「スター・ウォーズ」シリーズのスピンオフ映画「ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー」を映画館で観た。

「スター・ウォーズ」シリーズ エピソード3とエピソード4の間、第2章で反乱軍が帝国を倒す鍵となった「デス・スターの設計図」を手に入れるまでの裏話を描く。

満足度 評価】:★★★★☆

たまたまレイア姫を演じたキャリー・フィッシャーが亡くなった日にこの映画を観た。

レイア姫を思うと胸が締め付けられるような思いだった。

このビハインド・ストーリー「ローグ・ワン」があって、「スター・ウォーズ」の物語に奥行きと広がりができた。

「スター・ウォーズ」の根底を流れているのは、親と子の物語であるということを強く感じた作品だった。

「ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー」予告編 動画

(原題:ROGUE ONE A STAR WARS STORY)




「ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー」オリジナル・サウンドトラック

ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー オリジナル・サウンドトラック

新品価格
¥2,916から
(2016/12/29 20:06時点)



「ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー」パンフレット【限定版】

ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー パンフレット(限定版)

新品価格
¥1,968から
(2016/12/29 20:07時点)



「ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー」パンフレット

ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー パンフレット

新品価格
¥1,053から
(2016/12/29 20:08時点)



キャスト&スタッフ


出演者

フェリシティ・ジョーンズ
…(「インフェルノ」、「博士と彼女のセオリー」など)

ディエゴ・ルナ
…(「ビール・ストリートの恋人たち」、「エリジウム」、「天国の口、終わりの楽園」、ドラマシリーズ「ナルコス:メキシコ編」など)

ベン・メンデルソーン

〇ドニー・イェン

マッツ・ミケルセン
…(「ドクター・ストレンジ」など)

〇チアン・ウェン

リズ・アーメッド
…(「ヴェノム」、「ジェイソン・ボーン」、「ミッシング・ポイント」、「ナイトクローラー」など)

フォレスト・ウィテカー
…(「メッセージ」、「サウスポー」、「96時間/レクイエム」、「ファーナス/訣別の朝」、「ケープタウン」、「贖罪の街」、「クリスマスの贈り物」など)

監督

〇ギャレス・エドワーズ
…(「GODZILLA ゴジラ」など)

2016年製作 アメリカ映画

ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー

あらすじ


ジェダイの騎士だったアナキン・スカイウォーカーが「ダース・ベイダー」となり銀河系に暗闇と恐怖をもたらしてから20年。

帝国はますます勢力を拡大し、惑星一個分を一度に破壊できる究極の兵器「デス・スター」を開発・製造した。

かつて銀河系に平和をもたらしていたジェダイは気配を消し、勝ち目なしと思われた反乱軍だったが、その「デス・スター」の設計者であるゲイリン・アーソ(マッツ・ミケルセン)から、デス・スターを一撃できる弱点を仕込んだという情報を得る。

そこで、反乱軍はゲイリンとコンタクトするために、彼の娘、ジン・アーソ(フェリシティ・ジョーンズ)に兵士・キャシアン・アンドー(ディエゴ・ルナ)をゲイリンの元へ案内するよう命令する。

そのため、ジンは父の居所を探るため、かつて父と共に戦い、幼いジンを育てたソウ・ゲレラ(フォレスト・ウィテカー)の元へと向かう…。

「ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー」 メイキング動画





感想(ネタバレあり)


エピソード3と4の間で建設されたデス・スターをめぐるストーリー


そもそも「スター・ウォーズ」シリーズが大好きな私は、あのエピソード4でレイア姫がR2D2に託し、隠居していたオビ=ワン・ケノービを目覚めさせた設計図に、こんな裏話があったのかと思うと、それだけで感動した。

「クローンの戦い」で、シスの帝王に洗脳されたアナキン・スカイウォーカーは、ヨーダとオビ=ワン以外のジェダイを抹殺。

さらに、愛する妻のパドメを失った深い悲しみからダークサイドに落ち「ダース・ベイダー」として、強力なフォースで銀河系を闇で支配してしまう。

それから20年。

帝国軍は、惑星一個を一撃で消し去ることができる究極の兵器・デス・スターを建設。

そのデス・スターを設計したのが、科学者のゲイリン・アーソだったが、彼は帝国軍に協力したことを深く悔いており、一発でデス・スターを破壊することができる弱点を仕込んでいた。

そのことを知った反乱軍は、ゲイリン・アーソとコンタクトを取るために、彼の娘ジン・アーソにゲイリンの元へ兵士を案内させる計画を立てる。

20年ぶりに父と再会したジン・アーソだったが、弱点の場所を知るために設計図が必要であると分かり、とても勝ち目のない兵力で帝国軍の中へと突き進んでいく…。

これは、「スター・ウォーズ」第2章でレイア姫がR2D2に託し、それが隠居していたオビ=ワン・ケノービを再び表舞台に立たせ、ルークをジェダイとして覚醒させた設計図の裏話である。

この「ローグ・ワン」の中でもレイア姫の育ての親ベイル・オーガナが登場している。

彼は、そのワンシーンの中で設計図が手に入る話を「最近姿を消いしているジェダイの彼」と「全てを理解している彼女」に伝えると言っている。

それは「オビ=ワン・ケノービ」と「レイア」のことだなとスター・ウォーズファンは思ったはず。

その話を養父から聞かされたレイアは、「反乱軍を倒す希望」として、設計図をオビ=ワンに託すこととなる。

ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー2

デス・スター設計者の娘ジン・アーソが父の汚名をそそぐ


その設計図を手に入れるまでの仲介役として登場するのが、この「ローグ・ワン」の主人公・ジン・アーソである。

彼女は、幼い頃に目の前で母を帝国軍の将軍オーソン・クレニックに殺され、と同時に父をクレニックに連れ去られるという経験をしている。

その後、父の友人ソウ・ゲレラに育てられるが、そのソウ・ゲレラにも捨てられ自然と反骨精神を養っていった。

結局、反乱軍に逮捕され、父が帝国の兵器デス・スターの設計者だと知り、父の汚名をそそぐために、帝国軍へ乗り込んでいく。

第1章のヒロイン パドメ、第二2章のヒロイン レイア、第3章のヒロイン レイ、そしてこの「ローグ・ワン」のジン・アーソと、「スター・ウォーズ」シリーズのヒロインたちはみな逞しく、毅然とした態度で敵と戦っている。

そんな女性たちの強さも、この「スター・ウォーズ」シリーズの魅力の1つだ。


ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー3

「スター・ウォーズ」に受け継がれる親と子の悲しい運命の物語


そして、この「ローグ・ワン」を観て思いを強くしたのは、「スター・ウォーズ」とは親と子の物語だということ。

アナキン・スカイウォーカーがダース・ベイダーとなって銀河系を暗闇にし、その暗闇に平和をもたらすのが息子のルークと娘のレイア。

ダース・ベイダーが作らせたデス・スターにしても、破壊するための設計図を手に入れるのはレイアであり、実際に破壊するのはルークである。

そして、その設計者はゲイリン・アーソであり、設計図をレイアに渡すのは彼の娘 ジン・アーソである。

そして今、最新シリーズではレイアとハン・ソロの息子カイロ・レンが、アナキンと同じくダークサイドに落ちようとしている…。

となると、カイロ・レンを救うことができるのは、ただ1人。

それは、ルークの子供であり。

となると、レイはルークの娘なのか…。

「スター・ウォーズ」の子供たちは、それぞれに「選ばれし者」の運命を背負って生まれ、目の前に親という高い壁が立ちはだかり、成長しながらその壁を超え、うち破り、最後まで闘い抜く姿が描かれている物語なのだ。

ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー4

スピンオフによって世界観が広がる「スター・ウォーズ」シリーズ


「ローグ・ワン」を全て観終わり、最後に次の「エピソード4」につながる設計図をレイア姫が手にし、「それは何ですか?」と兵士に聞かれると、一言「希望です」と言った時、その親子にまつわる壮大な物語が私の中で広がった。

しかも、それはたまたまレイア姫を演じたキャリー・フィッシャーが亡くなった日だった。

彼女が亡くなった日に、設計図を手にしながら「希望です」と言った姿に、胸が締め付けられるような思いがした。

そして、そこからまた壮大な物語が始まるんだなぁと思った。

ルーク、ハン・ソロとの出会い、そして希望と平和。

この設計図の裏話があったことで、エピソード3とエピソード4がつながり、話が大きく広がっていった。

このスピンオフ企画とても良いので、どんどん作って欲しいと思った。

そういえば、次のスピンオフとして若きハン・ソロの冒険が描かれると聞いている。

次は、どんな風にこの「スター・ウォーズ」の世界が広がっていくのか、とても楽しみだ。


ここに、キャリー・フィッシャーのご冥福をお祈りいたします。



↓ 人気ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします

映画 ブログランキングへ

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村





「ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー」オリジナル・サウンドトラック

ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー オリジナル・サウンドトラック

新品価格
¥2,916から
(2016/12/29 20:06時点)



「ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー」パンフレット【限定版】

ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー パンフレット(限定版)

新品価格
¥1,968から
(2016/12/29 20:07時点)



「ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー」パンフレット

ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー パンフレット

新品価格
¥1,053から
(2016/12/29 20:08時点)