海外ドラマ「ナルコス」<シーズン2>エピソード1『自由の身』をNetflixで観た。

シーズン1では、パブロ・エスコバルがメデジンカルテルを作り、コロンビアの麻薬密売王となるところまでが描かれていた。

シーズン2では何が描かれるのか。

エピソード1から軍隊とメデジンの対立が描かれているが、エスコバル帝国は崩壊するのか…。

この先の展開が楽しみだー。


「ナルコス」<シーズン2>予告編 動画

(原題:Narcos)

 


「ナルコス」大統領を目指した麻薬王 DVD-BOX シーズン1

ナルコス 大統領を目指した麻薬王DVD-BOX

新品価格
¥8,436から
(2018/4/19 10:46時点)




***********

〇 「ナルコス」<シーズン1>エピソード10 観ました!!

感想はこちらから →海外ドラマ「ナルコス」<シーズン1>エピソード10『いざ、旅立たん』シーズン最終話。マーフィー誘拐。エスコバル形勢逆転。ヴァグネル・モーラ主演【感想】

***********

キャスト&スタッフ


出演者

〇ヴァグネル・モーラ

ボイド・ホルブルック
…(「LOGAN/ローガン」など)

ペドロ・パスカル
…(「ビール・ストリートの恋人たち」、「キングスマン:ゴールデンサークル」、「グレートウォール」など)




narcos




感想(ネタバレあり)


コロンビア最大の失態「エスコバルの脱獄」


シーズン1のラストで軍に突入されたエスコバルは、サンドバル副大臣を盾にし、自分はその隙に刑務所の抜け穴から脱獄。

その出口で軍隊が待ち構えていたが、誰もエスコバルに手を出すことができず、そのままエスコバルは誰に止められることなく、脱獄を成功させる。

そして、家族の元へと帰っていく。



こんなことあるのかーーー!!

とびっくりするようなことが当時のコロンビアでは起きていた。

目の前に極悪の麻薬密売人がいるにも関わらず、武装している軍人が誰も手を出せずにいたなんて、エスコバルはリアルな「悪魔」に違いない。



そのエスコバルの脱獄は、すぐに「コロンビア最大の失態」として、世間に知られることになる。



その頃、メデジンカルテルの内部では、エスコバルが殺した二人の仲間たちが反乱を起こし、対立関係にあり、エスコバルは帰ってきたものの、いつどこから命を狙われてもおかしくない状況にあった

そこで、エスコバルは大統領と平和に刑務所に戻るための交渉をしたいと思っていた。



ナルコス2-1-1



形勢逆転のエスコバル…


マーフィーがカリカルテルに誘拐されて以来、不安になったマーフィーの妻コニーは、養子にした子供を連れてアメリカに帰ってしまう

マーフィーは、そのことをコニーが帰る寸前に聞き、彼女を追いかけて空港に着いたときには、彼女の乗った飛行機は離陸してしまっていた。

そのためか、マーフィーは荒れてしまい、空港のトイレでドラッグを使用していたパイロットをボコボコニ殴ってしまう。



マーフィーの気持ちを代弁すれば、どんなにマーフィーやペーニャがコロンビアで密売人たちと戦っても、アメリカでドラッグの消費量が無くならない限り、この不毛な争いは永久に続くのだ。

そして、その戦いのために、多くの人々が命を落とし、そんな世界が嫌になったコニーはアメリカに帰っていったっていうのに、何も知らないアメリカ人パイロットは、バカみたいにドラッグをしているなんて、腹が立つ!!ということだろう。



パイロットをボコボコにしたマーフィーは、そのまま逮捕されてしまう。

そして、その間、市民からの情報を得てエスコバルの部下を追っていたペーニャは、その部下に目の前で逃げられてしまう。



大統領と自分に有利な条件で交渉をするつもりでいたエスコバルだったが、大統領本人はテレビの目の前で演説をする。

その中で、ガビリア大統領は

「この国の国民を怖がらせてきた、エスコバルによる支配を終わらせる。

エスコバルの居所を知らせる有力な情報には、140万ドルを支払う

エスコバルとは一切、交渉しない」と宣言する。



そんなガビリアをエスコバルは茫然と眺めているのだった…。





Twitterでも映画や海外ドラマの情報を発信しています~





↓ 人気ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします

映画 ブログランキングへ

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村





「ナルコス」大統領を目指した麻薬王 DVD-BOX

ナルコス 大統領を目指した麻薬王DVD-BOX

新品価格
¥8,436から
(2018/4/19 10:46時点)