ブログネタ
洋画鑑賞レビュー に参加中!
ベン・アフレック主演・脚本・監督の映画「ザ・タウン」を観た。

アメリカで最も銀行強盗が多いとされる街、ザ・タウンで育ち、銀行強盗となった4人組の行く末を描く。

途中までは面白くて、かなり引き込まれて見ていたんだけど、終わり方に納得がいかず、結局のところ、「まぁまぁな映画」っていう評価になってしまった。

残念。

「ザ・タウン」予告編 動画

(原題:THE TOWN)




「ザ・タウン」DVD

ザ・タウン 〈エクステンデッド・バージョン〉 [Blu-ray]

新品価格
¥1,300から
(2015/11/23 00:34時点)



原作本「強盗こそ、われらが宿命(さだめ)」(上)

強盗こそ、われらが宿命(さだめ)〈上〉 (ヴィレッジブックス)

新品価格
¥799から
(2015/11/23 00:36時点)



「強盗こそ、われらが宿命(さだめ)」(下)

強盗こそ、われらが宿命(さだめ)〈下〉 (ヴィレッジブックス)

新品価格
¥756から
(2015/11/23 00:37時点)





あらすじ


全米で最も銀行強盗の多い町、ボストンのチャールズタウンで生まれ育ったダグ(ベン・アフレック「夜に生きる」「ザ・コンサルタント」「ゴーン・ガール」「世界で一番パパが好き」「バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生」「アルゴ」「ペイチェック 消された記憶」)は、幼い頃から兄弟のように育った親友のジェム(ジェレミー・レナー「ウインド・リバー」「メッセージ」「ミッション:インポッシブル」「アベンジャーズ」)と共に、銀行強盗をして生活している。

ある時、警備に取り囲まれた時の対策に、人質として誘拐したクレア(レベッカ・ホール「トランセンデンス」)が、解放後も自分たちのことを警察に話さないかどうかの監視をしていたが、ダグは彼女に恋をしてしまう。

仲間には秘密にしてクレアと付き合い始めたダグだったが、そのことが仲間や、FBI捜査官のフローリー(ジョン・ハム「ベイビー・ドライバー」、「地球が静止する日」)に次第に知られてしまう・・・。

ザ・タウン

感想(ネタバレあり) 全米一銀行強盗を生み出す町の話


ボストンで育ったベン・アフレックが、ボストン愛を込めて作ったと思われる、この映画「ザ・タウン」は、ボストンにあるチャールズタウンにはびこる犯罪の温床について描いている。

全米で最も銀行強盗が多く、地元の不良は迷うことなく銀行強盗になる。

彼らの多くは、アイルランド系移民であり、家族、親戚が同じ道を歩むものが多い。

そんな町しか知らない主人公のダグは、銀行強盗稼業から足を洗い、知らない土地で新たな人生を歩むことを本気で考え始めるというお話。

ザ・タウン2

話の締めが甘くて弱い。人を殺した犯罪者には報いを


んーーーー。ベン・アフレック、意外とロマンチストで夢見る乙女なんだなぁって思った。

後半、ダグがクレアに向かって、「二人でどこか遠くに行かないか」と言い出したあたりから、「むむっ??」って思ったんだよね。

「何、絵空事言ってんの??」って。

ダグが、外の世界を夢見ることは勝手だけど、さんざん人を殺して、友人たちは殺されて、自分だけ良い思いしようっていうのは、虫が良すぎるよねって思った。

それでも、ダグは悪くない、育った環境が悪いんだとでも言うんだろうか。

そんなこと言ったら、911のテロリストは育った環境が悪いからテロリストになったんだ。

だから、逃がしてやろうって思うだろうか。

そうじゃないよねぇ。

ダグが、お花畑で暮らしたいっていう夢を観るのは自由だし、育った環境が悪いのも良く分かる。

でも、いくらなんでも、FBIもそんなに無能じゃないし、何より犯した罪の報いを受けるべきだと私は思う。

人生は、「今までやったことは全て懺悔しますから、助けてください」とお願いして、誰かが助けてくれるものではない。

因果応報。犯した罪は、きちんと償うのが人生だ。

途中までは、その犯罪の温床になっている街の事情を知ったり、強盗シーンやカーチェイスも面白く観てたんだけど、そのダグの描き方の甘さに私はついていけなかった。

ザ・タウン3

俳優が監督する作品には、良い俳優が出演する


しかし、豪華な俳優たちの共演には、とても楽しませてもらった。

中でも、ジェレミー・レナーの狂気溢れる演技が最高だったなぁ。

ミッション:インポッシブル」に「アベンジャーズ」と、世界を救うお仕事で忙しそうだけど(笑)、時には、こういう個性ある演技を見せられるお仕事もして欲しいところ。

それに、嬉しかったのは、久しぶりに観たピート・ポスルスウェイト(「ロスト・ワールド/ジュラシック・パーク」、「インセプション」)。

残念ながら、この作品が遺作となってしまった。

↓ 残念ながら、この作品が遺作となってしまったピート・ポスルスウェイト
ピート・ポスルスウェイト


久しぶりに観て、やっぱり素敵な俳優さんだなぁ、もっと観たいなぁと思った。

そして、ワンシーンだけだけどクリス・クーパー(「カーズ/クロスロード」(声の出演)「夜に生きる」「雨の日は会えない、晴れた日は君を想う」「8月の家族たち」「遠い空の向こうに」「シービスケット」)

やはり、俳優が監督する作品って、良い役者さん使うなぁと思うんだよね。

同業者って、いい仕事する人が分かるんだろうなぁ。

ザ・タウン4

犯罪者を生み出す土地のせいにはせず、明るい未来を考えたい


大のレッドソックスファンで、ボストン愛に溢れるベン・アフレックが、このチャールズタウンのことを憂いているのは、良く分かる。

だったら、昔から続いてきた土地が犯罪者を産み育てているのが悪いと描くのではなく、どうやったら、その土地をクリーンにできるのかを考えて欲しかった。

ボストンが産んだスターの言うことには、きっとボストンも耳を貸すはずだから。





↓ 人気ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします

映画 ブログランキングへ

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村



「ザ・タウン」DVD

ザ・タウン 〈エクステンデッド・バージョン〉 [Blu-ray]

新品価格
¥1,300から
(2015/11/23 00:34時点)



原作本「強盗こそ、われらが宿命(さだめ)」(上)

強盗こそ、われらが宿命(さだめ)〈上〉 (ヴィレッジブックス)

新品価格
¥799から
(2015/11/23 00:36時点)



「強盗こそ、われらが宿命(さだめ)」(下)

強盗こそ、われらが宿命(さだめ)〈下〉 (ヴィレッジブックス)

新品価格
¥756から
(2015/11/23 00:37時点)