マーク・ウォルバーグ主演、ホアキン・フェニックス共演の映画「裏切り者」をWOWOWで観た。

刑務所帰りの青年が人生をやり直そうとした時、友人が引き起こした汚職事件に巻きこまれてしまう話。

満足度 評価】:★★★☆☆(3.5)

大好きな友人に裏切られてしまった男の物語。

正直、もっとつまらない映画なのかと思っていたら、予想以上に引き込まれて観てしまった。


「裏切り者」予告編 動画

(原題:THE YARDS)




「裏切り者」DVD

裏切り者 [Blu-ray]

新品価格
¥2,571から
(2016/5/29 00:41時点)



あらすじ


友人の罪をかぶり1年4ヶ月の服役を終え、自宅へ戻ってきたレオ(マーク・ウォルバーグ)。

彼を待ち受けていたのは、彼を一人で育てた母(エレン・バースティン)と、親友のウィリー(ホアキン・フェニックス)、そして従妹のエリカ(シャーリーズ・セロン)だった。

レオは病弱な母を助けるために翌日から働こうと思い、叔父で電車の工事や部品の製造をする工場の社長をしているフランク(ジェームズ・カーン)を訪ねるが、フランクはレオに学校へ通って仕事の技術を学ぶことを提案する。

すぐにでも金が欲しいレオは、同じくフランクの会社で働くウィリーと同じ仕事をすることを希望する。

しかし、ウィリーの仕事は事業の競争入札で、フランクの会社が優先して落札できるように裏工作することだった…。


裏切り者

感想(ネタバレあり) 家族と友人が世界の全てだった若い頃


若い頃は、まだまだ世界が狭くて、家族と友達がその世界の全てになってしまいがち。

だから、とても強い意見を持っていたり、強い権力のある友達の言うことに、ズルズルと引きずられてしまうことがある。

私も若い頃はそうだった。

自分で何事も単独で判断して行動するより、友達と一緒にいた方が楽だから、常に友達と一緒にいることを望んでいた。

友達がいないところには行きたくないとさえ、思っていたこともあった。

でも、いつからだろう。

友達に意見を合わせることが面倒になり、全てを自分の判断で決めたくなるようになった。

たとえ、それが明らかに自分が孤独になってしまう選択だったとしても。

今思えば、それは、大人への成長の第一歩だったのかもしれない。

裏切り者3

家族と友達の世界から脱皮する時は、大人になる時


この映画では、主人公のレオがその家族と友達が全てだった世界から脱皮して、味方が1人もいない新しい世界へ足を踏み出すという、大人になる瞬間が描かれている。

もうすっかり大人になってしまった人からすれば、「あんな子と付き合わなければいいのに」と客観的に判断できるけど、本人からしたら友達との関係は世界の全て。

簡単に縁を切ることなんて絶対にできない。

それは、きっと誰もが通った道だから、レオとウィリーの関係を観ていて心が切なくなる人も多いのではと思う。

しかし、頑なにレオが親友のウィリーを守ったにも関わらず、ウィリーは簡単にレオを捨ててしまう。

2人の明暗を分けたのは、「電車の操車場(the yard(原題))」だった。

あの時、ウィリーたちが破壊工作をしているのをただぼんやりと見ていたレオは、殺人犯にされてしまう…。

裏切り者6

脱皮した人には、新しい世界が待っている


そこで、目が覚めたレオは、大人への階段を歩き始め、家族も友達も捨てる道を選択する。

きっと、その時、レオ本人からしたら絶望的な気分になったことと思うけど、実際はそうではない。

新しい世界を開いたレオには、新しい友人が待っている。

新しいステージにピッタリと合った友人が。

そして、きっと新しい家族もできる。

だから、自分の心に正直に、全てを告白して正解だったんだ。

それが大人になるということなんだなぁ。

そもそも、この映画は公共工事の裏取引に巻きこまれた若い青年の話として描かれたものだったんだけど、私としては、そのレオの心の成長がとても気になったし、彼を見ていてすごく応援したくなった。

裏切り者2


14年前のマーク・ウォルバーグ、ホアキン・フェニックス、シャーリーズ・セロン共演作


主人公のレオを演じるのは、マーク・ウォルバーグ

なんと、これは14年も前の映画になるんだけど(^^;

この映画は、マーク・ウォルバーグが、スター街道を歩き始めた頃の作品。

「パーフェクト・ストーム」と「PLANET OF THE APES 猿の惑星」の間。

はぁぁぁぁ。どうも、このレオを演じてるマークは若いよねぇ。

今のマークもそんなに劣化もしていないし。

その頃と変わらず、今でもキチンと主役クラスで仕事をしているんだから、偉い。

そうかぁ。このころのマークは、まだ大人と子供の間ぐらいの年齢だったんだなぁ。

その初々しさ、青さがとても良い。好印象なマーク・ウォルバーグだった。

他の出演作には、「マイル22」、「ゲティ家の身代金」、「パトリオット・デイ」、「バーニング・オーシャン」、「ザ・ギャンブラー/熱い賭け」、「ザ・ファイター」、「ペイン&ゲイン 史上最低の一攫千金」、「TED テッド」など

裏切り者7


レオの親友ウィリーを演じるのは、ホアキン・フェニックス

当時、スター街道を歩き始めたマーク・ウォルバーグに対し、ホアキンは「グラディエーター」の助演で、ようやくリバー・フェニックスの弟という肩書きが取れ始めた頃。

最近は、主役クラスの役を演じつつ、個性派俳優としての位置も確立している。

今年は、日本でウディ・アレン監督の新作映画「教授のおかしな妄想殺人」が公開待機中。

他の出演作には、「ビューティフル・デイ」、「炎のメモリアル」、「her/世界で一つの彼女」、「ウォーク・ザ・ライン/君につづく道」など


裏切り者5



そして、ウィリーの恋人で、レオの従妹であるエリカを演じるのは、シャーリーズ・セロン

強くて、仕事ができて、羽振りの良いウィリーを好きになったエリカは、追々ウィリーの正体を知ってしまう。

エリカにとっても、大人への成長の物語だった。

しかし、気付くのが遅すぎて悲劇を招いてしまう。

この映画は、そもそもWOWOWの「シャーリーズ・セロン特集」の一本。

今では、セクシーな大人の女、シャーリーズ・セロンも、この頃は初々しさがあって、すごくかわいい。

昨年は、「マッドマックス 怒りのデス・ロード」のフェリオサが当たり役だった。

現在、最も人気も実力もある女優の一人。

他の出演作には、「タリーと私の秘密の時間」(兼 製作)、「KUBO/クボ 二本の弦の秘密」(声の出演)、「アトミック・ブロンド」、「ダーク・プレイス」、「あの日、欲望の大地で」など


裏切り者4

終わりに希望があって良かった


この映画は、悲劇的な終わり方を選択しようと思えば、それもできたので、途中、どうなることかと思ったけど、希望のある終わり方で良かった。

私の希望としては、出所してきたウィリーが心を入れ替えて、マジメな人生を送って欲しいということ。

このブログでは、当時若手だった、今ではハリウッドの主力選手3人しか紹介できなかったけど、他にも、ジェームズ・カーン、フェイ・ダナウェイ、エレン・バースティンという超ベテラン大物俳優が登場。

アメリカン・ニューシネマが大好きな人たちは、それだけで楽しめるのでは…という作品だった。



↓ 人気ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします

映画 ブログランキングへ

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村





「裏切り者」DVD

裏切り者 [Blu-ray]

新品価格
¥2,571から
(2016/5/29 00:41時点)