とにかく映画が好きなんです【本館】

とにかく映画が好きで、特にアメリカ映画大好きです このブログは、ネタバレありの映画鑑賞日記です。主にハリウッド映画と韓国映画をメインに感想を書いています


タグ:ウィリアム・フィクトナー



クリスチャン・ベール主演の映画「リベリオン」をWOWOWで観た。

第三次世界大戦後、感情を持つことを禁止された世の中を描く。

満足度 評価】:★★★★★

人々は感情を持つことを禁止され、あらゆる色を失ったという、その世界観が面白かったのと、アクションシーンがどれもかっこ良かった。

すごく面白くて、思わず前のめりで観てしまった映画。

出演クリスチャン・ベールショーン・ビーンエミリー・ワトソン、テイ・ディグス、アンガス・マクファーデン、ウィリアム・フィクトナー

監督:カート・ウィマー 2002年製作 アメリカ映画

「リベリオン」予告編 動画

(原題:EQUILIBRIUM)




「リベリオン-反逆者-」 Blu-ray

リベリオン-反逆者- [Blu-ray]

新品価格
¥5,122から
(2016/8/21 16:28時点)



あらすじ


第三次世界大戦後、次に戦争が起きた時こそ、人類滅亡の時がやってくると信じた人々は、二度と戦争を起こさないために感情を持つことを禁止された。

毎日決まった時間に薬を打ち、感情が湧き上がることを抑えられていた。

そして、薬を打たず、感情を持った者は、クラリックと呼ばれる処刑人や警察から逮捕またはその場で処刑されていた。

クラリックの中で最も優秀な武術の達人プレストン(クリスチャン・ベール)は、共に働いてきたパートナーのパートリッジ(ショーン・ビーン)が薬を打たず感情を持ったために処刑することに。

しかし、プレストン自身もそれ以来、感情に興味を持ち始め…。

リベリオン


感想(ネタバレあり) 「感情を持つことを禁止する」という世界


面白かったなぁ。非常に面白かった。この映画。

私が特にグイグイ惹かれて観たのは、「感情を持つことを禁止する」という世界観。

そして、感情を持った人を察知して殺してしまうクラリックという職業。

人間が、人間を統率するために、薬を打って感情を抑制してしまうという世の中。

前半部分は、ほとんど色のないモノトーンの世界が広がっている。

これは、この先どうなっていくんだろう…という先の読めない面白さにグイグイ惹かれながら観ていた。

人間は感情がないと統率しやすいというのは分かるけど、でもそれじゃぁ人間は生きていはいけないよね。

リベリオン2

朝日の美しさ、ベートーベンの音楽の素晴らしさ


主人公のプレストンは、最も優秀なクラリック。

感情を持つ人間をすぐに察知し、逮捕し、処刑する。

それこそ、血も涙もない男だった。

それが、パートナーが感情を持ったことから少し感情に興味を持ち始め、ちょうどそのタイミングで薬を落としてなくしてしまったために打つことができず、感情が芽生えてくる。

この血も涙もない男が、感情を持つことの素晴らしさを知っていく過程がまた面白かった。

夜明けの朝日が美しいと思い、ベートーベンの音楽に涙し、子犬の可愛さに命の大切さを知る。

私たちが日常で当たり前のように思っていることが、景色や音楽の素晴らしさ、命の大切さが、どれ程素晴らしいことなのか。

リベリオン3

「喜怒哀楽」が人の心を豊かにする


人の心は「喜怒哀楽」でできている。

喜ぶこともあれば、悲しむこともある、怒ることもあれば、楽しいこともある。

怒りや憎しみの感情は、決して悪いことではない。

人は、怒りや憎しみがあってこそ、愛を知ることもあるし、自分の愚かさを知ることもある。

そして人を愛し、許すことで、そして豊かな人間性が育ち、またそこから素晴らしい芸術の数々が生まれている。

「喜怒哀楽」その全てが、バランスよく揃っていてこそ、人はようやく人間らしくなるのだと思っている。

冷血人間だったプレストンが、感情を知り、悲しみと怒りを感じることで、世界を変えるという意識に芽生える。

その向こうに、楽しみや喜びがあるのだと分かったから。

この映画の原題は「EQUILIBRIUM」であり、平衡とか、心の平静などの意味を表している。

人々を縛りつけ、全ての人間を同じに保つことが平和ではない。

「喜怒哀楽」の感情をバランスよく持つことが、心の豊かさであり平和なのだと思う。

逆に、全てのことに無関心であることが、最も恐ろしいことだと考える。

リベリオン4

世界観の面白さとアクションシーンのかっこ良さ


とにかく、この映画「リベリオン」は、そのあまりお目にかかれない世界観が面白くて、グイグイ引き込まれて見てしまった。

それに加えて、クリスチャン・ベールのアクションシーンのかっこ良さ。

アクション・シーンはどのシーンもかっこ良かった。

本当にクリスチャン・ベールは何でもできるすごい俳優だ。

もう、隅から隅まで面白い映画だった。

いや~、しかし、やっぱり。人間に一番大切なのは「喜怒哀楽」だ。

その思いを再認識した映画だった。

クリスチャン・ベールの他の出演作には「The Promise/君への誓い」など


↓ 人気ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします

映画 ブログランキングへ

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村





「リベリオン-反逆者-」 Blu-ray

リベリオン-反逆者- [Blu-ray]

新品価格
¥5,122から
(2016/8/21 16:28時点)




















このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


リアム・ヘムズワース主演の映画「インディペンデンス・デイ:リサージェンス」を観た。

「インディペンデンス・デイ」から20年。再び侵略者たちが地球へ攻めてくる。

満足度 評価】:★★★☆☆

すごくつまらなかったわけではないけど、残念なところが多い映画だった。

出演リアム・ヘムズワースジェフ・ゴールドブラムシャルロット・ゲンズブール、マイカ・モンロー、ビル・プルマン、ジェシー・アッシャー、ウィリアム・フィクトナー

監督:ローランド・エメリッヒ 2016年製作 アメリカ映画

「インディペンデンス・デイ:リサージェンス」予告編 動画

(原題:INDEPENDENCE DAY: RESURGENCE)




20年前の地球決戦「インデペンデンス・デイ」 Blu-ray

インデペンデンス・デイ [Blu-ray]

新品価格
¥927から
(2016/8/11 12:28時点)



あらすじ


地球を侵略者の手から守って20年。

またしても侵略者たちが地球を襲ってくる…。


インディペンデンス・デイリサージェンス


感想(ネタバレあり) 小学生でも思いつきそうなストーリー展開…


お話はとても単純明快。

20年ぶりに宇宙から侵略者たちが地球を襲ってくる話。

今度の侵略者たちは、まるでよく訓練されたスズメバチのように、中心に女王をしたがえ、兵隊たちが女王のテレパシーによる指導の元、重力を自在に操りながら地球の建造物を破壊していく。

再び侵略される危機を迎えたアメリカ軍は、この20年で蓄えた頭脳と技術を使って、侵略者を迎え撃つ。

ここまでで、既にツッコミどころ満載。

筋書きは小学生でも思いつきそうな単純明快なお話で、随所で「アメリカは強いんだぜ!!」と言いながら拳を振り上げているそんな映画だった。


インディペンデンス・デイリサージェンス2

どこよりも強いアメリカは地球代表


ここで面白いのは、地球が侵略者によって攻められた時、「地球で一番強いのはアメリカ」であり、「アメリカの中で一番強いのは大統領」だから、「地球のみなさん、アメリカのやり方にしたがってもらいますよ。大統領の言うことをお聞きなさい」っていう考え方。

自己中心的なアメリカの発想。

それは、20年前の「インディペンデンス・デイ」から一貫して変わっていないのが面白かった。

とはいえ、この作品ではマイノリティに配慮したのか、アフリカの小さな部族の人たちや、フランス人の学者(シャルロット・ゲンズブール)、それに中国人の女性パイロットなど、多国籍な人々を登場させ、人類が一丸となって闘っている様子をアピールしている。

にしても、最終的に侵略者が攻めてきたのはアメリカであり、彼らを打ち負かしたのは米軍だったから、「アメリカ万歳」に見えた印象は変わらない。

インディペンデンス・デイリサージェンス3

クリーチャーがまるで爬虫類。昭和感のあるクオリティ


そして、もう1つ残念だったのは、ここへ登場する宇宙人にチープな印象を受けてしまうこと。

「ずば抜けた科学技術を持った宇宙人」の割に、その印象はまるで爬虫類。

ポケモンGOのモンスターの中にいそうで、「いかにもありがちなクリーチャー」ばかりが登場する。

ローランド・エメリッヒ監督はヒーロー映画がお嫌いらしいけど、その辺のクオリティは「スター・トレック」や「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」などのクオリティの高さと比べると、面白味が無い。

20年前のチープなクリーチャーを見せられて、「おぉーーこれはすごく頭が良さそうで、強そうだ!!」とは到底思えない。

だいたい、「宇宙人を仕切っているのは一匹の女王様」っていう設定は、すでに1997年に「エイリアン4」でやっていて新鮮さを感じない。

つまり、SFアクション映画にとって観客の心を惹きつけるのは、そのクリーチャーの独創性なのに、見た目もキャラ設定の時代遅れ感たっぷりという残念さだった。

「ヒーロー映画が嫌い」とバッサリ切ってしまう前に、最近の観客には何を求められているのか、クリーチャーに対し、どれだけ目が肥えているのかを考える必要があるように思う。

インディペンデンス・デイリサージェンス5

スピード感で畳みかける圧倒的な迫力はエメリッヒならでは


とはいえ、数あるヒット作を作り続けてきたローランド・エメリッヒ。

観客が映画館の座席に座ってから、最後まで飽きさせない方法をよく知っている。

私も「こりゃないわーー」「チープだわー」「このCGはただのアニメだわー」と突っ込みながらも、そのスピード感と次から次へと変わっていく場面展開に飽きることなく最後まで観てしまった。

世界中のランドマーク的建造物をぶち壊し、圧倒的な迫力で最後まで押し切るパワーは、彼ならではのものといえる。

だからこそ、この映画にしかない独創的な世界観があれば、もっと楽しめただろうなと思う。

その辺が本当に残念な映画だった。

インディペンデンス・デイリサージェンス4



↓ 人気ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします

映画 ブログランキングへ

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村





20年前の地球決戦「インデペンデンス・デイ」 Blu-ray

インデペンデンス・デイ [Blu-ray]

新品価格
¥927から
(2016/8/11 12:28時点)




















このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック