ブログネタ
映画の適当な感想 に参加中!
マット・デイモン主演・脚本、ガス・ヴァン・サント監督の映画「プロミスト・ランド」をWOWOWで観た

アメリカの田舎にある広大な農場。

その地下に眠る天然ガスの採掘権を求め、土地の買収に奔走する企業の買収担当者を描いた映画

なかなか面白い映画だなぁ~と思いながら観た。

よくある映画では「大企業=悪」であり、「環境活動家=善」として描かれるものが、この映画では買収担当者が主役なので、どちらが、善なのか、悪なのかがよく分からない曖昧さがあって、その揺らぎの部分を見ているのが面白かった

「プロミスト・ランド」予告編 動画

(原題:promised land)



「プロミスト・ランド」DVD

プロミスト・ランド [DVD]

新品価格
¥3,082から
(2015/9/21 17:59時点)




あらすじ

大手エネルギー会社の社員スティーヴ(マット・デイモン)は、アメリカの田舎町の地下に眠る天然ガス採掘権を得るため、ビジネスパートナーのスー(フランシス・マクドーマンド)と共に現地へ赴く

初めのうちは、各家庭から順調に権利を買っていた彼らだったが、地元高校での説明会の日、現地に住む高校教師から、ガスを採掘する過程で懸念される環境への悪影響を危惧する意見が出てしまう

そして、彼の意見により、ガスを売るか売らないかは、住民投票で決めることに

予想外の展開に戸惑うスティーヴだったが、そこへ、さらに環境活動家がガスの採掘反対運動をはじめてしまい・・・

プロミスト・ランド

感想(ネタバレあり) 必ずしも「大手企業=悪」、「環境保護=善」というワケでは無い

天然資源の採掘に奔走する大手企業と、環境保護活動家が出てくるお話となると、「大手企業=悪」、「環境保護=善」ってステレオタイプに描きそうなところだけど、この映画は、そうではない

むしろ、あえて、そこは答えを出そうとせず、観客にその答えをゆだねようとしている

私もこの映画「プロミスト・ランド」を見ていて、大手企業の買収担当者であるステーヴ(マット・デイモン)を見てて、悪い感じがしなかったんだよね

それは、スティーヴがどこにでいるような普通の人で、親しみやすく、良い人だから

それに加えて、ビジネスパートナーのスーもスティーヴと同じくとても親しみやすい人だったから、ますます悪って感じがしなかった

プロミスト・ランド3

ホントの悪とは、人をだまそうとするその精神

この映画で描く本当の悪とは、自社の人間をだましてまで、偽装工作をして田舎の人たちを取り込もうとする、企業側の精神なんだよね

映画の後半になって、環境活動家ダスティンが思わず、ステイ―ヴにもらしてしまった話が、この映画の一番の見どころ

地元の洋服屋さんで、土地の人と同じ服を買い、夜は、地元の人が集うバーへ行き、昼は、同じく地元のダイナーへ行き、そうすることで、地元の懐に入るのが、企業側からスティーヴに命じられた仕事だった

ところが、そうやって地元の人たちの懐に入り込んだのが、企業側には仇となってしまった・・・

スティーヴは、地元の人たちを裏切れなくなってしまったんだよね

そこで、この映画「プロミスト・ランド」では、地元の人たちを見捨てて、出世街道を歩むことができますかと問いかける

プロミスト・ランド2

田舎にしかない風景を守り続けること

スティーヴが、出世か、地元の人間を選ぶかで決め手となった出来事は、彼が同じく農場が広がる田舎出身の人間で、田舎の良さを誰よりもよく分かっていたこと

最終的には、自分に素直になって、その土地の良さを守っていきたいと思ったことだったんだよね

私がこの映画で一番、印象に残っているのは、スティーヴが住民たちにその大事な告白をする直前、体育館の入り口でレモネードを売っている女の子が出てくるシーンなんだよね

スティーヴが目指してたNYには絶対に無い風景

ちょっとレモンが酸っぱいレモネードを飲みながら、この景色を守っていきたいと彼は思ったんだろうなぁ

自分にとても大事な選択を迫られている時、こうして、ちょっと立ち止まって、ホッと一息入れる時間がとても大切なんだなぁとしみじみ感じたシーンだった

プロミスト・ランド4

安心のキャスト&スタッフ


マット・デイモン主演・脚本、ガス・ヴァン・サント監督というコンビは、「グッド・ウィル・ハンティング」と同じ組み合わせ

マット・デイモン(「サバービコン 仮面を被った街」「コンテイジョン」「オデッセイ」)が演技がうまいのは良く知っているし、ガス・ヴァン・サントは、こういう寂しい田舎に生きる人たちを描くのが得意な監督さんだと知っているので、安心して観ることができた


人生、生きてるといろいろ迷うことあるし、王道からそれちゃうときもあるけど、それでいいんじゃないかなって思える映画だった



↓ 人気ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします

映画 ブログランキングへ



「プロミスト・ランド」DVD

プロミスト・ランド [DVD]

新品価格
¥3,082から
(2015/9/21 17:59時点)





↓ 「プロミスト・ランド」も放送しているWOWOW_新規申込