海外ドラマ「ナルコス」<シーズン1>エピソード5『未来は必ず訪れる』をNetflixで観た。

エスコバルとコロンビアの対立が本格化し、戦争が始まろうとしていた。

その中で、金で買収されない者たちがコロンビアの希望の光として未来を照らしはじめていた。

「ナルコス」<シーズン1>予告編 動画

(原題:Narcos)

 


「ナルコス」大統領を目指した麻薬王 DVD-BOX

ナルコス 大統領を目指した麻薬王DVD-BOX

新品価格
¥8,436から
(2018/4/19 10:46時点)




***********

〇 「ナルコス」<シーズン1>エピソード4 観ました!!

感想はこちらから →海外ドラマ「ナルコス」<シーズン1>エピソード4『炎に包まれた正義宮殿』邪魔者は消す、犯罪の証拠はどこにあっても消去する。ヴァグネル・モーラ主演【感想】

***********

キャスト&スタッフ


出演者

〇ヴァグネル・モーラ

ボイド・ホルブルック
…(「LOGAN/ローガン」など)

ペドロ・パスカル
…(「ビール・ストリートの恋人たち」、「キングスマン:ゴールデンサークル」、「グレートウォール」など)




narcos




感想(ネタバレあり)


戦うためにコロンビアへ帰るエスコバル


最高裁判所を襲撃したエスコバルと他のナルコス(密売人)たちはハバナへ逃げる。

とはいえ、ノリエガはアメリカに逮捕されてしまい、そこにずっといるわけにもいかなくなってしまう。



では、その後エスコバルは「どう動くべきか」と考えた時に、コロンビアの政治家を買収しても恩赦がおりない

そりゃそうだろう。

裁判所を燃やした人間に恩赦が下りるとも思えず。



その中で、エスコバルは次期大統領候補のガランを暗殺

アメリカからナルコスたちの引き渡し要求がある中で、引き渡しを認めたのがガランだった。



エスコバルは落ち着き先をどうするかと考え、だったら海外はどうかと思った時、エスコバルの妻は海外へ行くことを嫌がり、コロンビアへ戻ることになる

命の危険があるのは、妻ではなくエスコバルの方なのに、こういう時の決断は妻の意見を優先するっていうのは、なんとも意外だったけど、まぁこんなものなのかもしれない。

そこは、奥さんの意見を尊重したように見えるけどエスコバル本人もコロンビアへ帰りたかったはず。



というのも、これは奥さんも言っていたけど、エスコバルがコロンビアで稼いだ大量の金は海外へ持ち出すのが難しい。

それならば、コロンビアで生きていくしか道はないのではないか

ただし、コロンビアへ帰れば確実に政府、アメリカとの戦いが待っている。

コロンビアへ帰るということは、戦う決断をするということだった。



ナルコス1-5-1



コロンビアの未来を照らすものたち


そうして、エスコバルはコロンビアで生きていくことを決意し、帰国する。

今まで以上にエスコバルに反対するものへの報復は強くなる。

これはエスコバルの戦争だからだ



しかし、それでもエスコバルに反対し、密売人をコロンビアから追い出そうとする人々はコロンビア国民にとって「希望の光」となる

コロンビア軍のカリージョは、買収されない人間だけを集めて麻薬カルテル特捜隊を組織する。

エスコバルはカリージョを買収しようとするがうまくいかず、暗殺しようとするが未遂に終わる。



さらに、暗殺されたガランの後釜として大統領選に立候補したガビリア

「コロンビアに暴力と恐怖を蔓延させた悪党には正義がくだされる

素晴らしい未来はある。私はガランの意志を継ぐ」と演説する。



このエピソードでは「金で買われない勇気ある指導者たち」について描かれていた。

しかし、エスコバルの脅威は強く大きく、ますます血が流れると思われ…



Twitterでも映画や海外ドラマの情報を発信しています~





↓ 人気ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします

映画 ブログランキングへ

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村





「ナルコス」大統領を目指した麻薬王 DVD-BOX

ナルコス 大統領を目指した麻薬王DVD-BOX

新品価格
¥8,436から
(2018/4/19 10:46時点)