マディソン・ウルフ主演の映画「バーバラと心の巨人」を映画館で観た。

巨人を倒すことを使命だと感じる少女バーバラの成長を描いた青春物語。



満足度 評価】:★★★★☆

予想外に号泣。少女バーバラによる現実との向き合い方。

彼女の勇気、転校生ソフィアの優しさ、カウンセラーの先生の理解力。

全てが揃った時、巨人はバーバラに向き合うチャンスを与える。

その全てが温く寛大で感動してしまった。


目次

  1. 予告編
  2. 更新履歴・販売情報
  3. キャスト&スタッフ
     出演者
     監督
  4. あらすじ
  5. 感想


『バーバラと心の巨人』予告編 動画

(原題: I Kill Giants)



更新履歴・公開、販売情報

・2018年10月14日 映画館にて鑑賞。

・2018年10月29日 感想を掲載。

現在、全国順次公開中。詳しい上映劇場情報につきましては、下記公式サイトをご参照ください。
 ↓


オリジナルサウンドトラック「バーバラと心の巨人」

バーバラと心の巨人

新品価格
¥2,592から
(2018/10/29 15:11時点)



【映画パンフレット】 バーバラと心の巨人

【映画パンフレット】 バーバラと心の巨人 監督 クリス・コロンバス キャスト マディソン・ウルフ, イモージェン・プーツ, シドニー・ウェイド, ロリー・ジャクソン,

新品価格
¥1,100から
(2018/10/29 15:11時点)



原作本「I Kill Giants」【洋書】

I Kill Giants

新品価格
¥3,899から
(2018/10/29 15:33時点)




キャスト&スタッフ


出演者



〇イモージェン・プーツ

〇シドニー・ウェイド

〇ロリー・ジャクソン


監督

〇アンダース・ウォルター


2017年製作 アメリカ映画



バーバラと心の巨人



あらすじ


転校生のソフィア(シドニー・ウェイド )は、近所に住むバーバラ(マディソン・ウルフ)と友達になる。

バーバラは、いつか巨人が町を襲いに来ると信じていて、毎日、巨人が来たかどうかを偵察している。

スクールカウンセラーのモル先生(ゾーイ・サルダナ)は、そんなバーバラを心配し、なぜ、彼女がそのような行動をするのか、を彼女との会話から探り始める。

ソフィアは、そんなバーバラと共に行動しているうちに、彼女の秘密を知ってしまう…。



バーバラと心の巨人3



感想(ネタばれあり)


この映画の感想につきましては、私が「ぴあ映画生活」に掲載したものをご紹介します。


バーバラと心の巨人 (2017)


★★★★ [80点] 「少女バーバラによる現実との向き合い方」


最後は予想外に号泣してしまった。

巨人と共に、バーバラの成長を見守っている気分になった作品だった。



少女バーバラ(多分中学生ぐらい)には「巨人を倒す」という使命があり、近所に巨人をおびき寄せる罠を仕掛けては、監視している。

そのせいか「気味の悪いオタク女」と言われて学校では嫌われてしまっている。



でも、本当にバーバラは気味が悪い子なのだろうか



私は高校生や大学生の頃、現実世界で辛いことがあると、映画館へ行っていた。

行っていたというより、逃げ込んでいたのかもしれない。

その習慣は今でも変わらない。



暗い劇場の中でスクリーンに映し出される世界に没頭し、時には笑い、時には涙を流して現実逃避をする。

そして、スッキリすると、現実の世界に戻っていくのだ。



私の場合は、映画館へ行くことが最善の方法だけれど、現実の辛さを忘れさせてくれる方法は人それぞれ

この映画の主人公バーバラの場合は、それが「いつか巨人がやって来て町を破壊してしまう」という架空の話を信じ込むことだった。

その「いつか」がきた時のために、バーバラは巨人を捕獲する罠を作り、巨人を倒すために強くなろうとし、それを心の支えにしていたのだ。



ゾーイ・サルダナ演じるスクールカウンセラーのモル先生と、転校生のソフィアは、バーバラのそんな現実逃避を知り、彼女を現実に引き戻そうとする



しかし、私たちも、現実逃避している最中に現実に戻れと言われたとしたら、例えば映画を観ている途中で強制的に席を立たされても、全くスッキリせず、むしろ欲求不満になってしまうように。

周りの人たちが強制的に「バーバラ戻っておいで」と言っても、いきなり目を覚ますことはできないし、むしろ逆効果だ。



現実に戻るタイミングを決めることができるのはバーバラ自身であり、必ずどこかで、巨人と決着しなければならない。

そして、最後にその時はやってきて、巨人はバーバラにとても大切なことを教えてくれるのだ。

その瞬間、私は号泣だった



どんな勇者でも、現実を避けることはできない。

けれど、その時、バーバラは現実を受け入れられる程の勇気を十分備えていた。



そして、バーバラは大人へと成長していく。

バーバラの成長と、それを見守る巨人の関係も良かったけれど、彼女が困った時にはいつも側にいるモル先生とソフィアもすごく良かった。

彼女たちの優しさに心が温かくなった。

そして、最後の巨人がとてもかっこよかった。



大切なことは、現実から逃げ続けてはいられないということであり、誰もが、必ず心にいる巨人と戦わなければいけない時がやってくるということなのだ。


Posted by pharmacy_toe on 2018/10/18 with ぴあ映画生活



バーバラと心の巨人2




「とにかく映画が好きなんです」【別館】をスタートしました。

映画のコラムやイベントに参加した話、音楽やご飯ネタなども掲載していきます。

この【本館】よりも、もっとユルッとした裏アカにしていく予定です。

こちらも、ぜひ。
 ↓



Twitterでも、映画情報や海外ドラマの情報を発信しています~




Instagramでも映画のレビューを日々更新しています~






↓ 人気ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします

映画 ブログランキングへ

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村





オリジナルサウンドトラック「バーバラと心の巨人」

バーバラと心の巨人

新品価格
¥2,592から
(2018/10/29 15:11時点)



【映画パンフレット】 バーバラと心の巨人

【映画パンフレット】 バーバラと心の巨人 監督 クリス・コロンバス キャスト マディソン・ウルフ, イモージェン・プーツ, シドニー・ウェイド, ロリー・ジャクソン,

新品価格
¥1,100から
(2018/10/29 15:11時点)



原作本「I Kill Giants」【洋書】

I Kill Giants

新品価格
¥3,899から
(2018/10/29 15:33時点)