コ・ス主演の韓国映画「復讐のトリック」をコリアン・シネマ・ウィークで観た。

第二次世界大戦直後の韓国で、恋人を殺されたマジシャンが仕掛ける壮大なトリック。



韓国映画「復讐のトリック」


満足度 評価】:★★★☆☆

戦後の混乱期に乗じて日本人をフリをし、人の命も構わず荒稼ぎした資産家と、その犠牲になった人の復讐のために壮大なトリックを仕掛けたマジシャン。

とはいえ、先の展開が見えてしまい、特に衝撃も感じないまま終了してしまった。

ちょっと作りが凝り過ぎてしまった感あり。



目次

  1. 予告編
  2. 更新履歴・販売情報
  3. キャスト&スタッフ
     出演者
     監督
  4. あらすじ
  5. 感想


『復讐のトリック』予告編 動画

(原題:석조저택 살인사)



更新履歴・公開、販売情報

・2018年10月30日 コリアン・シネマ・ウィーク 2018 にて鑑賞。

・2018年11月11日 感想を掲載。





キャスト&スタッフ


出演者




…(「夜の浜辺でひとり」など)

〇イム・ファヨン


監督

〇キム・フィ

〇チョン・シク



2017年製作 韓国映画




あらすじ

第二次世界大戦後、日本から独立した直後のソウルで、資産家ナム・ドジン(キム・ジュヒョク)の運転手チェ・スンマン(コ・ス)が殺されるという事件が勃発する。

謎が多い殺人事件で、ナム・ドジンは容疑者として逮捕され、無罪を主張するが、韓国が独立して以降のナム・ドジンの顔が次々と明らかになっていく…。



韓国映画「復讐のトリック」



感想(ネタばれあり)


この映画の感想は、私が「ぴあ映画生活」に書いた感想をご紹介します。


復讐のトリック (2017)


★★★ [60点]「マジシャンが仕掛けたトリックだけど…」


コリアン・シネマ・ウィークにて鑑賞。

魔術師が仕掛ける壮大なトリック…

という映画なんだけど、先の展開が読めてしまって、「えぇー」という驚きもなかったのが残念だった。

ただ、第二次大戦直後の朝鮮半島のカオスぶり、混乱ぶりは伝わってくる作品だった



1947年の朝鮮半島で、資産家のナム・ドジン(キム・ジュヒョク)が、運転手のチェ・スンマン(コ・ス)殺人容疑で逮捕される

彼は、本当にチェ・スンマンを殺したのか、それとも…



第二次大戦中に、日本の統治下にあった朝鮮半島で、日本人になりすまして富を得ていた人たちが、戦後は、偽造紙幣を印刷して金儲けをするようになり、そのためには、人の命すら簡単に奪ってしまう。

その犠牲になるのは、マジメに生きている市民たちで、
コ・スは、犠牲になった人たちの復讐のために、壮大なトリックを仕掛ける。



その物語は、1947年の法廷の場面と、1945年のコ・スに起きた出来事が交互に出てきて語られるのだけど、初めのうちは、
コ・スの身に起きていることが、どう法廷の議論につながっているのか分からず、話があちこちに飛んでいるイメージで分かりづらかった。



結局のところ、戦後の混乱期に乗じて金儲けした人でなしなど滅びてしまえって話で、その中で、コ・スは最後まで愛する人の威厳を守り続ける

ハードボイルド小説が原作になっていることもあって、全体的に暗めのトーンでフィルムノワール的に作られているけれど、その凝った作りが話を必要以上に複雑にしてしまったなという印象だった


Posted by pharmacy_toe on 2018/11/04 with ぴあ映画生活




Twitterでも、映画情報や海外ドラマの情報を発信しています~


Instagramでも映画のレビューを日々更新しています~








↓ 人気ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします

映画 ブログランキングへ

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村





DVDで観る:「復讐のトリック」

復讐のトリック [DVD]

新品価格
¥3,068から
(2019/3/23 00:47時点)



Amazonプライムで観る:「復讐のトリック」(字幕版)

復讐のトリック(字幕版)

新品価格
¥400から
(2019/3/23 00:48時点)