海外ドラマ「ディフェンダーズ」<シーズン1>エピソード8『街の正義を託されて』をNetflixで観た。

この「ディフェンダーズ」も最終話。

さすがにアクションシーンはとても楽しいドラマだったけど、人物描写は、それぞれのキャラクターの特性を端折られている気がして、ちょっと残念なシリーズだった。

そもそも、これを8エピソードで描くことに無理があったんじゃ…。

「ディフェンダーズ」<シーズン1>予告編 動画

(原題:The Defenders)




原作本 アメコミリーフ 『ディフェンダーズ』 #1 (2nd printing) 2017.7月

アメコミリーフ 『ディフェンダーズ』 #1 (2nd printing) 2017.7月

新品価格
¥2,500から
(2017/10/26 11:42時点)







***********

〇 「ディフェンダーズ」<シーズン1>エピソード7 観ました!!

感想はこちらから →海外ドラマ「ディフェンダーズ」<シーズン1>エピソード7『自分の戦い』MARVEL(マーベル)作品【感想】

***********

キャスト&スタッフ


出演者

チャーリー・コックス
…(ドラマシリーズ「デアデビル」など)

エロディ・ユン
…(ドラマシリーズ「デアデビル」など)

クリステン・リッター
…(ドラマシリーズ「ジェシカ・ジョーンズ」、「ブレイキング・バッド」(シーズン2のみ)など)

マイク・コルター
…(ドラマシリーズ「ジェシカ・ジョーンズ」、「ルーク・ケイジ」など)

シモーヌ・ミシック
…(ドラマシリーズ「ルーク・ケイジ」など)

フィン・ジョーンズ
…(ドラマシリーズ「アイアン・フィスト」など)

ジェシカ・ヘンウィック
…(ドラマシリーズ「アイアン・フィスト」など)

ロザリオ・ドーソン
…(「レゴバットマン ザ・ムービー」(声の出演)、「白い沈黙」、「イーグル・アイ」、「アンストッパブル」、「7つの贈り物」、「RENT/レント」、「シン・シティ」、ドラマシリーズ「デアデビル」、「ジェシカ・ジョーンズ」、「ルーク・ケイジ」、「アイアン・フィスト」など)


ディフェンダーズ




感想(ネタバレあり)


ディフェンダーズとヤミノテの最後の戦い


NYのミッドランドサークルの地下に眠っていたのは、不死龍シャオラオの骨

それが、ヤミノテの永遠の命の元になっているらしく、彼らが欲しかったのはこれだった。



しかし、それを止めるべく、クレアとコリーンはミッドランドサークルに爆薬をしかけ、その間にディフェンダーズはダニーを救出するという作戦に。



しかし、クレアとコリーンが爆薬を仕掛けている間にバクトが邪魔に入り、またしても、コリーン vs バクトの対決に。

どうも、コリーンはバクトを倒さないと前へ進めないようで

そこへ助けに入ったミスティはバクトに腕を切り落とされてしまう

しかし、コリーンがバクトを倒し、首も切り落としたのでバクトの復活はもうないと思われる。



地下では、ディフェンダーズがヤミノテと戦い、ダニーを救出。

地上で時限爆弾がセットされた音を聴いたマットはディフェンダーズを地上へ帰す。

そして、マットとエレクトラが最後の対決をする。

その結果、マットとエレクトラは逃げ遅れ、瓦礫の下に…。



ところがところが、最後の最後でマットは生きていたというオチが…。

(もちろん、生きているって知っていたけれども…)

他のディフェンダーズとカレンとフォギーは、まだ、マットが死んだと思っている。



しかし、気になるのは、エレクトラとマダム・ガオ

マダム・ガオは生きているとしても、エレクトラはどうなんだろう。

カレン派の私としては(笑)、次のシーズンでエレクトラはいなくても…。


ディフェンダーズ1-8-1



ディフェンダーズを観終えて。そして、今後への期待


ということで、『ディフェンダーズ』全8話を観たけれども、これは13話でやるべき内容を8話に圧縮し、その分、人間関係の細かいところをかなり端折られた感じがする。



例えば、マットとスティックは師弟関係にあって、マットにとってスティックは第2の父のような関係なのに、スティックが死んだことに対しては、なんのコメントもないとか。

少しは悲しがってくれよ。

7話だったかな?冒頭で、エレクトラとスティックが、マットをチェイストの一員に入れようとして失敗した話が出てくる。

そうか、じゃぁ、記憶が戻ったエレクトラは忠実なチェイストの一員ってことなんだなと思って見ていると、エレクトラがスティックをあっさり殺してしまう。

スティックに関しては、命がけでダニーを守るアイアンフィストの守人だと言っておきながら、最後にはヤミノテに引き渡そうとしたりして、キャラ設定がかなり曖昧だった。



アレクサンドラについても、特に特殊能力もなく、取り巻きが多いだけで、本人の強さも無いので、印象が薄い。



さらに、ここに出てくる人間関係はもっと入り組んでいて、クレアとマットはかなりいいところまで行った仲なのに、久しぶりに会っても、挨拶の一つもないとか

マダム・ガオはダニーの敵みたいに登場するけど、マットの敵でもあったし、ヘルズキッチンのヤミノテは、もっと忍者がたくさんいたし。



そういう細かいところを全部端折られて、ダイジェスト版の全8エピソードっていう感じがした

これは、これまでのシリーズを全部見てきた人向けと言うよりも、ここからスタートする人向けの分かりやすい「ディフェンダーズ」って感じがした。

これだったら、個々のレギュラーシーズンの方が面白いなぁ。残念ながら。



という訳で、次の楽しみはスピンオフの「パニッシャー」

そして、「ジェシカ・ジョーンズ2」と、「デアデビル3」

そこで、今回とても気になったのは、最後に目覚めたマットに対し、シスターが「マギーを呼んできて、彼が目覚めたみたい」と言っていること。



この『マギー』とは、どうもマットの母親らしい。

ということは、「デアデビル3」は、マットの家族の物語になるのでは…と言われている。

さらに、「デアデビル3」のヴィランとして、フィスクが復帰する上に、ジェイソン・ステイサムが登場すると噂されている…。

これが本当だとしたら、かなり楽しみでしょう~!!



まぁ、とりあえず、「パニッシャー」だなぁ。



Twitterでも映画や海外ドラマの情報を発信しています~





↓ 人気ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします

映画 ブログランキングへ

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村





原作本 アメコミリーフ 『ディフェンダーズ』 #1 (2nd printing) 2017.7月

アメコミリーフ 『ディフェンダーズ』 #1 (2nd printing) 2017.7月

新品価格
¥2,500から
(2017/10/26 11:42時点)