ブログネタ
新作映画の話題 に参加中!
フランスとモーリタニア合作映画「禁じられた歌声」の予告編を観た。

先日発表になった「ニューヨーク映画批評家協会賞」の外国語映画賞を受賞したのを観て、その存在を知り、予告編を観てみようと思った。

【観たい度】:★★★★☆


*** 受賞歴 ***

2015年 ニューヨーク批評家協会賞 外国語映画賞 受賞

2015年 フランス セザール賞 最優秀作品賞 他 7部門受賞

第87回アカデミー賞(2015年) 外国語映画賞ノミネート

第67回 カンヌ国際映画祭(2014年) コンペティション部門出品

第50回 全米批評家協会賞 外国語映画賞 受賞

************

「禁じられた歌声」(「ティンブクトゥ」)予告編 動画

(原題:Timbuktu)




「Timbuktu」(「禁じられた歌声」(「ティンブクトゥ」))サウンドトラック

Timbuktu

新品価格
¥1,987から
(2015/12/7 10:56時点)



生活から楽しみを奪われてしまった町


舞台は、西アフリカのマリ共和国の町、ティンブクトゥ。

少女トヤの一家は、そこで幸せな暮らしを送っていた。

しかし、ある時、国の政策で歌とサッカーとタバコを禁じられてしまう。

家族で音楽を奏でることが好きなトヤの一家は、そのことで生活が一変してしまう・・・というお話。

予告編の中で、サッカーをすることができず、でもすごくサッカーをしたくて、ボールを使わずにエアサッカーをしている少年たちのシーンがあって、そのシーンだけでも胸を締め付けられてしまった。


禁じられた歌声

日本がとても恵まれていると知るためにも


とても自由で平和な日本にいると忘れてしまいそうになるけど、世界には、貧しい上に、自由すらも奪われてしまった人たちがたくさんいる。

そういう人たちの生活を知るためにも、観るべき映画かなぁと思う。

監督は、アブデラマン・シサコ

マリ共和国出身。モスクワで映画を学び、現在はフランスを拠点に活動しているそう。

この「禁じられた歌声」がアブデラマン・シサコ監督の日本初公開作品となる。

この映画について、今年の「フランス映画祭2015」での監督のインタビューを見つけた。

ぜひ、映画を観る参考に。

「禁じられた歌声」 アブデラマン・シサコ監督 インタビュー

あぁ。いろいろ調べながら記事を書いていたら、是非、観たくなった。

12月26日より、全国順次公開予定。



↓ 人気ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします

映画 ブログランキングへ

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村



「Timbuktu」サウンドトラック

Timbuktu

新品価格
¥1,987から
(2015/12/7 10:56時点)