オリビア・コールマン主演 ヨルゴス・ランティモス監督の映画「女王陛下のお気に入り」を試写会で観た。

18世紀イングランドの王室を舞台に、一人の王妃と彼女に取り入ろうとする二人の女性の愛憎を描いた歴史劇。


映画「女王陛下のお気に入り」


満足度 評価】:★★★★★

超絶面白かった!

自分では何もできない王女。

王女を裏で操る熟練の侍女。

そして若くて野心満々なしたたか娘。

彼女たちの三つ巴は先の展開が読めない面白さ。これは時代劇だけど、やがてくる女性社会を予言する作品だと思った。



目次

  1. 予告編
  2. 更新履歴・販売情報
  3. キャスト&スタッフ
     出演者
     監督
  4. あらすじ
  5. 感想


『女王陛下のお気に入り』予告編 動画

(原題:The Favourite



更新履歴・公開、販売情報

・2019年1月28日 試写会にて鑑賞。

・2019年2月19日 感想を掲載。

・2019年11月17日 WOWOWでの放送に合わせて加筆・修正。

現在、ネット配信、DVD共に販売中。詳しい作品情報につきましては、下記の公式サイトをご参照ください。
 ↓
映画「女王陛下のお気に入り」公式サイト




キャスト&スタッフ


出演者


エマ・ストーン

レイチェル・ワイズ


…(「ある少年の告白」、「ふたりの女王 メアリーとエリザベス」など)

監督

ヨルゴス・ランティモス
…(「聖なる鹿殺し キリング・オブ・ア・セイクリッド・ディア」、「ロブスター」など)



2018年製作 アイルランド・イギリス・アメリカ合作映画



あらすじ


18世紀初頭のフランスとの戦争下にあるイングランド。

レディ・サラ(レイチェル・ワイズ)は、気まぐれな女王アン(オリビア・コールマン)を完全に支配し、国政を操っていた。

ある時、サラの親戚で、没落貴族のアビゲイル(エマ・ストーン)が宮廷に現れ、アンの下で働き始める。

若くて美しいアビゲイルは、やがてサラの目に留まるようになっていく。

そんなアビゲイルをアンは警戒するようになるが、アビゲイルは貴族の資格を取り戻そうとしていた…。



映画「女王陛下のお気に入り



感想(ネタばれあり)


この映画の感想につきましては、私が「ぴあ映画生活」に掲載したものをご紹介します。


女王陛下のお気に入り (2018)



★★★★★ [100点]「時代劇を観ながら未来を思う」

今年のアカデミー賞で、9部門10ノミネートという最大の目玉作品。

これがめちゃくちゃ面白かった!!

18世紀のイングランドを舞台に、王女と彼女に取り入る侍女たちの攻防を描く。



18世紀を舞台にした歴史劇と聞いたら、歴史的な知識が必要だと思う人がいるかもしれないが
この映画については、必要ないと思う。

なぜならば、私はこの映画を観ながら未来を感じたからだ。

いや、日本人にとっては未来でも、既にヨーロッパでは、こういう時代が来ているかもしれない。



アン王女(オリビア・コールマン)は、あらゆる出来事の判断を侍女のサラ(レイチェル・ワイズ)に委ねていた。

そのため、王女の寵愛を受けたサラは絶大な権力を握っていた。

そこへ、サラの親戚で貴族から没落してしまった家の娘 アビゲイル(エマ・ストーン)が現れる

そこから、彼女たちの三角関係が始まるのだ。



彼女たちの立ち位置はとてもわかりやすい。

欲望だけで生きていて、自分一人では何もできないアン王女と、知識と経験で王女を操る熟女のサラ、そして、若さを武器にするしたたか娘のアビゲイル。



この三人の腹の内を探りながら観るのが、とにかく面白い

相手の動きを読み、その一歩先にいた者が勝つ世界だ。



しかし、それを例えば日本の時代劇で、男性に置き換えて考えてみると、バカ殿と、そんなバカを手なづける熟練の側近、そして、そんな二人の間に割り込もうとする若手の野心家。

そんな話は、これまで何度でも描かれてきた。

この映画では、男女の立場が完全に逆転しているのだ。



それは、女性上位の社会を予言していると思った。

現在、または近い未来、女性が国のトップに立った時、その周りでは、どんなことが起きるのか、そして男性たちは、どんな扱いを受けるのか



これまでの時代劇とは性別が完全に逆転していて、そこが、この映画のとても面白いところだった。



そんな世界の中で、王女と、サラと、アビゲイルが、どう絡んで、どこへ向かっていくのか。

その先の展開が何一つ読めず、ハラハラドキドキしながらラストまで、一気に観てしまった。



これが例えば、トランプ大統領がアン王女で、その側近たちが全員女性だったら、ホワイトハウスで何が起きているのか。

この映画で起きていることに照らし合わせてみると、トランプに任せていていいのかな…。
と考えてしまう映画だった


Posted by pharmacy_toe on 2019/02/11 with ぴあ映画生活




Twitterでも、映画情報や海外ドラマの情報を発信しています~




Instagramでも映画のレビューを日々更新しています~








↓ 人気ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします

映画 ブログランキングへ

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村




ネット配信で観る:「女王陛下のお気に入り」(字幕版)

女王陛下のお気に入り (字幕版)

新品価格
¥399から
(2019/5/25 22:58時点)



DVDで観る:「女王陛下のお気に入り」

女王陛下のお気に入り 2枚組ブルーレイ&DVD [Blu-ray]

新品価格
¥3,296から
(2019/11/17 00:26時点)



オリジナル・サウンドトラック映画:『女王陛下のお気に入り』

映画『女王陛下のお気に入り』 (オリジナル・サウンドトラック)

新品価格
¥1,900から
(2019/3/19 15:15時点)



【映画パンフレット】「女王陛下のお気に入り」

【映画パンフレット】女王陛下のお気に入り 監督 ヨルゴス・ランティモス

新品価格
¥1,200から
(2019/3/19 15:17時点)