マーク・ウェブ監督の映画「さよなら、僕のマンハッタン」を映画館で観た。

サイモン&ガーファンクルの代表曲「The Only Living Boy in New York」をモチーフに、NYで暮らす青年が出会いと別れを経験して成長していく姿を描く。


満足度 評価】:★★★★☆

面白かった!

夢見る人たちが集うニューヨークで、長年連れ添った仲間と別れ、新たな人生を模索する人たちと、自身も別れを経験し、彼らから人生を学ぶトーマス。

何歳になっても夢を観たり、人生をやり直せるって素敵だなと思った。


「さよなら、僕のマンハッタン」予告編 動画

(原題:The Only Living Boy in New York)




【映画パンフレット】さよなら、僕のマンハッタン

【映画パンフレット】さよなら、僕のマンハッタン 監督 キャスト

新品価格
¥2,300から
(2018/5/22 16:02時点)



サイモン&ガーファンクル「The Only Living Boy in New York」

The Only Living Boy in New York

新品価格
¥200から
(2018/5/22 16:04時点)



キャスト&スタッフ


出演者






〇カーシー・クレモンズ


監督



2017年製作 アメリカ映画



さよなら、僕のマンハッタン




あらすじ


大学を卒業して、一人暮らしを始めたトーマス(カラム・ターナー)は、隣人のW.F.(ジェフ・ブリッジス)と親しくなり、彼から人生のアドバイスをもらうようになる。

ある日、思いを寄せるガールフレンドのミミ(カーシー・クレモンズ)と行ったナイトクラブで、トーマスは父 イーサン(ピアース・ブロスナン)の浮気を目撃してしまう。

そのことに衝撃を受けたトーマスだったが、その父の浮気相手であるジョハンナ(ケイト・ベッキンセイル)に興味を持ち、彼女に近づき始めるのだが…。



さよなら、僕のマンハッタン2




感想(ネタバレあり)


それぞれが孤独の中で夢を追い続ける町 ニューヨーク



原題の「The Only Living Boy In New York」とは、サイモン&ガーファンクルの代表曲のタイトルである

この曲が書かれたとき、サイモン&ガーファンクルは解散寸前だった。



この時、サイモン&ガーファンクルは映画「卒業」の主題歌「サウンド・オブ・サイレンス」が大ヒットした後だったが、音楽制作について二人の意見が対立していた。

そこで、ガーファンクルは映画撮影の仕事でメキシコへ行き、俳優業に専念しようかと考えていた。

その後、NYに一人残されたポール・サイモンが「君はメキシコへ行ってしまったけど、僕は一人でNYで頑張っているよ」という気持ちを込めて書いたのが、この曲である。





訳詞はこちらから → The Only Living Boy In New York(和訳)



NYはアメリカの中心であり、世界中から夢をかなえるためにやってきた人々であふれている。

その中で、同じ夢を見て、気の合う仲間を見つけ共に歩み始めても、その後、考え方の違いで別れてしまう人たちもいる

結局、それぞれが、一人孤独の中で夢に向かって歩み続ければならない



NYには、このポール・サイモンのような「孤独の夢追い人たち」であふれていて、それぞれが、傷つき傷つけながら出会いと別れを繰り返し生きている。

この映画は、そんなNYの姿を描きつつ、その中で成長していくトーマスの姿を描く。

トーマスだけでなく、トーマスの両親も、近所で暮らす謎の男W.F.も、そんなNYで夢を追い続けた人たちだった。



誰もが知っている大ヒット曲を歌ったサイモン&ガーファンクルでさえ、夢を追い続ける生活に孤独を感じ、そこからどこへ向かえばいいか迷ってしまうように、巨大な都市NYで夢を追うことの孤独と厳しさと難しさを感じつつ、夢を追うことに年齢は関係ないと思わせてくれる素敵な映画だった。



さよなら、僕のマンハッタン5



父親に認められたいという自分勝手な思いが周りを傷つける


主人公のトーマスは、多くの男の子がそうであるように 父の背中を見て成長してきた

そして、小さな出版社を経営する父に認められたくて小説家を目指す

その時、トーマスが目撃したのは「父の浮気」だった。



それ以来、トーマスがイーサンの浮気相手であるジョハンナに接近したのは、「父を越えたい一心」だったのではと思う。

その結果、長年想い続け、まるでソウルメイトのようにお互いを理解してきたミミから、一緒に「ザグレブへ行こう」と言われたのに手放してしまう。

その時、トーマスにとっては父がいるNYが全てであって、ジョハンナを自分のものにすることで「父を超えたような気分」になっていた



そのトーマスの精神的な幼さが、この映画のイラつくところだった。

しかし、そんな大人になりきれない男たちについて、監督のマーク・ウェブは、「(500)日のサマー」や「gifted/ギフテッド」でも描いてきた。

その辺の「幼さ」こそが、マーク・ウェブらしさと言えるだろう。



しかし、ミミを手放したトーマスは、父親に対して「俺だってジョハンナと寝てるんだ」とぶちまけたことで、ジョハンナも手放してしまう

イーサンとジョハンナの間には、トーマスに想像もつかないような長い長い歴史があるのだ。

そんな二人に対して何の思いやりもなく、「自分だって大人なんだ。大人の扱いをしろ」と言わんばかりに、父親に対して対抗心を燃やす

それはまるで、遅れて反抗期がやってきた中二病のようだった。



しかし、それ以来、ジョハンナが姿を消したことで、自分が酷いことを言ってしまったことに気付く。

さらに、両親と謎の男 W.F.と自分の間に、「秘められた過去」があったことを知らされる。



「父親に追いつきたい。認めてもらいたい」という気持ちはわかるけれど、父と同じ女性と付き合ったからと言って、並列になれるわけではない

人にはそれぞれの歴史があり、それぞれに成長のスピードがあるのだ。

無理に背伸びをしようとしても、思いやりが足りず、誰かを傷つけてしまい、結果、自分も傷つくだけなのだ。



トーマスにとって、ジョハンナとの間にあったことは、子供から大人へと成長する過程に起きたことであり、デリカシーのなさでジョハンナを傷つけてしまったことは、成長の痛みなのだ。

そうやって、傷つけ、傷つけられながら、みんな大人になるんだな。



さよなら、僕のマンハッタン3



25年かけて、関係をこじらせ続けた大人たち



トーマスだけではない。

大人たちだって、これまで順風満帆に生きてきたわけではない

トーマスの両親とW.F.の三人は、それぞれが25年間、孤独を感じながら生きてきた。

父・イーサンは仕事にまい進し、母は躁うつ病になってメンタルを壊し、W.F.は酒を手放せない生活をしていた。



ということは、イーサンの母 ジュディスは、25年前にW.F.ではなく、イーサンと結婚したことを後悔していたということだろう。

彼女は、アーティストと結婚するよりも、安定的な生活を選んだのだ。

しかし、結局、子供を欲しくなってW.F.に頼らざるを得なくなった。

W.F.はその夫妻のトンデモないわがままを許し、精子を提供し、その後、トーマスの成長を遠くからじっと見守ってきたのだ。



その後、彼らが三人とも孤独と戦うことになったのは、自業自得としか言いようがないけれど、若い彼らなりに考えた結果なのだろう。

その中で、W.F.は小説を書き続け、必死になってトーマスの才能を見出そうとする。



結局、トーマスが大人になったことで、W.F.はジュディスとトーマスへの思いを吐露し、謎の男から小説家になり、ジュディスへの思いを叶える

これはトーマスの成長物語であるけれど、W.F.が25年間かけた夢をかなえる物語でもある

NYという町は、大人が夢を見てもいい街なのだ。



さよなら、僕のマンハッタン4



孤独の中、道に迷い、失敗を繰り返しながら夢を追い続けていく



トーマスの両親とW.F.の間にあったことは、若いトーマスに対し「若い頃には、たくさんの可能性がある中で、後悔をする生き方をしてはいけない」というメッセージである一方で、「人生は何度でもやり直すことができるし、年齢を問わず夢を見ることができる」という相反したメッセージも含まれている。

人生は、迷いながら、時には失敗しつつ、前に進むものなのだ。



それこそが、サイモン&ガーファンクルの「The Only Living Boy In New York」そのものである。

ガーファンクルがメキシコに行ってしまって、自分ひとり残されたサイモンはどうしていいのか分からない中で「寂しいよう」という気持ちをこめてこの歌を描いた。



トーマスは、自分勝手な振る舞いをしたことでミミもジョハンナも手放してしまい、一人ぼっちになってしまった中、行き先を見失ってしまう

そこで、行き先を示してくれたのは、本当の父であるW.F.であり、そんな彼にできるのは、サイモンが曲を書いたように、その彼自身を小説に書くことなのだ。

それで失敗してしまったら、また最初からやり直せば良いのだ。

それが、ニューヨークという町だから。



誰もが孤独と戦いながら、その孤独を音楽や小説に表現する

ニューヨークで暮らすアーティストたちは、そうやって成功していくのだ。

この映画は、そんな夢追い人たちを描いた作品なのである。







↓ 人気ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします

映画 ブログランキングへ

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村





【映画パンフレット】さよなら、僕のマンハッタン

【映画パンフレット】さよなら、僕のマンハッタン 監督 キャスト

新品価格
¥2,300から
(2018/5/22 16:02時点)



サイモン&ガーファンクル「The Only Living Boy in New York」

The Only Living Boy in New York

新品価格
¥200から
(2018/5/22 16:04時点)