とにかく映画が好きなんです【本館】

とにかく映画が好きで、特にアメリカ映画大好きです このブログは、ネタバレありの映画鑑賞日記です。主にハリウッド映画と韓国映画をメインに感想を書いています


タグ:アーミン・ミューラー・スタール



ジェフリー・ラッシュ主演の映画「シャイン」をWOWOWで観た。

オーストラリアのピアニスト、デヴィッド・ヘルフゴットの半生を映画化。

この映画でジェフリー・ラッシュ第69回アカデミー賞(1996年)主演男優賞を受賞している。


満足度 評価】:★★★★☆

親の期待に押しつぶされていたデヴィッドがその呪縛から解け、ピアニストとして舞台に上がった姿に感動。

20年前に観た時はそうは思わなかったけど、今見ると父親の度を超したしつけが息子への虐待だったことに気付く。

子供に対する過剰な期待が子供にどんな影響を及ぼすのかがよく分かる映画だった。


「シャイン」予告編 動画(日本語字幕なし)

(原題:SHINE)




「シャイン」―デジタル・レストア・バージョン― Blu-ray

シャイン ―デジタル・レストア・バージョン― [Blu-ray]

新品価格
¥1,391から
(2017/3/10 00:12時点)



キャスト&スタッフ


出演者

ジェフリー・ラッシュ
…(「パイレーツ・オブ・カリビアン 最後の海賊」、「鑑定士と顔のない依頼人」、「やさしい本泥棒」など)

〇アーミン・ミューラー・スタール

ノア・テイラー
…(「スカイスクレイパー」、「フリー・ファイヤー」、「プリデスティネーション」など)

監督

〇スコット・ヒックス

1995年製作 オーストラリア映画

シャイン

あらすじ


デヴィッド(ノア・テイラー)は幼いころから父親(アーミン・ミューラー・スタール)の厳しい指導の元、ピアニストになることを目指していた。

子供の頃から大人が弾くのも難しいラフマニノフの曲を弾いていたデヴィッドは、オーストラリア国内で話題のピアニストへと成長していく。

父はデヴィッドを大人になっても自分の元で育てたいと思っていたが、デヴィッドは父の制止を振り切り、ロンドンにある王立音楽院で本格的にピアノを学び始める。


シャイン4


感想(ネタバレあり)


オーストラリア人ピアニスト、デヴィッド・ヘルフゴットの半生


1995年に製作されたこの映画がWOWOWで放送していたので、久しぶりに観返してみた。

そしたら思った以上に心にズシンとくる映画だった。

オーストラリアのピアニストデヴィッド・ヘルフゴットの半生を映画化。

デヴィッド少年は、幼いころから輝けるピアノの才能があり、オーストラリア国内でも期待されていた。

しかし、デヴィッド本人が精神を病んでしまい、ピアニストとしての成功の道を絶たれてしまう。

この映画では、デヴィッドと父親の関係を軸に、なぜ、彼が心を病んでしまったのか、そして、それをどのように克服していったかについて描いている。


シャイン2

度を越した厳しすぎる「しつけ」は子供に対する虐待でしかない


私が20年前に観た時は、「厳しいお父さん」と「ちょっと変わったピアニスト」の話という印象しかなかった。

しかし、今になって観てみるとその厳しいお父さんのしつけは、デヴィッドに対する完全な虐待だったことが分かる。

「絶対的にピアニストになれ」という過剰な期待、「必ずラフマニノフを弾け」などという言葉での強要、暴力、濡れたタオルで叩くなどの肉体的な虐待…。

デビッドが少年だった頃は、そんなお父さんは「厳しいしつけ」をしているだけだったかもしれない。

しかし、今、こうして観ると、それはただの幼児虐待でしかない。

そして、その結果、デヴィッドは「ラフマニノフ」に憑りつかれ、ノイローゼを発症し、その後精神科病院に入院することになる。

未だにテレビを見ると、「厳しいしつけは必要だ」論がワイドショーなどで取り上げられているが、「厳しすぎる」しつけは子供に対して悪影響しかないことがよく分かる。


シャイン3

なぜ、お父さんは息子に厳しくあたってしまったのか


しかし、そんなお父さんにも全く同情できないわけではない。

これは、20年前に観た時には気付かなかった点だった。

ユダヤ系ポーランド人の父も少年時代はバイオリニストを目指していた。

ところが、やはり父の父もまたしつけに厳しく、彼のバイオリンを折ってしまう。

その時、バイオリニストとしての夢に破れた彼は、自分の子供であるデヴィッドをピアニストにすることに夢がシフトしていく。

さらに、戦時中に強制収容所に入れられ、一家離散してしまった経験から、

「家族は常に一緒にいなければならない」

という思いにとらわれてしまう。

それまでの経験から、父はデヴィッドをピアニストにすることと、家族が絶対一緒にいることに固執してしまった。

そんなお父さんの姿を観ていると、「なんて酷い父親なんだ」とも思えない。

彼が「私はお前のことを世界で一番愛している」とデヴィッドに言っていた言葉は決して嘘ではないし、どの親よりも情熱的に愛していた。

しかし、あまりにも「度を越した」振る舞いがデヴィッドを追い込んでしまったけれども、父には父なりの悲しい背景を抱えていた結果だった。

20年前の私には、そのお父さんの悲しい背景に気付いてあげることができなかったように思う。


シャイン5

父親の呪縛が解けた瞬間が最も輝けるとき


私がこの映画の中で最も感動したのは、ラストでデヴィッドが初めてのピアノリサイタルを行った場面だった。

オーストラリアの輝ける(シャイン)才能と言われたデヴィッド。

しかし、心を病んでしまい、そのせっかくの才能も花を咲かせることのないままの人生を送ることになってしまう。

もうすぐ40歳を迎えようとした頃、彼は妻のジリアンと出会う。

デヴィッドの才能と、彼の子供のような無邪気な性格を愛した占い師のジリアンの助けもあり、初のリサイタルを行う。

リサイタルは成功し、スタンディングオベーションを受けたデヴィッド。

それは、父親から受けた虐待の呪縛が解けた瞬間だったと思う。

父親の過剰なまでのしつけがなかったら、デヴィッドはもっと早くピアニストになっていたかもしれないけど、そんな父親がいなかったら、そもそも彼はピアニストになれなかったのかもしれない。

結局は、厳格な父との関係性が生んだピアニスト デヴィッド・ヘルフゴットだったんだと思う。

しかし、最後に父の墓参りをしたデヴィッドが

「ここへ来てもなんとも思わない」

と言っていたのが、デヴィッドにとっての父親の全てであり、その事実がなんとも切ない。





↓ 人気ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします

映画 ブログランキングへ

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村





「シャイン」―デジタル・レストア・バージョン― Blu-ray

シャイン ―デジタル・レストア・バージョン― [Blu-ray]

新品価格
¥1,391から
(2017/3/10 00:12時点)




















このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


ブログネタ
映画の適当な感想 に参加中!
トム・ハンクス主演の映画「天使と悪魔」をWOWOWで観た。

「ダ・ヴィンチ・コード」の続編。象徴学者のラングドン教授がヴァチカンで起きた枢機卿の暗殺予告事件の謎を解く。

話が少々難しかったけど、テンポが良くて面白かった。

ローマの景色や美術品の数々にウットリして、ローマへ行きたくなった (^^;

「天使と悪魔」予告編 動画

(原題:Angels&Demons)




「ダ・ヴィンチ・コード/天使と悪魔」2本組DVD

ブルーレイ2枚パック ダ・ヴィンチ・コード エクステンデッド・エディション/天使と悪魔 スペシャル・エディション [Blu-ray]

新品価格
¥2,617から
(2015/9/27 01:47時点)



原作本「天使と悪魔」(上)

天使と悪魔 (上) (角川文庫)

新品価格
¥637から
(2015/9/27 01:48時点)





***********

〇 続編「インフェルノ」観てきました!!

映画の感想はこちらから →「インフェルノ」ラングドン教授の謎解きシリーズ第3弾。薄っぺらい展開が残念。敵は宗教とは関係ないただのテロリスト。トム・ハンクス主演映画【感想】

***********

あらすじ

ハーバード大学の象徴学の教授、ロバード・ラングドン(トム・ハンクス)は、急遽ヴァチカン宮殿から呼び出しを受ける。

ローマ法王が亡くなり、コンクラーベが始まろうしている今、4名の枢機卿が行方不明となり、暗殺予告と謎の文字が残されていた。

その謎の文字が、17世紀の秘密結社イルミナティのものであり、その文字の謎を解けば、誘拐された4名の枢機卿の命が助かると判断し、謎の解明を始めるが・・・

天使と悪魔

感想(ネタバレあり) 難しいところは飛ばしちゃっても、前作を観てなくても楽しめる

話のテンポが良くてサクサク観られて面白かったんだけど、話の内容が難しいのに、分かりやすく説明しないまま、そのテンポの良さに無理やり押し込めちゃった感があったのがちょっと残念。

一つ一つを理解しようと思っても、次の場面へ切り替わってしまうので、理解の隙を与えない。

でも、最終的には、細かいところでちょっと理解できなかったところはあったものの、映画全体の大筋は理解できたので、小さなところは特に気にならなかった。

それに、観ていて良かったのは、これが「ダ・ヴィンチ・コード」の続編だというウリだったにも関わらず、前作を知らなくても楽しめること。

同じラングドン教授が謎を解明するということ以外、ほとんど前作の内容を引きずるところが無く、ほぼ、独立した作品として見られる

「ダ・ヴィンチ・コード」の話の内容を忘れてしまった私には、ありがたいことだった。

天使と悪魔2

人間が踏み込んでいけない神の領域に踏み込んだ時

今回、この「天使と悪魔」で問題が起きたきっかけは、『人間が神の領域に踏み込んだこと』にある

スイスで物理学の研究者たちが作り出した「反物質」を、一部のカトリック教徒が許せなかったことが事の始まり。

で、その「反物質」って何よ??って思うじゃない。

どうも、それは宇宙の起源と同等のものらしい。

あのー、それ、MIB(メン・イン・ブラック)で猫の首輪にぶら下がってたヤツですよね(笑)

敬虔なカトリック教徒からすると、この世界は神が作り上げたものであり、人間が作るなんてことは神の領域に踏み入ることであり、神の存在を汚すことになるからと、激怒り。

コンクラーベという最もヴァチカンが注目を浴びる時に、神に代わってお仕置きするって話なんだね

天使と悪魔3

背景にローマの美しい景色を観ながらハラハラドキドキする贅沢さ


まぁまぁ、そんなことが理解できなくっても、十分楽しめるように作品はできている。

話の展開はテンポよく進んで、次はどこ?次は何が起きるの??って、ドキドキしながら観られる。

それに、なんと言っても、ローマの街の美しさ。

街並みの美しさをウットリ眺めてるだけでも、十分に贅沢な気分になれる。

その美しさとは対照的に、殺人が行われるのも、その対比がシュールな感じがして良かった。

私、20年くらい前にローマへ旅行に行ったことがあるんだけど、この映画「天使と悪魔」を観たら、また行きたくなっちゃったなぁ。

システィーナ礼拝堂とか、また観たいもんね。

天使と悪魔4

出演者も監督もベテランぞろいのエンターテイメント作品


主役のラングドン教授を演じるのは、このブログでも最近常連になりつつある(笑)トム・ハンクス(「ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書」「ブリッジ・オブ・スパイ」「ハドソン川の奇跡」「ウォルト・ディズニーの約束」)。

フットワークの軽い教授って感じがして良かったな。

そして、どんな時でも、いつでも優しそうな感じがトム・ハンクスのいいところだね。

そして、この映画のキーマンを演じるのが、「ゴーストライター」「8月の家族たち」「スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス」「スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃」のユアン・マクレガー

このユアンのまさか!!っていう行動がが良かった。

他にも、「レイルウェイ 運命の旅路」のステラン・スカルスガルドやアーミン・ミューラー・スタールが良い味出してた。

でも、イタリアが舞台なのに、メインキャストにイタリア人俳優が出てないんだね・・・(^^;

監督は、「ラッシュ/プライドと友情」「アポロ13」のロン・ハワード。

ヒット作連発のハワードだからこそ、楽しめるエンターテイメント作品に仕上がっている


天使と悪魔5


そろそろ季節は、読書の秋、文化の秋だけれども、原作本を読みつつ、「ダ・ヴィンチ・コード」と、この「天使と悪魔」の二本立てなんてしてみると、かなり深い文化を感じられるので、とてもいいかもしれない。



***********

〇 続編「インフェルノ」観てきました!!

映画の感想はこちらから →「インフェルノ」ラングドン教授の謎解きシリーズ第3弾。薄っぺらい展開が残念。敵は宗教とは関係ないただのテロリスト。トム・ハンクス主演映画【感想】

***********



↓ 人気ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします

映画 ブログランキングへ

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村



「ダ・ヴィンチ・コード/天使と悪魔」2本組DVD

ブルーレイ2枚パック ダ・ヴィンチ・コード エクステンデッド・エディション/天使と悪魔 スペシャル・エディション [Blu-ray]

新品価格
¥2,617から
(2015/9/27 01:47時点)



原作本「天使と悪魔」(上)

天使と悪魔 (上) (角川文庫)

新品価格
¥637から
(2015/9/27 01:48時点)





↓ 「天使と悪魔」も放送しているWOWOW_新規申込









このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック