が周りの人たちと交流する姿を描くことで、人は孤独ではないことを感じさせるハートウォーミングな映画。

満足度 評価】:★★★★☆

笑って、笑って、笑って、泣いて。ずーーーーーっとその繰り返し。

楽しさと感動が同時に襲ってくる、すごく素敵な作品だった。

自分はひとりぼっちだと感じたり、孤独だと思うのは、自分自身の勝手な思い込みであり、無人島にでも住んでいない限り人はひとりではなく、どこかで誰かとつながって生きている。

そう思える映画だった。

「幸せなひとりぼっち」予告編 動画

(原題:EN MAN SOM HETER OVE / 英題:A MAN CALLED OVE)





ネット配信で観る:「幸せなひとりぼっち」(字幕版)

幸せなひとりぼっち(字幕版)

新品価格
¥400から
(2018/2/5 15:10時点)



DVDで観る:「幸せなひとりぼっち」Blu-ray

幸せなひとりぼっち [Blu-ray]

新品価格
¥4,027から
(2018/2/5 15:11時点)





キャスト&スタッフ


出演者

〇ロルフ・ラッスゴード…(「アフター・ウェディング」、「ゴシップ」、「太陽の誘い」など)

監督・脚本

〇ハンネス・ホルム

原作

〇ブレドリック・バックマン

原作本「幸せなひとりぼっち」

幸せなひとりぼっち (ハヤカワ文庫NV)

新品価格
¥1,080から
(2016/11/1 13:44時点)




幸せなひとりぼっち

あらすじ


59歳のオーヴェ(ロルフ・ラッスゴード)は、頑固者の偏屈おやじで規則を破る人が許せない。

毎日近所を見回り、規則違反をしている人を見つけたら注意するような毎日を送っている。

そんな彼だが、半年前に妻に先立たれ、43年間勤務していた会社をクビになってしまう。

そして希望をなくした絶望感から自殺することを決意する。

しかし、死のうと思うと、必ず近所の人たちが邪魔をしたり、首をつろうとするとロープが切れたり、なかなかうまく死ねない。

さらには、死ぬどころか、困った人を見捨てることができず、助けるようになっていくのだが…。


幸せなひとりぼっち2

感想(ネタバレあり)


昔は日本にもいた!近所を注意して回るおじさん


日本にも昔はいた。

近所を歩き回っては、イチイチ注意して回るおじさん。

最近、そんなことをしたら、迷惑な人として訴えられちゃうと思うけど(笑)

この映画の主人公オーヴェもそんなおじさん。



私道を車が走れば止めて注意するし、町のあちこちに注意書きの看板をはりまくる。

遠くから見ていたら面白いけど、そばにいたらちょっと、いや、かなりウザいタイプ



でも、そんな口うるさいおじさんにも、口うるさくなるまでに、いろいろとツライ過去があった。

本当は彼もそんなツライ人生に絶望を感じて、ひとりでひっそりと自殺をしようとしていた。



半年前に妻に先立たれ、追い打ちをかけるように仕事をクビになったことがその理由だった。

もちろん、近所に住む人たちは、そんなオーヴェの辛さを知る由もない。



幸せなひとりぼっち4



頑固じじいだけど、愛さずにはいられないキャラ、オーヴェ


ところが、死のうと思っても死ぬに死ねない。

だって、近所の人たちがとても心配だし、あれこれ気になってしまい、ついお節介をやいてしまう。



隣の家に梯子を貸したら、その家の主人が梯子から落ちてしまって、運転する人がいなくなってしまったから、奥さんに車の運転を教えたり。

野良猫がケガをすれば彼が飼うことになり、妻の元教え子から助けてくれと言われれば、思わず手をさしのべる。



彼は、表面的には頑固で口やかましいけれど、内面はとても優しい人なのだ。

日本で言えば下町の江戸っ子みたいについケンカ口調になってしまうけど、内面はとても温かい人情の持ち主だった。



そんな彼の「頑固おやじっぷり」を笑いながら観ているうちに、オーヴェが愛おしくなってくる。

彼は誰もが愛さずにはいられないキャラクターだった。



幸せなひとりぼっち3



妻への愛の深さに感動


「偏屈な頑固おやじ」オーヴェが誰よりも何よりも愛していたのが、妻・ソーニャだった

ソーニャが亡くなった後も、お墓の花を枯らさないように通い続け、墓石を磨きながら最近の出来事を語り続ける。

その姿だけを見ても、オーヴェがどれだけソーニャのことを愛していたのかが十分伝わってくる。



偏屈おやじのオーヴェが生涯をかけて愛したソーニャの素晴らしさと、彼女の存在の大きさは、この映画の泣けるポイントの1つだった。



実は、オーヴェとソーニャの間には、辛い思い出があった。

彼らは、子供が生まれる直前に2人でスペイン旅行に出かけていた。

しかし、その旅行の最中に交通事故に遭い、2人はお腹の子供を失い、さらにソーニャは下半身の自由も失ってしまう。



そんな身を引き裂かれるような二重の苦しみがあっても、ソーニャはいつも輝くような笑顔を絶やさず、ひたすら前向きに生きていた

その素晴らしさには本当に感動させられた。



偏屈で、頑固なオーヴェだからこそ、彼とは正反対に明るく天真爛漫で前向きなソーニャに惹かれたに違いないし、彼にとっての生きる希望だったはず

まさに、オーヴェにとってソーニャは太陽のような人だったんだろうし、早くソーニャの元に行きたかったんだろうなと思った。



幸せなひとりぼっち5



主人公は「ヴィンセントが教えてくれたこと」「マイ・インターン」と同じ系統の孤独な高齢男性


この「妻に先立たれ、仕事もなくした孤独な偏屈ジジイが近所の人たちと交流して、自分を取り戻していく話」というのは、これまでも映画の中でよく描かれてきた



最近で言えば、ビル・マーレイの「ヴィンセントが教えてくれたこと」がまさに似たような話だった。

オーヴェもヴィンセントも、生涯かけて愛した女性に先立たれ、近所の人と交流していくことで孤独感が解消されいていく。

そして、頑固おやじではないけれど、ロバート・デ・ニーロ主演の映画「マイ・インターン」も、妻に先立たれ、仕事も引退した男性がインターンとして新しい人生を歩み始める映画だった。



それらの作品の中でも、この「幸せなひとりぼっち」は一番よく笑ったし、また、一番よく泣ける映画だった

そして、どの映画から言えることは、「ひとりぼっち」とか、「孤独」っていうのは、自分自身の勝手な思い込みだということ。



さらにいうと、男性はずっとそばにいてくれた奥さんがいなくなると、急に孤独感が増して死にたくなっちゃうし、実際に後を追ってしまう人も多い。

逆に女性は、急に自由になって羽を伸ばす人たちが多いのに。

男性は、女性以上に寂しがり屋で孤独を嫌う人たちなんだなぁと思う。



でも、それは個人の勝手な思い込み。

人間は1人で生きているようで、無人島に住んでいるでもない限り、必ず誰かとつながっている



だから、悲観することはない。

毎日を大切に生きていれば、きっと希望が見える時がくる

だから、日々を大切に生きるんだよね。

そう思える素敵な映画だった。



関連記事

妻に先立たれた男性が孤独から立ち直っていく話

「ヴィンセントが教えてくれたこと」酒・ギャンブル・女大好きなおじいちゃんがイジメられっ子と友達になった!?きっと心が温まる!!ビル・マーレイ主演コメディ映画【感想】


「マイ・インターン」辛い時に支えて背中を押してくれたのは70歳のインターンだった。観終わって気持ちほっこり。ハートウォーミングコメディ。アン・ハサウェイ主演映画【感想】





↓ 人気ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします

映画 ブログランキングへ

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村





ネット配信で観る:「幸せなひとりぼっち」(字幕版)

幸せなひとりぼっち(字幕版)

新品価格
¥400から
(2018/2/5 15:10時点)



DVDで観る:「幸せなひとりぼっち」Blu-ray

幸せなひとりぼっち [Blu-ray]

新品価格
¥4,027から
(2018/2/5 15:11時点)



原作本「幸せなひとりぼっち」

幸せなひとりぼっち (ハヤカワ文庫NV)

新品価格
¥1,080から
(2016/11/1 13:44時点)




















このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


スウェーデン映画「神の手 血塗られた儀式」をWOWOWで観た。

カルト集団「神の手」による連続殺人事件を追う北欧サスペンス映画。

劇場未公開の作品を、どこよりも早く放送する「WOWOWジャパンプレミア」の一本。


満足度 評価】:★★★☆☆(3.5)

以前から注目しているジャンル「北欧サスペンス」の作品。

カルト集団「神の手」を追い詰めていく謎解きも面白かったけど、

これが単なるサスペンスではなく、途中からちょっとSFっぽさや、オカルトっぽさもあって面白かった。

ちょっとした拾い物だった。



この感想にはネタバレを含みます。映画をご覧になってから感想をお読みください。



「神の手 血塗られた儀式」予告編 動画

(原題:Vilsen(Ave Mater))








キャスト&スタッフ


出演者

〇ヨーラン・シェーグレン

〇アレクサンドラ・ツェッテルベリ

〇クリスティアン・キネル

〇マルガレッタ・ストランド

監督

〇ラスムス・ティルジティス


2016年製作 スウェーデン映画



神の手血塗られた儀式



あらすじ


スウェーデンのヨーテボリで連続して女性が殺された事件が起きる。

被害者の背中には同じような柄が彫られているのだが、それが何を意味するのか刑事が捜査を続けていた。

そんな中、「それはカルト集団『神の手』による仕業である」と言う情報提供者・ガブリエラ(アレクサンドラ・ツェッテルベリ)が現れる。

1975年に彼女の父が『神の手』にさらわれたと言うガブリエラの話を聞いて、刑事のヨーラン(ヨーラン・シェーグレン)は、ガブリエラと共に捜査を進めていくのだが…。



神の手血塗られた儀式2



感想(ネタバレあり)


世界も注目する北欧サスペンス



サスペンス映画といったら、連続殺人犯や猟奇殺人犯などの悪役の恐ろしさや、先の展開が読めない謎解きにその面白さがある

最近のサスペンス映画の世界では、韓国映画が突出して良い作品を作り続けている。

そんな中、ここ5~6年の間に独自の個性を発揮し、新たなサスペンス映画の産地として注目を集めているのが「北欧サスペンス」である。



最初に世界から注目を浴びるきっかけとなったのは、2009年に製作された映画「ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女」だった

これは4部作からなる原作小説「ミレニアム」シリーズを映画化したものだが、この作品をデヴィッド・フィンチャー監督がリメイクした「ドラゴン・タトゥーの女」が大ヒット。

そこから、それまで「ミレニアム」シリーズを観ていなかった人たちに注目され、主演のミカエル・ニクヴィストと、ノオミ・ラパスは活動の場を世界に広げることとなった。



その後、同じく北欧で人気の推理小説を映画化した「特捜部Q 檻の中の女」がヒットし、「特捜部Q」シリーズは現在3作目まで映画化されている。



韓国サスペンスの面白さは「人間の血の熱さ(激情)」にあるのと比べると、北欧サスペンスの面白さは「空気の冷たさと静けさ」にある

被害者たちの泣き叫ぶ声の全てが深い森と雪の中に吸収されてしまったかのように、シンとした中にゾッとする恐怖が内包されているような「静かなる狂気」を感じる

そこには、雪深い暮らしの中で狂気を内面にため込んだものが、雪解けと共に一気に噴出したかのような勢いもある。

それは、北欧という土地柄が独自に生み出した「狂気」であり、「サスペンス」なのだろう。



この映画「神の手 血塗られた儀式」はそんな北欧・スウェーデン産のサスペンス映画である。

北欧サスペンスらしい「静けさの中にある狂気」を感じつつ、これまでになかったSF的要素も加えた新しいタイプの北欧サスペンスに仕上がっていた。

これまで北欧サスペンスを観たことがなかった人も、これをきっかけに北欧サスペンスの世界に興味を持ってもらえると良いなと思う。



神の手血塗られた儀式4


カルト集団「神の手」による猟奇的連続殺人事件



スウェーデン第二の都市ヨーテボリで起きた連続殺人事件。

被害者たちに一致しているのは、背中に血塗られた謎の模様。

捜査官たちがその謎を解明しようとしているところへ現れたのが、牧師の娘・ガブリエラだった。

ガブリエラによると、それはカルト集団「神の手」による犯行だという。



なぜなら、彼女も40年前に「神の手」によって父を誘拐された経験を持っていたからだった。



そのガブリエラの証言に沿って、その「神の手」について謎解きがされていく。

そこには、デヴィッド・フィンチャー監督の「セブン」を思い起こさせるような世界観が広がっていた。

被害者たちの背中に彫られた絵は「木」を示し、それぞれに新たなる神の誕生への生贄としての役割が定められていた



「セブン」では、ダンテの「神曲」が示す7つの大罪を犯した人々が次々と殺されていくけれど、この映画では、新しい神を迎えるために6人の生贄が殺されていく。

そのまま、謎解きをして終了なのかと思いきや、話は次第に拡大していき、後半になってSF的な要素が強くなっていったのが面白かった。

神の世界から排除されてしまった闇の神が「神の手」の儀式によって復活し、人々は闇に包まれる。

それが、大規模テロの頻発と日食と大停電で表現しているのだが、ここで予想外に大掛かりな展開をしていったのが面白かった。




神の手血塗られた儀式3


「母なる神」に救いを求める人々



その「神の手」が示しているのは、一般人の中に潜む狂気である

彼らは他の人たちと変わらぬ日常生活を送っていて、教師だったり、刑事だったりする。

それが、儀式になるといきなり「神の手」としての表情を見せる。



たとえばオウム真理教のように、普段から袈裟を着て「明らかに他の人と違う」格好をしていたら、「この人要注意」となるけれど、この「神の手」はそうではない。

恐らく、これからのカルト集団は、この「神の手」のように一般人の中に潜んでいくのでは…と思う。



また、彼らがそんな一般人の心をつかむのは、「彼らにとって都合のいい言い訳」である。

「神の手」が復活を願っていたのは、「父なる神(キリスト)」ではなく「母なる神」である

「神の手」の都合のいい言い訳によれば、もともとは「父なる神」と並んで聖書に描かれていた「母なる神」。

しかし、聖書では女性たちは愚かな行いをする者として描かれるようになり、母なる神は闇へ追放されてしまった。

そこで、「神の手」は闇に落ちた「女神」を復活させる儀式を行っていた。



それは「なぜ、聖書には『母なる神』がいないんだ」という謎に対する答えであり、日頃から聖書に疑問を持つ人々の心をつかむこと成功する

日本でも、日頃から社会に対して多くの疑問を持って暮らしていた若者たちが、その答えを見出すために「オウム真理教」に入信したように、カルト集団とは「普段から悩ませている疑問」に答えを出すことで信者を集めていく



その中で「聖書に『母なる神』がいないのはなぜか」という謎の中には、昨今、世界で声が高まっている「女性蔑視」を含んでいて、その謎が新しいカルト集団を生むということに時代を感じた作品でもあった。



神の手血塗られた儀式5


雪で閉ざされた人々の中から生まれる狂気



このサスペンスは「失われたもの」を探し求める物語でもある

カルト集団「神の手」は、聖書から失われた「母なる神」を、牧師の娘・ガブリエラは「神の手」によって失われた父の痕跡を追い求める。

やがてガブリエラは、父が残した跡を追いながら「邪悪な神」を退治する手がかりを見つける。



サスペンスから始まったこの物語も、後半には「オカルト」へと様変わりしていく。

「神の手」は単なるカルト集団ではなくて、本当に「邪悪な悪魔・母なる神」を復活させ、町を闇に陥れる。

皆既日食によって太陽が「失われ」ていく中、ガブリエラの「自己犠牲」によって悪魔を再び闇へと葬り去り、世界は平和を取り戻す



最後に最も美しいとされる「自己犠牲」によって平和を取り戻すところが、いかにもキリスト教系の国の映画だなと思った。

主人公の刑事・ヨーランは捜査の途中で「神の手」に惑わされ、命を狙われながら、一命をとりとめる。

そして、命があること、家族の大切さをかみしめる。



これまでの北欧サスペンス映画で「ドラゴン・タトゥーの女」では地下に潜伏するネオナチの存在が描かれていたし、「特捜部Q Pからのメッセージ」では、牧師を装った連続殺人犯の犯行が描かれていた。

それは、人々の生活が豊かになり、携帯電話やインターネットが普及して生活が便利になっても、人々は心の拠り所として、「強い何か」(神やナチス思想)にひかれているということなのではないだろうか。

特に、北欧のように冬は大雪で多くの家が閉ざされた空間の中で暮らす生活を強いられた場合、他の国よりも、一層強い孤独を感じ、「強い何か」を求める欲が強くなるのではと思う。

そこで「静けさの中の狂気」が目覚め、こうした人々の中に潜伏する狂気を描いたサスペンスが生れるのだろう。

だからこそ、家族の中での結束がより必要になるのではと思う。

その「静けさの中の狂気」が他の国々とは一線を画している「北欧サスペンス」は、これからもより一層注目していきたいジャンルだと感じた作品だった



関連記事

世界から注目を浴びる北欧サスペンスの代表作

〇ドラゴン・タトゥーの女
「ドラゴンタトゥーの女」面白すぎた!!男たちに不幸のどん底に突き落とされた女性の復讐の物語。デヴィッド・フィンチャー作サスペンス映画【感想】


〇特捜部Q 第一作
「特捜部Q 檻の中の女」デンマーク産サスペンス映画。どう見ても悪人面の刑事の執念が真実に導くまでが面白かった【感想】


〇「ミレニアム」シリーズ 第一作
「ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女」全世界でベストセラーのサスペンス小説を映画化。ある富豪の失踪が結ぶ猟奇的な殺人事件。ハリウッドでリメイクされたオリジナル版【感想】






↓ 人気ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします

映画 ブログランキングへ

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村






















このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


アリシア・ヴィキャンデル(アリシア・ヴィカンダー)主演の映画「ピュア 純潔」をWOWOWで観た。

社会の底辺のようなところで生活していた主人公が新しい世界を知り、成長していく姿を描く。

2009年製作のアリシア・ヴィキャンデル初主演映画。

劇場公開されていない作品をどこよりも早く放送するWOWOWジャパンプレミアの一本。


満足度 評価】:★★★★☆

正直、全く期待していなかったのに、グイグイ引き込まれて観てしまった。

女性はいかにしてしたたかさを身に着けていくのか。

ラストのアリシア・ヴィキャンデルのアップが美しもあり、恐ろしくもあった。

「ピュア 純潔」予告編 動画

(原題:Till det som ar vackert/英題:Pure)




DVDで観る:「ピュア 純潔」

ピュア 純潔 [DVD]

新品価格
¥3,354から
(2018/8/11 16:10時点)



ネット配信で観る:「ピュア 純潔」(字幕版)

ピュア 純潔(字幕版)

新品価格
¥1,500から
(2018/8/11 16:10時点)



アリシア・ヴィキャンデル出演作「エクス・マキナ」ブルーレイ DVDセット Blu-ray

エクス・マキナ ブルーレイ DVDセット [Blu-ray]

新品価格
¥3,127から
(2017/2/11 23:40時点)



キャスト&スタッフ


出演者

アリシア・ヴィキャンデル(アリシア・ヴィカンダー)

〇サミュエル・フレイル

監督・脚本

〇リサ・ラングセット

2009年製作 スウェーデン映画

ピュア純潔

あらすじ


二十歳になるカタリナはこれまで定職につかず、時には売春をして生活してきた。

母親はアルコール依存症で、よくカタリナと衝突し、カタリナはカッとすると暴力を振るう癖もあった。

そんな生活から抜け出したいと思っていた彼女は、ある時モーツァルトと出会う。

クラシック音楽の世界に魅了されたカタリナは生の音楽が聴きたくなり、音楽ホールを訪ねるようになる。

すると、運よくそのホールの受付の仕事に就くことができた。

新しい世界にワクワクしていたカタリナは、そこの音楽ホールで指揮者をしているアダム(サミュエル・フレイル)と知り合う…。

ピュア純潔2


感想(ネタバレあり)


スウェーデンの低所得者層で暮らす社会的弱者のカタリナ


スウェーデンの低所得者層、社会的弱者を主人公にした青春物語だけど、ちょっとサスペンス的な要素もある。

主人公のカタリナは二十歳になったばかり。

母親はアルコール依存症。

カタリナ自身も定職に就かず、SNSで知り合った人に体を売ったりするような生活をしていた。

気性も荒く、カッとなっては暴力を振るうこともしばしば。

本人は、そんな生活から抜け出したいと思っていた。

この当時の彼女は愛想が悪い。

笑顔の1つもなければ、髪の毛もボサボサ。

周りの人からしたら、あまり近寄りたくない雰囲気を持った女の子だった。


ピュア純潔3

音楽をきっかけに知った新しい世界


そんな社会の底辺で、荒んだ生活をしている女の子が、好きなこと(=音楽)をきっかけに見事に変貌していく姿を描いている。

音楽を好きになったことがきっかけで仕事を見つけ恋もした。

相手は指揮者のアダム。

カタリナにとっては別世界のこと、音楽や詩や美術などに造詣が深く、尊敬できる相手だった。

彼に教えてもらった詩人の「勇気は人生を開く」という言葉通り、毎日、新しい人生を切り開いているカタリナだった。

しかし、アダムには妻子がおり、カタリナはただの遊び相手だった。

アダムはカタリナを捨て、仕事もクビにしてしまう。

それでもカタリナはアダムにすがるが、そこでも見事に切り捨てられる。

そこで、カッとなったら暴力的なカタリナが目覚め、窓辺でタバコを吸っていたアダムを突き落とす…。

それまで、教養などあまりなかった少女が、音楽を知り、恋をして、大人になっていくんだなぁ。

でも捨てられちゃうのかぁ。

ほろ苦いなぁ…なんて思っていたら、ズドーーーンと突き落としちゃうからビックリ。

これは、それまで散々遊ばれたことに対しての復讐にしてはあまりにもやり過ぎじゃないか?と思った。

そのやり方が、彼女にとっての「勇気は人生を開く」ということなのか…。

ピュア純潔4


ハリウッドの大型新人女優 アリシア・ヴィカンダー


カタリナを演じるのは、アリシア・ヴィキャンデル

彼女を知らない方のために、ちょっと紹介をすると、1988年スウェーデン生まれの28歳。

アリシア・ヴィキャンデルというのは、スウェーデン読みに近く、アリシア・ヴィカンダーは英語読み。

ヨーロッパの作品に出て注目を浴びた時はアリシア・ヴィキャンデルと言われていたが、一昨年(2015年)からハリウッドに進出するようになり、ハリウッド作品では、アリシア・ヴィカンダーと呼ばれいている。

恐らく、今後はハリウッド作品が増えるのでアリシア・ヴィカンダーが一般的な呼び名になるかと思われる。

元々バレエダンサーを目指していたが、けがをしたことで諦め、女優の道へと転身した。

そして、2009年、21歳の時に出演した、この映画「ピュア 純潔」が初主演作となる。

の割に、この映画にはセクシーなシーンもあるし、映画の後半からラストにかけての演技は、とても新人とは思えないもの。

ここに来るまで相当な努力と、苦労があったのでは…と思われる。

2015年には、「エクス・マキナ」と「リリーのすべて」の演技で世界から注目される女優になる。

そして、「リリーのすべて」で性転換をしたいという夫の夢を叶える妻という複雑な役どころを演じ、アカデミー賞助演女優賞を受賞。

その後は、「ジェイソン・ボーン」に出演し、次回作として「トゥーム・レイダー」の新ヒロインに抜擢されるなど、ハリウッドの大作映画への出演が決まっている。

今後、ハリウッドでの活躍がマスマス期待される大型新人女優である。

私としては「リリーのすべて」よりも「ジェイソン・ボーン」のクールな感じが好きだけどな。


ピュア純潔5

これまで見下してきた社会への復讐


さて、カタリナが凄いのは、その後の行動である。

アダムを窓から突き落とした後、カタリナを辞めさせる邪魔者がいなくなったとばかりに、しれっと職場に復帰。

順調にキャリアを積んで正社員の場に収まっている…。

しかも、音楽と出会う前の底辺で暮らしていた頃とは180度違う笑顔の素敵なカタリナがそこにいた。

音楽と出会うことで、彼女は美しい大人の女性へと成長していた。

カタリナにとって「勇気が人生を開く」というのは、こういうことだったのか…。

画面にアップになった彼女を唖然としながら見つめてしまった。

初めは、私も「人を殺しておいて、しれっと戻ってくるなんて、なんて女」と思っていた。

でも、後からよくよく考えたら、人をボロ雑巾みたいに扱っているアダムもかなりひどい人間で。

あれは、カタリナのアダムに対する復讐というよりも、社会全体に対するカタリナからの復讐なんじゃないかと思った。

もちろん、人殺しはよくないけれども、これまで彼女を見下してきた人たちを切り捨てることで、新しい世界が切り開いたのかなと思った。

しかしなぁ。したたかだよなぁ。

そうやって、女は強くたくましく生きていくんだなぁと思った。



Twitterでも、映画や海外ドラマの情報を発信しています~






↓ 人気ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします

映画 ブログランキングへ

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村





DVDで観る:「ピュア 純潔」

ピュア 純潔 [DVD]

新品価格
¥3,354から
(2018/8/11 16:10時点)



ネット配信で観る:「ピュア 純潔」(字幕版)

ピュア 純潔(字幕版)

新品価格
¥1,500から
(2018/8/11 16:10時点)



アリシア・ヴィキャンデル出演作「エクス・マキナ」ブルーレイ DVDセット Blu-ray

エクス・マキナ ブルーレイ DVDセット [Blu-ray]

新品価格
¥3,127から
(2017/2/11 23:40時点)


















このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


スウェーデンを代表するジャズシンガー、モニカ・ゼタールンドの半生を描いた映画「ストックホルムでワルツを」を観た。

モニカ・ゼタールンドが全く無名だった頃から、NYのジャズバーでジャズ歌手として公演を成功させるまでを描く。

満足度 評価】★★★★☆

彼女が歌う歌に感動して号泣し、人は「どうしてもやりたいこと」があるのなら、とことんやり続ければ、必ず夢は叶う。そう思える映画だった。

出演:エッダ・マグナソン、スベリル・グドナソン、シェル・ベリィクヴィスト

監督ペール・フライ 2013年 スウェーデン映画

「ストックホルムでワルツを」予告編 動画

(原題:MONICA Z/英題:WALTZ FOR MONICA)




◆「ストックホルムでワルツを」DVD

ストックホルムでワルツを [DVD]

新品価格
¥3,926から
(2016/7/4 23:37時点)



あらすじ


5歳の娘を持つシングルマザーのモニカ(エッダ・マグナソン)は、首都ストックホルムから離れた田舎町でジャズシンガーを目指しながら暮らしていた。

昼は電話交換士、夜はジャズクラブで歌う毎日。

そんな彼女に、ある時チャンスが訪れる。

「NYのジャズクラブ」で歌ってみないかと声を掛けられる。

彼は、急に降板してしまった歌手の代役を探しているところだという。

これで一歩夢に近づいたと思い、喜び勇んでNYへ向かったモニカだったが…。


ストックホルムでワルツを



感想(ネタバレあり) 数々の試練を乗り越えてこその一流歌手


1960年代、70年代のスウェーデンを代表するジャズ歌手、モニカ・ゼタールンドの物語。

エディット・ピアフ~愛の讃歌~」を観た時も思ったけど、一流と言われる歌手の生涯は辛いことが多い

それは、彼らのその喜怒哀楽が激しい豊かな感受性ゆえのことなのか、それとも、神様が一流の歌手に育てるために試練を与えているのか。

数々の試練を乗り越えてこその、一流歌手なんだなぁとつくづく思う

このモニカの場合、始まりは5歳の娘を持つ田舎町のシングルマザーだった。

昼は電話交換士をし、夜はジャズシンガーとして、ジャズクラブで歌っていた。

そんなどこの田舎町にもいそうな、普通の女性だった。


ストックホルムでワルツを2

NYの舞台に立つ!大きなチャンス!!のはずが…

そんな普通の女性だったモニカが、なんとしてでもジャズ歌手になる!と決心し、もう二度と地元の町には帰らないと覚悟し、ジャズバンドと共に、全国のジャズクラブを旅しながら歌う生活を始める。

そして徐々に人気を集め、念願かなって首都のストックホルムに移り住んだ頃、NYのジャズクラブで降板した歌手の代わりに歌わないかという誘いを受ける。

父には反対されながらも、いよいよチャンス到来!!とモニカは喜び勇んでNYへ向かう。

しかし、歌い始めると間もなく、「彼女を下ろせ」と上から言われてしまう。

「黒人の歌を白人が歌っている」という理由だった。


ストックホルムでワルツを3

自分の気持ちを自分の言葉で歌うこと

さらにその夜、モニカはナイトクラブで歌手のエラ・フィッツジェラルドに出会う。

モニカは尊敬する大歌手の彼女に声を掛けると、歌を聞いて欲しいとお願いし、その場で歌い始めるが、数秒で切られてしまう。

この時エラが言った言葉は、私の心にも強く残っている

「誰かのマネではなく、自分の気持ちで歌えばいいのに。ビリー・ホリデーは自分の言葉で歌っているわよ」

それはエラからの痛烈な批判だった。

モニカの初のNYは、公演の失敗に加え、エラからの批判と挫折だらけで終了してしまった。

しかし、この時の挫折が彼女を大きく変えていく。

それ以来、ジャズをスウェーデン語で歌うことにこだわるようになったのだ。

モニカのこの時の変化は、エラの「自分の気持ちを自分の言葉で」という批判が、そうさせたに違いない

心のこもっていない歌は、誰の心にも響かないし、誰も聞こうとはしない

モニカは、この時の大きな挫折を乗り越え、見事に前へ進むパワーへと昇華していった。


ストックホルムでワルツを4

失敗、別れ、自殺…

その後、スウェーデンで人気歌手となった彼女は、ヨーロッパの歌の祭典「ユーロヴィジョン」のスウェーデン代表に選ばれる。

しかし、本来ならば、スウェーデンで人気の歌謡曲を歌わなければいけないところ、ジャズを歌ってしまう。

そして、0点という屈辱的な点数を取ってしまう。

これが彼女の2度目の大きな挫折だった

そこから彼女の生活は荒み始める

恋人の映画監督とケンカし、別れ、酒に溺れる日々。

そして、その時「昔から本当に好きだった人」の存在に気付くが、既に彼には別のパートナーがいた。

モニカの生活は、さらに荒れる。

彼女の荒み具合を見かねた父親は、彼女から娘を引き離す。

一人ぼっちになってしまったモニカは、自殺未遂を起こす。

全てを失ってしまったモニカ。

もう終わりなのかと思われたその時、モニカはどん底からはい上がり、再起をかけて、また歌い始める


ストックホルムでワルツを5

父が感動したNYでの舞台

彼女が再起のために選んだ場所はNYだった。

ジャズ・ピアニストのビル・エヴァンスへデモテープを送り、共演。

その時の様子が、スウェーデンのラジオで全国放送された。

私は、この時の彼女の歌の素晴らしさに号泣してしまった。

本当にたくさんの苦難を乗り越えて手にした頂点の座

どんな時も、諦めずに前へ進めば、きっと夢は叶う

そう思わせてくれた瞬間だった。

さらに私を泣かせたのは、スウェーデンにいたモニカの父親だった。

それまで、彼女の歌手活動を反対してきた父が、「感動した。素晴らしいものを見せてくれた」と言って、モニカのいるNYまで国際電話をかけてきた。

その2人のやり取りに、涙が止まらなかった。

そしてモニカ・ゼタールンドは、ようやく歌手として頂点に上り詰める。

ストックホルムでワルツを6

100万人のためではなく、1人のために心を込めて歌うこと

その時、モニカと彼女の父が電話でやり取りするのを見ながら、

心を込めて歌い、最も身近な愛する人を感動させることが、歌手として最も大切なこと」なんじゃないかと思った。

一番近くにいて、愛を伝えたい人に伝わらない愛は、遠くにいる人にはもっと伝わらない

逆に、自分の身近にいる愛する人を心から思いながら歌い、その思いが相手を感動させたなら、きっと一緒に聴いていた人たちも、その思いに共感するはず

そうやって、良い歌とは、語り継がれていくものなんだなぁと思った。

100万人のために歌った歌ではなく、1人のために歌った歌が100万人の感動を呼ぶ

エラ・フィッツジェラルドが言いたかったのも、きっとそういうことなんじゃないかな。

自分の気持ちを自分の言葉で歌うこと

そうすればきっと、あなたの想いは愛する人に伝わるに違いない。



↓ 人気ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします

映画 ブログランキングへ

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村





◆「ストックホルムでワルツを」DVD

ストックホルムでワルツを [DVD]

新品価格
¥3,926から
(2016/7/4 23:37時点)


















このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


スウェーデン映画「マスター・プラン」をWOWOWで観た。

相棒を殺された自動車泥棒が、仲間を集めて殺した相手に復讐する話。

WOWOWで放送していた「サスペンス特集」のうちの一本。

「サスペンス」というよりも、「痛快」っていう言葉の方がピッタリくるような映画だった。

【満足度】:★★★☆☆(3.5)

いや~サスペンスというから、もっと暗い話なのかと思ったら、ハリウッドでリメイクされてもおかしくない、テンポが良くて痛快な映画だった。

「マスター・プラン」予告編 動画(日本語字幕なし)

(原題:JONSSONLIGAN - DEN PERFEKTA STOTEN/THE MASTER PLAN)






「マスター・プラン」DVD

マスター・プラン [DVD]

新品価格
¥3,527から
(2016/1/24 00:52時点)



あらすじ


チャールズとラルフは、コンビで自動車泥棒をしている。

ある日、盗んだジャガーの中にあったノートパソコンの持ち主から居場所を追跡され、ラルフが殺されてしまう。

チャールズは、ノートパソコンの中身から、持ち主が大手銀行の頭取であることを突き止める。

そして、盗み、爆破、金庫破りのそれぞれ国内で最高の腕の持ち主を集め、その銀行にラルフ殺しの復讐をする計画を立てる…。


マスター・プラン

感想(ネタバレあり) そもそも銀行破りは痛快だ


もしかして、これって日本の話だけなのかもしれないけど、銀行って何があっても国から守られていて、つぶれないイメージ(※)がある。

※これは、私の勝手なイメージです。

だからなのかな?銀行強盗の話って、なんだかすごく痛快で、もっとやれーーーっヾ(=^▽^=)ノて気分になる。

でも、恐らく、そう思っているのは私だけではないから、いつの時代も銀行強盗をネタにした映画っていうのは、なくならないんだなぁ。

この映画は、まさに、そんな痛快な銀行破りのお話。

主人公は、自動車泥棒のチャーリー。

彼の相棒ラルフは、チャーリーの親戚でもあり、とても仲の良いコンビだった。

ところが、ラルフは人のパソコンを盗んだことで殺されてしまう。

そのパソコンの持ち主は大手銀行の頭取で、実は、その銀行は、マネーロンダリング(資金洗浄)をして、ボロ儲けをしていた。

そこで、チャーリーはラルフの復讐のために、その大手銀行から金を盗んじゃえ!!と思った

となると、ただでさえ、「銀行?やっちゃえ~ ヾ(=^▽^=)ノ」って思うのに、「マネーロンダリング」なんて聞いたら、「どんどん、やっちゃえ~ ヾ(=^▽^=)ノ」って気分になるでしょう??(笑)


マスター・プラン2

チームのメンバーが個性的でテンポも良いから面白い!


その復讐のために集められたチームの面々がみんな個性的で面白い。

特に、女だてらに国内ナンバー1の金庫破りの腕の持ち主、ロッキー(女性なのに、名前がロッキー!!(笑))。

なんと、ロッキーは、チャールズの元カノであり、チャールズはロッキーに未練タラタラ(笑)

そして、もう一人。

離婚しちゃった(捨てられた)妻子の話になったら、いきなり泣きだしてしまうけど、爆破の腕はピカイチで顔が怖いハリー。

爆破に成功すると大興奮しちゃう、ちょっと困った趣味の持ち主(笑)

この2人は、主役の存在をかすめてしまうぐらいに個性が強烈(笑)

で、彼らの個性を描きつつ、笑いも適当に挟んで、テンポよく話が進んでいくので、とても見やすくて面白い。

最後にはちゃんと、どんでん返しも待っている。

マスター・プラン3

日本からスウェーデンへ、スウェーデンから日本へ


この映画の最後の方で、

「日本のテレビのドッキリ番組を見てさぁ、一度やってみたかったんだよねぇ」

なんて、セリフがあったので、こちらが思わずドッキリした(笑)

日本の「ドッキリ大作戦」は、YouTubeに乗ってスウェーデンにまで届いているらしい(笑)

こちらからすれば、スウェーデンのイメージは、イングリット・バーグマンと、アバと、ロクセットとIKEAぐらいしかイメージないんだけど (^^;

こんな楽しい映画もあるんだぁって、今回発見だった。

しかし、ハリウッドでリメイクする気がしてしょうがない。

勝手にハリウッド版のキャスティングを妄想して楽しんでる。

もう、ロッキー役はミシェル・ロドリゲスに決めたから(笑)



↓ 人気ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします

映画 ブログランキングへ

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村



「マスター・プラン」DVD

マスター・プラン [DVD]

新品価格
¥3,527から
(2016/1/24 00:52時点)






















このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


ブログネタ
洋画鑑賞レビュー に参加中!
スウェーデン映画「100歳の華麗なる冒険」をWOWOWで観た。

100歳のおじいちゃんが、誕生日に老人ホームから脱走!?そこから冒険が始まる。

【満足度】:★★★☆☆

笑ったなぁ~。

しかし!ちょっと歴史的背景が分からず??なところが多々あって、残念ながら★3つ。

「100歳の華麗なる冒険」予告編 動画

(原題:HUNDRAARINGEN SOM KLEV UT GENOM FONSTRET OCH FORSVANN
英題:THE 100-YEAR-OLD MAN WHO CLIMBED OUT THE WINDOW AND DISAPPEARED )





「100歳の華麗なる冒険」DVD

100歳の華麗なる冒険 [DVD]

新品価格
¥1,854から
(2015/12/3 00:21時点)



原作本「窓から逃げた100歳老人」

窓から逃げた100歳老人

中古価格
¥294から
(2015/12/3 00:24時点)



あらすじ


100歳の誕生日を迎えたアラン(ロバート・グスタフソン)は、パーティが始まる直前に老人ホームの窓から抜け出し、近くにあるバスの停留所へ。

そこで、スキンヘッドの若者から「持ってろ」と言われたスーツケースを持ったまま、バスに乗ってしまう・・・。

持っているだけのお金でたどり着いた駅の近くに住んでいたユリウス(イラン・ヴィクランデル)と友達になり、その家に泊めてもらうことに。

そこで、アランが持っていたスーツケースを開けてみると、そこには大量のお金が入っており・・・。

100歳の華麗なる冒険

感想(ネタバレあり) おじいちゃんは、万国共通!!


我が家も昨年97歳の祖父を亡くし、やはり徘徊癖があったので、

「あぁうちのおじいちゃんも、徘徊しているときは、こんなに幸せな時間だったらいいなぁ」

と思いながら見ていた。

で、世界中の年寄りはみんな共通だなぁと思うのは、昔話はよく覚えていて、何度も繰り返し、いつも話を盛大に盛っているという3点(笑)

本当に、みんな昔話が好きだよねぇ。

それで、「みんな若い頃は英雄」なの。

いつまで経っても男の子なんだよねぇ(笑)

ここが世界共通だってことが、とてもよく分かりました(笑)



100歳の華麗なる冒険2

歴史的背景がちょっと・・・


ただし、私は、このアランの若い頃の「華麗なる冒険」の歴史的背景と、有名人の名前が???ってなることが多くて、半分も理解できでないのが、残念なところ。

スウェーデンで赤狩りがあったり、ロシアとの近い関係にあることすら知らなくて、へぇ~と思うことばかりだった。

ただ、唯一、ゴルバチョフとレーガンのところは笑えたな。

汚いスラングでまくし立てるレーガンと、それを勘違いするゴルバチョフ。

意外と歴史なんて、そんなものかもしれないよね。

100歳の華麗なる冒険3

明日は明日の風が吹く、きっとなんとかなるさ


いや、しかし、この映画がアランを通して言いたいのは、そんなスウェーデンの歴史ではなく、人間、いつ何が起こるか分からないから、もっと人生を楽しもうぜ~!!ってこと。

私が、この映画の中で一番印象に残っているシーンは、最後にベニーがグニラに告白時に、アランが

「二人が互いに思いあうことなんて、めったにあることではない。めったにないことだよ」

と言っているシーン。

アランは、世界中を飛び回って生きてきたのに、唯一、恋愛だけがしたことが無かった。

だからこそ、この一言にジーンときてしまった。

いろいろ、ゴタゴタ考えてないで、ただグニラの側に行けばそれでいい。

そうなんだよね。

人生、起きても無いことをゴタゴタ考えても仕方ない、もっと楽しまなきゃいけないよね(^^)

100歳の華麗なる冒険4

私の中で貴重なスウェーデン映画


スウェーデン映画って観たことあるかなぁ・・・ってちょっと考えてみたけど、思い浮かばない・・・(^^;

あったとしても、10年ぶりぐらいじゃないかと思うけど。

監督はフェリックス・ハーングレン。

スウェーデンでは、俳優としても活躍されている方らしい。

スウェーデンで映画といったら、イングリット・バーグマンと、イングマール・ベルイマンしか思い浮かばず、バーグマン主演作はアメリカ映画しか見ていないし、ベルイマンの映画は観たことが無いから、やっぱり今までスウェーデン映画には、あまり縁がなかったんでしょうね。

100歳の華麗なる冒険5


スウェーデンでは、「アナ雪」を超える大ヒットとなった本作。

スウェーデンだけでなく、ドイツ、オランダ、ノルウェーでもヒットしたとか。

きっと、みんな、「明日は明日の風が吹く。きっとなんとかなるさ」って思いたいんだろうね。



↓ 人気ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします

映画 ブログランキングへ

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村



「100歳の華麗なる冒険」DVD

100歳の華麗なる冒険 [DVD]

新品価格
¥1,854から
(2015/12/3 00:21時点)



原作本「窓から逃げた100歳老人」

窓から逃げた100歳老人

中古価格
¥294から
(2015/12/3 00:24時点)











↓「100歳の華麗なる冒険」も放送しているWOWOW_新規申込









このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック