ジュリア・ロバーツ、ニコール・キッドマン共演の新作映画「シークレット・アイズ」の予告編を観た。

2009年に制作されたスペイン映画「瞳の奥の秘密」のリメイク。

このオリジナルのスペイン映画は、第82回アカデミー賞外国語映画賞(2010年)を受賞している。

【観たい度】:★★★★☆

サスペンス映画好き!!ピリピリした感じが面白そう!!!

「シークレット・アイズ」予告編 動画(日本語字幕なし)

(原題:Secret in Their eyes)





「瞳の奥の秘密」DVD

瞳の奥の秘密 [DVD]

新品価格
¥3,759から
(2016/3/12 11:44時点)



娘を殺されたFBI捜査官。その親友が捜査にあたる…


字幕がないと、イマイチストーリーが分からないので (^^; ストーリーを調べてみると…

2002年、ロサンゼルス。殺人事件の現場に駆け付けたFBI捜査官のレイ(キウェテル・イジョフォー)は、被害者を見て絶句する。
その被害者は、テロ対策合同捜査班 でのパートナーで、親友でもある検察局捜査官のジェス(ジュリア・ロバーツ)の最愛の娘だったのだ。
レイはエリート検事補のクレア(ニコール・キッドマン)と共に捜査に乗り出 し、一度は容疑者を特定するものの、FBI組織内の事情により、真相は闇に葬り去られてしまった。
あれから13年、驚愕の事実が紐解かれてゆく。

シネマトゥデイより

ふむふむ。なるほど。

より予告編の内容がよく分かった気がするな。

ストーリーの後半、「FBI組織内の事情により、真相は闇に葬り去られる」ここが鍵で、この部分がすごく面白そう。

ちなみに、私はオリジナルのスペイン映画「瞳の奥の秘密」は観ていないんだけれども、これは、こっちのアメリカ版を観るまでお預けしておこうかなぁ。

シークレット・アイズ

それぞれ個性的な三人の大物俳優・女優たちの共演


主人公のFBI捜査官にはキウェテル・イジョフォー

どっかで観たなぁ・・・と思いつつ、思いだせないなぁ…と思っていたら、そうだ!「オデッセイ」だった。

オデッセイ」で、地球からマット・デイモンをサポートする技術クルーを演じてた。

そうだよ。そうだ。思いだした。

他の出演作に、「ドクター・ストレンジ」、「それでも夜は明ける」、「2012」、「ソルト」など

シークレット・アイズ4


そのキウェテル・イジョフォーの親友であり、同じくFBI捜査官であり、娘を殺されてしまう被害者を演じるのは、ジュリア・ロバーツ

最近のジュリア・ロバーツは、その年齢そのままの等身大の役が多いね。

今回も、全く化粧っ気のないFBI捜査官を演じてる。

娘を殺されてしまった失意の中にいる被害者という役だからかな。

シークレット・アイズ3


今回、主要メンバーの中で一番気になっているのが、エリート検事補を演じるニコール・キッドマン

相変わらずお美しいんだけども、だからなのか、もんのすごい神秘的なベールに包まれて、どんな人なのか想像できない。

すごい鍵を握っていそうだよね。

ニコール・キッドマンの他の出演作には、「パーティで女の子に話しかけるには」、「パディントン」など。

シークレット・アイズ2


そして、どうにも、ジュリア・ロバーツとニコール・キッドマンが共演するっていうイメージがわかなくて、どんな演技合戦を見せてくれるのか、楽しみなんだなぁ~。

んーー。私がジュリア・ロバーツと、ニコール・キッドマンのどちらかと友達になるとしたら、迷わずジュリア・ロバーツを選ぶな。

ゲラゲラ笑う人とは仲良くなれそうだから(笑)

ニコール・キッドマンは、同じ女性から見るとすごく神秘的過ぎて、話が合わなそうなんだよね。

私がものすごい勢いでしゃべっても、「あら、そうなの」ってクールにあしらわれそう。

でも、ジュリア・ロバーツは、一緒になってゲラゲラ笑うだけでなく、話が広がって盛り上がりそう。

この対照的な親しみやすさと、神秘さっていうのが、この映画にどんなふうに影響するのかが、とても気になるんだなぁ。

すごく楽しみになってきたこの映画、アメリカでは昨年公開済み。

日本では6月公開予定。



↓ 人気ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします

映画 ブログランキングへ

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村



「瞳の奥の秘密」DVD

瞳の奥の秘密 [DVD]

新品価格
¥3,759から
(2016/3/12 11:44時点)