イギリス、イタリア合作映画「おみおくりの作法」をWOWOWで観た。

一人で寂しく亡くなっていった人たちを葬る仕事をしている公務員、ジョン・メイの仕事への想いを描く。

満足度 評価】:★★★★☆

しみじみと、じわじわと、良い映画だなぁと感じた作品

人にはそれぞれの人生があっても、死ぬときはひとり。

だからといって、死を恐れることはない。最後まで人生を全うすれば良い。そう思える映画だった。

「おみおくりの作法」予告編 動画

(原題:STILL LIFE)




「おみおくりの作法」DVD

おみおくりの作法 [DVD]

新品価格
¥3,127から
(2016/4/7 23:52時点)



あらすじ


イギリスのロンドンで働く公務員のジョン・メイ(エディ・マーサン(「人生はシネマティック!」、「アトミック・ブロンド」、「僕と世界の方程式」など))の仕事は、身寄りがなく一人で亡くなった人を葬ること。

その人の家を訪ね、どんな人生を送ってきたのかを推測し、弔辞を書き、葬式をして、墓に埋めるまでが彼の仕事。

しかし、政策により彼の仕事の予算がカットされ、彼は解雇されることになってしまった。

最後の仕事は、ジョンの向いに住んでいたビリー・ストークを葬ること。

そこで、彼はビリーの人生について調べ始めるのだが…。

おみおくりの作法

感想(ネタバレあり) 死ぬときまでに、どんな人生を送っているのか


正直に言えば、私も独身で、あまり親戚付き合いも密にしていないので、もしかしたら私も死ぬときは、こんな風におひとりさまになるのかなと、ぼんやりと考えながら観ていた。

その時に、この映画の主人公、ジョン・メイのように丁寧にお葬式をしてくれる人がいたら、幸せだなぁと思った。

でも、それ以上に大切なのは、それまでにどんな人生を送ったのかっていうこと。

この映画で言えば、ジョンの最後の仕事になったビリー・ストークみたいに、部屋に残っていたのは酒瓶だけっていうのは、なんだか寂しい。

彼は運よく、ジョン・メイの素晴らしいお仕事によって、娘と、元恋人、そして従軍時代の親友が見つかったけど、彼がいなかったら、そのまま無縁仏になっていた人だよね。

おみおくりの作法2

最後の一瞬まで、精一杯生きること


では、部屋に残っているのは酒瓶だけで、見送ってくれる人は誰もいない…。

そんな最後にならないためには、どうしたらいいんだろうか。

すごく、陳腐な言い方だけど、そうなりたくないんだったら、毎日を精一杯生きるしかないんじゃないかなと思う。

例えば、この映画の主人公ジョン・メイ。

彼も妻子がなく、独り身。

でも、最後の最後まで、自分の仕事に誇りを持って、一人寂しく亡くなっていく人のために尽力していた。

「死んだ後のことなんて、誰も気にしないから適当にすれば良い」という上司の言うことを聞かずに。

でも、その彼の思いは決して無駄ではなかったことが、ラストシーンで明らかになる。

ラストシーンで、彼にたくさんの人たちが集まっているのを観て思う。

結局、人生の最後っていうのは、その人がどんな人生を送ってきたのかってことなのかなぁと。


おみおくりの作法3


今という時間を大切に


人生、何が起きるか分からない。

明日死ぬかもしれないし、10年後に死ぬかもしれない。

それなら、今という時間を大切に生きるべきじゃないかな。

そしたらきっと、独身だって、身寄りがなくたって、寂しい最後にはならないんじゃないかな。

そう、前向きに思わせてくれる映画だった。



↓ 人気ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします

映画 ブログランキングへ

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村



「おみおくりの作法」DVD

おみおくりの作法 [DVD]

新品価格
¥3,127から
(2016/4/7 23:52時点)