とにかく映画が好きなんです【本館】

とにかく映画が好きで、特にアメリカ映画大好きです このブログは、ネタバレありの映画鑑賞日記です。主にハリウッド映画と韓国映画をメインに感想を書いています


タグ:アトム・エゴヤン



クリストファー・プラマー主演、アトム・エゴヤン監督の映画「手紙は憶えている」を試写会で観た。

アウシュビッツで家族を殺された90歳の男性ゼヴ。妻に先立たれた彼は、家族の復讐を果たすための旅に出る。


満足度 評価】:★★★★★

手紙の中に書かれた「忘れてはいけないこと」は、観客に対する、「忘れないで欲しい」というメッセージだった。

戦後70年が経ち、私たちの記憶の中からナチスの存在が薄れていくこと。

それが最も恐ろしいことだと私には思えた。

※感想には重要なネタバレを含みます。映画をご覧になってからお読みになることをおススメします。

「手紙は憶えている」予告編 動画

(原題:REMEMBER)




ネット配信で観る:「手紙は憶えている」(字幕版)

手紙は憶えている(字幕版)

新品価格
¥500から
(2017/12/3 19:42時点)



DVDで観る:「手紙は憶えている」 Blu-ray

手紙は憶えている [Blu-ray]

新品価格
¥3,926から
(2017/12/3 19:44時点)



キャスト&スタッフ


出演

クリストファー・プラマー
…(「ゲティ家の身代金」、「Dear ダニー 君への歌」、「ドラゴンタトゥーの女」)

ブルーノ・ガンツ
…(「ハイジ アルプスの物語」、「ヒトラー~最期の12日間~」、「リスボンに誘われて」など)

〇マーティン・ランドー

監督

アトム・エゴヤン
…(「白い沈黙」、「デビルズ・ノット」、「スウィート ヒアアフター」など)


2015年製作 カナダ・ドイツ合作映画

あらすじ


90歳のゼヴ(クリストファー・プラマー)はアウシュビッツで家族を殺されてしまった過去を持つ。

同じ高齢者向け病院で暮らす友人のマックス(マーティン・ランドー)もまた、アウシュビッツで家族を殺されていた。

妻に先立たれたゼヴは、以前よりマックスと約束していた「家族への復讐を果たす旅」に出発する。

しかし、ゼヴはアルツハイマーであり、日を追うごとに記憶が薄れて行っていた。

マックスは身体が不自由なため、ゼヴと共に旅へ行くことができない。

そのため、マックスはゼヴに、容疑者の名前を記した手紙を託す。

その手紙さえあれば、途中で記憶をなくしても目的を果たすことができるようにと…。

手紙は憶えている


感想(ネタバレあり)

 

アウシュビッツで家族を殺された老人ゼヴ。復讐の旅に出る


そうか。第二次対戦が終わってから70年。

ナチスの生き残りの中で、まだ幸せな生活を送って生きている人もいるのか。

彼らは既に過去の人。そう思っていたので、まだ現在進行形だったこと自体が驚きだった。

主人公のゼヴは90歳。アルツハイマーを患い、日々記憶が薄れている。

アウシュビッツで家族を殺されてしまい、その後、カナダへ移住し生き延びてきた。

ゼヴの友人マックスも同じく、アウシュビッツで家族を殺されていた。

2人は、死ぬまでに家族の復讐を果たそうと誓い合い、共にその計画を立てていた。

そして、ゼヴの妻が亡くなり、彼はマックスが「ナチスの生き残りへの復讐計画」について書いた手紙を持ち、旅へ出る。

手紙は憶えている4

ナチスがやってきたこと。そして、新たに生まれるネオナチ


そこからスタートする「ゼヴの復讐の旅」は、ナチスがしてきたことや、これからのナチスを示すものだった。

例えば、ゼヴが訪ねた容疑者の1人は、ユダヤ人ではなく、同性愛者だという理由で収容所へ送られてしまった人の1人だった。

その彼を容疑者だと思ったゼヴは、泣きながら謝罪する。

そして、もう1人。

容疑者の家を訪ねた時、容疑者は既に亡くなっていた。

しかし、その息子はナチスの信奉者となっていた。

ナチスの料理番だったという父が大切に持っていたナチスの品々を受け継ぎ、大切に保存し、鉤十字の旗を部屋に飾っている。

その旗は「ナチスの水晶の夜(ナチスによる反ユダヤ暴動が起きた日)」で使われたものだという。

そして、ゼヴがアウシュビッツの生き残りだと知ると「薄汚いユダヤ野郎!!」とまくしたてる。

その激しさから、ゼヴはそのネオナチになった息子を撃ち殺してしまう。

この2件の出来事は、今から思えば、全てマックスのシナリオ通りだったことだと分かる。

ゼヴが涙ながらに謝罪したことも、そして謝罪された側はとても顔が引きつっていたことも、ネオナチの信奉者を撃ち殺したことも。

手紙は憶えている3


ナチスの生き残りはどうやって生き延びたのか


そして、最後にナチスの生き残りが登場する。元ナチスの親衛隊。

本当だったら戦犯で裁判にかけられていたはずの人間だ。

それが、なぜアメリカで生き延びていたのか。

彼らは名前を変え、腕にアウシュビッツで収容されたことを示す番号を彫り、自分はユダヤ人であると偽装してい生きていた。

この妙にリアルな偽装の方法は、誰か実際にそうやって生き延びていた元ナチスがいたからなのだろうか。

自分たちがバカにして蔑み、人間以下だと言っていたユダヤ人になりすまして生きている。

プライドのかけらもない人たち。

そして、ゼヴは自分の本当の生い立ちを知る。

彼こそが、ゼヴの探すナチスの生き残りルディ・コランダーであったのだ。

そして、彼の中では、その当時の出来事が全て記憶の彼方へと行ってしまっていた。

これは衝撃だった。まさかと思った。

ゼヴは家族が観ている目の前で、最後の容疑者を殺し、自分も息子が観ている前で自殺してしまう。



手紙は憶えている2



家族を殺されたユダヤ人の執念が復讐を完結させる


一番の衝撃だったのは、それが全てマックスの描いたシナリオだったこと。

当時のドイツから逃げてきた人たちを訪ね、自分たちが何をしてきたのかをゼヴに教え、最後には自殺へと追い込む。

マックスにとっては、ゼヴによる同性愛者への謝罪、ネオナチの射殺、そして、生き残りの射殺と自殺、そして今後予想される家族への非難。

全てが計算通りであり、マックスによる家族の敵討ちだった。

そして想像する。

マックスが病院へ入り、初めてゼヴを見た時、ゼヴがアルツハイマーだと知った時、マックスのことを全く覚えていなかった時、どんな気持ちがしただろうか。

そして、彼の顔を見るたびに殺された家族を思い出したに違いない。

それでも友人のフリをして、ひたすら復讐の機会を待っていた。

その執念と怨念の全てが、最後のゼヴの銃弾には込められていた。



手紙は憶えている5



そして、私たちが忘れてはいけないこと


戦後70年経ち、生き残ったナチスの頭の中から第二次大戦の記憶が薄れようとしている。

そんなことがあってはならないと、思い出させるために書いたマックスの手紙。

そして、それは、観客である私たちに対して、「忘れないで欲しい」という願いを込めて書いた手紙のように見えた。

この映画の脚本を書いたベンジャミン・オーガストは、まだ30代であり、これが脚本家デビュー作なんだとか。

すごいなぁ。

誰か家族や親戚にアウシュビッツから避難してきた人でもいるんだろうか。

「手紙は憶えている」公式サイトによれば、2016年の現在でも、ナチスの生き残りが逮捕されたり、裁判にかけられてりしている。

忘れてはいけない。

まだ、彼らは生きている。







↓ 人気ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします

映画 ブログランキングへ

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村





ネット配信で観る:「手紙は憶えている」(字幕版)

手紙は憶えている(字幕版)

新品価格
¥500から
(2017/12/3 19:42時点)



DVDで観る:「手紙は憶えている」 Blu-ray

手紙は憶えている [Blu-ray]

新品価格
¥3,926から
(2017/12/3 19:44時点)




















このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


ライアン・レイノルズ主演、アトム・エゴヤン監督の映画「白い沈黙」をWOWOWで観た。

カナダの雪深い田舎町で、ある日突然9歳の少女が行方不明になる。警察は真っ先に父親を疑い始め、父は警察に頼らずに娘の捜索を始める…。

映画「白い沈黙」


満足度 評価】:★★★★☆

各レビューサイトで評価が低かったので心配しながら観たけど、おかげで予想以上に面白い作品だった。

そして、邦題の「白い沈黙」が、原題のTHE CAPTIVE(囚われた)よりも良かったと思う。

田舎の閉塞感、小児性愛者の薄気味悪さ、無能な警察…その全てを白い雪がかき消してしまった…。


「白い沈黙」予告編 動画

(原題:THE CAPTIVE)




キャスト&スタッフ


出演者


ライアン・レイノルズ
…(「デッドプール2」、「ライフ」、「クリミナル 2人の記憶を持つ男」、「デッドプール」、「ワイルド・ギャンブル」、「黄金のアデーレ 名画の帰還」、「あなたは私の婿になる」など)

ロザリオ・ドーソン
…(「レゴバットマン ザ・ムービー」(声の出演)、「白い沈黙」、「イーグル・アイ」、ドラマシリーズ「デアデビル」、「ジェシカ・ジョーンズ」、「ルーク・ケイジ」、「アイアン・フィスト」、「ディフェンダーズ」など)

〇スコット・スピードマン
…(「アンダーワールド」、TVドラマ「フェリシティの青春」など)

〇ケヴィン・デュランド

ブルース・グリーンウッド
…(「ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書」「ニュースの真相」、「ドローン・オブ・ウォー」、「パパが遺した物語」、「エレファント・ソング」、「デビルズ・ノット」、「スター・トレック イントゥ・ダークネス」「スター・トレック」など)

〇ミレイユ・イーノス
…(「サボタージュ」、「イフ・アイ・ステイ 愛が還る場所」など)

監督

〇アトム・エゴヤン
…(「手紙は憶えている」、「デビルズ・ノット」、「スウィート ヒアアフター」など)

2014年製作 カナダ映画




あらすじ


マシュー(ライアン・レイノルズ)は、娘のキャスがアイススケートの練習をした帰りに、ダイナーに寄り、テイクアウトのパイとアイスクリームを買っていた。

その僅かな間に、車に1人で乗っていたキャスがいなくなってしまう。

しかし、小児犯罪の刑事であるジェフリー(スコット・スピードマン)は、過去に犯罪歴があるマシューが犯人であり、彼が小児性愛者グループに娘を売ったんだと決めつける

結局、娘が見つから無いまま時が過ぎ、マシューは娘がいなくなった責任を感じながら、キャス捜索のビラ配りをしながら警察に頼ることなく1人で捜索を続けていた…。

映画「白い沈黙」

感想(ネタバレあり)


娘が失踪。真っ先に疑われる父親…


なんて理不尽な話なんだ…と思った。

寒い雪の日に愛する娘が失踪して失意の中にいる父親に対して、警察は上から目線で「お前が犯人だろう」と決めつける。

理由は、「長年の勘」だとか。

そんなばかな。

そんな科学的な根拠がないこと言っている間に現場検証したり、聞き込みをしたり、たくさんやることがあるだろう。

若い頃に父親がやんちゃだったというだけで、その父親を犯人に決めつけるなんて…。

無能な警察は、どこの国にもいるんだなぁと思った。

そんな理不尽な場面からスタートしたこの映画「白い沈黙」で描かれるのは、娘を誘拐された父親の執念。

8年間という長い間、一度も諦めることなく探し続けたその熱意だった。

映画「白い沈黙」

混乱した両親の頭の中


雪が深く、真っ白で景色も何もない世界。

その中で描かれる誘拐劇を私はドキドキしながら最後まで楽しんだ。

ところが、どのレビューサイトを観ても、イマイチ評判が良くない。

その理由はひとえに、監督アトム・エゴヤンの演出方法にある。

この映画「白い沈黙」では時系列が全てバラバラになって場面が展開していく。

娘のキャスが9歳だった頃からスタートし、いきなり現在の様子がでたかと思うと、誘拐から3年後だったり、6年後だったり、それ以前に戻ったりする。

この映画「白い沈黙」を観た多くの人が、その場面展開に混乱したんだと思う。

もちろん、私のその場面展開に混乱しながら観たんだけれども、その混乱は、娘を誘拐された両親の頭の中の混乱なのだと思った。

何が起きたのか理解できず、上手く頭の中が処理できない。

そんな様子をこの映画は時系列を混ぜこぜにすることで表現したのだと思った。

私の頭がごちゃごちゃすればするほど、両親に同情したし、彼らの辛さが伝わってくるようだった。

だから、この時系列がごちゃごちゃする描き方は、私にとってはマイナスにはならなかった。

映画「白い沈黙」

小児性愛者ネットワークの不気味さ


そして、この映画で思い知らされたのは、世界中に広がる小児性愛者のネットワークだ。

「ひとりぼっちで寂しいな」と思った女の子がパソコンを開き、チャットルームに入って、Skype(テレビ電話アプリ)のボタンを押したら、そこには優しそうなお姉さんがいて、仲間に入らないかと勧誘してくる。

私の知らないところで、そんな世界が広がっているということを知った。

9歳で誘拐されたキャスは8年経って17歳になり、入り口で少女たちを出迎える「勧誘のお姉さん」の役割を果たしていた。

よく少年少女が失踪する事件をニュースで観るけど、中には、こういう性愛者グループに売られていく子供たちがいるんだと思うと、なんだかとてもやるせなくなった。

そういう犯罪者たちに限って、闇に紛れるのがうまく、外では本性を現さない。

やがて誘拐された少女たちは大人になり、犯罪者グループの人間として生活していくようになる。

なんて気持ち悪い集団なんだろう。

彼らの気持ち悪さが私には衝撃的だった。


映画「白い沈黙」

誘拐犯に力を貸す白い雪


そして、また腹が立つのは「白い雪」だった。

広い大地と白い雪が、犯人の証拠をドンドンと消し去っていく。

まるで、その雪が犯人たちの味方をしているようにも見えた。

もしも雪さえなかったら、もっと早く見つかったんだじゃないか…とか、お父さんの無実ももっと早く明らかになったのではないか・・・と思った。

さらに腹が立つのが、スコット・スピードマン演じる刑事。

あいつは、お父さんのことを犯人だと決めつけておいて、最後まで彼に謝らなかったからね。

お父さんのお手柄でキャスの居所が分かったというのに。

謝罪の一言もないのかよーーーと思った。

なんだよーー。腐れ刑事めーーー。

いや、私、本当は、この映画、エゴヤンのことだから、最後まで見つからないとか、死体で見つかるとか、そんなネガティブなラストを想像していたんだけど、ホントに、見つかって良かった。ホッとしたわーー。






↓ 人気ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします

映画 ブログランキングへ

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村



Amazonプライムで観る:「白い沈黙」(字幕版)

白い沈黙 (字幕版)



DVDで観る:「白い沈黙」

白い沈黙 [DVD]

新品価格
¥2,500から
(2019/12/3 16:25時点)



【映画パンフレット】 「白い沈黙」 

【映画パンフレット】 白い沈黙 監督  キャスト

新品価格
¥2,200から
(2016/11/13 00:13時点)














このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


ブログネタ
映画の適当な感想 に参加中!
コリン・ファース、リース・ウィザースプーン主演の映画「デビルズ・ノット」をWOWOWで観た。

アメリカのメンフィスにある小さな町で起きた、3人の少年の殺害事件の実話の映画化。

観終わった後に、思わず、「はぁっ??」って言った。

なんなんだよ~。これ~

「デビルズ・ノット」予告編 動画

(原題:DEVIL'S KNOT)




「デビルズ・ノット」DVD

デビルズ・ノット [DVD]

新品価格
¥2,854から
(2015/11/16 00:38時点)



冤罪で逮捕された3人を励ますために作られたコンピレーションアルバム「フリー・ザ・ウェスト・メンフィス3」

フリー・ザ・ウェスト・メンフィス3

新品価格
¥4,957から
(2015/11/16 00:34時点)



あらすじ


アメリカのメンフィスにある小さな町で暮らすパム(リース・ウィザースプーン)の息子のスティーヴが、友達のマイケル、スコットと一緒に自転車で遊びに行ったきり帰って来ないという事件が起きる。

幼い少年たちの失踪事件に、町中が注目し、警察も必死に捜索をするが、少年たちは地元の人たちに「悪魔の森」と呼ばれる森の中で、裸にされ、手足を縛られたそのまま亡くなった状態で発見される。

マスコミの注目度が増す中、警察は、悪魔教を崇拝している十代の少年たちを逮捕する。

その逮捕を異常と感じた私立探偵のラックス(コリン・ファース)は、事件について、独自に調査を始めるのだが・・・

デビルズ・ノット


感想(ネタバレあり) 実際にあったことを、その通り映画化


この映画は、「実話に基づいた話」なので、「実際にあったこと」しか映像にされていない。

監督や、脚本家の主観や余計な解釈はここには込められていない。

「実は、アメリカの小さな田舎町で、こんなことがあったんだけど、あなたはどう思う??」

そんな風に問いかけられているような映画だった。


デビルズノット2

事件は解決すると思って見ていたのに・・・


「どう思う?」

って言われても、事件が解決すると思っていたんだよね。

それにしちゃ~、適当な警察だなぁって思ってて、証拠品は無くすし、尋問はなんだか適当だし、裁判では、いきなり非公開にするし。

それに、犯人だと言われた男の子も、悪魔教崇拝とか言われてたけど、ただのマリリン・マンソン好きの男の子みたいに見えるけど~って思ってた。

だから、きっと、証拠は無くしちゃっても、どこからか、あの「血だらけの黒人」が出てきて、話がどっかで急展開するんだろうなぁって、軽~く考えてたところ、実は冤罪で、犯人が見つかっていないとか・・・。

初めは3人だった被害者も、冤罪という二次被害者を出してしまい、18年間も獄中生活を送ったとか。

あぁぁぁぁなんてことなんだ。

デビルズノット3

事件のその後は・・・??


犯人とされた3人の少年たちが不幸だったのは、無能な警察と、無能な弁護士たちだったこと、彼らの味方だった探偵がいただけ良かったけど、それでも、探偵は弁護士にはなれない。

でも、こんな映画を観てしまうと、アメリカの田舎町でも、こんなことがあるんだなぁって思っちゃう。

なんだか、すごく失礼だけど、韓国映画の題材になりそうな話だから、韓国が舞台だったら妙に納得がいくのに(笑)

その後、冤罪になってしまった少年たちは、18年後に「罪を認める」ことを条件に釈放された(それもおかしい!!)らしいけど、その後、どう暮らしているんだろうか、仕事とか、自由とか。

警察は、彼らの人生を台無しにしてしまったことを、どう思うんだろうか・・・。

デビルズノット4

コリン・ファース X リース・ウィザースプーン X アトム・エゴヤン


この事件の捜査状況がおかしいと判断して、個人的に調査を始めた探偵役にコリン・ファース。

マンマ・ミーア!ヒア・ウィーゴー」、「キングスマン:ゴールデンサークル」、「ブリジット・ジョーンズの日記 ダメな私の最後のモテ期」、「キングスマン」、「リピーテッド」、「マジック・イン・ムーンライト」、「レイルウェイ 運命の旅路」、「裏切りのサーカス」などなど・・・

本当に、仕事しすぎだよね!コリン・ファースって(笑)

しかし、私は、今回は、リース・ウィザースプーン(「わたしに会うまでの1600キロ」)がおばちゃんやっててビックリした。

すごい、田舎町にいそうなパートのおばちゃんのパム。

鈍感そうなのに、息子のこととなると急に敏感になって、旦那を怒らせちゃうパム。

良かったなぁ~。


デビルズノット5


監督はアトム・エゴヤン(「白い沈黙」、「手紙は憶えている」)。

だからかなぁ。

田舎町だってこともあるけど、時間がゆーーーーったり流れてるの。

私としては、もう少しチャカチャカして欲しかったかな。



↓ 人気ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします

映画 ブログランキングへ

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村



「デビルズ・ノット」DVD

デビルズ・ノット [DVD]

新品価格
¥2,854から
(2015/11/16 00:38時点)



冤罪で逮捕された3人を励ますために作られたコンピレーションアルバム「フリー・ザ・ウェスト・メンフィス3」

フリー・ザ・ウェスト・メンフィス3

新品価格
¥4,957から
(2015/11/16 00:34時点)














買取ならもったいない本舗





このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


ブログネタ
映画の適当な感想 に参加中!
ライアン・レイノルズ主演、アトム・エゴヤン監督の映画「白い沈黙」の予告編を観た。

アメリカで実際にあった誘拐事件をモデルに作られたというこの映画「白い沈黙」

予告編を観ているだけで、心が痛くなってくる。

第67回 カンヌ国際映画祭 コンペティション部門出品 作品


***********

〇 「白い沈黙」観ました!!

映画の感想はこちらから →「白い沈黙」9歳の娘が突然失踪。疑われる父。雪の下へと消え去ってしまう証拠…。家族の苦悩8年の記録。ライアン・レイノルズ主演、アトム・エゴヤン監督映画【感想】

***********


「白い沈黙」予告編・動画

(原題:the captive)




モデルとなったアメリカの少女監禁事件『ジェシー・デュガード事件』 被害者少女の手記

奪われた人生 18年間の記憶

新品価格
¥1,944から
(2015/9/23 09:15時点)




本作のモデルは、本当にアメリカであった少女監禁事件

この映画のモデルになった事件とは、1991年、アメリカで11歳の少女が誘拐され、その後18年間監禁され続け、その間、誘拐犯との間に二人の娘を産ませられた『ジェシー・デュガード事件』

この映画を知るまで、そんな事件があったなんて、全く知らなかった

しかし、世の中にはなんて酷いことをする人がいるんだろう・・・

実際にあった事件は監禁が18年で、映画では8年となっているので、だいぶ内容は変えてくるようだけれども、予告編を観たところでは、一面に雪しか見えない閉塞感と、静けさ、何が起きるのか分からない恐怖感は、カナダやアメリカの映画というよりも、韓国や日本の映画の感覚に似ているような雰囲気を感じた

世界中で誘拐されている子供たちがたくさんいて、金持ちの家に売り飛ばされていく子もいれば、殺されてしまう子もいるし、こうして監禁され暴行され続ける子どもたちもいる

どうしたら、そんな悲惨な事件がなくなるのかなのかといつも思うけど、こうして事件を知ることで、次の悲惨な事件を防ぐ予防になるのかもしれないとも思う

白い沈黙

人気上昇中の俳優とカナダ人監督のコンビ

主役を演じるのは、「ライフ」、「クリミナル 2人の記憶を持つ男」、「グリーン・ランタン」、「あなたは私の婿になる」、「黄金のアデーレ 名画の帰還」のライアン・レイノルズ。

人気上昇中の俳優さん

監督は、カナダ人のアトム・エゴヤン(「スウィート・ヒア・アフター」、「デビルズ・ノット」)

静かな作品がとても得意な監督さん


白い沈黙2


誘拐監禁事件がこの世から一つでも減りますように

テレビで、少年少女が行方不明になるニュースを見るたびに、心が痛くなるけれど、被害者家族は、その何倍も悲しい思いをして、一生事件を引きずって生きていかなければならないことを思うと、本当にいたたまれない

この作品は、実際の事件をモデルにしているようなので、犯人側の思いを知ることが、今後、同様の事件を減らしていく助けになることを期待する

世界中から、少年少女の誘拐事件が少しでも減りますようにと、願いを込めて。

10月16日から全国公開予定



***********

〇 「白い沈黙」観ました!!

映画の感想はこちらから →「白い沈黙」9歳の娘が突然失踪。疑われる父。雪の下へと消え去ってしまう証拠…。家族の苦悩8年の記録。ライアン・レイノルズ主演、アトム・エゴヤン監督映画【感想】

***********





↓ 人気ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします

映画 ブログランキングへ

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村



モデルとなったアメリカの少女監禁事件『ジェシー・デュガード事件』 被害者少女の手記

奪われた人生 18年間の記憶

新品価格
¥1,944から
(2015/9/23 09:15時点)











↓ 古本、CD、DVD、ゲーム買取のもったいない本舗




このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック