ブログネタ
映画の適当な感想 に参加中!
「スタートレック 」のリブート版(2009年作品)の続編「スタートレック イントゥ・ダークネス」をWOWOWで観た。

【満足度】:★★★★★

正直なことを言ってしまうと、「スタートレック」シリーズって一本も観たことないのよ (^^;

だから、登場人物たちの相関関係とか、よく分からないまま観たんだけど面白かったなぁ~。

どのSF映画も、この映画をお手本にして作って欲しいと思うぐらい面白かった

「スタートレック イントゥ・ダークネス」予告編 動画

(原題:STAR TREK INTO DARKNESS.)



「スタートレック イントゥ・ダークネス」DVD

スター・トレック イントゥ・ダークネス [Blu-ray]

新品価格
¥1,473から
(2015/9/17 17:41時点)




あらすじ

ある日、ロンドンの兵器工場で爆破事件が起きる

犯人であるジョン・ハリソン中佐(ベネディクト・カンバーバッチ)の追跡について会議を行っていたところ、そのジョン・ハリソンから襲撃され、カーク船長(クリス・パイン)の恩師であるパイク提督(ブルース・グリーンウッド)が殺されてしまう

復讐に燃えるカーク船長は、エンタープライズでハリソンを追跡する任務を命じられ、ハリソンが逃げ込んだ敵国へと向かうのだが・・・

スタートレックイントゥダークネス

感想(ネタバレあり) なんと言っても面白かったのはベネディクト・カンバーバッチ

最初にお断りをしておきますが、私、スタートレックシリーズは一本も見ていないので、シリーズ的にトンチンカンなことを言うかも知れまんが、ご了承ください


いや~、面白かった。この映画「スタートレック イントゥ・ダークネス」

良かったところはいろいろあるけど、中でも特に!殺そうとしても、絶対に死なない男!ベネディクト・カンバーバッチ演じるカーンが物凄く良かった

かっこ良くて賢く、冷酷で残酷、何を考えているのかまるで分からないという、まるで悪魔のような男カーンを見てるだけで楽しかったぁ

スタートレックイントゥダークネス2

300年間冷凍保存されてきた謎めいた男カーンがカンバーバッチにピッタリ

もう、カーンのシーンは、出だしからかっこいい

ロンドンの兵器工場を見ながらたたずんでいるカーンのシーン

うぉーーーー出てきたね、カンバーバッチ!!それだけで、スターオーラが爆発してるの

もう、そこからは、カーンに目が釘付けよ

一人戦闘機に乗って、会議中の人間を隅から隅まで虐殺している姿でさえ、「うわーかっこいいなぁ。この人」と思ってしまうんだから、困ったもの (^^;

また、300年間冷凍保存された、最強人間っていう設定もいいよね

正直さぁ、このベネディクト・カンバーバッチって、その心の奥が謎めいた人だよね

そこがすごく良いんだけど、この映画は見事にその謎めいた部分を演じるキャラクターとピッタリ合わせてきた


スタートレックイントゥダークネス6


天使から悪魔への豹変っぷりが、まるでクリオネ!!!(笑)

特に、その謎めいたカンバーバッチが光り輝くのが、マーカス提督の乗った船に、カーク船長とカーンが乗り移った後、マーカスの娘がいる目の前で、カーンがマーカス提督を絞め殺してしまうシーン

まず、この時、カーンはカークたちに自分の素性を打ち明け、なぜそこにいるのかまで分かった後、カークたちには、心の距離感が縮まったと思わせたよね

そして、その船が自分の手に入ると思った瞬間、その化けの皮をはがし、根本にある冷酷非道な姿をガッツリと見せつけてくるワケよ

もうね、その様は、まさにクリオネ!!!

クリオネって、優雅に泳いでいる時は可愛い天使、でも餌を食べている時は、オレンジの長い角をニョキニョキ伸ばした悪魔!!!でしょ

カーンも一緒。

それまで冷戦沈着にカークたちと身の上話をし、「私はかわいそうな生い立ちの人造人間なんです」って寂しいオーラを出して、「君たちの味方ですよ」なんて素振りでいたのに、獲物が目の前に転がった瞬間、悪魔に豹変!!!

この時、マーカスの首を絞めている時のカーンの顔がすごく怖くて、目を背けたくなったよ!!!

この映画「スタートレック イントゥ・ダークネス」の中で最も心に残るシーンだなぁぁぁぁ

スタートレックイントゥダークネス5

カンバーバッチだけではない!今イギリスで最高にノッてるコメディ俳優サイモン・ペッグもいる!!

なんだか、この映画でのカーン(=ベネディクト・カンバーバッチ)の面白さについて、熱く語ってしまったけど、他にもこの映画には良いとこいっぱいあったんだよね

まず、映像がとにかく美しかった。

最初の未開の赤い星の火山のシーンなんて、なんて美しいんだろうって思った

それに、ストーリーもしっかりとしていて、登場人物の心理描写も、俳優たちの演技も申し分なかったなぁ

悪役・カーンを演じた「ドクター・ストレンジ」「8月の家族たち」「イミテーションゲーム」「裏切りのサーカス」のベネディクト・カンバーバッチの他にも、私の大好きな「ミッション:インポッシブル」「しあわせはどこにある」のサイモン・ペッグが出てるのが嬉しかったぁ

私、この映画「スタートレック イントゥ・ダークネス」にサイモン・ペッグが出てるなんて知らなくて、出てきた時はウキウキしてたのに、

途中、エンタープライズをあっさりと下船しちゃった時は、もう彼ののシーンが無いのかと思って、テンションがダダ下がりだったもんね(笑)

そしたら、しっかりと彼の活躍の場が別に作ってあって。嬉しかったなぁ

スタートレックイントゥダークネス3

続編も楽しみだなぁ~

ということで、今回は、ベネディクト・カンバーバッチという俳優がどれだけ素晴らしい俳優なのかについて書かせていただきました(笑)

どうも、調べたところによれば、続編も制作中とのことなんだけれども、ベネディクト・カンバーバッチは出ないよね???(←しつこい(笑))

でも、彼抜きでも十分面白い映画だったので、続編を楽しみに待ちたいな




↓ 人気ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします

映画 ブログランキングへ

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村




「スタートレック イントゥ・ダークネス」DVD

スター・トレック イントゥ・ダークネス [Blu-ray]

新品価格
¥1,473から
(2015/9/17 17:41時点)











↓「スタートレック イントゥ・ダークネス」も放送しているWOWOW_新規申込








↓ 古本、CD、DVD、ゲーム買取のもったいない本舗