ビートたけし北野武)、西島秀俊主演の映画「女が眠る時」の舞台挨拶付き試写会に行ってきた。

一人の小説家・健二が、旅先で初老の男性と若い女性のカップルと出会い、巡らせる思い…。


満足度 評価】:★★★★☆

ビートたけし北野武)は、舞台挨拶の際に「とても難解な映画です。あなた自身の解釈で観てください」と言っていた。

私は、難解な映画というよりも、「あぁ、これはこういうものなのか」と感じる映画だと思った。

すると、「次はどうなるの?」「次は??」と先が気になって、最後まで楽しく観られた。

もしも、この映画が気になっているのなら、是非、自分なりの感性でどう見えるか感じて欲しい作品。


「女が眠る時」予告編 動画





ネット配信で観る:「女が眠る時」

女が眠る時

新品価格
¥400から
(2018/1/21 15:18時点)



DVDで観る:【早期購入特典あり】「女が眠る時」 (特装限定版) (プレスシート付) Blu-ray

【早期購入特典あり】女が眠る時 (特装限定版) (プレスシート付) [Blu-ray]

新品価格
¥5,638から
(2016/8/5 12:49時点)



原作本+ノベライズ「女が眠る時」

女が眠る時

新品価格
¥1,296から
(2016/1/17 00:24時点)



キャスト&スタッフ


出演者

ビートたけし
…(「ゴースト・イン・ザ・シェル」、「アウトレイジ ビヨンド」、「アウトレイジ」、「HABNA-BI」、「座頭市」、「その男、凶暴につき」など)

西島秀俊
…(「人魚の眠る家」など)

〇忽那汐里

リリー・フランキー
…(「凶悪」、「バクマン。」)

〇小山田サユリ

新井浩文
…(「アウトレイジ ビヨンド」、「バクマン。」など)

〇渡辺真起子


監督

〇ウェイン・ワン


2016年製作 日本映画



あらすじ


作家の健二(西島秀俊)は、編集者の妻、綾(小山田サユリ)と共に海辺のホテルに宿泊することに。

そこで、初老の男性、佐原(ビートたけし北野武))と、若い女、美樹(忽那汐里)と知り合う。

健二は、その二人のことが気になり、彼らの様子を観察し始めるのだが…。


女が眠る時0



感想(ネタバレあり)


つい、いろんなことを想像してしまうカップルがいる


これ、分かるなぁと思いながら観ていた。

たとえば、地方に旅行に行って、泊まっているホテルのレストランですんごいおっさんと、めちゃくちゃ若い女子が二人で楽しそうにご飯を食べている現場に遭遇したとき

瞬時に「この二人の関係は??」って妄想する



かなり余計なお世話だし、ジロジロ観ちゃいけないのわかっているけど、つい観ちゃう。

最初は「きっと仲の良い親子なんだろう」からスタートして、「いや、実は上司と部下で恋の逃避行」まで妄想は突っ走る。



この映画は、まさに、そんな私の妄想で出来上がっていた

スランプの小説家・健二(西島秀俊)が出くわした、佐原(ビートたけし)と美樹(忽那汐里)。

健二も、奥さんと佐原と美樹について考えているうちに、妄想が広がってきた。



そこで、二人のことをいろいろ探っているうちに、どれが妄想で、どれが現実なのか、自分でも境界が分から無くなっていった

それはもちろん、私の勝手な解釈だけど、そう思いながら観ていると、健二の妄想の暴走っぷりがすごく楽しかった



女が眠る時



暇人の考えることにはろくなことがない


日頃から、人間って、暇な時には、いろいろよからぬことを考える生き物だと思っている

小説家 健二も同じで、暇人だから、いろいろよからぬ方向へ妄想が広がっていく。

そして、健二はその妄想を小説にする。



そこから、今起きている出来事が、小説の中のものなのか、現実なのか境界が分からなくなってくる。



それが最も顕著だったのは、4日目「嵐の午後」

その日は奥さんと外食の約束をしていて、出かけようとする健二のタクシーに、美樹が乗り込んでくるところ。

これは、もう完全に健二の希望的妄想以外の何物でもない



まず、見ず知らずの健二のタクシーに美樹が乗り込んでくることは無い!!

妄想です。目を覚ましましょう。



さらに、嵐の中で自殺しようとする美樹を健二が助けて抱擁する。

いやいや、見ず知らずのあなたに美樹が助けを求めることはない!!

その、「かわいそうな彼女を、自分が助けるんだ」っていう、男性特有のヒーロー願望が面白い



なぜ、彼女を可愛そうな子だと思いこむ??なんで、助けようと思う??

目を覚ましましょうよ。と思った瞬間に、スエット姿でPCに向かう健二が登場する。

これで、健二が佐原と美樹を主人公にした小説を書いていて、周りが見えなくなるぐらいに没頭していたことが分かる。



この嵐のシーンでは、妄想と現実の境界が無くなっているのがすごく面白かった



翌日、健二の妄想通り、美樹が行方不明になる。

美樹に自殺願望があるんなら、刑事さんに本当のことを言いましょうよ。健二さん。

本当の話じゃなくて、妄想だから言えないんですよね。



女が眠る時2



なぜ、そこまでピュアさを求めるのか


結局のところ、美樹が「無防備に寝ている姿」を撮り続ける佐原にしても、嵐の中、彼女を自殺から守りたい健二にしても、美しい女性にピュアさを求めすぎている。

自分の好きな女は、誰よりも純粋でピュアなものだと思いたい願望



ビックリなのが、美樹のクローゼットには白い服しかない。

下着も、もちろん白オンリー。

それは明らかに美樹に純潔を求めている



美樹が行方不明になったことに対して、「彼女が今の生活に美樹が絶えられなくなったのか」、それとも「佐原が殺したのか」と健二の妄想は続く。

実際のところ、美樹は外に男を作って出て行っただけ。



本当は外に男を作って出て行っただけなのに、男性が妄想を織り交ぜて小説にすると、こんな風に話が膨らんでいくのだ。

結局、健二が書いた佐原と美樹の物語は、大ヒットする。



最後、振り向きざまの佐原の笑顔が印象深い。

そもそも、佐原自体も現実に存在せず、健二が作り出した人間だったのかもしれない

あの笑顔は、めでたく小説がヒットしたから、「もう大丈夫(小説家として)だな」の笑顔だったのか。

最後は、この映画らしく、私たちに妄想させて終了していった。




女が眠る時3



ピタリとはまるキャスティングが良い


初老の男性・佐原を演じるのは、ビートたけし北野武)。

その恋人・美樹には忽那汐里。

小説家・健二には西島秀俊。

健二の妻に小山田サユリ。

この4人のキャスティングが、それぞれにピタリとはまっていて面白い

演出の力なんだろうなぁ。



監督は「スモーク」「ジョイ・ラック・クラブ」のウェイン・ワン。

いまだに、「スモーク」というと、私にはトム・ウェイツの声が聴こえてくる。

今回は、「スモーク」とは全然違う映画だったけど、これはこれで面白かった。






↓ 人気ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします

映画 ブログランキングへ

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村



ネット配信で観る:「女が眠る時」

女が眠る時

新品価格
¥400から
(2018/1/21 15:18時点)



DVDで観る:【早期購入特典あり】「女が眠る時」 (特装限定版) (プレスシート付) Blu-ray

【早期購入特典あり】女が眠る時 (特装限定版) (プレスシート付) [Blu-ray]

新品価格
¥5,638から
(2016/8/5 12:49時点)



原作本+ノベライズ「女が眠る時」

女が眠る時

新品価格
¥1,296から
(2016/1/17 00:24時点)