海外ドラマ「ディフェンダーズ」<シーズン1>エピソード7『自分の戦い』をNetflixで観た。

ラスト1エピソードまで来て、正直なことを言うと、この「ディフェンダーズ」は、ちょっと荒唐無稽すぎる気がした。

ここまでに至るこのシリーズ、「デアデビル」、「ジェシカ・ジョーンズ」、「ルーク・ケイジ」、「アイアン・フィスト」はどれも、NYの生活と密着していて市民生活があり、彼らを守るための「ディフェンダーズ」という位置づけがあったけど、この「ディフェンダーズ」は、対ヤミノテの話に終始していて、市民生活は置き去りの感がある。

そこがちょっと残念な気がした。

ただ、それを織り込むには8エピソードでは語り切れない部分があるんだろうなと思った。

もしも、シーズン2を作るのであれば、もう少しリアリティを出して欲しいなぁと思う。

「ディフェンダーズ」<シーズン1>予告編 動画

(原題:The Defenders)




原作本 アメコミリーフ 『ディフェンダーズ』 #1 (2nd printing) 2017.7月

アメコミリーフ 『ディフェンダーズ』 #1 (2nd printing) 2017.7月

新品価格
¥2,500から
(2017/10/26 11:42時点)







***********

〇 「ディフェンダーズ」<シーズン1>エピソード6 観ました!!

感想はこちらから →海外ドラマ「ディフェンダーズ」<シーズン1>エピソード6『迫り来る死』ヤミノテの世代交代の時がやってきた。MARVEL(マーベル)作品【感想】

***********

キャスト&スタッフ


出演者

チャーリー・コックス
…(ドラマシリーズ「デアデビル」など)

エロディ・ユン
…(ドラマシリーズ「デアデビル」など)

クリステン・リッター
…(ドラマシリーズ「ジェシカ・ジョーンズ」、「ブレイキング・バッド」(シーズン2のみ)など)

マイク・コルター
…(ドラマシリーズ「ジェシカ・ジョーンズ」、「ルーク・ケイジ」など)

シモーヌ・ミシック
…(ドラマシリーズ「ルーク・ケイジ」など)

フィン・ジョーンズ
…(ドラマシリーズ「アイアン・フィスト」など)

ジェシカ・ヘンウィック
…(ドラマシリーズ「アイアン・フィスト」など)

ロザリオ・ドーソン
…(「レゴバットマン ザ・ムービー」(声の出演)、「白い沈黙」、「イーグル・アイ」、「アンストッパブル」、「7つの贈り物」、「RENT/レント」、「シン・シティ」、ドラマシリーズ「デアデビル」、「ジェシカ・ジョーンズ」、「ルーク・ケイジ」、「アイアン・フィスト」など)


ディフェンダーズ




感想(ネタバレあり)


目覚めたら警察にいたディフェンダーズ


マットとジェシカとルークが目覚めた時、彼らは警察の中にいた

スティックのお香によって眠らされている間に、スティックはエレクトラによって殺され

(マットにとって第2の父と言ってもいいスティックの死に、マットが無反応なのが切ない。もうちょっと悲しみましょうよ。マシュー)

彼らは警察に連行されていたのだった。



彼らが真っ先に思ったのは、ダニーが生きているのか死んでいるのか、生きているとすればどこにいるのか。

3人で話し合った結果、エレクトラがダニーをミッドランドサークルの地下へ連れ去ったという結論になる。

そこへ、マットの親友フォギーがやってきて、マットにスーツを渡す。



ルークが警察の壁を破り、目立たないように地下鉄でミッドランドサークルへ向かう三人。

そこで彼らを待ち伏せていたのは、マダム・ガオ、バクト、ムラカミの3人だった。

えーーと、たくさんいたヤミノテの手下の忍者たちはどこへ行った?(笑)



ということで、ディフェンダーズ3人 対 ヤミノテ幹部3人の直接対決。

そこへ、コリーンが乱入する。

コリーンがダニーのことを心配で仕方ない気持ちはよく分かる。



そこで、ヤミノテの3人はガスを充満させ、火をつけ、彼らは密室に隠れてしまう。

しかし、ルークがそのガスを止めたので、爆発は免れる。

その時、クレアとミスティが駆け付け、さらには警察が到着する。

密室にこもったヤミノテは、警察に居場所を突き止められる。



そして、マット、ルーク、ジェシカ、コリーン、クレアの5人はルークの居場所を探す。

ミスティは警官たちを引き留め、時間稼ぎをする



ディフェンダーズ1-7-1



壁を開けてしまったアイアン・フィスト


彼らがヤミノテのリーダーたちと戦っている間、ダニーはミットランドサークルの地下で目覚める。

そこにいたのはエレクトラのみ。

ダニーの目の前には巨大な壁があり、そこにはクンルンの字で文章が書かれていた。

ダニーはクンルンの文字を読むことができないし、エレクトラの命令に従う気もない。



そして、気が復活してきたダニーは、自力で拘束を解き、アイアンフィストでエレクトラに向かって行く。

しかし、それこそがエレクトラの望むところであり、ダニーはまんまと利用され、結果、クンルンの壁をダニーがアイアンフィストで壊してしまい、ヤミノテが待ちに待っていた中の世界が開いてしまった



このエピソードはここで終了し、続きは次のエピソードで描かれる。

うーーん。いや、それ、どう考えてもエレクトラの誘導だろう…っていうところに、まんまとはまっていくダニーとか、ちょっと知恵がなさすぎるよなぁ…。

壁が開いてしまうのは分かっていたけどさ。

もうちょっと方法無かったのかなぁ…。



まぁ、シーズン1だし、こんなものなのかなぁと思いつつ、もしシーズン2があるなら、もう少しクオリティをあげて欲しいなぁ…と思う。

正直、これだったら「デアデビル」のレギュラーシーズン観た方が面白いと思うの。

まぁ、今後のためにも、最終話を見てみようか。



ディフェンダーズ1-7-2



Twitterでも映画や海外ドラマの情報を発信しています~





↓ 人気ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします

映画 ブログランキングへ

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村





原作本 アメコミリーフ 『ディフェンダーズ』 #1 (2nd printing) 2017.7月

アメコミリーフ 『ディフェンダーズ』 #1 (2nd printing) 2017.7月

新品価格
¥2,500から
(2017/10/26 11:42時点)