「パティ・ケイク$」を試写会で観た。

貧しい地域で暮らす白人金髪ぽっちゃり女子のパティがラッパーになることを夢見て、ラッパーの世界に挑んでいく物語。


満足度 評価】:★★★★☆(4.0)

面白かった~。

最後には感動して泣いてしまった。

やっぱり音楽っていいなと思ったし、音楽とはオーディエンスの前で魂を込めて披露して、聴いてもらった時に初めて完成するものだと思った。


目次

  1. 予告編
  2. 更新履歴・販売情報
  3. キャスト&スタッフ
     出演者
     監督
  4. あらすじ
  5. 感想


「パティ・ケイク$」予告編 動画

(原題:Patti Cake$)




更新履歴・公開、販売情報

・2018年5月8日 試写会にて鑑賞。

・2019年7月17日 WOWOWでの放送に合わせて加筆・修正。

現在、ネットで配信中。



見逃しちゃった?でも大丈夫!映画「パティ・ケイク$」」は、現在U-NEXT で配信中

本ページの情報は2019年7月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

AmazonPrimeで観る:「パティ・ケイク$」(字幕版)

パティ・ケイク$ (字幕版)

新品価格
¥2,500から
(2019/7/17 17:44時点)



【映画パンフレット】「パティ・ケイク$」

【映画パンフレット】パティ・ケイク$ 監督 ジェレミー・ジャスパー キャスト ダニエル・マクドナルド, ブリジット・エバレット, シッダルタ・ダナンジェイ,

新品価格
¥2,300から
(2018/5/7 16:42時点)





キャスト&スタッフ


出演者

〇ダニエル・マクドナルド

〇ブリジット・エバレット

〇シッダルダ・ダナンジェイ

〇キャシー・モリアーティ

〇ママドゥ・アティエ


監督・脚本・オリジナル音楽

〇ジェレミー・ジャスパー


2017年製作 アメリカ映画



映画「パティ・ケイク$」



あらすじ


ニュージャージーの貧しい地域でくらすパティ(ダニエル・マクドナルド)は、バイトを転々としつつ、病気の祖母(キャシー・モリアーティ)とアルコール依存症の母(ブリジット・エバレット)を支えながら暮らしている。

パティの夢は、ラッパーになってそんな貧しい生活から抜け出すこと。

そこで、パティは親友でラッパー仲間のジェリ(シッダルダ・ダナンジェイ)と共に、場末のステージで歌うが、その帰り、同じ地域にいる同世代のラッパーからラップバトルを挑まれ、打ち負かすことで自信につなげていく…。



映画「パティ・ケイク$」



感想(ネタバレあり)


白人金髪女子は、ラップの世界では絶対に成功できないマイノリティ


白人金髪女子と言ったら、アメリカではマジョリティ(多数派)に分類される人種である。

しかし、ラップの世界では、それが逆転してマイノリティ(少数派)に分類され、「絶対に成功できるはずがない」と言われてしまう人々である。



イマイチピンとこないなら、メジャーで活躍する歌手の中で、「白人金髪女子のラッパー」を思い浮かべてみると良い。

誰か思い浮かぶような人がいるだろうか。

エミネムは成功している白人ラッパーだが、彼は男性である。



その上、この映画の主人公のパティは、歩いているだけで「ダンボ」と言われてしまうようなぽっちゃり女子だ。

もう、それは日常生活でいったら、三重苦な上に、手かせ足かせをはめられているようなものであり、誰が見たって「あの娘が成功するはずがない」と思われてしまうタイプである。



この物語は、そんなパティが小さな成功を積み重ねながら、ラッパーになる夢を諦めずに、前に進み続ける物語である。



映画「パティ・ケイク$」


成功に必要なのはハングリー精神と飛び込む勇気


どんなに才能に恵まれた人であっても、成功するために必要なのは「ここから抜け出したい」というハングリー精神である。

貧困地域で育つサッカー大好き少年は「プロになって、この肥溜めから抜け出したい」という気持ちが、一流選手になるための原動力になり、そういう地域から世界で活躍するスター選手が生れる。



パティが住んでいるのは、ニュージャージーにある貧困層の人たちが暮らす地域である。

そこは、日本に住んでいる私からしたら、見るからに「こんなところには住みたくない」と思ってしまうような場所だった。

近所にある丘の上から遠くを眺めると、小さくニューヨークが見え、パティはそれを手の中に収めながら「絶対にあそこに行ってやる」と自分を鼓舞する



さらに、アルコール依存症の母と、病気の祖母を抱え、仕事をしようにもなかなか稼げない。

そんな金銭的な貧しさも、パティの背中を押す



そうして、ハングリー精神を持ったら、あとはその世界に思いっきり飛び込んで、どんなことがあっても諦めずに突き進むだけだ。

その先に何があるか見えないような暗闇であっても、恐れることなく突き進んだ者だけに、次の道が開かれるのだ。



その象徴として、この映画の中で登場するのが「Gate Of Hell(地獄門)」だ。

ライブハウスでバスタードのステージを見て、その音楽性に惹かれ、パティは彼を追いかけたのだが、そこでたどり着いたのが、その地獄門だった。



目の前に広がるのは暗闇だけ。

それでも、彼女はバスタードのことを信じて突き進んでいく。

勇気を持って飛び込んだからこそ、パティはバスタードという新たな仲間を手に入れ「パティの音楽」を表現することができたのだ。



もしも、そこで怖がって回れ右をしていたら、パティの成長はそこで止まっていた

ここで、成功のためには「飛び込む勇気」が必要なことを示しているのだ。



映画「パティ・ケイク$」


辛いことも嬉しいことも悲しいことも、その全てが魂となって詩に込められる


ハングリー精神を持ち、共に表現をする仲間ができたら、あとは音楽に魂を込めるだけだ。



ラップは、様々な音楽表現の中で最も「詩が大切な」音楽である。

それに、上手に韻を踏んだ詩をリズムに乗せるだけでは観客は納得しない、とても厳しいジャンルでもある。

その詩で「歌手がどんな世界観を表現するのか」を観客は期待し、魂がこもっていない詩は誰にも支持されないのだ。



パティの場合、彼女の生活が苦境に追い込まれれば、追い込まれるほど、音楽はどんどん魅力的になっていく

ただ、「太っている私の愚痴」だけでは、誰も心を動かされないのだ。



ライブハウスのステージに立ったり、街角でラップバトルをして、小さな成功を積み重ね、パティは「どうやって表現すればいいのか」を学んでいく



そうして、アルコール依存症の母親との関係、いつも応援してくれた病気のおばあちゃん、仕事でクビになったり、憧れてた有名なDJに売り込みして失敗したこと、好きな人ができたことも、その全てと向き合った時、パティの魂は詩に込められる。

私たちは、それまでのパティを見てきたからこそ、その全ての思いが込められた彼女のラップに共感するのだ。



映画「パティ・ケイク$」


歌とは、オーディエンスの前で披露してはじめて完成する


いよいよ迎えた最後のステージ。

そのパティの姿に、涙が溢れてしまった。



その時、いつもアルコールが手放せず、ケンカばかりしていたお母さんが駆け付けて、共にコラボレーションしたことが、その時のパティそのものだと思ったからだ。



そうして魂が込められた詩に、かつて歌手の卵だったお母さんのコーラスが加わり、リズムが翼となって観客にパティの魂を届ける

その魂を受け取った観客は、感動の歓声を上げる

そうして、パティのステージは歓喜の声に包まれる。



この時、改めて、音楽というのは観客の前で披露して、観客からのレスポンスがあって初めて完成するものなのだと思った。

そこまでのパティの苦しみを見てきて、「勝ち負け」に関わらずパティのステージが盛り上がっているのを見て、感動して泣いてしまった



そしてその後、ラジオでパティの歌が流れて、また感動して泣いてしまう。



しかし、これで成功とは言えないのが、音楽の世界の厳しさである。

パティは、こうしてようやくスタートラインに立ったのだ。



人気DJに拒絶されても、いつも応援してくれたおばあちゃんが亡くなっても、音楽を辞めなくてよかった。

「絶対に成功できない」と思われても、私たちに不可能はない。

自分を信じて続けていれば、道が開けていくことをパティは教えてくれる




どんな時も、辛いことがあって落ち込んでも、それでも立ち上がって前に向かって進んでいくパティに元気をもらった映画だった




見逃しちゃった?でも大丈夫!映画「パティ・ケイク$」は、現在U-NEXT で配信中


本ページの情報は2019年7月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。


Twitterでも映画や海外ドラマの情報を発信しています~









↓ 人気ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします

映画 ブログランキングへ

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村



AmazonPrimeで観る:「パティ・ケイク$」(字幕版)

パティ・ケイク$ (字幕版)

新品価格
¥2,500から
(2019/7/17 17:44時点)



【映画パンフレット】「パティ・ケイク$」

【映画パンフレット】パティ・ケイク$ 監督 ジェレミー・ジャスパー キャスト ダニエル・マクドナルド, ブリジット・エバレット, シッダルタ・ダナンジェイ,

新品価格
¥2,300から
(2018/5/7 16:42時点)