ジョエル・エドガートントム・ハーディ主演の映画「ウォーリアー」をWOWOWで観た。

父親のアルコール依存症が原因でバラバラになってしまった家族が、再び引き寄せ合う運命を描く。

満足度 評価】:★★★★☆

すごく感動した!!!

ストーリーはよくある話で、先が読めるし、とても甘い展開なんだけど、トム・ハーディの凄まじい演技に思わず見入ってしまい、彼の生き様にすごく心を打たれた映画だった。


「ウォーリアー」予告編 動画

(原題:WARRIOR)




「ウォーリアー」DVD

ウォーリアー [Blu-ray]

新品価格
¥1,946から
(2016/4/1 11:43時点)



キャスト&スタッフ


出演者

ジョエル・エドガートン
…(「イット・カムズ・アット・ナイト」、「レッド・スパロー」、「ラビング 愛という名前のふたり」、「ブラック・スキャンダル」、「ディーン、君がいた瞬間」、「ウォーリアー」<兼 監督作>「ザ・ギフト」、「ある少年の告白」など)

トム・ハーディ
…(「ヴェノム」、「ダンケルク」、「レジェンド 狂気の美学」、「レヴェナント 蘇りし者」、「マッドマックス 怒りのデスロード」、「チャイルド44」、「オン・ザ・ハイウェイ その夜、86分」、「裏切りのサーカス」、「インセプション」、「ロンドン・ロード ある殺人に関する証言」など)

フランク・グリロ
…(「シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ」、「キャプテン・アメリカ ウィンター・ソルジャー」など)

ニック・ノルティ
…(「ロング・トレイル!」、「ラン・オールナイト」、「リーガル・マインド~裏切りの法廷~」など)

〇ジェニファー・モリソン
…(「スター・トレック イントゥ・ダークネス」、「スター・トレック」など)

監督

〇ギャビン・オコナー

2011年製作 アメリカ映画

あらすじ


高校で物理の教師をしているブレンダン(ジョエル・エドガートン)は、心臓の弱い娘に医療費がかさんでしまい、家のローンを払えず、破産する寸前の状態にいた。

アルコール依存症で家族を失ったパディ(ニック・ノルティ)の元に、ある時、息子トミー(トム・ハーディ)が訪ねてくる。

トミーは、パディが依存症になった時に母親と二人で家を出たきり音信不通だったのだが、「格闘技の大会にチャレンジするから、トレーナーをやって欲しい」とパディに言ってきた。

パディは、依存症を克服し、酒を最後に飲んでから1000日が経過しており、「自分は生まれ変わった」ことを息子に示すために、トレーナーを引き受ける。

そして、パディのもう一人の息子、ブレンダンも娘の医療費と家族の生活費のために、格闘技に挑戦しようとしていた。

ウォーリアー



感想(ネタバレあり)


男たちの生き様に感動!!

感動したなぁーーー。すごく感動した。

男たちの生き様にすごく感動した映画だった。

ここで描かれるのは、3人のある親子。

長男のブレンダンは、高校で物理の教師をしている。

娘は心臓が弱く医療費がかさむ上に、家を買ったローンの支払いも滞りがちで破産寸前。

そんな時、金欲しさにストリップクラブで行われたストリートファイトに参戦。

それが教育委員会にばれてしまい、停職を通告される。

にも関わらず、停職している間、本格的に格闘技にチャレンジする決心をする。

次男トミーは、かつて海兵隊に所属していた。

米軍の誤爆により仲間を失い、唯一助かった彼は、誤爆の現場から逃げ出し、脱走兵となってしまう。

そして、その脱走兵という身分を隠すために、母親の旧姓を使い名前を偽って暮らしていた。

父パディは、元レスリングのチャンピオンでアルコール依存症。

その荒れた生活のために妻と息子たちを失ってしまう。

しかし、酒を飲まなくなってから1000日が経とうとしており、自分を頼ってきたトミーのために、再びトレーナーとしてリングに立とうとしていた。

彼ら3人の男たちのそれぞれの生き様がとても心を打つ映画だった。

ウォーリアー2

自分を責め続けるトミーの姿に涙


彼らの中で、私が最も心をひかれたのは、次男のトミー

ある日、ふらっと父親を訪ねてきたトミー。

ほとんど言葉を話さないために、その心の奥底が分からず、しばらく眺めていた。

トミーが格闘技チャンピオンに参戦し、決勝戦まで勝ち進んだ時、父パディが、トミーとケンカしたことで、やめていた酒を飲んでしまい泥酔状態に。

そんな父をトミーが優しく抱きしめているシーンを観て、本当はすごく優しい人なんだと思いホッとする。

やっと彼の本音が理解できたのは、最後のブレンダンとの死闘。

彼は、父の元から連れて逃げた母や、戦場で家族のように過ごした仲間たちを失い、自分だけ生き残ったことに、責任を感じていたように思う。

自分が許せなくて、まるで死ぬためにリングに上がっているように見えた

お母さんが亡くなったのも、仲間が死んでしまったのも、トミーの責任ではないのに。

その決勝を迎えた会場で、亡くなってしまった仲間の奥さんがトミーにすごく良くしてもらっていたとインタビューに答えるシーンではジーンときて涙が出た。

そして、最後にブレンダンがトミーを抱きしめ、「愛している」と言い続ける姿を観て、「あぁ、やっぱり最後は家族なんだな」と思った。

どんなにいがみ合っていても、どんなに遠く離れていても、家族同士の心は離れることができない

どんなことがあっても、最後に帰るのは家族の腕の中

その温かさに、私の心も温かくなった。

ウォーリアー3

出演者は、ジョエル・エドガートン、トム・ハーディ、ニック・ノルティ


長男の高校教師、ブレンダンを演じるのは、ジョエル・エドガートン

まぁ、正直言って、日頃教師をしていて大して筋トレもしていないような人が、いきなり格闘技のチャンピオン戦に出て優勝するなんて、ちょっとないなぁと思う。

でも、この映画の中では、それが許されてしまうから不思議。

きっと観客も、トミーも、パパもブレンダンに勝って欲しいと思った結果なんだろうなぁ。

真面目に働いているのに、娘の医療費も、家のローンも払えないなんて不条理すぎるから。

このいかにも真面目な高校教師っていう感じが良かったなぁ。



ウォーリアー4


次男の謎の男、トミーを演じるのはトム・ハーディ

この映画は、トム・ハーディなしには語れないぐらい、トム・ハーディの狂気がすごい。

これは、本物の野獣か??っていうぐらい、人間らしさを無くした男の猛々しさ。

ものすごいカリスマ溢れる演技に目が離せなかった。

昨年は、「マッドマックス 怒りのデスロード」と、「レヴェナント 蘇りし者」と話題作の出演が続き、今、最も注目を浴びている俳優。

この映画を観て、次回作がすごく楽しみになった!!

まずは、「レヴェナント 蘇りし者」で、どんな演技を見せてくれるのか早く観たい!!!


ウォーリアー5


父パディを演じたのは、ニック・ノルティ

この映画でアカデミー賞助演男優賞にノミネートされた。

ニック・ノルティ自身が薬物依存症だった過去があるため、パティの演技にも凄まじい程のリアリティがある。

さっきまで普通だったのに、酒を飲み始めた瞬間から人がガラリと変わった瞬間の演技に鳥肌が立つ!!

凄かったなぁ。

大ベテランのニック・ノルティさすがでございます。



ウォーリアー6


背景に描かれるアメリカの社会的な問題に衝撃


この映画で、兄弟の心温まる感動の話と同じぐらい衝撃だったのは、長男のブレンダンが高校教師でありながら、娘の医療費と家のローンで破産寸前になっていること。

アメリカの医療費は高額で有名だけど、真面目に働いている人も払いきれないって、どういうことなんだろう。

また、家のローンが高額であることも描かれていて、これもまた、リーマンショックのサブプライムローンの余波かと思うと、アメリカの社会にある様々な問題も、きちんと描かれた作品だと感じた。

ブレンダンは、致し方なく格闘技チャンピオン戦に参戦することになったけど、普通に考えたら、真面目に働いているんだから、一家を養えてないとおかしい話だよね。

その貧しさについても、考えさせられる作品だった。

ウォーリアー7




↓ 人気ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします

映画 ブログランキングへ

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村



「ウォーリアー」DVD

ウォーリアー [Blu-ray]

新品価格
¥1,946から
(2016/4/1 11:43時点)