とにかく映画が好きなんです【本館】

とにかく映画が好きで、特にアメリカ映画大好きです このブログは、ネタバレありの映画鑑賞日記です。主にハリウッド映画と韓国映画をメインに感想を書いています


タグ:アネット・ベニング



ブリー・ラーソン主演のMARELヒーロー映画「キャプテン・マーベル」を映画館で観た。

1990年代を舞台に、記憶を失った女性がヒーローになっていく姿を描く。

アベンジャーズはじまりの物語。


映画「キャプテン・マーベル」


満足度 評価】:★★★★☆

面白かった!かっこよかった!

1990年代当時、抑圧されていた女性たちと移民たちによる逆襲!

これはエンドゲームへつながる始まりの物語。

その「今」を反映したヒーローの誕生は、新時代の幕開けを予感させる希望となる

目次

  1. 予告編
  2. 更新履歴・販売情報
  3. キャスト&スタッフ
     出演者
     監督
  4. あらすじ
  5. 感想


『キャプテン・マーベル』予告編 動画

(原題:Captain Marvel)



更新履歴・公開、販売情報

・2019年3月15日 映画館にて鑑賞。

・2019年4月18日 感想を掲載。

・2020年1月4日 WOWOWでの放送に合わせて加筆・修正。

詳しい作品情報につきましては、下記公式サイトをご参照ください。
 ↓
映画「キャプテン・マーベル」公式サイト




キャスト&スタッフ


出演者

ブリー・ラーソン




〇ラッシャーナ・リンチ

〇クラーク・グレッグ



〇リー・ペイス


監督

〇アンナ・ボーデン

〇ライアン・フレック


2019年製作 アメリカ映画



あらすじ

1995年、ロサンゼルスのビデオショップに空から落ちてきた一人の女性(ブリー・ラーソン)。

彼女は昔の記憶を失くしているが、地球にやってきてから、失くしていたはずの記憶がフラッシュバックで蘇り、彼女を悩ませる。

特殊な能力を持つ人間を調査しているニック・フューリー(サミュエル・L・ジャクソン)が彼女を追いかけるが、彼女は謎の敵に追われていて…。


映画「キャプテン・マーベル」ブリー・ラーソン



感想(ネタばれあり)


この映画の感想につきましては、私が「ぴあ映画生活」に掲載したものをご紹介します。


キャプテン・マーベル (2019)


★★★★ [80点]「エンド・ゲームに向けての始まりの物語」


エンドゲームに向けて、どのシーンも見逃してはいけないとガッツリスクリーンに向かった2時間。
とても充実した時間だったー。



その物語の中で、私が最も共感し、感動したのは、1990年代のアメリカで、絶対的な力によって抑圧されてきた女性たちや、移民たちによる反撃だった。



そのマイノリティたちの逆襲は、そもそも、アメコミの読者を勇気づける源になっていて、それが、今回は、女性たちや移民たちに向けて描かれた作品になっている。

それは、明らかに #metoo運動 以降のアメコミの姿であるし、現政権への批判でもある。



そこに、これが始まりの物語でありながら、未来の希望を感じさせる新時代の幕開けでもあることを感じるのだ



これからの時代は「女の癖に」とか「○○人の癖に」という暴言を吐く人間こそが「悪」なのだ。

これは「エンドゲーム」へとつながる物語になっているので、MARVEL ファンは必見!

それにしても、猫のグースが可愛すぎたー


Posted by pharmacy_toe on 2019/03/25 with ぴあ映画生活







Twitterでも、映画情報や海外ドラマの情報を発信しています~




Instagramでも映画のレビューを日々更新しています~






↓ 人気ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします

映画 ブログランキングへ

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村



Amazonプライムで観る:「キャプテン・マーベル」(字幕版)

キャプテン・マーベル (字幕版)

新品価格
¥2,500から
(2019/11/22 16:04時点)



DVDで観る:「キャプテン・マーベル」

キャプテン・マーベル MovieNEX [ブルーレイ DVD デジタルコピー MovieNEXワールド] [Blu-ray]

新品価格
¥3,206から
(2019/11/22 16:05時点)



ビデオクリップ: キャプテン・マーベルそしてGooseネコ

ビデオクリップ: キャプテン・マーベルそしてGooseネコ

新品価格
¥200から
(2019/11/22 16:06時点)












このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


アネット・ベニング主演の映画「20センチュリー・ウーマン」を試写会で観た。

1970年代のアメリカを背景に、3人の女性にお世話をされながら成長していく少年の姿を描く。


満足度 評価】:★★★★☆

時にはクスッと笑いながら、しかしその中に共感する要素もあり。

母親っていうのは、誰にとっても奇妙な存在であり、と同時に偉大で、愛さずにはいられない唯一無二の存在なんだなと再認識した作品だった。


「20センチュリー・ウーマン」予告編 動画

(原題:20TH CENTURY WOMEN)



「20センチュリー・ウーマン」予告編 動画

・2017年5月29日 試写会で観た感想を掲載しました。

・2018年6月3日 WOWOWでの放送(21時より)に合わせて、加筆・修正しました。

現在、ネット配信・DVD共に販売中です。


ネット配信で観る:「20 センチュリー・ウーマン」(字幕版)

20 センチュリー・ウーマン(字幕版)

新品価格
¥500から
(2018/6/3 11:26時点)



DVDで観る:「20 センチュリー・ウーマン」

20 センチュリー・ウーマン [DVD]

新品価格
¥3,136から
(2018/6/3 11:27時点)



オリジナルサウンドトラック「20センチュリー・ウーマン」

20センチュリー・ウーマン

新品価格
¥2,592から
(2017/5/28 23:58時点)



キャスト&スタッフ


出演者

アネット・ベニング
…(「キャプテン・マーベル」、「Dear ダニー 君へのうた」、「あの日の声を探して」など)

エル・ファニング
…(「メアリーの総て」、「パーティで女の子に話しかけるには」、「夜に生きる」、「ネオン・デーモン」、「マレフィセント」など)

グレタ・カーウィグ
…(<出演作>「ジャッキー/ファーストレディ 最後の使命」、「マギーズ・プラン-幸せのあとしまつ-」、「フランシス・ハ」、<監督作>「レディ・バード」など)

ビリー・クラダップ
…(「エイリアン:コヴェナント」、「ジャッキー/ファーストレディ 最後の使命」、「スポットライト 世紀のスクープ」、「君が生きた証」など)

〇ルーカス・ジェイド・ズマン

監督・脚本

〇マイク・ミルズ

2016年制作 アメリカ映画



20センチュリー・ウーマン


あらすじ


1970年代のアメリカ。

シングルマザーのドロシア(アネット・ベニング)は、一人息子のジェイミー(ルーカス・ジェイド・ズマン)が思春期を迎え、どう育てて良いか分からない。

そこで、ジェイミーの幼なじみであるジュリー(エル・ファニング)と、間借り人のアビー(グレタ・カーウィグ)にジェイミーの世話をしてくれるようにお願いする。

その話を聞いて、母の身勝手な行動に反発するジェイミーだったのだが…。

20センチュリー・ウーマン2


感想(ネタバレあり)


かなり発想がぶっ飛んだ母親・ドロシア登場


70年代のアメリカ。

喫煙者にはまだまだおおらかで、エイズの心配もそれほどなく、インターネットがこの世に登場してなく、TVゲームもまだそれ程普及していなかった頃。

十代の思春期を迎えた少年たちの最大の関心事は、「女性とはどんな生き物なのか??」ということだった。

(そうではなかった方たちもいるかもしれませんが)



この映画は、その世代の少年ジェイミーが、周りの女性たちから大いなる影響を受け、とりわけ、母親からの愛情をタップリ受けて成長していく物語である。



私の同世代の友人の中にも、「息子が思春期を迎えたお母さん」たちがいるのだが、彼女たちの息子が非行に走ることなく普通に育っているだけで素晴らしいなぁと思ってしまう。

なぜなら、私からすると「思春期の男子」の考えていることが全く理解できないからだ。



私はそんな同世代の母たちの話を聞くとつい、

「すごいね。私は思春期の少年たちなんて、何考えているのか分からないよ。真っ直ぐ育っているだけでもすごいよ」

と言ってしまう。



すると、たいてい、そのお母さんたちからは

「私も、あの子が何考えているかなんて分からないよ(笑)」

という回答が返って来る。



どうも母たちは、息子のことが理解できないから当たり障りのないように距離を置いて育てるらしい。

すると、子供たちは好き勝手しながらなんとなく育つという。

はぁ、そういうものなのかと子供を持ったことのない私は、またしても感心してしまう。



この映画の主人公である50代のシングルマザー ドロシアは、息子のジェイミーが思春期を迎えた時、自分の手に余ると思い、ジェイミーの同級生であるジュリーと、同居人のアビーに息子の世話を頼んでしまう

私は、彼女の行動を観た時、若干呆れながらも、「あぁ、そういう育て方もあるのか」と思った。



世のお母さんたちのように突き放してしまうこともできるけど、それではドロシアは心配なのだ。

かといって、煩わしい母親にはなりたくない。

そこで、ジェイミーの周りの女性たちに監視役をお願いするのだ。

どうも、このドロシアお母さん、発想がぶっ飛んでいらっしゃるようだ。



20センチュリー・ウーマン3



「一晩中添い寝してくれる男子」に猛烈に憧れる思春期女子


そこから、女3人、男1人の奇妙な生活がスタートする。

その中で、この映画のとても良いところは、全ての登場人物がとてもイキイキと生活しているところ。

ドロシアはしょっちゅうタバコを吸い、アビーは体のことで悩みを抱え、ジュリーは母親との関係に悩まされている。



みんなそれなりに悩みを抱えながらも、羨ましいぐらいにイキイキしているし、彼女たちの感情がとてもリアルで素敵な女性たちだ。

その中で特に印象に残っているのは、エル・ファニング演じる主人公ジェイミーの幼なじみジュリーだ。



ジュリーは13歳の時に処女を捨て、それから誰とでもセックスをするようになってしまった女の子だ。

しかし、ジェイミーとだけはセックスしようとしない。

もちろん、ジェイミーはやる気満々なのにも関わらず。



私はそんなジュリーの気持ちが分かる気がした。

(私がその年の頃、そんな生活を送っていたというわけではない)



この年頃の女子は、「一晩中添い寝しても、一切身体に触れてこようとしない男性」に異常なぐらい憧れる

それは、思春期女子にとっては「体が目当てではなく、私を大切に思ってくれている証拠」だからだ。

大人になれば、それが「相手のことを好きじゃない証拠」だってことが分かる。



しかし、思春期女子は身体は大人でも、心は子供

そんな彼女たちからしたら「全く手を出さない添い寝男子」は、素敵な男性に見えてしまうのだ。



だから、どんなに仲が良くてもジェイミーとは添い寝しかしたがらないジュリーは、ジェイミーにとっては生き地獄かもしれないけど、やっぱり中身は思春期女子なのだ。

この年頃の微妙な感覚をとてもリアルに、そしてさりげなく描いているところに、この映画の素晴らしさが現れている



20センチュリー・ウーマン5



母が息子に捧げる無償の愛。大人になって分かる愛の偉大さ


そして、なんと言っても、この映画は「母に捧げるラブレレター」である。

それは、監督のマイク・ミルズが母をモデルとして描いたと言っていることからも分かる。



常にタバコをぷかぷかふかしていても、思春期の息子が理解できないからといって息子の世話を他人に任せても、一緒にクラブに行って楽しんじゃうような50代のママなのだ。

家出して帰って来られなくなったら、迎えに来て、頭ごなしに叱らないママなのだ。



このお母さんの凄いところは、いつも明るく元気よく笑っている姿を息子に魅せるその姿

シングルで思春期の息子を育てていることだって大変なのに、いつも明るく元気にしてる

少なくとも、息子の前では



このお母さんは、そこがとても魅力的。

本当は頭の中は悩みだらけだ。

でも、息子のために明るく元気にしているのだ。



もちろん、思春期のぼんくら男子ジェイミーにはそんなことは到底理解できない。

しかし、それこそが母が息子に捧げる無償の愛なのだ。

多くの家庭が息子にとって母がとても偉大で、多くの男子がマザコンに育つのは、大人になると、その「無償の愛」に気付くから。

だからきっと、誰にとっても母はちょっと奇妙だけれど、偉大で、愛すべき存在なんだなと思う。



20センチュリー・ウーマン4



それぞれが自立して逞しく生きていた「20センチュリー・ウーマン」


母が最初に「二人の女性に息子の世話を任せた」時、反発していたジェイミーだけど、アビーからは「パンクミュージックの素晴らしさ」を教えてもらい、ジュリーからは「愛の苦しさ」を教えられ、そうやって彼女たちから影響を受けて成長していく。



それにしても面白かったのは、彼らの中で唯一の男性、ビリー・クラダップが演じるウィリアムの存在感の無さ

本当だったら、ウィリアムがジェイミーに影響を与えて、ジェイミーが成長しても良いのに、私の中のウィリアムのイメージは、一緒に遊んじゃってる感じ。

どうやらその辺に、「男性はいつまで経っても中身は子供」が出ているように感じた。



むしろウィリアムもアビーやドロシアから影響を受けているような感じさえした。

だから、やっぱりこれは70年代を逞しく生きた輝く女性たちを描いた「20センチュリー・ウーマン」なんだなと思った。

男女同権が叫ばれる何年も前から、女性は若い頃から自立して、逞しく生きていたんだな。





↓ 人気ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします

映画 ブログランキングへ

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村





ネット配信で観る:「20 センチュリー・ウーマン」(字幕版)

20 センチュリー・ウーマン(字幕版)

新品価格
¥500から
(2018/6/3 11:26時点)



DVDで観る:「20 センチュリー・ウーマン」

20 センチュリー・ウーマン [DVD]

新品価格
¥3,136から
(2018/6/3 11:27時点)



オリジナルサウンドトラック「20センチュリー・ウーマン」

20センチュリー・ウーマン

新品価格
¥2,592から
(2017/5/28 23:58時点)




















このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


アル・パチーノ主演の映画「Dear ダニー 君へのうた」をWOWOWで観た。

かつて大スターだった男の誕生日に34年ぶりに届いたジョン・レノンからの手紙。その手紙を受け取った男は、自分の人生を見つめ直す…。

満足度 評価】:★★★☆☆(3.5)

良い映画だなぁとは思ったけど、大好きという程でもなかった。

大スターに限らず、人は時々立ち止まって、これまでの人生を振り返る時間が必要かもと思った。


出演アル・パチーノアネット・ベニングジェニファー・ガーナーボビー・カナヴェイル、クリストファー・プラマー

監督:ダン・フォーゲルマン

「Dear ダニー 君へのうた」予告編 動画

(原題:DANNY COLLINS)




「Dearダニー 君へのうた」 Blu-ray

Dearダニー 君へのうた [Blu-ray]

新品価格
¥4,520から
(2016/9/3 23:53時点)



あらすじ


ダニー・コリンズ(アル・パチーノ)は、かつて、ヒット曲を何本も飛ばした大スターだ。

そんな彼が、友人であり、マネージャーのフランク(クリストファー・プラマー)からもらった誕生日プレゼントは、43年前にジョン・レノンがジョニー宛てに書いた一枚の手紙だった。

ダニーがまだ10代の頃、雑誌のインタビューを受けた際に「ジョン・レノンのファンだ」と言ったことから、その記事を読んだジョン・レノンがダニー宛てに書いた手紙だった。

その手紙を受け取った雑誌の編集者は、その手紙をジョン・レノンのコレクターに高額で売ってしまっていた。

巡り巡って、受け取った手紙には、「人生を無駄に過ごすな。音楽に誠実であれ」と書かれており、それを読んだダニーはこれまでの人生を振り返る…。


Dearダニー君へのうた


感想(ネタバレあり) 43年ぶりに届いたジョン・レノンからの手紙


この映画の主人公のダニーは大スター。

かつて何曲もヒット曲を飛ばし、コンサートでは、未だに過去のヒット曲で会場は大盛り上がりだ。

そんなダニーが誕生日にジョン・レノンからの手紙を受け取る。

「人生を無駄に過ごすな。音楽に誠実であれ。人間は売れることで堕落するのではない。堕落するのは自分自身の問題だ」

と書かれていた。

それは、ダニーが日頃から思っていたことであり、その手紙を読んでから、自分の人生を見直し始める…。


Dearダニー君へのうた2


これまで会ったことのない息子に会う旅


ジョン・レノンからもらった手紙きっかけで、人生を振り返ったダニーが真っ先に向かったのは、今まで一度も顔をみたことがない息子・トムのところだった。

トムは、かつてダニーがロックスターだった頃に、一晩限りの関係を持った女性の息子であり、それ以来、小切手を送ったり、チケットを送ったりしたことはあっても、会おうとしたことは一度もなかった。

この時、真っ先に息子に会いに行こうと決めたのは、きっと日頃から、その息子のことが気になっていたに違いないと思う。

どんな学生生活を送っているだろうか、結婚したらしいけど、相手はどんな人だろうか…。

しかし、立ち止まることのない忙しい日々に、その思いはかき消されてしまったんだろう。

それが、ダニーにとっての深い後悔だったんだと思う。

Dearダニー君へのうた3

「人生を無駄にするな。音楽に誠実であれ」とは真逆の人生を送ってきたダニー


その後、ようやく会えた息子には門前払いされ、それでも負けじと通い詰める。

しかし、息子はいろんな問題を抱えていることを知る。

娘は障害を抱え、妻は早産の可能性がある妊婦であり、自分自身も白血病と闘っていた。

ダニーはそんな彼らの日常を知り、惜しみなく金を使い、影響を受け、30年ぶりに作曲活動を始める。

そういう、「自分もがんばらなきゃ」と背筋が伸びる関係ってすごく良いなと思う。

目の前にいる人が一生懸命だと、自分もがんばらなきゃと思う。

そして、その人のために何かできることはないかと考え始める。

これまで、音楽と酒とドラッグに明け暮れてきたダニーは、ジョン・レノンの手紙にあった「人生を無駄にするな。音楽に誠実であれ」という生活とは正反対の暮らしをしてきた。

しかし、ダニーは息子のトムに会ったことで、ようやく、自分が何をするべきかを悟り始める

Dearダニー君へのうた4

これまでの人生が正しかったのか。後悔はないか


これは、ダニーに限らず誰でも、60歳や65歳をになり定年退職を迎えた頃には、嫌でも人生を振り返ることになる。

そして、考える。

「これまでの自分の人生は正しかったのだろうか。これから先、どう生きるか。そして、この世に何を遺していくべきか」

その時に、間違っていると感じたり、後悔する思いがあるなら、軌道修正するべきだろう。

しかし、30年も40年も同じ生活をしてきた人が、軌道修正するのは簡単なことではない。

もう、できないこともあるだろう。

だから、この映画のジョニーのように、1つでも良いから、新しいことにチャレンジするのが大切なことなんだろうと思う。

1つの扉を開けたら、次の扉が開いて、次のステージが待っている。

そうやって、ゆっくりと思い残すことがないように、残りの人生を生きていけば、きっとその先に大きなステージが開けてくるように思う。



↓ 人気ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします

映画 ブログランキングへ

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村





「Dearダニー 君へのうた」 Blu-ray

Dearダニー 君へのうた [Blu-ray]

新品価格
¥4,520から
(2016/9/3 23:53時点)




















このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


ベレニス・ベジョ主演の映画「あの日の声を探して」をWOWOWで観た。

1999年の第二次チェチェン紛争により、両親を目の前で殺され、声をなくしてしまった少年を描く。

満足度 評価】:★★★★☆

大人たちが勝手に始めた戦争が、子供たちにどれだけ悪影響を及ぼしているのか思い知らされた作品だった。

最後の最後に希望があったことが救い。

出演ベレニス・ベジョ、アネット・ベニング

監督ミシェル・アザナヴィシウス 2014年製作 フランス、グルジア合作映画



「あの日の声を探して」予告編 動画

(原題:THE SEARCH)




「あの日の声を探して」 DVD

あの日の声を探して [DVD]

新品価格
¥3,145から
(2016/8/7 12:43時点)



チェチェン戦争を忘れるな!: (旧版:『あの日の声を探して』を見逃すな!)

チェチェン戦争を忘れるな!: (旧版:『あの日の声を探して』を見逃すな!)



あらすじ


1999年のチェチェン紛争。

EU人権委員会の大使としてロシアに派遣されているキャロル(ベレニス・ベジョ)は、町をさまよっている少年と出会う。

何を話しかけても一言も話そうとしないその少年のことが気になり、家へ連れて帰り保護することに。

実はその少年ハジは、目の前で両親をロシア兵に殺されて以来、言葉を話すことができなくなってしまった孤児だった…。

あの日の声を探して

感想(ネタバレあり) 両親を殺され声を失った少年ハジ


主人公は、1999年に起きた第二次チェチェン紛争で両親を目の前で殺され、孤児となってしまった少年ハジ。

まだ9歳のハジは、無抵抗の両親が殺されるのを目撃して以来、声を出すことができなくなってしまっていた。

その後しばらく家にひっそりと隠れていたハジは、まだ赤ちゃんの弟を連れ、村から逃げ出していく。

実は、ハジが死んだと思っていた姉は生きていたのだが、すれ違いで再会できないまま逃げ出してしまっていた。

このハジがすごくかわいくて、赤ちゃんを抱きながらとぼとぼ歩いている姿を見ているだけでも、心が締め付けられるようだった。

と、同時に日本はあまりにも幸せすぎて、こんな幼児を目撃することがないし、またそんな日本に生まれて、本当に良かったなと思う場面だった。

結局ハジは、赤ちゃんの弟を面倒みきれないと思い、チェチェン人が住む家の玄関へ置いてきてしまう。

ハジは散々迷いながら、赤ちゃんである弟の面倒を見きれないと諦めた瞬間、置いていく家を吟味している様子、どれも心が痛む場面だった。

ハジは何も悪く無いのに。

なぜ、弟と引き離されなければならないのか。

辛かったなぁ。

あの日の声を探して5

人との出会いが傷ついた心を癒す


その後も家から遠い方へ逃げ続けたハジは、ロシアの街でEUの人権委員をしているキャロルと出会う。

それまで、拾い食いをして命をつないでいたハジに温かい食事を出してくれる人。

捨てる神あれば拾う神ありで、ハジを拾ってくれる神が現れたと思った瞬間だった。

キャロルと出会ってから、少しずつキャロルを信用し言葉を発するようになるまでの全てが心温まる瞬間だった。

人を傷つけ、心をズタズタにするのが人間なら、その心を少しずつ癒していくのも人間。

キャロルとの出会いが、ハジの心を癒していった。

あの日の声を探して3

自分の民族と家族に誇りを持つ生き方


私中で一番印象に残っているハジの姿は、音楽に合わせて踊っている姿だ。

踊りが大好きで、近所でも踊りがうまいのが有名だった両親。

その両親を思いながら、キャロルに隠れてひっそりとチェチェン民族の踊りをするハジ。

胸を張り、堂々と踊るハジ。

その姿に、幼いながらもチェチェン民族であることに誇りを持ち、両親からもらったものを忘れまいとする決意のようなものが見えた。


あの日の声を探して2

「虐殺者」ロシア兵側の事情


そもそも、ハジをこんな状態にしたのは、村中で人々を虐殺していたロシア兵だった。

しかし、そのロシア兵たちも軍隊に入ったことで人格が悪い方に変容していく様子が、この映画では描かれている。

19歳のコーリャがタバコを吸っていただけで補導され、「刑務所に入れるわけにはいかない」からと軍隊に入れてしまう。

コーリャはタバコを吸っていただけで、人生がくるってしまう。

初めのうちは良心的な気持ちを持ち、亡くなった人を目にしただけで泣いていたコーリャだったが、軍隊式の教育により、人格が変化していく。

人をボコボコに殴ることも、半殺しにしてしまうことも、おかしいと思わなくなってしまう異常な状態へ。

そうして、ロシア軍によって見事な殺人マシーンに作り上げられたコーリャは、前線のチェチェンへと送られ、ハジの両親を簡単に殺してしまう。

きっと、その後も大勢の人たちを殺したに違いないコーリャだったが、元は普通の青年だったのに…と思うと、彼もまた戦争の犠牲者なんだと思った。


あの日の声を探して4

戦争が人格と人生を変えてしまう


戦争という大人の勝手な都合で過酷な人生を送ることになってしまったハジとコーリャ。

彼らの生き様に心が痛む映画だった。

しかし、辛いことが多い映画だったけど、最後に、ハジがすれ違いのまま会えなかった姉と再会できたことに涙。

お姉ちゃんは、そのまま国連で働いて彼女の夢だったアメリカへ行けるといいなと思える希望を感じるラストシーンだった。

平和な日本でのほほんと生きている私なんかよりも、何倍も内容の濃い過酷な人生を余儀なくされるハジとコーリャ。

大人たちができることは、彼らと出会い、話を聞いてあげ、抱きしめてあげること。

だから、どんな状況であっても、人出会い、会話をすることって大切なことなんだなとつくづく感じた映画だった。

世界から、ハジやコーリャと同じような状況にいる子供たちが1人でもいなくなりますように。



↓ 人気ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします

映画 ブログランキングへ

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村





「あの日の声を探して」 DVD

あの日の声を探して [DVD]

新品価格
¥3,145から
(2016/8/7 12:43時点)



チェチェン戦争を忘れるな!: (旧版:『あの日の声を探して』を見逃すな!)

チェチェン戦争を忘れるな!: (旧版:『あの日の声を探して』を見逃すな!)




















このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック