ロマン・デュリス主演の映画「ロシアン・ドールズ」をWOWOWで観た。

青春群像劇「スパニッシュ・アパートメント」から5年。その後の彼らについて描く。

満足度 評価】:★★★☆☆(3.5)

かつて、自分も過ごした時期だから、分かるなぁ~と思うこともたびたび。

人生は、失敗と後悔を繰り返して成長するんだなとしみじみ思った。

主演ロマン・デュリスケリー・ライリーオドレイ・トトゥセシル・ドゥ・フランス

監督セドリック・クラピッシュ 2005年 フランス、イギリス合作映画

「ロシアン・ドールズ」予告編 動画

(原題:LES POUPEES RUSSES/英題:RUSSIAN DOLLS)





あらすじ


スパニッシュ・アパートメント」から5年。

パリで作家として仕事をするグザビエ(ロマン・デュリス)だったが、その肝心な仕事内容と言えば、「自叙伝を書きたい」という人から話を聞いて、文章を起こすゴーストライターの仕事ばかりだった。

プライベートでは、かつての恋人マルティーヌ(オドレイ・トトゥ)に会うが、恋愛感情を持つ関係にはなれず、いろんな女性と会っては分かれる生活を繰り返していた。

そんな中、テレビドラマの脚本を英語で書く仕事の依頼を受けたため、共に作業をしてくれるイギリス人のライターを探していたところ、以前スペインで共同生活をしていたウエンディ(ケリー・ライリー)が脚本家であることを知る。

ロシアン・ドールズ


感想(ネタバレあり) 社会人になって5年。結婚を意識するお年頃


確かにこの年頃はそんな感じだったなぁと思いながら観た作品だった。

前作「スパニッシュ・アパートメント」から5年。

社会人として働き始めてからも5年。

社会人としての生活にも慣れてきたころ、そろそろ「誰と結婚するか」について考えるお年頃。

好みのタイプが「絶対的な見た目の美しさ」よりも、「居心地の良さ」に移行していく彼らの揺れる男心が描かれる。


ロシアン・ドールズ6

結婚相手を探すのはマトリョーシカのようなもの


タイトルの「ロシアン・ドールズ」とは、日本では「マトリョーシカ」のこと

恋人選びとは、大きな人形から開けていって、最後の一番小さな人形を探すマトリョーシカと同じだと、主人公のグザビエが言ったことことからきている。

その言葉を裏付けるように、この映画にはグザビエの様々な恋人が登場する。

元恋人のマルティーヌや、マルティーヌにプレゼントする服を選んだ店で出会った売り子さん、自叙伝を出したいと言っている金持ちのお嬢さん、そしてウェンディなどなど。

グザビエは、彼女たちと出会って、付き合って、ケンカして、別れるという行動を繰り返す。

その間、いつまで経っても見た目に美しい人についつい目がいってしまう癖が治らないところにリアリティがあって笑える。

ロシアン・ドールズ4

次はうまくいくと思っても、そうはいかないのが人生


なるほど。確かにグザビエの言う通り、恋愛も人生も、マトリョーシカみたいだよね!!と思った。

今度こそ、うまくいくはずと思って開けてみるけど、やっぱりうまくいかず…。

本当に、人生ってそんな失敗と後悔の繰り返しだよねと思いながら、この映画を観ていたからだ。

何も考えず、何も学ばず、何もしなければ、どんどん時間だけが過ぎていく。

どんなにマトリョーシカを開けても、芯にはたどり着かない。

同じ失敗を繰り返すこともあるし、何も学ばずに前に進んでしまったり、すごくゆっくりと進むこともあるかもしれないけど、マトリョーシカを開けるみたいに、「次は何が起きるんだろう」と思いながら、人生の扉を開けることがとても大切なのだ。


ロシアン・ドールズ5

「見た目の美しさ」から「居心地の良さ」へと成長していく姿


と言いつつも、私はまだマトリョーシカ芯にいる一番小さな人形には出会えていないけど、この映画の主人公グザビエは、最終的に「圧倒的な見た目の美しさ」よりも、「心から一緒にいたい」と思えるウエンディを選ぶ

グザビエは社会人になってから5年。

20代後半になり、ちょうど結婚を意識する年頃だ。

きっとこの頃は、男性が「つい」足のきれいなお姉さんばかりを追いかけてしまう癖から卒業するお年頃なんだろうか。

そんな「見た目ばっかり」のグザビエにイラつくウエンディの気持ちが良く分かる

自分にとって、最後の女性はウエンディだ!と思うグザビエの気持ちが色あせないといいけど…と思いながらラストシーンを観た。

このセドリック・クラピッシュの青春三部作、次の「ニューヨークの巴里人」では、このグザビエとウエンディの関係がどんな風に変化しているのか、観るのがすごく楽しみだ。


ロシアン・ドールズ3

関連記事

セドリック・クラピッシュ監督・ロマン・デュリス主演の青春三部作

若さいっぱいの青春映画。スペインに行きたくなる留学したくなる作品。

迷って失敗しても次がある!カオスな街NYでカオスな人生を生きる主人公に共感!






↓ 人気ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします

映画 ブログランキングへ

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村