ロマン・デュリス主演のフランス映画「彼は秘密の女ともだち」をWOWOWで観た。

女装をすることが喜びになった女装男子と、イキイキとした彼に次第に惹かれていく女性の物語。

満足度 評価】:★★★★☆

「リリーのすべて」のソフトバージョン。女装男子が自分を見出して幸せになるまでのお話。

本当に自分に素直に、「自分らしく生きていくことの難しさ」と「人間の多様性」について考えさせられた作品。

いや~。面白い映画だったなぁ。最初から最後まで目が離せなかった。

出演ロマン・デュリス、アナイス・ドゥムースティエ、ラファエル・ペルソナ

監督・脚本:フランソワ・オゾン 2014年製作 フランス映画


「彼は秘密の女ともだち」予告編 動画

(原作:UNE NOUVELLE AMIE/ 英題:THE NEW GIRLFRIEND)




「彼は秘密の女ともだち」 Blu-ray

彼は秘密の女ともだち [Blu-ray]

新品価格
¥3,727から
(2016/9/15 00:42時点)



あらすじ


幼い頃からの親友ローラを失ったクレール(アナイス・ドゥムースティエ)。

しばらく、何も手につかない状態だったが、彼女のお葬式で「一生、ローラの夫ダヴィッドと子供の面倒を見る」と誓ったクレールは、夫ジル(ラファエル・ペルソナ)にもススメられ、ローラの家を訪ねる。

すると、そこには、観たことのない女性の後ろ姿が…。

その人に声をかけると、彼女は、ローラの夫ダヴィッド(ロマン・デュリス)だった…。

彼は秘密の女ともだち

感想(ネタバレあり) 自分らしく生きている人の美しさ


本当に輝いている人は、「自分らしく生きている人だ」といつも思う。

常に、自分がやりたいことや、目標をしっかりと見定め、それに向かってしっかりと歩んでいる人。

そういう人は、美しく輝く人だと思うし、自分もそんな風に生きていきたいなと思っている。

この映画の主人公ダヴィッドにも、同じことを感じた。

ダビッドは、女装が趣味の男性だ。

初めは興味本位で始めたことがったが、妻のローラがなくなり、赤ちゃんがママを恋いしがったことから、ママの振りをするようになり、本格的に女装をするようになった。

それ以来、ダヴィッドはイキイキと輝き始めて行くのが良く分かる。

お化粧の仕方はもちろん、立ち姿から歩き方まで、全てにおいて「女性らしさ」を追及している。

その探求心には、女性の私も「見習わなければ」と思わされるところがたくさんあった。

背中のムダ毛処理とか!!(笑)

そして、ダヴィッドの笑顔はキラキラと輝き、そのダヴィッドと一緒にいるクレールも影響されるようになる。

彼は秘密の女ともだち2

日常に何かが足りないOLのローラ


そのローラの親友クレールは、普通のOLだ。イケメンで立派は旦那様もいる。

しかし、幼い頃からずっと一緒に過ごしてきた親友のローラがいなくなって以来、喪失感を抱くようになった。

「何かが物足りない」とはいえ、夫に不満があるわけでもない。

そこへ現れたのは、ダヴィッドが女装したヴィルジニアだった。

ヴィルジニアはローラがいなくなった穴を埋めてくれる存在だった。

一緒にカフェでおしゃべりをし、買い物をして、映画を観る。

はじめは、ヴィルジニアがローラの代わりをしていたように思う。

そして、クレールはヴィルジニアに影響を受けて、今まで着たことのないような服を着たりして、再び人生が輝き始める。

彼は秘密の女ともだち3

友情が愛情に変わる時


しかし、クレールとヴィルジニアの楽しいだけの時間は終了する。

お互いが求め合い、必要とするようになり、「愛し合う」ようになる。

この微妙な心境の変化を描写するのが、この映画は非常にうまいと思う。

全てのシーンにおいて、ドキドキしてしまう。

クレールはローラを求めているのか、ヴィルジニアを求めているのかで混乱し、自分の感覚がおかしいのではないかと葛藤する。

そして、ヴィルジニアもクレールを愛する女性としてみるようになってしまったことで、ヴィルジニアからダヴィッドに戻る決心をする。

ところが、結局二人がお互いを求め合う気持ちが抑えきれず、目の前にある「常識」や「理性」、「偏見」の壁を超えて、本当の自分自身と出会えた時、ヴィルジニアは交通事故に遭ってしまう。


彼は秘密の女ともだち4

「カミングアウト」して自由になる生き方


おとぎ話では、「眠れぬ森の美女」が王子様のキスで目覚めたように、

ヴィルジニアを目覚めさせたのは、クレールのカミングアウトだった。

あらゆる障壁を取り除き、「自分らしくあること」が何かに気付いたクレールは、必死の思いでヴィルジニアを目覚めさせる。

もちろん、その障壁を取り除くのは一瞬にできることではなく、それからも長い時間がかかったはずだ。

最後に、「7年後」の映像がある。

それは、彼らの周りを取り巻く全ての偏見を取り除き、2人が社会的な地位を得るのに7年かかったということだと思った。

男性が女装をしても、その人が女性を愛しても、また、彼を愛する女性がいても良い。

全ての人間には、多様性の自由がある。

最後に、三人が手をつないで歩く後ろ姿に心が温かくなる希望を感じた。



↓ 人気ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします

映画 ブログランキングへ

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村





「彼は秘密の女ともだち」 Blu-ray

彼は秘密の女ともだち [Blu-ray]

新品価格
¥3,727から
(2016/9/15 00:42時点)