とにかく映画が好きなんです【本館】

とにかく映画が好きで、特にアメリカ映画大好きです このブログは、ネタバレありの映画鑑賞日記です。主にハリウッド映画と韓国映画をメインに感想を書いています


タグ:アントン・コービン



ブログネタ
映画の適当な感想 に参加中!
デイン・デハーン、ロバート・パティンソン主演、アントン・コーディン監督、12月19日公開予定の新作映画「ディーン、君がいた瞬間(とき)」の予告編を観た。

ジェームズ・ディーンの最後の2週間について描いた映画。

とても静かそうな映画だけど、観たいなぁ。これ。

「ディーン、君がいた瞬間(とき)」予告編 動画

(原題:Life)


「よみがえるジミー -デニス・ストック写真集」

よみがえるジミー―デニス・ストック写真集 (1980年)

中古価格
¥800から
(2015/10/1 11:44時点)



あの寂し気な瞳のジェームズ・ディーンは、どんなことを考え、何を夢見ていたのか・・・


アメリカのライフ誌のカメラマンだったデニス・ストックが、ジェームズ・ディーンと過ごした2週間を映画化した作品。

デニス・ストックとは、 このジェームズ・ディーン ↓ と撮ったカメラマン

ディーン君がいた瞬間


私が、ジェームズ・ディーンを初めて知ったのは、確か「エデンの東」をビデオで観た時だったと思う。

「エデンの東」DVD

エデンの東 [Blu-ray]

新品価格
¥1,391から
(2015/10/1 11:39時点)



すごく寂し気な雰囲気でありながら、時々、内に秘めた激情を爆発させて、雰囲気がガラッと変わる様子に惹かれて、ジェームズ・ディーンが凄く好きになったけど、映画の出演本数が凄く少なかったのが、とても残念だった。

それに、ジェームズ・ディーンは、私生活もとても謎でどんな生活をしていたのか、さっぱり分からない。

もしかしたら、この映画を観たら、ジェームズ・ディーンとは一体どんな人だったのかが、分かるような気がしていて、そこに期待している。

また、私としては、ロバート・キャパが主宰するマグナムフォトにとても興味があるので、そこに所属していたデニス・ストックとは、何を考え、どんな写真を撮りたいと思っていたのかを描いて欲しいなぁとも思う。

ディーン君がいた瞬間2

これからが期待される俳優たちが、かつて最も注目されていた人たちを演じる


そのジェームズ・ディーンを演じるのは、「アメイジングスパイダーマン2」で、ピーターの友達でありながら、スパイダーマンの敵となってしまうハリーを演じたデイン・デハーン。

ジェームズ・ディーンの友人で、マグナムフォトに所属し、LIFE誌のカメラマンだったデニス・ストックを演じるのは、「トワイライト」シリーズのロバート・パティンソン。

監督は、「誰よりも狙われた男」のアントン・コービン

アントン・コービンも、かつてはカメラマンだった。ということだし、「誰よりも狙われた男」も良い映画だったので、どんな作品になるのか、とても楽しみ。

公開は12月。

久しぶりにジェームズ・ディーンの寂し気な瞳に会いたくなる冬になりそう。



↓ 人気ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします

映画 ブログランキングへ

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村



「よみがえるジミー -デニス・ストック写真集」

よみがえるジミー―デニス・ストック写真集 (1980年)

中古価格
¥800から
(2015/10/1 11:44時点)



「エデンの東」DVD

エデンの東 [Blu-ray]

新品価格
¥1,391から
(2015/10/1 11:39時点)













このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


とても静かでいて力強く、心をつかんで離さず、ラストには呆然としてしまい、しばらく何も考えられなかった

名優 フィリップ・シーモア・ホフマンの最後の主演作。

WOWOWで放映しているのを見た

「誰よりも狙われた男」予告編 動画

(原題: A MOST WANTED MAN)




あらすじ


ドイツのハンブルグにあるテロ対策チームの責任者 バッハマン(フィリップ・シーモア・ホフマン)は、イスラム系テロ組織に大金を流している大物実業家アブドゥラを追っていた
そんな中、バッハマンは、チェチェンから一人のイスラム系移民イッサがハンブルグに流れ込んできたことを知ると、彼を監視し、調査し、チェチェンでテロを起こした過去を知ると、彼を利用してアブドゥラに近づく作戦を思いつく
しかし、移民の人権を保護することが専門の女弁護士アナベル(レイチェル・マクアダムス(「アバウト・タイム」))がイッサをバッハマンから守ろうとし、さらに、CIA(ロビン・ライト(「ブレードランナー 2049」、「ワンダーウーマン」))がこのことを嗅ぎ付け接触してくる・・・



感想(ネタバレあり) カーチェイスもアクションも無いスパイ映画


スパイ映画と聞けば、「007」、「ミッション・インポッシブル」、「ボーン・アイデンティティ」・・などなど、派手で華麗な映画の印象があるけど、この映画にその派手さは無く、むしろ地味

アクションシーンは一つも無く、カーチェイスもない

この映画は、テロリストを巡るスパイたちの心理戦にフォーカスをあてて描かれている

ドイツ当局内部、CIA、弁護士、銀行家、それぞれに思惑があり、その思惑にしたがってイスラム系テロリストのイッサに近づいていくが、それぞれの思惑違いから、心理戦を引き起こしていく。

その心のやり取りがこの映画の面白さ


彼らの「思惑」とは何か

ドイツ当局も、CIAも目指しているのは世界平和

ドイツ当局のバッハマンは、アブドゥラを通して巨大なテロ組織のあぶり出すことが目標であり

CIAは、どんな小さな分子であってもテロリストを自由にしておくべきではないと考える

つまり、バッハマンはイッサを制裁することよりも、その先にあるもっと大きなテロリスト集団の撲滅を目指し、CIAは、イッサのようなテロリストを生かしておくと、アメリカに来てテロを起こすから、生かしておくべきではないと考える

バッハマンとCIAは、同じ目的を見ているようで、そこに至るまでのやり方の違いがあり、それが心理戦を引き起こす元になっている

この映画の中で、最も印象的なセリフがあって、

それは、バッハマンがCIAから「何のためにこの仕事をしているの?」と質問されて、答えた時の一言

” to meke the world safe place"(世界を平和にするために)

その時、二人は、目的が同じだと同意をしていたけれど

腹の中では、二人が考える「平和」が違っていた


誰よりも狙われた男


それぞれが考える「平和」の違い


その「平和」に対する考え方の違いで、最終的には、悲しい結果を産むことになる

ラストシーンを見た時には、唖然としてしまって、しばらく何も考えられなかった

大きな平和のために、小さな悪を許し、救うのか

それとも、

小さな悪をもすべて抹殺することで、復讐という悪を作り出し、さらに悪を拡大していくのか

すごく考えさせられた

でも、これが現実なんだろうなぁと思った

私たちの知らないところで、こんなことがたくさん起きていて、どんどん小さな悪を産み出し続けているんだろうなぁって

悲しいことだけれども、世界の平和は、最も強いところが考える「平和」で成り立っている

私たちは、その「平和」にしたがって生きるしか方法がない


見応えある作品を支える スタッフ & キャスト



監督は アントン・コービン。

私は、彼の作品は初めて見たけれど、そもそも写真家として有名な方らしく。

なるほど。画面がとてもきれいな作品になっている


原作はジョン・ル・カレ

誰もが知ってるスパイ小説家。彼の作品で映画化されたものは数えきれない


主演は フィリップ・シーモア・ホフマン(「ハンガー・ゲーム2」「m:i:Ⅲ ミッション・インポッシブル3」)

残念ながら、昨年、急逝してしまった名俳優。

この作品が、最後の主演作となってしまった。本当に惜しい人を亡くしたとしか言いようが無い

この映画についての彼のインタビュー動画をみつけたので、是非、見て欲しい


フィリップ・シーモア・ホフマン インタビュー 「誰よりも狙われた男」について






フィリップ・シーモア・ホフマンの演技が本当に素晴らしい、最後の主演作。

映画としても素晴らしいので、一人でも多くの人に見て欲しい


↓ 人気ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします

映画 ブログランキングへ

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

誰よりも狙われた男 [Blu-ray]

新品価格
¥3,756から
(2015/7/12 01:12時点)




誰よりも狙われた男 [DVD]

新品価格
¥3,082から
(2015/7/12 01:09時点)




◆ 誰よりも狙われた男 原作本

誰よりも狙われた男 (ハヤカワ文庫NV)

新品価格
¥1,123から
(2015/7/12 01:10時点)




↓ WOWOW_新規申込 はこちらから





このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック