長谷川博己主演の映画「シン・ゴジラ」を観た。

東京湾に突如出現した怪獣・ゴジラが東京を襲う。日本はその攻撃をどう阻止するのか。

満足度 評価】:★★★★☆

非常に面白かった。爆笑したり、驚愕したりの連続だった。

これは壮大なるブラックコメディだと思ったし、この国に住んでいるのが不安になった。

出演:長谷川博己、竹野内豊、石原さとみ、高良健吾、市川実日子、余貴美子

総監督:庵野秀明 監督:樋口真嗣 2016年製作 日本映画


「シン・ゴジラ」予告編 動画





「シン・ゴジラ音楽集」

シン・ゴジラ音楽集

新品価格
¥2,860から
(2016/9/8 01:14時点)



「ジ・アート・オブ・シン・ゴジラ」

ジ・アート・オブ・シン・ゴジラ

新品価格
¥10,584から
(2016/9/8 01:14時点)



◆【映画パンフレット】 シン・ゴジラ SHIN GODZILLA

【映画パンフレット】 シン・ゴジラ SHIN GODZILLA 監督 庵野秀明 キャスト 長谷川博己、竹野内豊、石原さとみ

新品価格
¥912から
(2016/9/8 01:14時点)



ゴジラ ムービーモンスターシリーズ ゴジラ2016

ゴジラ ムービーモンスターシリーズ ゴジラ2016

新品価格
¥2,465から
(2016/9/8 01:15時点)



シン・ゴジラ【オリジナル・トートバッグ付き】 (e-MOOK)

シン・ゴジラ【オリジナル・トートバッグ付き】 (e-MOOK)

新品価格
¥1,944から
(2016/9/8 01:15時点)



あらすじ


ある時、東京湾の真ん中が赤く染まり、そこから蒸気が噴出されるのが発見される。

政府は閣僚と御用学者を集めて緊急会議を開き、その現象を「海底火山の隆起」と定義する。

しかし、会議の前にニコ生の動画を観ていた内閣官房副長官の矢口(長谷川博己)は、「未確認生物」だと主張するが、誰にも相手にされない。

そして、閣僚会議で正式に確定しようとした時、テレビには誰も観たことがない大きな生物がうごめいている姿が映されていた…。

シン・ゴジラ

感想(ネタバレあり) ここにパニック映画にありがちなヒーローはいない


これは、ゴジラが東京を襲う映画だよ。

そう聞いたら、よくある映画のパターンを想像する。

自分の命を投げ捨てて、国民を救うような特攻野郎のヒーローが登場し、自分の命と引き換えにゴジラを倒して、日本に平和がやってくる。

例えば「アルマゲドン」のような。そんなありがちなストーリーを想像してしまう(笑)

しかし、そう思ったら大間違いだ。

この映画は、そういうよくあるステレオタイプのパニック映画ではない。

「もしも、東京に不測の事態が起きたら、政府は何をするのか」をリアルにシミュレーションした映画だった。

そこに描かれている内容が驚きの連続であり、「もしも、何か起きたら、どう行動すればいいのか」について、考えさせられ、正直、私はこの国で暮らすことが不安になってしまった。


シン・ゴジラ2


現状を見ないまま議論を続ける「机上の空論」内閣


まず、冒頭の30分でビックリしたのは、「内閣のアナログ」っぷりだった。

東京湾で、何が原因か分からないが、蒸気が噴出している。

そこで、総理は閣僚とお抱えの御用学者を呼んで会議を開く。

私は、その会議を観てビックリした。

「え?テレビ電話はどこ??」「パソコンすらないの??」

訳の分かっていない人たちを寄せ集め、何もないところで、あーでもない。こうでもないと話をしている。

まさに、これこそが机上の空論。

えぇ??調査のためにヘリを飛ばしますよねぇ??海底に海中探査艇を沈めますよねぇ?

ニコ生に動画が上がっているのに、それを誰も見ようとしないの??

これは驚愕だった。

1分1秒も油断のならない状況でこれはないわーーーと思った。

今すぐ、全館Wi-Fi入れて緊急事態には世界中の各所につながるテレビ電話をセットしましょう。

シン・ゴジラ3


都合が悪いことから目を背け、最新情報をテレビで知る政府


「御用学者じゃ話にならない。専門家を呼べ!!」と言って呼んだはいいが、自分たちに都合の悪いことしか言わない専門家の意見なんて聞こうともしない。

今時、世界中の専門家とテレビ電話で、それがなくてもスカイプでつながれる時代。

お互いに現状を把握しつつ、検討することだってできるのに。

パソコンの一台もその場にないなんて。

終いには、最新情報をテレビで知ることになる。

えぇーーー??最新情報をテレビで知るのぉ??

せめて、政府独自で無人探査機ぐらいあげましょうよ。

まさか、そんな物も持ってない??

持ってないなら、今すぐAmazonでドローンを買いましょう

現代でテレビなんて、かなり遅いメディアだと私は思っているのに、日本の首脳陣は、そのテレビで現状を知るなんて。

首相のセリフで傑作だったのは、作戦を実行する書類を手にして、「私はどこに判を押せばいいのかな?」だって(笑)

日本は危機的状況にあるんですよ!判子なんて押してる場合じゃないんですよ!!マジか。

シン・ゴジラ4

避難しようとして殺される首相


次に私が驚愕したのは、首相官邸に地下核シェルターがないこと。

ゴジラが東京にやってきて、次から次へと建造物を倒し始める。

すると、首脳たちは総理に「避難してください」という。

そうだよね。それは当然。早く逃げましょう。

官邸の地下に秘密のシェルターでもあるのかな??

と思いきや、政府専用ヘリコプターで避難するという。

えぇぇぇ?マジで??

このシミュレーションはリアル??

韓国でさえ、地下鉄の駅や地下道がもしもの時のシェルターになっているって聞いたことがあるのに。

日本の首相官邸も、本当は地下にシェルターがあるんだよねぇ??

そうじゃなかったら、もしも本当に東京が戦争状態になったら、首相はヘリコプターで立川に逃げるの??

立川に核シェルターでもあるの?ウケるなぁ。本当に爆笑なんだけど。

まぁ、見事にゴジラにチュドーーーーンとやられちゃうけどね。

本当に政府要人の避難場所が都心にないとしたら、首相は真っ先に死ぬことになるよね。本当に。

いやぁ、これには本当に驚いた。

シン・ゴジラ5

「安定したから」放置されるゴジラ


そして、ラストでビックリしたのは、最後の最後にゴジラを放置したこと。

主人公の矢口は真面目な顔をして、「我々はゴジラと共存していくしかない」と言っている。

えぇぇぇぇぇぇぇ~!!放置するのぉぉぉぉぉぉ??共存??

共存なんて嫌だよ。細かく粉砕するなり、月に飛ばすなりしてくれよ(笑)

冷却して安定化したとはいえ、中で核分裂を続けている細胞もあるんだよねぇ。

それが、丸の内にあるんだよ。

そのうち、予想外の放射能漏れだとか言いだすんだろうか。

それでも「生活していくには安全なレベル」だとか言うんだろうか。

なんだか、どっかで聞いた話だよねぇ。

「もう、安定化しているから大丈夫」って。

しかし、この映画が傑作なのは、それが丸の内にあること。

どっか遠くの地方の話ではない。

丸の内には、すぐ近くに国会議事堂やら、皇居やらある。

それでも、「安定化しているから、共存していこう」って言うんだろうか。

それとも、そうなったら首脳たちも もう少し真剣に考えるようになるだろうか。

これを「どうやって終息させるべきか」について。

いやーーー「放置」には本当にビックリしてしまった。


シン・ゴジラ6

この国に住んでいることが不安になる


初めは「話題になっているから観てみよう」と思って観た作品だった。

ところが見始めてみると、気になったのはクリーチャー(ゴジラ)の出来とか、CGの凄さではなく、あまりの政府のモタモタぶりだった。

CGの凄さなんて、正直、ハリウッド映画で見飽きているから、何を観ても驚かない。

しかし、日本政府のアナログぶりとのんびりな雰囲気にビックリした。驚愕と言うレベルで。

この国に住んでいることが不安になってしまった。

いや、これは冗談だよね。

壮大なブラックコメディで、実際は、もっとIT化されてて、日本のどこで何があっても察知できるし、迅速に且つ適切に命令をくだせるようになってるよね??

と思いたい映画だった…。



↓ 人気ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします

映画 ブログランキングへ

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村





「シン・ゴジラ音楽集」

シン・ゴジラ音楽集

新品価格
¥2,860から
(2016/9/8 01:14時点)



「ジ・アート・オブ・シン・ゴジラ」

ジ・アート・オブ・シン・ゴジラ

新品価格
¥10,584から
(2016/9/8 01:14時点)



◆【映画パンフレット】 シン・ゴジラ SHIN GODZILLA

【映画パンフレット】 シン・ゴジラ SHIN GODZILLA 監督 庵野秀明 キャスト 長谷川博己、竹野内豊、石原さとみ

新品価格
¥912から
(2016/9/8 01:14時点)



ゴジラ ムービーモンスターシリーズ ゴジラ2016

ゴジラ ムービーモンスターシリーズ ゴジラ2016

新品価格
¥2,465から
(2016/9/8 01:15時点)



シン・ゴジラ【オリジナル・トートバッグ付き】 (e-MOOK)

シン・ゴジラ【オリジナル・トートバッグ付き】 (e-MOOK)

新品価格
¥1,944から
(2016/9/8 01:15時点)