岡田准一主演の日本映画「来る」を映画館で観た。

第22回 日本ホラー小説大賞を受賞した「ぼぎわんが、来る」を映画化したホラー映画。


満足度 評価】:★★★★☆

「ヘレディタリー」の後に観てしまうと、どうしてもアメリカとの差を感じてしまう作品。

つまらなくはなかったけど、話は散らかってるし、ディテールも詰めも甘い。

怖くはないけど、やたらと血が吹き出るホラーだった。

俳優の個性は楽しめた。


目次

  1. 予告編
  2. 更新履歴・販売情報
  3. キャスト&スタッフ
     出演者
     監督
  4. あらすじ
  5. 感想


『来る』予告編 動画




更新履歴・公開、販売情報

・2018年12月10日 映画館にて鑑賞。

・2018年12月19日 感想を掲載。

・2019年10月13日 WOWOWでの放送に合わせて加筆・修正。

現在、DVD販売中。詳しい作品情報につきましては、下記公式サイトをご参照ください。
 ↓
映画『来る』公式サイト

DVDで観る:「来る」

来る DVD通常版

新品価格
¥3,419から
(2019/10/13 18:48時点)



原作本「ぼぎわんが、来る」

ぼぎわんが、来る (角川ホラー文庫)

新品価格
¥734から
(2018/12/19 16:19時点)



サウンドトラック「来る」

来る

新品価格
¥2,700から
(2018/12/19 16:20時点)






キャスト&スタッフ


出演者



〇小松菜奈
…(「沈黙-サイレンス-」、「バクマン。」など)

〇松たか子



〇柴田理恵

〇伊集院光

〇太賀

〇志田愛珠

〇蜷川みほ

〇石田えり


監督

〇中島哲也


2018年製作 日本映画



映画「来る」



あらすじ


田原秀樹(妻夫木聡)は、恋人の香奈(黒木華)と結婚してから2年が経った頃、自身の周りで怪奇現象ばかりが起きることに頭を悩ませていた。

そのため、友人の文化人類学者の津田大吾(青木崇高)に相談したところ、津田からオカルト記事が専門のジャーナリスト野崎(岡田准一)を紹介される。

野崎は、そんな田原の自宅にキャバ嬢の比嘉真琴(小松菜奈)を連れてくる。

真琴は、霊媒師のようなこともできるのだという。

しかし、真琴が田原の家に入ったところ「真琴の手には負えないモノがいる」と言い、真琴は姉で霊媒師の琴子(松たか子)に助けを求めるのだが…。



映画「来る」



感想(ネタばれあり)


この映画の感想につきましては、私が「ぴあ映画生活」に書いたものをご紹介します。


来る (2018)


★★★ [60点]「これはホラーではない?」


んーー。

決してつまらなくはなかったけど。

んーー。

これはなんとも…。



ある一家に、恐怖の出来事ばかりが降りかかり…というホラー映画。



個人的に、降霊ものとか、除霊ものとか、欧米でいえば「エクソシスト」系の悪魔祓いものとかが割と好きで。

だから、この映画も途中までは、かなり乗り気で観てた。

けど、なんだろう…。

話は散らかりすぎだし、ディテールも詰めも甘い



あんまり、他のものと比べるのは好きではないけど、「ヘレディタリー 継承」を観た後にこれを観ると、アメリカと日本のレベルの差が歴然で

画面いっぱいに血がバンバン吹き出しても怖くない私としては、ホラー映画を観たはずなのに、全く怖い思いをしないまま映画が終了してしまった映画だった。



でも、その中でも個性的なキャラたちは好きだった。

柴田理恵と松たか子の霊媒師とか、薄っぺらな妻夫木くんとか。

でも、薄っぺらいなら、薄っぺらいなりに、なぜ薄っぺらいのかを、もっと突き詰めてくれたら
もっと怖かったんじゃないかと思う。




Posted by pharmacy_toe on 2018/12/14 with ぴあ映画生活




Twitterでも、映画情報や海外ドラマの情報を発信しています~




Instagramでも映画のレビューを日々更新しています~




ゆるめの映画ネタはこちら→「とにかく映画が好きなんです」【別館】

映画のコラムやイベントに参加した話、音楽やご飯ネタなども掲載しています。

この【本館】よりも、もっとユルッとした裏アカです。

こちらも、ぜひ。
 ↓





↓ 人気ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします

映画 ブログランキングへ

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村





DVDで観る:「来る」

来る DVD通常版

新品価格
¥3,419から
(2019/10/13 18:48時点)



原作本「ぼぎわんが、来る」

ぼぎわんが、来る (角川ホラー文庫)

新品価格
¥734から
(2018/12/19 16:19時点)



サウンドトラック「来る」

来る

新品価格
¥2,700から
(2018/12/19 16:20時点)