ロマン・デュリス主演の映画「ニューヨークの巴里夫(パリジャン)」をWOWOWで観た。

スパニッシュ・アパートメント」、「ロシアン・ドールズ」に続く、セドリック・クラピッシュ監督によるシリーズ第3弾。

前作から8年。ウェンディと結婚し、2人の子供に恵まれた40代のグザビエが、離婚し、NYへ移住して人生を再出発することに…

満足度 評価】:★★★★☆

ちょうど主人公のグザビエたちと同世代の私は、彼らと一緒に成長しているような気分でこのシリーズを観ていた。

人生いろいろあるけれど、大丈夫。きっと、なんとかなるさ。そう思える映画だった。


「ニューヨークの巴里夫(パリジャン)」予告編 動画

(原題:CASSE-TETE CHINOIS/英題:CHINESE PUZZLE)




「ニューヨークの巴里夫(パリジャン)」 DVD

ニューヨークの巴里夫(パリジャン) [DVD]

新品価格
¥3,109から
(2016/7/15 01:45時点)



「セドリック・クラピッシュ / グザヴィエ青春三部作」DVD-BOX

セドリック・クラピッシュ / グザヴィエ青春三部作DVD-BOX

新品価格
¥6,150から
(2016/7/15 01:46時点)





キャスト&スタッフ


出演者






監督

セドリック・クラピッシュ
2013年製作 フランス、アメリカ、ベルギー合作映画




あらすじ


作家のグザビエ(ロマン・デュリス)は、学生時代にスペインに留学した時に知り合ったウエンディ(ケリー・ライリー)と結婚し、2児のパパである。

ある時、NYへの出張から帰ってきたウエンディから「離婚して欲しい」と言われてしまう。

まさに、青天の霹靂だったグザビエだったが、子供と離れて暮らすことに耐えられず、NYへの移住を決意。

しかし、観光ビザで就職もしていないグザビエは、すぐにでもアメリカ人と結婚し、就職先を探さなければならず…。


映画「ニューヨークの巴里夫」


感想(ネタバレあり)


迷いだらけのグザビエの人生に共感


スパニッシュ・アパートメント」、「ロシアン・ドールズ」ときてシリーズ3作目。

主人公のグザビエは私と同世代。

だからなのか、彼の迷いだらけの人生がよくわかる。

いつも、これでいいのか、間違っていないかと思いつつも、結構大胆に行動してしまう。

この「ニューヨークの巴里夫」の場合もそう。

離婚してウエンディと子供たちがNYへ行ってしまうと、自分もいきなりNYへ飛んでしまうし、中国系アメリカ人の女性といきなり結婚したり、イザベルに精子提供してみたり。

「いいじゃん」と思ったことは、とりあえず、何でもやってしまう。

そんなグザビエの「カオス」な生き方が、このシリーズの面白さ。


映画「ニューヨークの巴里夫」

カオスな人生だから、舞台はカオスな街NY


カオスといえば、NYはカオスそのものだ。

白人、黒人、中国人、スパニッシュもいるし、グザビエはフランス人だ。

外国人ばかりが暮らすこの街で、車も渋滞するし、地下鉄は満員電車。

人々はイライラしてケンカする。

でも、そんなカオスの街、NYがグザビエのカオスな生き方にピッタリ。

この3部作の結末の舞台をNYにしたのもすごく納得がいく。


映画「ニューヨークの巴里夫」

離婚、子供、偽装結婚に、新しい恋…??


なぜ、グザビエの人生はそんなカオスなことになってしまったのだろうか…。

40歳、作家のグザビエはイギリス人のウエンディと結婚。子供2人。

そこまでは良かった。

しかし、ある時、突然ウエンディから離婚を宣告されてしまう。

そこから、彼の人生はカオスに。

スペインへ留学した時に知り合ったレズビアンのイザベルに精子を提供して3人目の子供が誕生。

ウエンディから離婚されるも、2人の子供に会いたくて、いきなりNYへ移住。

しかし、観光ビザでは住むことができず、中国系アメリカ人の女性と偽装結婚。

就職もしなきゃいけないから、バイク便の仕事を始め、その間に作家作業も継続…。

ようやくNYに落ち着いたかなと思った頃、一番最初の恋人、マルティーヌと再会。

マルティーヌを再び女性として意識し始め、めでたく恋人同士に…。

いやーーーすごいわ。グザビエの中は、いろんな人生てんこ盛り。

映画「ニューヨークの巴里夫」

短い人生だから、「今」を大切に生きる


私は、そんなカオスの街で、そんなに複雑に絡み合ったカオスな人生を生きているグザビエを見てて思ったのは、「今」という瞬間を大切に生きているということ。

悪く言えば「行き当たりばったり」だけど、そんな毎日を楽しんで生きている。

イザベルに精子を提供したのも、思いつきでNYへ行ってしまったのも、まさに行き当たりばったりだけど、結果として家族が増えたり、新しい出会いがあったり、良い方向へ動いている。

だから、そんなグザビエを見ていると、「人生なんとかなるもんだな」って思ってしまうの。

「決して後ろ向きにならずに」、「前向きに楽しむ」っていうことを忘れさえしなければ。

人生楽しまなきゃ損だよね。

この映画を観ながら、つくづくそう思った。

関連記事

セドリック・クラピッシュ監督・ロマン・デュリス主演の青春三部作

・第二弾「ロシアン・ドールズ
社会人になって5年。結婚を考えるお年頃を迎えた男子の心の揺れを描く。

迷って失敗しても次がある!カオスな街NYでカオスな人生を生きる主人公に共感!






↓ 人気ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします

映画 ブログランキングへ

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村





「ニューヨークの巴里夫(パリジャン)」 DVD

ニューヨークの巴里夫(パリジャン) [DVD]

新品価格
¥3,109から
(2016/7/15 01:45時点)



「セドリック・クラピッシュ / グザヴィエ青春三部作」DVD-BOX

セドリック・クラピッシュ / グザヴィエ青春三部作DVD-BOX

新品価格
¥6,150から
(2016/7/15 01:46時点)