とにかく映画が好きなんです【本館】

とにかく映画が好きで、特にアメリカ映画大好きです このブログは、ネタバレありの映画鑑賞日記です。主にハリウッド映画と韓国映画をメインに感想を書いています


タグ:アントニオ・バンデラス



アントニオ・バンデラス主演の映画「チリ33人 希望の軌跡」をWOWOWで観た。

2010年に起きたチリ鉱山の岩盤崩落事故の実話を映画化。


満足度 評価】:★★★☆☆

この事故が起きた当時は、日本でも毎日のように報道されていたのでよく覚えている。

よく知っている話だけに感動も薄く…。

そんなみんながよく知っている話を映画化するのは難しいことなんだなということは良くわかった。

ただ、極限の状態に置かれた人たちの行動は興味深かった。

「チリ33人 希望の軌跡」予告編 動画

(原題:THE 33)




ネット配信で観る:「チリ33人 希望の軌跡」(字幕版)

チリ33人 希望の軌跡(字幕版)

新品価格
¥199から
(2018/7/12 23:31時点)



DVDで観る:「チリ33人 希望の軌跡」Blu-ray

チリ33人 希望の軌跡 [Blu-ray]

新品価格
¥1,373から
(2017/3/26 23:17時点)



書籍「チリ33人 ~ 生存と救出、知られざる記録」

チリ33人 ~ 生存と救出、知られざる記録

新品価格
¥2,592から
(2017/3/26 23:19時点)



キャスト&スタッフ


出演者

〇アントニオ・バンデラス

〇ロドリゴ・サントロ

ジュリエット・ビノシュ
…(「アクトレス~女たちの舞台~」、「おやすみなさいを言いたくて」、「トスカーナの贋作」、「ショコラ」、「イングリッシュ・ペイシェント」、「ポンヌフの恋人」など)

〇ルー・ダイヤモンド・フィリップス

ガブリエル・バーン
…(「へレディタリー 継承」、「マイ・プレシャス・リスト」、「ハイヒールを履いた女」、「ユージュアル・サスペクツ」など)

監督

〇パトリシア・リゲン

2015年制作 アメリカ、チリ合作映画

チリ33人希望の軌跡

あらすじ


2010年8月5日 チリのサンホセ鉱山で岩盤の崩落事故が起きる。

地下700mの地点で採掘をしていた33人の作業員が閉じ込められてしまう。

彼らはマリオ(アントニオ・バンデラス)をリーダーとし、救助があると信じて避難所での生活を始めるが、地上との連絡が途絶えてしまい、作業員たちに焦りの色が見え始める…。

チリ33人希望の軌跡2


感想(ネタバレあり)


印象に残るのはとても元気な姿で地下から登場した作業員たち


2010年にチリにあるサンホセ鉱山の地下700m付近で起きた岩盤の崩落事故を忠実に映画化。

私も、あの事故は毎日テレビで報道されているのを観ていた。

むしろ、2010年と聞いて、もう6年も経ったのかという思いが真っ先に立った。

もっと、最近のような気がしていた。

あの時の記憶として残っているのは、彼らがとても元気だったということ。

69日間も地下700mにいた人たちだから、地上に出てきたヘロヘロなのではないかと思ったのに、地上に上がるなり、飛び跳ねていたのを観て、すごく驚いたことを覚えている。

その時は、あれは、チリ人のラテンの気質がそうさせるのか、それとも西洋人の体の違いなのかと考えたものだった。

今でも、この映画を観た後も、その謎は解けないままだ。

なんであの人たちはあんなに過酷な生活を送っていたのに、あんなに元気だったんだろう…。

恐らく、その69日間、冷静な判断力を失わずにいたことや、最後まで前向きな気持ちでいたことが、その元気な姿につながっているのではと思う。

チリ33人希望の軌跡5


いかにも政治家らしい政治家の大統領


この映画を観始めて、岩盤が崩落し、33人の人たちが閉じ込められてしまった後、まず最初にビックリしたのが、大統領の対応だった。

真っ先に国民のことを考えるはずの大統領はこの時、彼らを見殺しにするつもりだった。

助けられるはずがないと。

この事件を内密に処理し、ことが過ぎるのを静かに待てばいいと思っていた。

ところが、この話はあっという間に世間に知られてしまった。

すると、彼はその責任を鉱山大臣(こんな役職があること事態がお国柄)になすりつける。

33人にとってラッキーだったのは、この鉱山大臣に良心があったことだ。

真っ先に鉱山に向かい事態の収拾を図った。

その後、形勢が逆転して33人が助かりそうだとなってくると、今度は大統領が全面に出てきてアピールをする。

それはもう、絵に描いたような政治家だった。

こういう危機的な状況でこそ、その人の政治家としての資質が出るもんなんだなと改めて思った。


チリ33人希望の軌跡3


危機的な状況で必要なのは冷静な判断の持ち主


そして、なぜ、あの時33人は69日間という長丁場を耐えられたのか。

それは、あの危機的な状況の中で、冷静に物事を考えられる人(=マリオ)がいたからだと思う。

既に、岩盤が崩落した時点で食べ物の奪い合いがスタートしていた。

そこをマリオが食物庫の鍵を任され、わずかな食料を毎日少しずつ分けた。

その冷静な判断が、後々、長くそこで生き延びた結果につながったのではと思う。

よくフィクションの映画では、規律を乱すおバカちゃんがいて、みんなの食べ物を食べつくしちゃったりしてしまう。

そして、この後どうやって生き延びるんだよ!!なんてケンカになったりするが、

これはさすがの実話の映画化。

そういうことはなく、1人の冷静なリーダーが他の人たちをまとめていた。

そういう人がいるかいないかでその先の展開が大きく変わるもの。

今回は、マリオの存在がとても大きかった。

チリ33人希望の軌跡4


ハリウッド俳優を使った再現VTR


しかし、残念なことに、私はこの映画を観る前に69日間生き延びたことも、マリオのようなしっかりとしたリーダーがいたことも当時の報道で知っていた。

だから、この映画を観ることは、その時に起きた出来事を時系列で確認をしたような感覚になってしまった。

それ以外の内容も知らなかったこと(例えば大統領の話や、作業員の愛人の話)も、私の想像を超えるものではないく、全てが想定内に収まってしまった。

ここに、「多くの人が知っている事実の映画化」の難しさを感じる。

それは、作業員たちを主人公にして真正面から時系列通りに作った作品だからかもしれない。

例えば、この事故以降も追跡取材をしているジャーナリストを主人公にして、取材する側からの視点で作ってみるとか、ガブリエル・バーンが演じた鉱山の専門家を主人公にしてみたりなど、視点を変えて作品を撮ってみたら、事故の見え方もちょっと違うだろうし、新たな事実も出てくるかもしれない。

そしたら、もっと面白い映画になったんじゃないかなぁと思った。

これでは、「世界まる見え!テレビ特捜部」の再現VTRをハリウッド俳優で作ってみたという印象でしかない。

最も印象に残っている場面といったら、最後のエンドクレジットの直前で、生き残った33人が円陣を組んでいる写真だったりする。

ということは、その後の彼らがもっと知りたかったということなんだなぁ。

もう一工夫、もう一アレンジ欲しかった。そんな映画だった。





↓ 人気ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします

映画 ブログランキングへ

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村





ネット配信で観る:「チリ33人 希望の軌跡」(字幕版)

チリ33人 希望の軌跡(字幕版)

新品価格
¥199から
(2018/7/12 23:31時点)



DVDで観る:「チリ33人 希望の軌跡」Blu-ray

チリ33人 希望の軌跡 [Blu-ray]

新品価格
¥1,373から
(2017/3/26 23:17時点)



書籍「チリ33人 ~ 生存と救出、知られざる記録」

チリ33人 ~ 生存と救出、知られざる記録

新品価格
¥2,592から
(2017/3/26 23:19時点)




















このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


ブログネタ
映画の適当な感想 に参加中!
10月17日公開予定のスペイン映画「マーシュランド」の予告編を見た。

1980年代のスペインを舞台に起きる、次々と殺されていく少女たちの事件。

怖い!!でも、すごく面白そう!!って思った。

予告編を見た感じでは、雰囲気が韓国映画の「殺人の追憶」みたいで、すごく期待しちゃう。

***********

〇 「マーシュランド」観てきました!!

映画の感想はこちらから →「マーシュランド」真犯人は誰なのか。田舎町で起きた少女連続誘拐事件。果てしなく続く湿地帯が証拠を消し去る。最後に明らかとなる事実が背筋を凍らせる。スペイン映画【感想】

***********

「マーシュランド」予告編 動画

(原題:La isla mínima(英題:Marshland)




「マーシュランド」 DVD

マーシュランド [DVD]

新品価格
¥3,143から
(2016/1/8 13:58時点)




ペドロ・アルモドバル、アントニオ・バンデラス、ハビエル・バルデム、ペネロペ・クルスを世に放ったスペイン映画界


公式サイトによれば、この映画「マーシュランド」は、スペイン・アカデミー賞(ゴヤ賞)最多10部門受賞の傑作ミステリーということらしい

スペイン映画は、ペドロ・アルモドバル監督の世界に一時期はまって、アルモドバル作品と、彼の作品から生まれた大スター、アントニオ・バンデラスの映画をひたすた観ていた時期があった

それ以来だなぁ

なぜ、その頃、スペイン映画がすごく好きだったかというと、まず、国民の感情が日本よりもはるかに激しくて、それだけで面白かったこと

それと、すごく良い方が抽象的なんだけれども、映画に漂う雰囲気が、すごく熱くて、肌にはりつく感じが私は好きだったんだよねぇ~

すごく熱くて濃厚な空気が流れてるの。全体的に

例えば、「キカ」、「アタメ」、「オール・アバウト・マイ・マザー」とかね

「キカ」DVD

キカ <ヘア無修正版> [DVD]

新品価格
¥19,800から
(2015/9/10 10:53時点)


「アタメ」DVD

アタメ 私をしばって! [DVD]

新品価格
¥5,300から
(2015/9/10 10:54時点)


「オール・アバウト・マイ・マザー」DVD

オール・アバウト・マイ・マザー [DVD]

新品価格
¥4,650から
(2015/9/10 10:56時点)



登場人物に、普通の人間がいなくて、変態とかちょっと趣味が特殊な人(笑)とかがたくさん出てきて楽しかった印象が残ってる

あぁ、久しぶりにスペイン映画をちゃんと見直したくなったなぁ

マーシュランド


この「マーシュランド」がその当時のスペイン映画とは、制作も、監督も違っているので、かなり違う色合いで見せてくるのだと思うけど、予告編を見た感じでは、すごく緊迫した感じがとても面白そう

残念ながら、今のところ、渋谷の映画館一館のみでの公開予定のようで

すごく残念だけれど、DVDが出たら観たいなぁ、もしくは、WOWOWさん、よろしくお願いします



***********

〇 「マーシュランド」観てきました!!

映画の感想はこちらから →「マーシュランド」真犯人は誰なのか。田舎町で起きた少女連続誘拐事件。果てしなく続く湿地帯が証拠を消し去る。最後に明らかとなる事実が背筋を凍らせる。スペイン映画【感想】

***********



↓ 人気ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします

映画 ブログランキングへ

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村



「マーシュランド」 DVD

マーシュランド [DVD]

新品価格
¥3,143から
(2016/1/8 13:58時点)





















↓ 古本、CD、DVD、ゲーム買取のもったいない本舗




このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック