トビー・マグワイア主演の映画「シービスケット」をWOWOWで観た。

1930年代 大不況のアメリカで人々に勇気を与えた競走馬シービスケットと彼を育てた人々の実話を映画化。

満足度 評価】:★★★★★

大好きなこの映画をWOWOWで放送していたので久しぶりに観た。

やっぱり大好きで、やっぱり最後に号泣してしまう。

何度観ても、勇気を与えられ、元気になる映画だと思う。

「シービスケット」予告編 動画(日本語字幕なし)

(原題:SEABISCUIT)




「シービスケット」プレミアム・エディション DVD

シービスケット プレミアム・エディション [DVD]

新品価格
¥5,020から
(2017/1/4 23:24時点)



原作本「シービスケット―あるアメリカ競走馬の伝説」

シービスケット―あるアメリカ競走馬の伝説

新品価格
¥1,944から
(2017/1/4 23:25時点)



キャスト&スタッフ


出演者

トビー・マグワイア
…(サイダーハウス・ルール」、「華麗なるギャッツビー」、「スパイダーマン」シリーズなど)

ジェフ・ブリッジス
…(「オンリー・ザ・ブレイブ」、「さよなら、僕のマンハッタン」、「キングスマン:ゴールデンサークル」、「トゥルー・グリット」、「アイアンマン」、「クレイジー・ハート」、「ギヴァー 記憶を注ぐ者」、「ビッグ・リボウスキ」など)

クリス・クーパー
…(「カーズ/クロスロード」(声の出演)、「夜に生きる」、「雨の日は会えない、晴れた日は君を想う」、「8月の家族たち」、「ザ・タウン」、「遠い空の向こうに」など)

エリザベス・バンクス
…(「崖っぷちの男」、「ピッチ・パーフェクト」、「ハンガー・ゲーム」、「ハンガー・ゲーム2」、「ハンガー・ゲーム:FINAL レジスタンス」、「ハンガー・ゲーム:FINAL レボリューション」など)

ウィリアム・H・メイシー
…(「ルーム」、「君が生きた証」、「エアフォース・ワン」、「ボビー・フィッシャーを探して」など)

監督

〇ゲイリー・ロス
…(「ハンガー・ゲーム」など)

シービスケット

あらすじ


1930年代。大恐慌によりアメリカに暗い影が落ちていた。

レッド・ポラード(トビー・マグワイア)は、大恐慌直後、幼い頃から乗馬好きだったため、競馬場に預けられ、生活のために騎手として競馬に出場するようになる。

自動車産業で富を築いたチャールズ・ハワード(ジェフ・ブリッジス)は、その富を失うことはなかったが、交通事故で一人息子を失い、その後、妻とも離婚してしまい、大邸宅で孤独な暮らしをしていた。

野生馬を捕獲して暮らしていたカウボーイのトム・スミス(クリス・クーパー)は、時代の流れと共に居場所を失い、競走馬の調教や、ケガして走れなくなった競走馬の面倒を見ながら生活していた。

そして、チャールズが新しい恋人マーセラ(エリザベス・バンクス)の影響で競走馬に興味を持ち始めた頃、調教師のトム・スミスと、気の荒い小型の馬シービスケット、そして、同じく気の荒い騎手レッドと出会う。

シービスケット2

感想(ネタバレあり)


困難を克服し、勝ち上がっていく姿に希望と勇気をもらえる


夢を語った時、「それはあなたには絶対無理だよ」と言われたら、「なにクソ!」と思える人は成功する人、「あぁやっぱり無理かなぁ」と思ってしまう人は成功できない人だと思っている。

自分よりもスケールが大きいことだからこそ夢であり、今の自分のスケールで叶えられるものは夢ではない。

だから、本当に無理かどうかなんて、他人に分かるはずがない。

その夢に向かって自分を高められるかどうかは本人次第なのだ。

この物語に登場する3人も、出会った頃は全てを失い、何も手にしていない状態だった。

しかし、何も持っていないながら工夫と努力を重ね、トップの王者に君臨するまで軌跡が描かれている。

その姿には、何度も勇気と希望をもらえるので、何かを夢見て頑張っている人にこそ見て欲しい映画である。

シービスケット4

お互いがなくしたものを補い合う運命の出会い


騎手のレッドはまだ幼さが残る10代の頃、競馬場に捨てられるような形で預けられる。

競馬場では厩舎の掃除や馬の世話をしながらレースに出場し、プロのジョッキーとして成長する。

そんな生活からか心が荒んでしまい、競馬のない日はボクシングや酒に溺れる生活をしていた。

ところがある時、彼は大富豪のハワードから声を掛けられる。

荒馬の競走馬シービスケットの騎手にならないかという誘いだった。

そのころ、ハワードは息子を事故で失い、妻も家を出て行き荒れた生活をしていたところ、新しい恋人マーセラのおかげで立ち直り、彼女の影響で競走馬に興味を持ち始めていた。

レッドは、ハワードに雇われるようになってから穏やかな日々を取り戻していた。

そして、これまでの生活を断ち、競馬とシービスケットの世話に集中するようになっていた。

レッドにとって、ハワードは失踪してしまった父親の代わりであり、ハワードにとっても、レッドは事故で亡くした息子の代わりだった。

この2人が互いに喪失したものを取り戻したことで、心が安定し、その運命的な出会いが、シービスケットを栄光へと導くことになる。


シービスケット3

栄光を掴むのもつかの間、再び困難が襲う


気の荒いシービスケットを理解し、レースで勝てる馬にしていったのは、調教師のトムと騎手のレッドだった。

そして、彼らが自由に仕事できるような環境を整えたのが、ハワードだった。

その彼らの絶妙な組み合わせが功を奏し、シービスケットはみるみる成績を上げ始め、西海岸イチの競走馬へと成長する。

さらに、西海岸だけに留まらず、ハワードはシービスケットを連れて大陸を横断し、東海岸の競馬にも乗り込み、当時一番人気だった競走馬ウォー・アドミラルとマッチ戦をすることになる。

しかし、この時、レッドが大けがしてしまい、マッチ戦に出場できないという残念なできごとが起きる。

その時、レッドは「もう騎手として復活するのは無理」と診断されていた。

そして、マッチ戦はレッドの友人ウルフが騎乗し、見事にビスケットがアドミラルを倒す。

これまで以上に人気が上がったシービスケットは向かうところ敵なしのように思われた。

ところが、シービスケットもまた「靱帯断裂」という大けがを負ってしまう。

そして、もう「レースには出られない」と診断されてしまう。


シービスケット5

「もう無理」と言われたところからの見事な復活


この映画の醍醐味はこれから。

「もう騎手に戻るのは無理」と言われたレッド。

「もうレースを走るのは無理」と言われたシービスケット。

彼らが、そこからリハビリをスタートさせる。

再びの栄光を目指してという訳でもなく、No.1になるためにという訳でもなく。

レッドとシービスケットは、自然とレースに気持ちが戻って行った。

そして、待望の復帰戦。

序盤、先頭集団から遅れてしまったシービスケット。

この後の友人・レッドの行動に泣ける。

シービスケットは、「すぐ近くに敵がいると燃える」性格だということをよく知っているウルフが、自分の騎乗している馬をシービスケットに寄せて「どうしたんだ。お前らしくないぞ」と言う。

それを受けてシービスケットは闘志を燃やし、最後尾からトップへと独走する。

このラストシーンは、ウルフとレッドの友情、レッドとシービスケットの信頼関係の集大成のようなシーンで、何度観ても泣ける。

今、思い出しただけでも泣ける。

本当に素晴らしいシーンだと思う。


シービスケット6

「あなたには無理」という言葉は他人が作った呪文


「騎手に戻るのは無理」と言われたレッド。

「レースに出走するのは無理」と言われたシービスケット。

彼らが無理を克服してレースに再び出場し、最後の最後まで諦めない姿を見せるところに非常に感動する。

そして、またこれが実話だというところにさらに感動する。

そこでやっぱり、「あなたには無理」という言葉は他人が勝手に言っているだけの呪文のようなもので、その呪文に屈してはいけない。

そこで、「なにクソ」と思ったら、最後まで闘い続けるべき。

やれるところまでやりきったら、きっとそれまでとは違う景色が見えるはず。

そんなことをこの映画を観て思った。

そして、やっぱり、私はこの映画だ大好きだ。



↓ 人気ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします

映画 ブログランキングへ

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村





「シービスケット」プレミアム・エディション DVD

シービスケット プレミアム・エディション [DVD]

新品価格
¥5,020から
(2017/1/4 23:24時点)



原作本「シービスケット―あるアメリカ競走馬の伝説」

シービスケット―あるアメリカ競走馬の伝説

新品価格
¥1,944から
(2017/1/4 23:25時点)