イ・ビョンホン主演の韓国映画「インサイダーズ 内部者たち」をWOWOWで観た。

青瓦台(大統領府)に入ることが確実視された大物政治家を巡り、彼を裏で操るフィクサー、フィクサーへの復讐心を燃やすチンピラ、その大物政治家を告発しようと目論む若手検事の戦いを描く。


満足度 評価】:★★★★☆

面白かった!!

多くの人が思うように、ここに描かれている話とパク・クネ大統領の話がどうしてもダブってしまう上で、韓国の政治の腐敗っぷりをより深く知り、アクションやコメディで楽しませるエンターテインメント的な部分もありつつ、その腐敗した政治をどうやって変えていくべきかの提案もキチンと描かれているところが良かった。


「インサイダーズ」予告編 動画

(原題:내부자들(内部者たち))




「インサイダーズ/内部者たち」ブルーレイ スペシャルBOX

インサイダーズ/内部者たち ブルーレイ スペシャルBOX(初回仕様/2枚組) [Blu-ray]

新品価格
¥5,839から
(2017/3/30 20:31時点)



キャスト&スタッフ


出演者

イ・ビョンホン
…(「それだけが、僕の世界」、「天命の城」、「エターナル」、「MASTER マスター」、「マグニフィセント・セブン」、「メモリーズ 追憶の剣」、「ターミネーター/新起動:ジェネシス」、「王になった男」、「甘い人生」など)

〇チョ・スンウ
…(「マラソン」、「ラブストーリー」など)

ペク・ユンシク
…(「観相師-かんそうし-」など)

イ・ギョンヨン
…(「名もなき野良犬の輪舞(ロンド)」、「国選弁護人 ユン・ジンウォン」、「メモリーズ 追憶の剣」、「パイレーツ」、「提報者~ES細胞捏造事件」、「群盗」、「テロ,ライブ」など)

監督・脚本

〇ウ・ミンホ

2015年制作 韓国映画


インサイダーズ

あらすじ


韓国の次期大統領選挙まであと2年となる中、最も次期大統領に近いと言われている政治家・チャン・ピル(イ・ギョンヨン)への大手自動車産業からの裏金を暴く証拠を手に入れたチンピラのアン・サング(イ・ビョンホン)。

彼はその資料を、日頃から兄貴と慕うジャーナリストのイ・ガンヒ(ペク・ユンシク)に託すが、その後、何もかに襲われ資料のコピーの在りかを巡って拷問されてしまう。

それから2年が経ち、アン・サングはチャン・ピルとイ・ガンヒへの復讐心をたぎらせ、彼らを失墜させるチャンスをうかがっていた。

その一方で、チャン・ピルは当初の予定通り大統領選挙で有利な立場にいたが、彼の不正を怪しみ告発する機会を狙っていた若き野心家の検事、ウ・ジャンフン(チョ・スンウ)は、アン・サングの存在に気付き…。


インサイダーズ3

感想(ネタバレあり)


韓国映画は顔が良い


韓国映画って、いつも思うことなんだけれども、顔が良いよね。

若手俳優が美しいとかそういうことじゃなく(いや、多少はそういう部分もあるけど)、悪い人はものすごく悪い顔をしているし、本当に良い人は人柄がにじみ出た表情をする。

その役柄の人生も含めた表情をするところが、いつも素晴らしいなと思うのだけど、この映画では、イ・ビョンホンのその「顔の演技」が本当に素晴らしいと思った。

ただのカンペ(チンピラ)だった頃、復讐心を燃やしていた頃、少しは真っ当な人間になろうと思った頃、その時々に合わせた表情を見せた上で、さらに悪魔的な部分と良心的な部分、コミカルな面まで使い分けていて、本当に凄いと思った。

これから観る人は、是非、そんなイ・ビョンホンの表情の変化も見て欲しいと思う。

インサイダーズ2

腐り切った世の中の希望はどこにあるのか


さて、日本のお隣の韓国では、連日パク・クネ大統領の弾劾裁判で国中が荒れている。

その結果、日本でもパク・クネ大統領の賄賂問題について、連日、ニュースで特集が組まれている。

そして、私たちは大統領という人が、想像以上に広い範囲で「賄賂(わいろ)」によってつながっている事実を知ってしまった。

政治家・財閥・検察・芸能界まで。

その報道と観ているだけで、世の中は腐敗しきっていて、韓国で成功したいなら、「賄賂」や、少なくとも権力者につながるコネが必要不可欠だと思い知らされる。

それを、海を隔てた隣の国で見ている私たちは、「うわぁ。韓国も大変だなぁ」と他人事のように客観視できるが、韓国に住んで生活して、税金を払っている国民はたまったもんじゃないだろう。

必死でがんばっても、結局、のし上がるのは財閥のような金持ちかそれにつながるコネ持ちのみ。

汗水流して働いた血税は、見事に腹黒い権力者の元へと吸い取られていく。

それを思うと、韓国の国民がデモをしたくなる気持ちも分からなくもない。

「この国の希望はどこにあるのか」

それが、この映画の原点。

そして、それは日々ニュースで報道される腐り切った世の中を憂いたところから始まったのではと思う。

インサイダーズ5

まるでマフィアのような政治家たちの世界


政治の世界は、「権力と人脈をフル活用した」生き残りゲームである。

これは世界中共通した話である。

韓国だけでなく、アメリカも日本だって、政治の頂点に立つのは、「立派な政策を提案した人間」ではない。

政界だけでなく、財界や、メディアなど、幅広く顔がきき、人脈を集めたものが権力を握り、勝ち抜いていく。

しかし、韓国では、その「人脈集め」に古くから多額の「賄賂」を使うことを習慣としてきた。

もちろん、日本やアメリカでも未だに「裏金」が動くことがあるが、韓国の賄賂は古来からの伝統であり、忖度して当たり前の習慣がある。

本来ならば、その実態を暴くはずのメディアまでもが「金」によって口封じされ、取り締まるはずの検事や警察までも賄賂によって権力者に操られる。

その結果、金がない人間は一生のし上がれないが、逆に権力者に近ければ近い程、どんな業界でものし上がれるという泥沼の悪循環が、習慣化されている。

この映画でも、その韓国の腐り切った「悪しき習慣」が背景として描かれている。

次期大統領選で有力候補の大物政治家と、彼を裏で操るフィクサーのジャーナリストは毎晩のように接待を繰り返し、金をばらまき、権力を高めつつ、裏切ろうものなら、口封じの制裁を下す。

それは、まるで「ゴッド・ファーザー」で描かれているマフィアの世界のようだが、主人公はマフィアではなく、政治家である。


インサイダーズ4


「権力者」vs「コネなし庶民」の戦い。勝ちたいのなら、相手の弱点を見極めろ


それでは、その大物政治家の傘下に入れない庶民には、この世を良くしようとするチャンスは巡ってこないのか…。

キム・スンウ演じる若手検事ジャンフンは野心があるが、賄賂を嫌う良心的な人間だ。

将来のため、日々コツコツと成果を上げていくが、「コネがないなら上に上がれない」と上司に諭されてしまう。

それならば、大物政治家を挙げればのし上がることができるのかと思い、最も大統領に近い男とされたチャン・ピル候補に照準を当てる。

そして、チャン・ピルを追う中で彼が目を付けたのがカンペ(チンピラ)のサングである。

この映画では、そんな権力者に牙をむく若手検事とチンピラの「コネなし庶民」コンビを中心に描くことで、その腐り切った世の中に風穴を開ける突破口を描こうとしている。

多くの観客はジャンフンやサングのようにコネがなく、それでもなんとか出世したいと思いながら生きている。

そんな一般庶民の観客たちは、彼らの活躍を観ているうちに、自然と彼らコンビを応援するようになっていく。

そして私たちはこの「生き残りゲーム」の中で、「メディアを最も上手に利用した者」が最後に勝ち残ることを知る。

初めはチンピラのサングが「大統領候補への裏金」について告発をする。

しかし、それはジャーナリストのイ・ガンヒによって打ち消されてしまう。

チンピラの言うことなんて、誰が信じるのか。

たとえ、そこにあるのが事実だったとしても、「だれもチンピラの言うことなんか信じない」という人間の見た目に対する偏見をうまく利用し、逆にサングを窮地に追い込んでしまう。

ここでは、メディア操作が得意なイ・ガンヒが勝ってしまう。

そこで、「コネなし庶民たち」は、彼らの逆手をとり、ジャンフンを権力者たちの中に送り込む。

そうして、自らの立場を捨ててチャン・ピル大統領候補とイ・ガンヒの「ワイセツ動画」の撮影に成功する。

結局、それが足がかりとなって「権力者たち」は総崩れになっていく。

なんだかんだ言って、権力者たちも「検事」という肩書に惑わされるのだ。

そこに彼らの隙があることを、散々犬として働かされたサングはよく分かっていた。

インサイダーズ6


「腐敗した世界を変える」のに必要なのは、市民たちの「監視の目」である


そんな彼ら、「権力者」 vs 「庶民たち」の争いを見ていると、これからの時代は「どれだけメディアの前で好印象でいられるか」が肝になってくることが分かる。

日本で言えば、「文春砲」のようなスキャンダラスな記事があっという間に一人の政治家の命を終わらせてしまうのと一緒である。

特に韓国は日本よりもネットが発達しているので、いかにネットをうまく利用するかがカギになってくる。

これからの政治家にとって大切なのは、「政策」ではなく、「クリーンに見える生活(とくに異性関係)」である。

日本にとっては、それが当たり前のことでも、韓国では、彼らの懐に入り込むことすらできないし、決められた人しか近づけないのだから、スクープ動画を撮るのは至難の業だ。

そこで、「虎穴に入らずんば虎子を得ず」とばかりに、若手検事ジャンフンが「権力者たち」の信頼を獲得し、彼らの群れに紛れ込んだ後のどんでん返しが非常に痛快だった!!

この時、ジャンフンのフィクサーとなったのは、イ・ガンヒの弟子サングである。

散々、イ・ガンヒの犬をやってきたサングは、その日々の中でイ・ガンヒのやり口を学んでいた。

そして、見事にイ・ガンヒの弱点を突き、一発逆転の場外ホームランを放ち、権力者たちはものの見事に崩れ去っていった。

しかし、そうやって自分たちの人生を賭けてまで権力者たちを失墜させたものの、「コネなし庶民」たちに良い生活が待っている訳ではない。

それもまた、現実。

その代わり、彼らが得たのは「世の中を変えた」という満足感と、この先にある「希望」である。

そうやって、誰かが犠牲になってでも、内側を暴いていくことで世の中は少しずつ良くなるに違いない。

今の時代は、検事じゃなくても、一般市民だって、「おかしい」と思ったことは写真や動画に撮って暴露するこができる。

もちろん、行き過ぎた行為はダメだけど。

この映画が、今の韓国の腐敗した世の中に期待するのは、そんな「コネなし庶民」の政治家たちに対する「監視の目」なのではないだろうか。



↓ 人気ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします

映画 ブログランキングへ

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村





「インサイダーズ/内部者たち」ブルーレイ スペシャルBOX

インサイダーズ/内部者たち ブルーレイ スペシャルBOX(初回仕様/2枚組) [Blu-ray]

新品価格
¥5,839から
(2017/3/30 20:31時点)