ブルース・ウィリス主演の映画「ラスト・ボーイスカウト」をWOWOWで観た。

落ちぶれた私立探偵の男が、ある事件をきっかけに復活するアクション映画。

満足度 評価】:★★☆☆☆

25年前はアクションエンターテインメントとして楽しめたかも知れないけど、今になっては色あせた感じがしてしまい、楽しめなかった。

目次

  1. 予告編
  2. 更新履歴・販売情報
  3. キャスト&スタッフ
     出演者
     監督
  4. あらすじ
  5. 感想


「ラスト・ボーイスカウト」予告編 動画(日本語字幕なし)

(原題:THE LAST BOY SCOUT)



更新履歴・公開、販売情報

・2016年8月16日 WOWOWで観た感想を掲載。

・2019年4月26日 午後のロードショーでの放送に合わせて加筆・修正。

現在、DVD、ネット配信、共に販売中。



ネット配信で観る:「ラスト・ボーイスカウト」(字幕版)

ラスト・ボーイスカウト (字幕版)

新品価格
¥199から
(2019/4/26 00:14時点)



「ラスト・ボーイスカウト」DVD

ラスト・ボーイスカウト [DVD]

新品価格
¥5,761から
(2019/4/26 00:17時点)





キャスト&スタッフ


出演者


〇デイモン・ウェイアンズ

〇ハリー・ベリー

監督


…(ドラマシリーズ「グッド・ワイフ 彼女の評決」など)


1991年製作 アメリカ映画





あらすじ


元シークレット・サービスのジョー(ブルース・ウィリス)は、今ではすっかり落ちぶれて、私立探偵の仕事をしている。

ある時、友人マイク(ブルース・マッギル)からダンサーのコリー(ハリー・ベリー)の警護の仕事を受ける。

コリーは、「見知らぬ変態につきまとわれているから警護して欲しい」と言う。

しかし、その話を持ってきたマイクは車に爆弾を仕掛けられ、爆死してしまう。

彼が遺した仕事であるコリーの警護が怪しいと感じたジョーはコリーの元へ向かう。

ところが、コリーもまたジョーの目の前で殺されてしまう。

そこで、ジョーはコリーの彼氏で元アメフトのクォーターバック、ジミー(デイモン・ウェイアンズ)と事件を調査し始めるが…。


映画「ラスト・ボーイスカウト」



感想(ネタバレあり)


曲がったことが大嫌いな男、自分を復活させる


どうも古い映画だなぁ~と思いながら見ていたら、25年前の映画(1991年製作)だった。

そうか。ブルース・ウィリスが「ダイ・ハード」でブレイクしてから、もうそんなになるのか…と思ったり。

この映画「ラスト・ボーイスカウト」では、元シークレット・サービスで、今は落ちぶれた私立探偵。

タイトルのボーイスカウトとは、「正義漢」の意味があるという。

というのも、主人公のジョーは、警護すべき雇い主の上院議員が性的に倒錯した趣味があり、女性を痛めつけるのを見ていられずに殴ってしまうという「正義漢」の持ち主なのだ。

そんな、曲がったことが大嫌いな男、ジョーが、友人を殺され、その事件を調査しているうちに自分自身を取り戻していくという話。


映画「ラスト・ボーイスカウト」ブルース・ウィリス

「ダイ・ハード」とパターンが一緒…


監督は、この当時「トップガン」、「デイズ・オブ・サンダー」、「トゥルー・ロマンス」などのヒット作を連発していたトニー・スコット。

それだけに、この映画もアクション満載で、常にどこかで爆発し、どこかで誰かを殴ってる…そんなアクションエンターテインメントになっている。

しかし、この「落ちぶれた男が事件で復活」という話は、「ダイ・ハード」と同じパターンであり、いっそのこと主人公の名前をジョン・マクレーンに変えてもいいんじゃないかと思うぐらい「死ねない男」のパターンが酷似。

違う点と言えば、主人公の仕事が刑事と私立探偵ぐらいか(笑)

なので、「やっぱり、ブルース・ウィリスはこうでなくっちゃ!!」と思える人にはとても楽しめる映画になっていると思う。

映画「ラスト・ボーイスカウト」ブルース・ウィリス

まだ全く売れていないハリー・ベリーを発見


しかし、さすがに25年前には「すごいなーー」と思えたアクションシーンも、今ではすっかり色あせていて、迫力や斬新さを感じることができない。

私が、この映画で一番上がったのは、まだ全く売れていないハリー・ベリーが登場するシーンだった。

まだ洗練されていないハリー・ベリーを見れたのは、なんだか磨かれていない宝石の原石を見た気分で嬉しかった。

次から次へと敵が登場し、それをバタバタ倒していくブルース・ウィリスの姿も、お決まりのパターンで予想通りであり、途中から、どうでもよくなってしまった…。

映画「ラスト・ボーイスカウト」ブルース・ウィリス

やはり、25年も経つと…


ということで、25年前のアクション映画「ラスト・ボーイスカウト」を観たけど、予想以上に楽しめず、がっかりしたというのが本音。

昔は、それでも楽しめたのにね。

技術が進歩すると、映画もいろあせちゃうんだね。

もちろん、いつ観ても良い映画もたくさんあるけどね。

しかし、ブルース・ウィリスはいつも通り「ダイ・ハード」な奴だったので、その辺は楽しめるんじゃないかな。




ゆるめの映画ネタはこちら→「とにかく映画が好きなんです」【別館】

映画のコラムやイベントに参加した話、音楽やご飯ネタなども掲載しています。

この【本館】よりも、もっとユルッとした裏アカです。

こちらも、ぜひ。
 ↓





↓ 人気ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします

映画 ブログランキングへ

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村





ネット配信で観る:「ラスト・ボーイスカウト」(字幕版)

ラスト・ボーイスカウト (字幕版)

新品価格
¥199から
(2019/4/26 00:14時点)



「ラスト・ボーイスカウト」DVD

ラスト・ボーイスカウト [DVD]

新品価格
¥5,761から
(2019/4/26 00:17時点)