とにかく映画が好きなんです【本館】

とにかく映画が好きで、特にアメリカ映画大好きです このブログは、ネタバレありの映画鑑賞日記です。主にハリウッド映画と韓国映画をメインに感想を書いています


タグ:ウィレム・デフォー



ジェイソン・モモア主演の「アクアマン」を映画館で観た。

DCコミックスのヒーローで、「ジャスティス・リーグ」のメンバーの一人、海の王アクアマンの誕生を描くアクション映画。


映画「アクアマン」


満足度 評価】:★★★★☆

何が良いって、考える間も無く突き進んでいくスピード感!

ジェイソン・モモアの野獣っぷりと、ニコール・キッドマンの美しさ、アンバー・ハードの強さも役柄にピッタリ!

分かりやすくて、何も考えずに海の世界にどっぷり浸って楽しんだ。

目次

  1. 予告編
  2. 更新履歴・販売情報
  3. キャスト&スタッフ
     出演者
     監督
  4. あらすじ
  5. 感想


『アクアマン』予告編 動画

(原題:Aquaman)



更新履歴・公開、販売情報

・2019年2月23日 映画館にて鑑賞。

・2019年4月5日 感想を掲載。

・2019年11月30日 WOWOWでの放送に合わせて加筆・修正。

詳しい作品情報につきましては、下記公式サイトをご参照ください。
 ↓




キャスト&スタッフ


出演者

〇ジェイソン・モモア

アンバー・ハード

ウィレム・デフォー

パトリック・ウィルソン


〇ヤーヤ・アブトゥル=マティーン二世

〇ルディ・リン

〇テムエラ・モリソン

ニコール・キッドマン
…(「ある少年の告白」、「パーティで女の子に話しかけるには」、「聖なる鹿殺し キリング・オブ・ア・セイクリッド・ディア」、「LION/ライオン~25年目のただいま~」、「パディントン」、「シークレット・アイズ」、「パディントン」、「リピーテッド」、「グレース・オブ・モナコ 公妃の切り札」、「バースデイ・ガール」、「レイルウェイ 運命の旅路」、「ザ・インタープリター」、「ファング一家の奇想天外な秘密」など)


監督

ジェームズ・ワン
…(「ワイルド・スピード7 スカイミッション」など)


2015年製作 アメリカ映画




あらすじ


海底帝国アトランティスの女王アトランナ(ニコール・キッドマン)と人間トム・カリー(テムエラ・モリソン)の間に生れたアーサー(ジェイソン・モモア)は、幼い頃からアトランナの部下バルコ(ウィレム・デフォー)から泳ぎ方を教わりながら育つが、人間界で育ったため、自分が王子の地位にあることを知らない。

しかし、アーサーが大人になった頃、海底王国アトランティスで反乱が起き、これまで平和に共存していた人間界に襲撃を開始することになり…。



映画「アクアマン」




感想(ネタばれあり)


この映画の感想につきましては、私が「ぴあ映画生活」に掲載したものをご紹介します。


アクアマン (2018)


★★★☆ [70点]「モモアマンがいい!!」


何にも考えずに楽しめたアクション映画だったー!



海底王国アトランティスと人間の間に生まれたアーサーは、地上が海底人に襲われたため、ヒーローとなって地上と海底の戦いに攻め込みながら、自分自身を受け入れていくアクションアドベンチャー。



正直言って、この映画を観るまで、ひたすら海の中で物語が展開するのは、退屈なんじゃないかと思ってた。

しかし、主人公を人間と海底人のハーフにすることで、舞台が地底と地上の両方になり、その問題はあっさりと解決。

その上、アトランティス伝説にみんなが大好きなアーサー王伝説まで盛り込んで、アクション盛り盛りの楽しい作品に仕上げている。

中には、ちょっと強引過ぎないか??

と思えるところもあったけど、ドンドン突き進むスピード感で、気にすることなく楽しめた。



で、また、その主人公アーサーを演じていたジェイソン・モモアの貢献度がかなり高かった。

人間と海底人のハーフブリードという自分に与えられた宿命に悩みながら、受け入れていくアーサーを演じているジェイソン・モモアの姿にとても好感が持てた。

それは、様々な民族の血を引くジェイソン・モモアだからこそなのではと思った



そして、ニコール・キッドマンのあり得ない美しさは女王にピッタリだったし、アンバー・ハードは、強い女性がとてもよく似合う。

そんなキャスティングがピッタリの作品だった。



ただ、これは個人的な趣味だけど、どうも、DCはデザインとか色遣いが苦手で、後半の戦いのシーンはとても見づらくて、どっちが味方で、どっちが敵なのか、よく分からなかった。

続編の製作が決まっているらしいけれど、せっかくユニバースなんだから、フラッシュとか、ワンダーウーマンとかも出てきたらもっと楽しいのになぁとも思う


Posted by pharmacy_toe on 2019/03/01 with ぴあ映画生活




Twitterでも、映画情報や海外ドラマの情報を発信しています~




Instagramでも映画のレビューを日々更新しています~






↓ 人気ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします

映画 ブログランキングへ

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村



Amazonプライムで観る:「アクアマン」(字幕版)

アクアマン(字幕版)

新品価格
¥2,500から
(2019/11/29 23:27時点)



DVDで観る:「アクアマン」

アクアマン Blu-ray & DVD (2枚組)

新品価格
¥1,827から
(2019/11/29 23:29時点)



「アクアマン」アクションフィギュア

MAFEX マフェックス No.095 アクアマン AQUAMAN Ver. 全高約160mm 塗装済み アクションフィギュア

新品価格
¥8,424から
(2019/4/5 16:49時点)



【映画パンフレット】「アクアマン」

【映画パンフレット】アクアマン

新品価格
¥1,200から
(2019/4/5 16:51時点)












このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


キアヌ・リーブス主演の映画「ジョン・ウィック」をWOWOWで観た。

伝説の殺し屋ジョン・ウィックが愛妻が彼のために遺した愛犬を殺された恨みを晴らすため、殺し屋に復活する話。


ジョン・ウィック


満足度 評価】:★★★★☆

始め見た時は、「ただ人を殺すだけの映画だ」と思った。

しかし、チャプター2を観てから、この映画を観返すと最初から最後までアクション満載で迫力ある仕上がりになっているけれど、それでもこれはただの序章でしかないことが分かる。

なにより、ガンアクションとカンフーが融合したガンフーがダイナミックでカッコイイ!!


目次

  1. 予告編
  2. 更新履歴・販売情報
  3. キャスト&スタッフ
     出演者
     監督
  4. あらすじ
  5. 感想


「ジョン・ウィック」予告編 動画

(原題:JOHN WICK)



更新履歴・公開、販売情報

・2016年7月27日 映画館で観た感想を掲載。

・2019年10月3日 「午後のロードショー」での放送に合わせて加筆・修正。

現在、DVD、ネット配信、共に販売中。


見逃しちゃった?でも大丈夫!映画「ジョン・ウィック」は、現在U-NEXT で配信中

本ページの情報は2019年10月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

Amazon プライムで観る:「ジョン・ウィック」(字幕版)

ジョン・ウィック(字幕版)

新品価格
¥100から
(2019/10/3 10:48時点)



DVDで観る:「ジョン・ウィック」1・2スペシャル・コレクション

ジョン・ウィック 1 2 Blu-rayスペシャル・コレクション[初回生産限定]

新品価格
¥3,967から
(2019/10/3 10:48時点)





キャスト&スタッフ


出演者



〇ブリジット・モイナハン

ジョン・レグイザモ


〇アルフィー・アレン



監督

チャド・スタエルスキ
…(「ジョン・ウィック チャプター2」など)


2014年製作 アメリカ映画




あらすじ


元殺し屋のジョン・ウィック(キアヌ・リーブス)は、愛妻ヘレン(ブリジット・モイナハン)を病気で亡くしてしまう。

彼女が一人になってしまうジョンへの最後のプレゼントは一匹のビーグル犬だった。

妻への思いが消えぬまま、愛犬と暮らす日々をスタートさせたジョンだったが、ある日、彼の家に強盗が入り、ジョンは暴行され、愛犬は殺されてしまう…。

彼女の形見だった愛犬を殺されたジョンは、かつて殺し屋だった血が蘇る。

そして、愛犬を殺した強盗は、かつての依頼主でありロシアンマフィアのボス、ヴィゴ(ミカエル・ニクヴィスト)の息子ヨセフ(アルフィー・アレン)だった…。




感想(ネタバレあり)


第一章:伝説の殺し屋 ジョン・ウィック


主人公のジョンは伝説の殺し屋。

結婚を機に殺し屋を引退。



しかし、妻は病気でこの世から去ってしまう。

そして妻が亡くなってから数日後、彼女からの最後のプレゼントだった愛犬を強盗に殺されてしまう。



激しく怒るジョンはその復讐のために再び殺し屋として立ち上がる。

というのが、この映画のストーリー



その愛犬を殺した強盗団はロシアンマフィアであり、彼のかつての依頼人の息子。

だから、ジョンは内情をよく知っている上に、彼にとってそのアジトは勝手知ったる他人の家。

それをいいことに、乗り込んでは次から次へと殺していく。


この物語は、良く言えば「とても分かりやすい」しかし、悪く言えば「内容がなさ過ぎて薄っぺらい」



そのため、私は最初にこの映画を観た時は、愛する妻からの大切な思い出を台無しにされたジョンの「怒り」というのはよく分かるけれど、ただそれだけだなと思い、次から次へとやってくる殺し屋を殺すだけの映画だと思い、途中で飽きてしまった。

しかし、「ジョン・ウィック チャプター2」を観てから、改めて観返してみると、この物語は、次へ続く物語の序章だということがよく分かる。



この映画は闇の社会で「ブギーマン(怪物)」として恐れられていた伝説の殺し屋ジョン・ウィックが、再びその世界に戻り、どれだけのスキルで敵を殺すのかを紹介する「イントロダクション」になっている。

殺し屋 ジョン・ウィックにとっては、名刺代わりの作品なのだ。



映画「ジョン・ウィック」キアヌ・リーブス



ジョンにとって「犬」がどれだけ大切な存在なのか


次に続く物語として押さえておきたいのは、「愛妻」と「犬」だ。



世界各地で裏の世界から「ブギーマン(怪物)」として恐れられたジョン・ウィックは、愛する妻と結婚して闇の世界から引退し、愛のある生活を送るつもりでいた。

ところが、その人生を変えるきっかけになった妻が、病気で亡くなってしまう。

突然、奈落の底に突き落とされたジョンだったが、その数日後、亡くなった妻からプレゼントが届く。



社会と断絶し、妻が世界の全てだったジョンが孤独になってしまうことを心配した妻は、「デイジー」と名付けられた犬を「私だと思って可愛がって」というメッセージと共にジョンにプレゼントする。

その時から、そのデイジーはジョンにとって「妻そのもの」になったのだ。



ということは、その「デイジー」を殺されたということは、「妻」を殺されたことを意味する

そのため、「死には死を」とばかりに、デイジーを殺したロシアンマフィアを片っ端から「抹殺」するのだ。



そして、仕事が終わったジョンは、一匹の犬を連れて帰る。

それは「デイジー2号」の位置にいるけれど、彼の名前はない。

その犬はデイジーの代わりにはなれないけれど、「孤独にならないで」という妻からのメッセージを守っているのだ。



ジョンにとって、「犬」とは、大切な相棒であり、唯一、妻以外で心を許せる相手なのだ。



映画「ジョン・ウィック」キアヌ・リーブス



殺し屋であることを証明する「ガンフー」と「処刑スタイル」


しかし、久々に観たキアヌのアクションはキレキレで良かった

全盛期の「マトリックス」の時とは、また違ったキレっぷりのガンファイト。

狙った獲物は絶対に外さないという気合いを感じる眼光もとても良かった



それもそのはず、この映画の監督チャド・スタエルスキは、「マトリックス」シリーズでスタントを務めていたとか。

なるほどと思った。



だから、監督第一作目の主演はキアヌ・リーブスだし、彼にかつてのキレキレのアクションを思い起こさせるシーンを演じさせたんだなぁというのが良く分かった。



この映画のアクションで注目すべきなのは、ガンアクションとカンフーが融合したガンフーだ。

(カンフーというよりも、ほぼ柔道)

カンフーで相手の動きを封じ込め、銃で殺す。



あの体の大きなジョン・ウィックが、同じぐらいか、さらに大きな相手を投げ飛ばしたり、一本背負いしたり、羽交い絞めにしたり、寝技で封じ込めたり。

グルグル回転したり、バッタバッタと倒していく姿は、とてもダイナミックで迫力がある



そして、もう一つ大切なのは、銃で殺す時の「処刑スタイル」だ。

まずは心臓を撃って敵の動きを止め、頭を撃ってとどめを刺す

どんなに敵が多い場面でも、この2つの動きは必ず、瞬時にやっているので、是非注目して観て欲しいところ。



ジョン・ウィックは殺し屋なので、仕事として請け負ったターゲットが生き残るようなことがあってはいけない。

だから、瞬時に相手の息の根を止めるスキルを習得している

それが、「心臓を撃ってからの頭を撃つ」という二段構えであり、彼が殺し屋であることを証明するシーンになっている。



この映画をよくよく見ていると、どんなにたくさんの敵に囲まれたシーンでも、必ずとどめを刺している。



カンフー(マーシャル・アーツ)で、相手の動きを止め、銃で処刑するというガンフーのカッコ良さが、この映画の最大の魅力だ。

一つ一つのアクションをとても丁寧に撮っていることが分かるので、じっくりと観て欲しいところでもある。



映画「ジョン・ウィック」キアヌ・リーブス



序章の凄さが第二章でパワーアップする!


このシリーズが上映されてからというもの、マーシャルアーツを取り入れた華麗なガンアクション「ガンフー」が、ハリウッドのアクション映画の中に、より積極的に取り入れられるようになったように思う。

特に影響を受けているのが、シャーリーズ・セロン主演の「アトミック・ブロンド」だと思うので、シャーリーズ・セロンのガンフーを観たい方はぜひ、観て欲しいところ。



で、さらによくよくこの映画を観ていて面白いのは、「銃の弾切れのタイミング」

弾切れのタイミングがとてもリアル

次から次へとやってくる敵に対して銃で戦っていたけれど、「途中で弾が切れちゃったから、相手に銃を投げつけて不意打ちを食らわせる」なんていう思わず笑ってしまう技も繰り出している。



その辺の「リアルさ」がとても良いのだ。



そして、初めにも言ったけれど、これはあくまでも「序章」なので、そんなジョン・ウィックの「なぜ殺し屋に戻ってきたのか」とか、「華麗なガンフー」と「処刑スタイル」をこの映画で学んで次に進んで欲しい

次の「ジョン・ウィック チャプター2」は、その応用になるのだが、さらに敵が増え、さらにカオスになっていく中、しっかりと、丁寧に、ブギーマン ジョン・ウィックが敵を倒していく姿を堪能することができる。



その振付をしたアクション監督もすごいけれど、結構な長回しの中でそのアクションシーンをやりきるキアヌ・リーブスもすごい。



そして、たとえ、この第一章が物足りなかったとしても、是非、第二章は観て欲しい。

私もそうだったのだけど、きっと、この映画の面白さに覚醒するに違いない。



映画「ジョン・ウィック」キアヌ・リーブス




関連記事


〇さらにパワーアップした第二章!!


「ジョン・ウィック チャプター2」怒涛のガンフーに興奮!!亡き妻の思い出と犬を大切にするジョンにトキメキ。全てがバージョンアップした第2章!キアヌ・リーブス主演映画【感想】

見逃しちゃった?でも大丈夫!映画「ジョン・ウィック」は、現在U-NEXT で配信中


本ページの情報は2019年10月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。





↓ 人気ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします

映画 ブログランキングへ

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村





Amazon プライムで観る:「ジョン・ウィック」(字幕版)

ジョン・ウィック(字幕版)

新品価格
¥100から
(2019/10/3 10:48時点)



DVDで観る:「ジョン・ウィック」1・2スペシャル・コレクション

ジョン・ウィック 1 2 Blu-rayスペシャル・コレクション[初回生産限定]

新品価格
¥3,967から
(2019/10/3 10:48時点)


















このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


ウィレム・デフォーがアカデミー賞 助演男優賞にノミネートされた映画「フロリダ・プロジェクト」を映画館で観た。

フロリダ ディズニーワールドの隣にある安モーテル「マジック・キャッスル」で暮らす、6歳の少女ムーニーの目を通して貧困層の生活を描く。


満足度 評価】:★★★★☆(4.5)

面白かったーー。

最後は泣いてしまったーー。

貧困層の彼らが暮らす安モーテルは、たとえごみ溜めでも、子供たちの魔法にかかれば夢の国に。

人間的に未成熟なまま子供を産んでしまうところに貧困層の問題点があるが、それでも健気に生きている子供たちの笑顔には救われる。



目次

  1. 予告編
  2. 更新履歴・販売情報
  3. キャスト&スタッフ
     出演者
     監督
  4. あらすじ
  5. 感想
  6. 関連記事


「フロリダ・プロジェクト」予告編 動画

(原題:The Florida Project)




更新履歴・公開情報


・2018年5月17日 映画館にて鑑賞。

・2018年6月5日 感想を掲載。

・2019年4月17日 WOWOWでの放送に合わせて加筆・修正。

現在、DVD、ネット配信共に販売中。




DVDで観る:「フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法」

フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法 デラックス版 [Blu-ray]

新品価格
¥4,311から
(2018/10/5 14:45時点)



ネット配信で観る:「フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法」(字幕版)

フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法(字幕版)

新品価格
¥400から
(2018/10/5 14:46時点)



【映画パンフレット】フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法

【映画パンフレット】フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法

新品価格
¥2,300から
(2018/6/5 16:54時点)




キャスト&スタッフ


出演者

〇ブルックリン・キンバリー・プリンス


〇ブリア・ヴィネイト

〇ヴァレリア・コット

〇クリストファー・リベラ



監督・脚本・編集・製作

〇ショーン・ベイカー


2017年製作 アメリカ映画



映画「フロリダ・プロジェクト」




あらすじ


6歳のムーニー(ブルックリン・キンバリー・プリンス)は、ママのヘイリー(ブリア・ヴィネイト)と一緒にフロリダ ディズニー・ワールドの隣にあるモーテル「マジック・キャッスル」で暮らしている。

そこでは、ムーニーたちと同じような暮らしをしているスクーティ(クリストファー・リベラ)とママもいて、ムーニーとスクーティは、時々オーナーのボビー(ウィレム・デフォー)に怒られながら、毎日冒険しながら楽しい日々を送っている。

しかし、ヘイリーが宿泊料を払えず、ボビーからお金を払うように言われてしまい…。



映画「フロリダ・プロジェクト」




感想(ネタバレあり)


アメリカの低所得者層向け住宅「プロジェクト」


アメリカでは、低所得者層の人たちが暮らす住宅を「プロジェクト」と呼ぶのだという。

日本でいえば、低所得者層向けの団地といったところか。

アメリカ各地にあるが、犯罪の温床になってしまっているのが現状なのだとか。

ドラッグ、ギャングの抗争、強盗などの犯罪が頻繁に起き、日本語で「スラム地区」と訳されることもある。



この映画のタイトル「フロリダ・プロジェクト」は、そんな「フロリダの貧困層の生活」を意味している

ただし、主人公親子の母・ヘイリーは無職で、そういう団地にすら住むことができない

そのため、低賃金で暮らすことができる安モーテル「マジック・キャッスル」で生活している



日本で暮らしていると、そんな彼女たちの暮らしにちょっとビックリしてしまうが、そういう生活をしているのは彼女たちだけではない。

彼女たちと同じような境遇の家族が何組もベッドルームとバスルームしかない部屋で暮らしているのだ。



また、彼女たちが暮らすモーテルの近くには、いくつもの一軒家が廃墟となった住宅地がある。

そこは、「サブプライムローン」が破綻して取り上げられた住宅の跡地だと思うのだが、それは政府が貧困層対策を意図した政策が失敗したことを象徴している。

そこもまた、ドラッグ売買などの温床になってしまっていて、子供たちが近寄ってはいけない場所である。



けれど、好奇心からその場所に冒険に行った幼いムーニーたちは、無邪気にそこに入り込み、散々遊び回った後に、その家に火をつけてしまう。

「プロジェクト」にしろ、「サブプライムローンの破綻」にしろ、政府の貧困者層対策の中で生まれたムーニーのような子供たちが、その象徴である住宅に火をつけ、それが炎上している姿は、まるで現在のアメリカ政府の貧困者層に対する無策さを表しているようだった。



この映画は、そんなヘイリーとムーニーの暮らしを通して、「今、低所得者層で何が起きているか」を訴え、「なぜ、そうなった」のか、「彼女たちには何が必要なのか」を考えさせられる作品になっている。



映画「フロリダ・プロジェクト」




ムーニーたちの夢の国「マジック・キャッスル」


とはいえ、ヘイリーは無職のため収入がない。

安モーテルで暮らすにもお金が無ければ生活できない。

そのため職安に通うが、まともな仕事をしたことがないヘイリーに対して職安も仕事を紹介できないという。



しかし、収入がないとモーテルすらも追い出されてしまうヘイリーは、大量に買ったブランド物の香水を金持ちが通うゴルフ場で売ったり(違法)、挙句の果てに自分の部屋で売春を始めてしまう。

「マジック・キャッスル」では売春が禁止されているにも関わらず。



さらに、誰でも出入りできる「マジック・キャッスル」には、小児性愛者と思われる変態が寄ってきてヘイリーたちに話しかけたりすることもあり、どこから見ても幼い子供たちが生活するのに適した環境とはいえない

ヘイリーがとった客の中には、そこを「ごみ溜め」と呼ぶ者もいた。

(それは、ヘイリーがその客の持ち物を盗んだからだが)

そんな生活を見ていると、そんなところでは子供たちの情操教育に悪影響を…と大人たちは考えてしまう。



しかし、この映画を観ていると、そんな大人たちの心配をよそに子供たちはイキイキとそこで生活している。

そんな彼らをみていると、子供たちの好奇心ていうのは、本当に素晴らしいなと思う。



子供たちにとっては、お母さんと一緒に暮らせるところは、それがたとえ「ごみ溜め」であっても、「魔法の城(マジック・キャッスル)」であり、毎日が冒険で、最高の遊び場になるのだ。



彼女たちの魔法にかかれば、そこは「ごみ溜め」から「夢の国」へと早変わりしてしまうのだ。

たとえ、本物のディズニー・ワールドに行けなくても、周りにいろんな人が暮らしているその場所は、彼女たちにとって、夢と冒険に溢れたディズニー・ワールドなのだ。



そして、そんな彼女たちの生活をいつも気にして見守ってくれているのが、「マジック・キャッスル」のオーナー ボビー(ウィレム・デフォー)だった。

時にはヘイリーに厳しいことを言うけれど、それも全て幼いムーニーのことを思ってのことだった。

ボビーにとって、ヘイリーは出来の悪い娘のようなものかもしれないが、できの悪い子ほどかわいいものであり、ムーニーはただただかわいい孫のようなものだ。



時には厳しく、しかし、いざとなった時は身体を張って彼女たちを守るのがボビーの役割なのだ。

そのとても大きく優しく包み込むボビーの優しさが、この映画の優しさにつながっている



映画「フロリダ・プロジェクト」




貧困層で育ち、そこから抜け出せないヘイリーの不幸


ヘイリーにはムーニーという子供もいるし、年齢的には大人である。

でも、精神的にはとても幼い

恐らく、ヘイリー自身もその「プロジェクト」育ちで、教養がないのではと思った。



だから、職安に行って「仕事を探しなさい」と言われても、「働き方」が分からない。

手っ取り早くお金を得る方法として「売春」を選んでしまう。

そして、自分の思うようにならなくなってくると癇癪を起しブチ切れてしまう。

まるで子供だ



ヘイリーにとっての不幸は、貧困層で育ち、大人になってもそこから抜け出せないところにある。

とくに教養もなく、精神的に子供のまま大人になり、風俗の経験しかない彼女に紹介できる仕事もない。



貧困層における問題点はそこにある

彼らは「社会で生きていける方法」を知らないために、そこから抜け出すことができず、同じ犯罪を繰り返す生活を送ってしまうのだ。



そんなヘイリーに対し、「ムーニーが生活するには劣悪な環境だから」という理由で四角四面に物事を考えムーニーをヘイリーから引き離す社会福祉局は、まるで鬼のように見えた。

本来ならば、貧しい人たちの生活を考えるのが社会福祉局の仕事なのに、ヘイリーもムーニーも不幸になる道筋しか考えないのは、本当に正しい方法といえるのか

本当に必要なのは、ヘイリーへの職業訓練ではないのか。



たとえば一定の期間ヘイリーに職業訓練を受けさせて、社会で働ける能力を身に着けさせ、ムーニーと共に暮らせる選択肢を与えることだってできるのではと思ってしまう。



社会福祉局とは、一体何のためにあるのか

それは、先日カンヌでパルムドールを受賞した「万引き家族」と共通した問題点である。

ということは、この「フロリダ・プロジェクト」で起きていることは、決して他人事ではないのである。



映画「フロリダ・プロジェクト」




社会福祉局とは、何のために存在しているのか


ムーニーは、まだ6歳の幼児である。

しかし、そんなヘイリーと暮らすムーニーには大人びたところがある

既に、大人たちの顔色をうかがい、大人たちが悪いことをしているのを「見て見ぬふり」をする術を身に着けている。



しかし、そんなムーニーにとって一番辛いことは、「ママと引き離されること」だ。

それまで明るく元気に暮らしていたムーニーが、ラストが顔面を崩壊させながら号泣したのは、大人たちの動きから「ママと引き離されること」を察知してしまったからだ。

この最後の場面で、ムーニーはこの映画の中で一番素直で子供らしい表情を見せる。



どんな親でも、他人からしたら最低な親でも、子供にとっては一人しかいない親なのだ。

このムーニーの号泣には、こちらも胸を締め付けられてもらい泣きしてしまう



そして、ヘイリーはドアップの顔で画面に向かって悪態をつく。

この最後のヘイリーの叫びは、社会に対する嘆きである。

普通の女の子のように生きていきたくても、どうやって生きていけばいいのか分からない。

そんな社会は、ヘイリーにとってクソでしかないのだ。



誰かがヘイリーに労働の楽しさを教えてあげることができたら、もっと楽に生きられるのにと思った。

しかし、社会は冷たく、あまりにも彼女に対して厳しすぎるのだ。



せめてムーニーは、そのまま彼女の夢の国で暮らしていって欲しいと思う。

ラストシーンに現れる「本物のお城」に、そんな彼女への希望を見た




関連記事 貧困の中で生きる子供たち


「万引き家族」



ゆるめの映画ネタはこちら→「とにかく映画が好きなんです」【別館】

映画のコラムやイベントに参加した話、音楽やご飯ネタなども掲載しています。

この【本館】よりも、もっとユルッとした裏アカです。

こちらも、ぜひ。
 ↓





↓ 人気ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします

映画 ブログランキングへ

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村





DVDで観る:「フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法」

フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法 デラックス版 [Blu-ray]

新品価格
¥4,311から
(2018/10/5 14:45時点)



ネット配信で観る:「フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法」(字幕版)

フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法(字幕版)

新品価格
¥400から
(2018/10/5 14:46時点)



【映画パンフレット】フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法

【映画パンフレット】フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法

新品価格
¥2,300から
(2018/6/5 16:54時点)




















このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


マット・デイモン主演の映画「グレートウォール」を映画館で観た。

中国の万里の長城にまつわる伝説。なぜ、万里の長城は建てられたの謎に迫るアクション歴史映画。


満足度 評価】:★★★☆☆(3.5)

アクションはそれなりに楽しめたけど、なぜ、この映画にマット・デイモンが必要なのかが理解できないまま終了。

怪獣にも魅力を感じることなく、CGの大量コピペにしか見えなかったのがとても残念。

目次

  1. 予告編
  2. 更新履歴・販売情報
  3. キャスト&スタッフ
     出演者
     監督
  4. あらすじ
  5. 感想


「グレートウォール」予告編 動画

(原題:The Great Wall)



更新履歴・公開、販売情報

・2017年5月3日 映画館で観た感想を掲載。

・2018年1月11日 WOWOWでの放送に合わせて加筆・修正。

現在、DVD、ネット配信、共に販売中。



ネット配信で観る:「グレートウォール」(字幕版)

グレートウォール(字幕版)

新品価格
¥400から
(2019/1/11 16:57時点)



DVDで観る:「グレートウォール」

グレートウォール[AmazonDVDコレクション] [Blu-ray]

新品価格
¥1,500から
(2019/1/11 16:58時点)



THE GREAT WALL[グレートウォール] Commander Lin Mae [リン・メイ司令官]

THE GREAT WALL[グレートウォール] Commander Lin Mae [リン・メイ司令官] 1/6スケール ABS&PVC&POM製 塗装済み可動フィギュア

新品価格
¥31,800から
(2017/5/2 15:34時点)



「グレートウォール」

グレートウォール (竹書房文庫)

新品価格
¥864から
(2017/5/2 15:35時点)




キャスト&スタッフ


出演者

マット・デイモン
…(「サバービコン 仮面を被った街」、「ジェイソン・ボーン」、「オデッセイ」、「インターステラー」、「ミケランジェロ・プロジェクト」、「プロミスト・ランド」、「コンテイジョン」、「アジャストメント」、「トゥルー・グリット」、「インビクタス/負けざる者たち」、「世界で一番パパが好き!」、<製作のみ>「マンチェスター・バイ・ザ・シー」など)

〇ジン・ティエン

ペドロ・パスカル
…(「ビール・ストリートの恋人たち」、「キングスマン:ゴールデンサークル」、海外ドラマ「ナルコス」など)

ウィレム・デフォー
…(「アクアマン」、「クレイジー・フォー・マウンテン」(ナレーション)、「フロリダ・プロジェクト」、「セブン・シスターズ」、「ジョン・ウィック」、「きっと、星のせいじゃない」、「ファーナス 訣別の朝」、「グランド・ブタペスト・ホテル」、「誰よりも狙われた男」など)

アンディ・ラウ
…(「インファナル・アフェア」、「誘拐捜査」など)

〇ルハン(元EXO)


監督

チャン・イーモウ
…(「妻への家路」、「HERO」、「初恋のきた道」など)


2017年制作 アメリカ・中国合作映画



映画「グレートウォール」



あらすじ


一獲千金のために、中国大陸で「黒い火薬」を求める旅をしていたウィリアム(マット・デイモン)と、ペロ(ペドロ・パスカル)は、行く手を巨大な壁に阻まれ、中国軍に捕まってしまう。

そして、2人が捕まってから間もなく、得体のしれない謎の怪物たちがその中国軍の壁に襲いかかってきた。

怪物はウィリアムとペロの前にも現れ、弓の名手であるウィリアムは怪物たちを倒すことに成功する。

その後、怪物たちはその場を去っていくが、ウィリアムの活躍を見た中国軍の司令官リン・メイ(ジン・ティエン)は、ウィリアムの腕を買い、中国軍の兵士の1人として迎え入れるのだが、謎の生物の正体は分からないままであり…。


映画「グレートウォール」マット・デイモン



感想(ネタバレあり)


まるで「進撃の巨人」みたいだ…


なぜか、私は、この映画が「万里の長城がゾンビに襲われる話なんだ」と思い込んでいて(アメリカ人はゾンビが好きだし)、実際に観に行ったら、怪獣に襲われる話だった。



「怪獣は人を食べて生活しており、都が怪獣に襲われないように人々は壁を作った」

「この壁には秘密がある」

んーーーー。どっかで聞いた話だなぁ…。と思ったら「進撃の巨人」だった。

巨人が怪物になっただけだ。

劇場版 進撃の巨人 前編

新品価格
¥540から
(2019/1/11 17:16時点)





この映画「グレートウォール」の中にも槍を持って空を飛んだり、宙づりの状態で壁を走ったりしながら怪獣たちを倒していく兵士たちがいて、それはまるで調査兵団みたいだなぁと思って、ちょっと笑ってしまった。

とはいえ、パクリとまでは思わず、同じアジア人として発想が近いのかなぁと思うことにした。

いくらなんでも、「進撃の巨人」が世界的に知られるようになったのは3年前だし、その頃には、この映画のプロジェクトも進んでいたと思いたい。



まぁ、そんなわけで、「進撃の巨人」を知っている人なら、巨人が人間たちを食べるように、怪獣が人間たちを食べながら巨大な壁を襲っていく話だと言ったら、だいたいどんな映画なのか、想像がつくと思う。



映画「グレートウォール」


怪獣がいかにもCGっぽくて残念だ…


日本人、特に昭和世代の人たちは、子供の頃から怪獣モノを見て育ってきた。

世界に広く知られた「ゴジラ」は、そんな怪獣モノの1つだ。



だから、他の国に比べて怪獣に対するハードルが高いように思う。

CGで描かれたような怪獣だとしょぼい感じがして納得がいかない。

私は特に怪獣ものが好きというタイプではなかったけれど、それでも、この映画の怪獣には魅力を感じなかった。



このレベルの怪獣だったら、シューディングゲームに登場する怪獣の方が、もっとクオリティ高い怪獣がいるんじゃないだろうか。



この映画の怪獣を観て、私が思い出したのは、韓国映画「グエムル-漢江の怪物-」の怪物だった。

グエムル-漢江の怪物-(字幕版)

新品価格
¥300から
(2019/1/11 17:21時点)



そのかなりブサイクな怪物が大挙して万里の長城に押し寄せるわけだけど、これがまた、CGの大量コピペをしているのが明らかで、「あぁ、これって絵だな」と思うと、一気に興ざめしてしまう。

その辺のクオリティの低さがとても残念だった。



それに、これって「グレートウォール」ってタイトルだけど、結局、突破されちゃって「グレートウォール」じゃなかったっていう話だよね。



映画「グレートウォール」


色彩の美しさはチャン・イーモウ監督ならでは


まぁ、ところどころ、そんなクオリティの低さも感じさせながらも、チャン・イーモウ監督らしさを感じさせるところも随所にあった。



チャン・イーモウといえば、これまで「紅いコーリャン」でコーリャンの赤、「紅夢」で夜空の青と提灯の赤、「初恋のきた道」で銀杏並木の黄色など、「色」で印象付ける作品が多かった。

初恋のきた道 [DVD]

新品価格
¥1,542から
(2019/1/11 17:27時点)



そのチャン・イーモウの色彩感覚が今回もフルに生かされており、兵士たちのそれぞれの役割につけた色、空飛ぶ提灯の白と燃える炎の黄色、弓矢と矢じりにつけられた薬の赤と黄色などなど。

その鮮やかな色遣いを堪能できただけでも、しっかりとチャン・イーモウ監督作品を気分になった。



それに、中国の広大な大地の美しさや、戦闘の時に太鼓を取り入れたり、戦死した将軍を弔うために天燈を飛ばしたりなど、中国の素晴らしさをアピールする場面を各所に入れ込んだつくりは、チャン・イーモウ監督が中国代表を意識しての作品だったように思う。



映画「グレートウォール」マット・デイモン


人間性が薄い…


しかし、チャン・イーモウ監督の作品だからこそ期待した部分もあった。

主役にマット・デイモンを迎え、ウィレム・デフォーアンディ・ラウを共演者にしたのであれば、もっと人間同士の諍いや葛藤があっても良かったように思う。

せっかくのキャスティングも、結局のところ怪獣との闘いにその多くが費やされてしまい、人間そのものの内面に注目して描かれることがなく、どれも薄っぺらいまま終了してしまったような印象だった。



ウィレム・デフォーは、25年間も万里の長城にいたにしては人間関係が希薄だし、アンディ・ラウについては、そこで何をしている人なのか、イマイチ不明なまま終了してしまった。



これはひとえに、まず怪獣ありきで話を作ってしまったからであり、東洋人が西洋人と出会った時の驚きやら、コミュニケーションをする上での葛藤なんかを全て削ってしまったことから来ている。

これまで、チャン・イーモウ監督が撮ってきた映画からして、人間はそんなに単純ではないということは、チャン・イーモウ監督本人が一番良く知っているはずだ。



そんなにアクションを見せる作品を作りたかったのであれば、マット・デイモンよりももっとアクションができる人を起用して、アクションに集中した映画にしたら良かったんじゃないかなと思う。

まぁ、それでも、アクションシーンはそれなりに面白かったから良かったけど。



ただ、チャン・イーモウ監督と聞いただけで、見る側のハードルが高くなってしまうのは仕方がないことだと思う。





ゆるめの映画ネタはこちら→「とにかく映画が好きなんです」【別館】

映画のコラムやイベントに参加した話、音楽やご飯ネタなども掲載しています。

この【本館】よりも、もっとユルッとした裏アカです。

こちらも、ぜひ。
 ↓







↓ 人気ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします

映画 ブログランキングへ

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村





ネット配信で観る:「グレートウォール」(字幕版)

グレートウォール(字幕版)

新品価格
¥400から
(2019/1/11 16:57時点)



DVDで観る:「グレートウォール」

グレートウォール[AmazonDVDコレクション] [Blu-ray]

新品価格
¥1,500から
(2019/1/11 16:58時点)



THE GREAT WALL[グレートウォール] Commander Lin Mae [リン・メイ司令官]

THE GREAT WALL[グレートウォール] Commander Lin Mae [リン・メイ司令官] 1/6スケール ABS&PVC&POM製 塗装済み可動フィギュア

新品価格
¥31,800から
(2017/5/2 15:34時点)



「グレートウォール」

グレートウォール (竹書房文庫)

新品価格
¥864から
(2017/5/2 15:35時点)


















このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


オーストラリア製作 ドキュメンタリー映画の「クレイジー・フォー・マウンテン」を試写会で観た。

世界最高峰の山々を目指す人々の思いを描くドキュメンタリー映画。


満足度 評価】:★★★★☆

山々の壮大さと、映像の美しさに夢中になって観ていた。

ここで描かれるのは、かつて神々の領域だった山々に挑んでいく人々の姿。

しかし、山は大き過ぎて恐ろしい。

だからこそ、その山に挑むのだろうけど、私はこうして映像を観ているだけで十分だと思った。



「クレイジー・フォー・マウンテン」予告編 動画

(原題:Mountain)

 


更新履歴・公開情報


・2018年7月10日 試写会にて鑑賞。

・2018年7月24日 感想を掲載。


現在、公開中。劇場情報については、下記公式サイトをご参照ください。
 ↓




キャスト&スタッフ


ナレーション





監督

〇ジェニファー・ピードン


2017年製作 オーストラリア映画




クレイジー・フォー・マウンテン



感想



この映画の感想は、私が「ぴあ映画生活」に投降したものを紹介します。


クレイジー・フォー・マウンテン (2017)


★★★★ [80点]「偉大なる山々に挑む人間たち」


気づけば、スクリーンに映し出される山々の壮大さと、映像の美しさにすっかり夢中になっていた

この映画で描かれるのは「なぜ、山は人を夢中にさせるのか」そして、「なぜ、人は山に登るのか
である



山といっても、その辺にある山ではなく、エベレストのような最高峰の山々。

かつて山は神々のものであり、そこに登ろうと思う人はいなかった



しかし「未開の地」を求める人々が入り込むようになると、山はたちまち冒険を求める人たちのものとなる。

そんな登山の歴史を紹介しながら、最近では、スキーで降りたり、自転車で登ったり、パラグライダーで降下する危険なエクストリームスポーツへと変わりつつある姿を映し出す。



もちろん、時にはそれが命を落とすリスクを背負う側面があることや、自然の猛威に人間は太刀打ちできないことも描いている。

きっと、誰の心の中にも「前人未到」という言葉にそそられたり、そこでしか見られない景色を見たいという欲求はあって

しかし「命をかけて」までそこに行くかと言われたら、世界でも、わずかの人たちしか挑戦しないのだろう



そんな、明らかに無謀な挑戦をしている人たちを見ていると、正直「頭おかしいな」と思ってしまうのだけど、そんな風に、「頭がおかしいんじゃないか」と思われるぐらいの行動をして、そこで見えた景色というのは、何物にも変えがたいものがあるんだろうと思う。

だからこそ、まるで中毒にでもなったかのように何度も挑戦するのだろう



私は、涼しい映画館の中で、こうして映像をみているだけで充分だと思ったけれど、彼らの「他の人が経験したことがないことを経験をしたい」という気持ちは理解できる気がした

それにしても、山はあまりにも偉大すぎて、そこに挑む人間はあまりにも小さ過ぎるし、どう考えても、人間が山を制覇することなどできるはずもない



それでも、毎年多くの人たちが命をかけて訪れるようすを見ると、自然が人間を誘惑しているように感じる。

とはいえ、その誘惑に乗った人間が、そこで命を落としても自然は助けてくれない

そこに自然の恐ろしさを感じた



それこそが、神の領域に人間が足を踏み入れたことへの罰なのかもしれない



Posted by pharmacy_toe on 2018/07/12 with ぴあ映画生活



Twitterでも映画や海外ドラマの情報を発信しています~



Instagramでも映画のレビューを日々更新中~










↓ 人気ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします

映画 ブログランキングへ

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村






















このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


ノオミ・ラパス主演の映画「セブン・シスターズ」を試写会で観た。

人口が爆発し、環境汚染が進む近未来を舞台に、一人っ子政策を進める国と、それに対抗していく姉妹の対決を描くSFアクション映画。


満足度 評価】:★★★☆☆(3.5)


一人っ子政策を施行する国で、七つ子が産まれたというストーリーのユニークさと面白さ。

そして、一人七役を演じきるノオミ・ラパスの素晴らしさと、派手なアクションシーン。

最初から最後まで飽きさせない作品だった。



その「一人っ子政策」が崩壊してくのが描かれているのだけど、その崩壊は、七人姉妹の一人のエゴからスタートから始まっていて、そこが、同じ女として面白いところだった。


「セブン・シスターズ」予告編 動画

(原題:What Happened to Monday?)




更新履歴・販売情報

・2017年10月8日 試写会で観た感想を掲載。

・2018年7月8日 WOWOWでの放送に合わせて加筆・修正。

現在、ネット配信、DVD共に販売中。



ネット配信で観る:セブン・シスターズ(字幕版)

セブン・シスターズ(字幕版)

新品価格
¥500から
(2018/7/8 15:14時点)




DVDで観る:「セブン・シスターズ 」Blu-ray

セブン・シスターズ [Blu-ray]

新品価格
¥4,027から
(2018/7/8 15:15時点)




「セブン・シスターズ WHAT HAPPENED TO MONDAY?」OST

セブン・シスターズ WHAT HAPPENED TO MONDAY?

新品価格
¥2,592から
(2017/10/8 16:44時点)



キャスト&スタッフ


出演者

ノオミ・ラパス
…(「チャイルド44」、「ミレニアム3 眠れる女と狂卓の騎士」、「ミレニアム2 火と戯れる女」、「ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女」など)

ウィレム・デフォー
…(「アクアマン」、「クレイジー・フォー・マウンテン」(ナレーション)、「フロリダ・プロジェクト」、「グレートウォール」、「ジョン・ウィック」、「きっと、星のせいじゃない」、「ファーナス 訣別の朝」、「グランド・ブタペスト・ホテル」、「誰よりも狙われた男」など)

グレン・クローズ
…(「天才作家の妻 40年目の真実」、「ディストピア パンドラの少女」、「ギリー・ホプキンズの不機嫌な日常」、「エアフォース・ワン」など)

〇マーワン・ケンザリ

監督

〇トミー・ウィルコラ

2016年製作 フランス、イギリス、ベルギー合作映画



セブン・シスターズ



あらすじ


人口爆発により、環境破壊が進む近未来。

ニコレット・ケイマン博士(グレン・クローズ)は、人口を抑制するために『一人っ子政策』を推進。

2人目以降は、冷凍保存させ、人口が減った頃に目覚めさせるという新しい法律ができる。

しかし、そんな最中に、テレンス・セットマン(ウィレム・デフォー)の娘が七つ子を出産。

間もなく娘は死亡してしまい、テレンスが孫たちを育てることとなった。

そこで、テレンスは全ての孫の命を助けるため、それぞれにSunday、Mondey、Tuesday…と曜日の名前をつけ、名前と同じ曜日の日だけ、カレン・セットマンとして外に出られるというルールを決める。

そのルールは、彼女たちが30歳になるまで続けられていたのだが、ある時、Mondayが外出したきり帰って来ないという事件が起きてしまい…。



セブン・シスターズ4



感想(ネタばれあり)


一人っ子政策の時代に生まれた七つ子の宿命



人口爆発と環境汚染は「一人っ子政策」で解決します!

という政策が施行された近未来。

そこまでは、きっと誰もが思い浮かぶ、どこかの国で聞いたような話。



では、その時、2人以上子供がいた場合は、どうなるのか。

「2人以上子供がいる家庭は、2人目以降に生まれた子供を冷凍保存し、将来、人口が減少したら目覚めさせます。」

と言われるが、再び会える保証もないまま、子供は親と引き離されてしまう。

そして、そんな時、セットマン家には七つ子が誕生する



母は生まれた直後に亡くなってしまい、祖父(ウィレム・デフォー)が彼女たちを育てることになる。

生まれた子供たちは、Sunday、Monday、Tuesday、Wednesday、Thursday、Friday、Saturdayと名付けられ、名前と同じ曜日だけ、外に出て、カレン・セットマンとして生きることが許される



そのストーリー展開の面白さと、派手なアクションシーンの連続で最後まで飽きることなく楽しめた作品だった。

七つ子を演じたノオミ・ラパスは、全ての個性をきっちり演じ分け、よく見れば、『今、誰を演じているのか』が分かる演技をしていたし、アクションシーンからベッドシーンまで、どんなシーンも演じきっていたので、なんの違和感もなくこの個性あふれる作品を楽しむことができた。



セブン・シスターズ2



七人が1人のアイデンティティをシェアするという生き方


何よりユニークなのは、七人姉妹が、『カレン・セットマン』という、一人のアイデンティティをシェアしながら生きていくということ

私は、一卵性双生児の見分けがなかなかつかない人なので、このアイディアはいけると思った(笑)

多分、双子の名前が入れ替わっていても気付かないタイプ。



とはいえ、本人たちにとっては、不自由なこと極まりないことだと思う。

今日は天気が良いから外に遊びに行きたいと思っても、1人しか遊びにいけない。

Sundayの場合は、学校へ行って、友達と遊びたいと思っても、一生、友達をつくることができない。



それに、自分たちが作った『カレン・セットマン』が自分とは全く違う性格でも、外にいる間は『カレン・セットマン』でなければならない。

そんなに窮屈な生き方は嫌だと思う。



私は自由が大好きな人間だから、私というアイデンティティがありながら、他の誰か(それがたとえ姉妹であっても)のアイデンティティの振りをして生きるなんてうんざり

それが、生きていくために仕方のないことだとしても、自分が自分じゃないなんて辛すぎる。



ということは、政府が国民に強要している『一人っ子政策』というのは、国民に不自由を押し付け、自由を奪う法律だということが分かってくる

さらに、政府の言う『冷凍保存』というのは嘘で、実際は焼却処分をしていた事実も発覚する。



この世に生まれてきた子供に、『間違って生まれた子供』などいない。

1人目だろうが、2人目だろうが、子供たちは全て、両親や政府がどう思おうと、自由が保証された世界で生きるべきである。



セブン・シスターズ5



ルールを破ったMondayのエゴ


しかし、そんな彼女たちのルールも永遠に続くことはなかった。

七つ子の1人、Mondayがその『カレン・セットマン』ルールに反発し、姉妹たちを政府に売り渡してしまう



この映画の原題は「What Happened to Monday?」(Mondayに何が起こったか?)である。

Mondayの行動が、やがて世界を揺るがしていくことになる。



それでは、なぜ、Mondayはルールを破ってしまったのか。

Mondayは、ある男性と恋に落ちて、妊娠。

自分と子供たちの未来を考えたMondayは、ケイマン博士(グレン・クローズ)に姉妹たちを売り渡し、自分だけがカレン・セットマンとして生き延びようと考えた。

そこから見えてくるのは、『みんなで決めたルールを破るのは、決まって、誰かのエゴである』ということ。



とはいえ、「エゴ」といったって、普通に考えたら、恋愛することも、子供を産むことも、本来だったら喜ばしいことで、祝福されるべきこと

それなのに、なぜ、彼女が姉妹を売り飛ばしてまで、その権利を守り続けなければいけないのか



だれよりも、真面目で几帳面なMondayが、その鉄壁のルールを破ったということは、それ程、その恋を貫き通したかったということだし、Mondayじゃなくても、きっと、そのうち誰かが破っていたということ。

またそれが、「男がらみ」だというのが、女性社会を的確に表していて面白かった

女性たちだけの職場に、若い独身男性を入れることは、トラブルの元になって業務に支障をきたすことがあるから、しない方が良い」という話を何度か聞いたことがある。



女性は、好きな相手を『自分だけの物』にしたくなった時、周りのことが見えなくなり、全てを破壊してまで自分の自分のものにしたがる傾向にある。

まさに『恋は盲目』なのだ。



Mondayの場合は、子供ができてしまったから余計に、その『自分だけ生き延びたい』という思いが強くなる。

他の姉妹を犠牲にしてまで守りたかったのは、お腹の中にいる子供(双子)だった

一人っ子政策を破綻させる原因となったのが、妊娠した双子だったというのは、なんとも皮肉な話だった。



Mondayがいなくなり、彼女たち全員が生き抜くために、姉妹たちはそれぞれが自分の個性を生かし、目の前にある問題を解決していくようになったため、『カレン・セットマン』ルールは自然と崩壊していった。

それと同時に、『一人っ子政策』も崩壊していく。



セブン・シスターズ3



結局、「人口爆発と環境汚染」の問題は解決しないまま…


結局、机上では素晴らしいとされた法律であっても、国民から自由を奪うことはできない

いつしか、国民から反感を買い、その法律は破綻していくことになる



そして、「人口爆発による、食糧難と環境破壊」の問題は解決しないまま、振り出しに戻ってしまう

ここが、この映画のちょっと物足りないところで、このままだったら、あと何年で地球が破滅するかを具体的に描いても良かったように思う。



「やっぱり、一人っ子政策はダメだよね」という感想ではなく、

「人口爆発や環境破壊は怖いよね」という結論に持って行かないと、死んだ姉妹たちが浮かばれない

しかし、この映画には、そこまで強いメッセージはない。

むしろ、一人っ子政策を終わらせて、新しい未来への希望で終わっている。



もちろん、人間、個人の自由は保障されるべきだけど、では、来るかもしれない人口爆発が来た時、私たちはどのように行動すべきなのか。

その問題は、解決できていないままである…。



Twitterでも、映画や海外ドラマの情報を発信しています~








↓ 人気ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします

映画 ブログランキングへ

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村





ネット配信で観る:セブン・シスターズ(字幕版)

セブン・シスターズ(字幕版)

新品価格
¥500から
(2018/7/8 15:14時点)




DVDで観る:「セブン・シスターズ 」Blu-ray

セブン・シスターズ [Blu-ray]

新品価格
¥4,027から
(2018/7/8 15:15時点)



「セブン・シスターズ WHAT HAPPENED TO MONDAY?」OST

セブン・シスターズ WHAT HAPPENED TO MONDAY?

新品価格
¥2,592から
(2017/10/8 16:44時点)


















このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


ウィレム・デフォーがマリリン・モンローを演じた「スニッカーズ」のCM【アメリカ版】が話題になっている。


ウィレム・デフォーって誰??


今日は、ウィレム・デフォーの話題を。

「ウィレム・デフォーって誰??」と思った方。

 ↓  この人。「プラトーン」のエリアス軍曹。
プラトーン


「プラトーン」DVD

プラトーン<特別編> [DVD]

新品価格
¥577から
(2016/2/5 10:27時点)



「プラトーン」は、彼の出世作で、この写真のシーンは映画史に残る名場面の1つ。

あぁ、素晴らしいシーンだった。

「『プラトーン』なんて、知らないよっ」という方には…


 ↓ これ!「スパイダーマン」のグリーン・ゴブリンで、ピーターの親友・ハリーのお父さん。
グリーン・ゴブリン


「スパイダーマン」をAmazonビデオで観る

スパイダーマン (字幕版)

新品価格
¥300から
(2016/2/5 10:28時点)



「あぁ~。あれかぁ。いたねぇ。でもこれじゃぁ、顔がわかんないよ ><」

という方には、これ ↓

 ↓ アメリカの俳優、ウィレム・デフォー
ウィレム・デフォー


「あぁぁぁぁ。やっと、分かった~」「あの顔が怖い人だぁ」

と思った方も、たくさんいるでしょう。

とにかく、ウィレム・デフォーという人は、社会派映画から、アメコミものまで出演していて幅が広い。

普通にしてても顔が怖いから、悪役ばかり演じている俳優さん(笑)

アメリカでは、典型的な悪役キャラなんだなぁ。

他の出演作には、

きっと、星のせいじゃない。」、「ファーナス 訣別の朝」、「グランド・ブタペスト・ホテル」、「誰よりも狙われた男」、「ジョン・ウィック」など。


そんな彼が、キャラクター的に真逆のセクシー女優・マリリン・モンローを演じていることで話題になっている。

日本でもメジャーなお菓子「スニッカーズ」のCMでのこと。

日本の「スニッカーズ」のCMと言えば、部活の練習中にお腹がすくとエリカ様みたいになっちゃうサッカー編とか、泉ピン子みたいなっちゃうボーリング編 などなどあったよねぇ~

日本の「スニッカーズ」と全くイメージで、動画を観てみると

「スニッカーズ」CM マリリン編(日本語字幕なし)





お腹が空いたマリリン・モンローは、不機嫌なウィレム・デフォーになっちゃうというCM(笑)

いや~、ウィレム・デフォー クラスの大俳優が、よくこんなCMを引き受けたよなぁ(笑)

そのことについて、ウィレム・デフォー本人は、

「ハリウッドのセクシーな美女を演じることは、わたしにとって新たなチャレンジだったと認めざるを得ません。しかし、マリリン・モンローの大ファンとして、彼女の靴と有名な白いドレスを着用できるという誘惑に抗うことができなかったのです」とコメントしている。

「シネマトゥデイ」より

いやぁ。ホントに、あなたは素晴らしい俳優です。


元ネタはこちら
▼ ▼ ▼





↓ 人気ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします

映画 ブログランキングへ

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村



「プラトーン」DVD

プラトーン<特別編> [DVD]

新品価格
¥577から
(2016/2/5 10:27時点)



「スパイダーマン」をAmazonビデオで観る

スパイダーマン (字幕版)

新品価格
¥300から
(2016/2/5 10:28時点)


















このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


シェイリーン・ウッドリー主演の映画「きっと、星のせいじゃない」をWOWOWで観た。

肺がんを患う少女と、骨肉腫を克服した青年のラブストーリー。

WOWOWで放送していたのを、なんとなく見始めた映画だった。

泣いたなぁ~。とにかく泣きっぱなしだった。

でも、観終わった後は、爽やかな感動が心に残っていた。

【満足度】:★★★★☆

「きっと、星のせいじゃない」予告編 動画

(原題:THE FAULT IN OUR STARS)





「きっと、星のせいじゃない。」DVD

きっと、星のせいじゃない。 [Blu-ray]

新品価格
¥1,391から
(2016/2/1 12:16時点)



原作本「さよならを待つふたりのために 」

さよならを待つふたりのために (STAMP BOOKS)

新品価格
¥1,944から
(2016/2/1 12:18時点)



あらすじ


ヘイゼル(シェイリーン・ウッドリー)は、女子大生。

幼い頃からがん患者として生活し、今は肺がんのステージ4。

毎日、家と病院の行き来の繰り返し。

同年代の友達がいないヘイゼルを心配したお母さん(ローラ・ダーン)は、彼女を若い男女ばかりが参加するがん患者の会に連れて行く。

初めは乗り気じゃなかったヘイゼルだったが、そこで、ガス(アンセル・エルゴート)と、アイザック(ナット・ウルフ)という二人の友達ができる。

きっと星のせいじゃない

感想(ネタバレあり) 観るきっかけは、各映画評価サイトでの評判の良さ


『難病ものの映画』と聞いたら、「痛そうだな」とか、「お涙頂戴かな」と、真っ先に連想し、再生ボタンを押すのを躊躇してしまう。

しかし、この映画を観ようと思ったのは、各映画評価サイト(Yahoo!映画や、映画.comなどのサイト)の評価がすごく良かったから。

このブログを運営している以上、「多くの人が良いと言っている映画は外せない」そう思った。

それに、「ダイバージェント」のシェイリーン・ウッドリーは、どちらかと言えば、好きなタイプの女優さん。

知っている女優さんも出ているし、辛かったら、途中でやめれば良いやぁ~(← これ結構やるんだ。私(笑))と思いながら見始めた映画だった。

ところが見始めてみると、途中で停止ボタンを押すどころか、グッと映画に引き込まれ、序盤から最後まで泣き通しだった (^^;

んもーー。いっぱい泣いちゃったよーー。

確かに、難病ものではあるけれども、どちらかと言えば「ボーイミーツガール」のラブストーリーであり、主人公の二人がとにかくキラキラと輝く素敵なカップルだった。

その二人のラブストーリーに、辛くなるどころが、気分が晴れやかに。

各映画サイトでの高評価にも納得の作品だった。

きっと星のせいじゃない2

みんなが、ガスの笑顔に恋しちゃう理由


この映画の良いところは、とにかく前向きなところ。

ステージ4の肺がんを患っているヘイゼルは、酸素タンクを持ち歩き、鼻には常にチューブが刺さっている。

そうしないと、息ができないから。

そんなヘイゼルが、がん患者の会で男の人からの視線を感じる。

「なんでジロジロ見てるんだろう」「鼻に刺さっているチューブが珍しいのかなぁ」「見ないでよ」と、年頃の女の子だったら、ほぼ間違いなくそう思うだろう。

でも、ヘイゼルはそんなことに慣れているんだろうね。

「何ジロジロ見てんのよ」と、相手の男の子に声を掛ける。

すると、その男の子は、満面の笑顔で

「君が美しいから」

と答える。

ヘイゼルをジッと見つめていた青年ガスは、チューブがあるなし関係なく、ヘイゼルの内面から出る美しさを見破っていた。

これが、この映画の中では、とてもサラッとあたりまえのことのように描かれているんだけど、これは、私にはすごく衝撃的で、心に残っているシーンの1つ。

ちっとも当たり前のことじゃないんだよ。

ガスは、本当にすごいことをやってのけたんだよ。

そんなこと、サラッと言える人はいないんだよ。

その瞬間から、ヘイゼルが肺がんだってことも忘れ、私もヘイゼルと同じくガスの笑顔に恋をしてしまった。


きっと星のせいじゃない3

残された人たちが幸せになって欲しいと思う願い


そんな可愛らしい二人を主人公にして、この映画では

「今の悲惨な状況を嘆くより、身の周りにある幸せを考えよう」

と、この映画は訴える。

中盤に重要人物として、ウィレム・デフォー演じる作家ピーター・ヴァン・ホーテンが登場する。

ピーターの著作が大好きなヘイゼルのために、ガスは「アムステルダムに住むピーターに会いに行く旅」をヘイゼルにプレゼントする。

しかし、アメリカから病気を抱え、酸素タンクを引きずりながらやってきたヘイゼルに対し、ピーターはとても冷たい態度をとってしまう。

実は、彼には愛する人を病気で失ってしまった過去があり、それから心を閉ざしてしまっていた。

その彼の姿を見た秘書が、ピーターの心が開くきっかけになればと、ヘイゼルとガスを招待していた。

しかし、愛する家族をこの世に残して行ってしまうヘイゼルとガスにとって、ピーターは自分の愛する周りの人たちの未来を表す鏡のような存在だった。

ヘイゼルやガスは残された家族や愛する人たちが、自分がいなくなったことで、ピーターのように失意の中、毎日を嘆きながら暮らすよりも、すぐ側にある幸せを喜んで欲しいと願っている。

彼らは、幼い頃からいつ死んでもおかしくない毎日を暮らしてきて、「死」と隣り合わせで生きてきた。

そのため、自分たちは「死」を恐れることがなく、むしろ、残された家族たちのことを心配してしまう。

だからこそ、ガスはヘイゼルに弔文を書かせ、失ってしまう苦しみよりも、出会えたことの幸せを喜ぼうとし、ヘイゼルは、母が彼女を介護した経験を元に社会福祉士の勉強をしていることを何よりも喜んだ。

この映画の中で一貫して感じるのは「どんな状況も前向きに生きよう」というメッセージ。

その中で描かれるピーターは、「こうなってはいけないよ」という、悪い見本だった。


きっと星のせいじゃない4

若手とベテランの共演


主人公のヘイゼルを演じるのは、「スノーデン」、「ダイバージェント」のシェイリーン・ウッドリー

まだまだ、これからの女優さんだけど、サバサバした感じが好感度大。

今後が楽しみ。

ヘイゼルに恋するガスを演じるのは、同じく「ダイバージェント」のアンセル・エルゴート

とはいえ、「え?ダイバージェント出てたっけ??」って思っちゃうんだけど… (^^;

記憶になし…。

アンセル・エルゴートの他の出演作には、「ベイビー・ドライバー」、「クリミナル・タウン

ヘイゼルのお母さんを演じるのは、「スター・ウォーズ/最後のジェダイ」、「ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ」、「ジュラシック・パーク」シリーズ、「ドリームホーム 99%を操る男たち」のローラ・ダーン

常にヘイゼルを思うお母さんの気持ちが泣けるんだなぁ。

他の出演作には「遠い空の向こうに」「私に会うまでの1600キロ」「ドリームホーム」など

そして、偏屈な隠居作家ピーターにウィレム・デフォー

あのウィレム・デフォーの恐ろしい程の威圧感が、すごくピッタリな役柄だった。

このキャスティングは大成功だと思う。

他の出演作に、「セブン・シスターズ」、「ファーナス 訣別の朝」、「グランド・ブタペスト・ホテル」、「誰よりも狙われた男」、「ジョン・ウィック」など

監督は、ジョシュ・ブーン。「ハッピーエンドが書けるまで」に続き、本作が2作目。


きっと星のせいじゃない5


難病じゃなくたって、死はある日突然訪れる


ガンとか、難病と聞いただけで、まるで腫物を触るような特別扱いをしてしまいがちで、つい、可愛そうで、気の毒な人たちと思ってしまいがちだけど、この映画を観ていると、がん患者であることが、特別なことではなく、必要以上に同情を強制しないところが良いところだなぁって思った。

確かに、毎日健康に生きていても、辛い日もあれば、幸せな日もあるし、明日事故に遭って死ぬかもしれない。

だったら、今ある幸せを大切にして、さらに周りにいる人たちも幸せにできたら良いなぁと思った。



↓ 人気ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします

映画 ブログランキングへ

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村



「きっと、星のせいじゃない。」DVD

きっと、星のせいじゃない。 [Blu-ray]

新品価格
¥1,391から
(2016/2/1 12:16時点)



原作本「さよならを待つふたりのために 」

さよならを待つふたりのために (STAMP BOOKS)

新品価格
¥1,944から
(2016/2/1 12:18時点)






















このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


ブログネタ
映画の適当な感想 に参加中!
クリスチャン・ベール主演の映画「ファーナス/訣別の朝」をWOWOWで観た。

アメリカの小さな田舎町で真面目に生きていた人間が、弟によってその人生を狂わされてしまう話。

最近観た映画で、良い演技してるなぁ~って感じた俳優さんたち、「ザ・ファイター」のクリスチャン・ベール、「メッセージ」「ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー」「贖罪の街」「96時間/レクイエム」のフォレスト・ウィテカー、「スリー・ビルボード」、「猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)」、「ハンガー・ゲーム」のウディ・ハレルソンが共演している映画だと知り、これは観なければ!!と思ったのが、観る決め手になった。

彼らの演技が素晴らしいのはもちろんのこと、希望を無くした田舎町の描写など、全てのシーンを見逃してはいけないと、最初から最後まで熱心に深く見入ってしまった作品だった。

私、なんだかんだ言って、こういう重たーーーい映画が好きなんだなぁ。

「ファーナス/訣別の朝」予告編 動画

(原題:OUT OF THE FURNACE)





「ファーナス/訣別の朝」DVD

ファーナス/訣別の朝 [Blu-ray]

新品価格
¥3,800から
(2015/11/22 16:43時点)



あらすじ


製鉄業で支えられているアメリカの田舎町。

製鉄所で働くラッセル(クリスチャン・ベール)は、恋人のリナ(ゾーイ・サルダナ)と同棲中。

父は寝たきりであり、弟・ロドニー(ケイシー・アフレック(「マンチェスター・バイ・ザ・シー」))と叔父(サム・シェパード)と共に父の面倒を見ながら暮らしている。

しかし、軍人の弟はギャンブル好きであり、お金のために地元の顔役が闇で行っているストリートファイトにファイターとして参加するという一面も持ち合わせていた。

そんな中、ラッセルは飲酒運転で事故を交通事故を起こし、人を死なせてしまったために服役することに。

その間、ロドニーはイラクへ派兵されてしまう・・・。

ファーナス

感想(ネタバレあり) 活気も希望も無い、仕事もいずれなくなっていく死にゆく町


町が死んでるなと思った。

若い男が働きたいと思った時、働ける場所は製鉄所のみ、合法的な唯一の娯楽はギャンブルとお酒。

それに物足りない者たちは、違法なドラッグやストリートファイトへと心が奪われていく。

しまいには、製鉄所の閉鎖が噂される。

中国からもっと安い鉄が輸入できるようになるからだと。

そうなると、ますます町は活気を無くし、希望もなくなっていく。

この映画では、ある一人の男が、だらしない弟に振り回されてしまう人生が描かれているけれど、そのネガティブな人生の根底には、この「アメリカの死んでいく田舎町のどうにもならない現状」がある。

ファーナス2

悪玉因子が、一つずつ善玉因子を殺していく


人が病にかかり死んでいくとき、悪い細菌や細胞が、良い細胞を一つ一つと殺していくように、活気も希望も無い死にかけた町は、悪い因子が、一人一人と人を殺していく。

その悪い因子が、この映画の諸悪の根源デグロート(ウディ・ハレルソン)だ。

彼は、自分の気に入らない人間を迷わず殺し、ドラッグを蔓延させて人を壊し、ストリートファイトで死にかけた人間をさらしものにする。

蜘蛛の巣のように、運悪く張り巡らせた悪の罠に見事にかかった獲物が、ロドニー(ケイシー・アフレック)とペティ(ウィレム・デフォー)であり、もちろん何の戸惑いも無く、デグロートは彼らを始末してしまう。

ファーナス4

再生への道は、悪玉因子を取り去ること


この死にかけた街を再生させるには、悪玉因子のデグロートを根元から経たなければならない。

そこに唯一の希望をかけたのが、主人公のラッセルだった。

デグロートのことは、「どうせ刑務所に入っても、すぐ出てくるんだろうなぁ」と私も思っていたから、殺すしかなかったと思う。

だから、ラストシーンには納得したし、心にずしーーーんとした重みが乗っかってきた。

街の癌のような存在だったデグロートが死んだことで、夜明けを迎える。

それは、新しい一日の始まりであり、希望である。

ファーナス5

クリスチャン・ベール X ウディ・ハレルソン X 監督 スコット・クーパー


主人公のラッセルを演じたのは、クリスチャン・ベール(「The Promise/君への誓い」、「マネー・ショート 華麗なる大逆転」)。

誰よりも家族を愛する男ラッセル。

恋人リナから妊娠を告げられたシーンや、最後のデグロートとの一騎打ちの姿には心が痛んだ。

決して大げさにはせず、まるで昔からケイシー・アフレックと兄弟だったかのような自然な演技をするのが、クリスチャン・ベール

最後の最後に大物を捕らえ、清々しい顔をしていたのが、とても印象的。

そして、今回、演技派が顔を揃えた中で、最も印象的だったのは、ウディ・ハレルソン。

この人は、ブチ切れジャンキーをやらせたら天下一品なんだなぁ。

彼が出ているシーンの全てがおぞましかったけど、中でも、足の指の爪と指の間に注射器挿してドラッグ注入している姿が一番恐ろしい ><

いやぁぁぁぁぁぁぁこの人、クレイジーーーーと思いながら観てた。

監督は「クレイジー・ハート」のスコット・クーパー。

運命に引きずられる男の人生と、死にゆく田舎町を見事に融合させた作品だった。

次回作は、ジョニー・デップが実在のマフィアのボス、ベネディクト・カンバーバッチがその弟を演じる「ブラック・スキャンダル」が公開待機中。

これで、「ブラック・スキャンダル」がマスマス楽しみになったよ。

しかし、この監督の作品は良い俳優がいっぱい出てるんだけど、すごいなぁ。

人間力だろうなぁ。

ファーナス6

活気も希望も無い町は、死にゆく町への危険信号


今回は、アメリカの製鉄業に頼り切った小さな田舎町が舞台だったけど、日本でも、田舎に行けば、唯一の娯楽は麻雀、パチンコ、競馬にカラオケなんて町はいくらでもある。

地元の頼りの綱だった工場がつぶれて、シャッター街になってしまった街だってたくさんある。

だからと言って、その街がジャンキーで溢れる街になるわけではないけれど、活気や希望を失わない町であって欲しいと思う。

この「ファーナス/訣別の朝」のように、ちょっとした心の隙間につけ入る悪玉因子が入り込まないためにも。



↓ 人気ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします

映画 ブログランキングへ

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村



「ファーナス/訣別の朝」DVD

ファーナス/訣別の朝 [Blu-ray]

新品価格
¥3,800から
(2015/11/22 16:43時点)











↓ 「ファーナス/訣別の朝」も放送しているWOWOW_新規申込








このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


ブログネタ
映画の適当な感想 に参加中!
キアヌ・リーブスと言えば、かなり当たりハズレの多い俳優さんの位置づけ

個人的には、「マトリックス(1のみ)」「コンスタンティン」「スピード」「マイ・プライベート・アイダホ」など、大好きな映画もあるけど、それ以外の映画は、んーーーー(ーー;)って考え込んでしまう映画も多く、いつもキアヌ作品を見る前に、「これはイケてる方?そうでない方??」って考えることにしてる

ジョン・ウィック5

そんな中!この秋、10月16日公開予定の新作「ジョン・ウィック」の予告が超絶面白そうだったので、ご紹介~

***********

〇 「ジョン・ウィック」観ました!!

映画の感想はこちらから →「ジョン・ウィック」キアヌのアクションはすごくかっこいいのにストーリーが極薄だったのがとても残念。キアヌ・リーブス主演アクション映画【感想】

***********


「ジョン・ウィック」予告編 動画

(原題:John Wick)


「ジョン・ウィック」Blu-ray

ジョン・ウィック [Blu-ray]

新品価格
¥3,727から
(2016/7/28 11:07時点)



面白そうでしょう~~~(^-^)b

ジョン・ウィック1


お話は、結婚を機に殺し屋を引退したジョン・ウィック(キアヌ・リーブス)だったが、マフィアにその平和な生活を奪われたことをきっかけに殺人マシーンになって戻ってくるというお話らしい

まぁ、お話はありがちだけれども、予告編のアクションを見てるだけでも十分面白そうなんだよねぇ~

ジョン・ウィック3


共演も「プラトーン」のウィレム・デフォーに、「ロミオ&ジュリエット」のジョン・レグイザモと渋めの配役がまた良い!!

今回のキアヌの新作は、面白そうじゃん!と期待してる

時には、予告編がアクションの全てだった Σ( ̄ロ ̄|||) なんて映画もあるけど(笑)、この映画はそんなことないと信じて

全米では大ヒットを記録、すでに続編の制作も決まっているそうなので、ぜひぜひ見たいと思う~

ジョン・ウィック4


***********

〇 「ジョン・ウィック」観ました!!

映画の感想はこちらから →「ジョン・ウィック」キアヌのアクションはすごくかっこいいのにストーリーが極薄だったのがとても残念。キアヌ・リーブス主演アクション映画【感想】

***********

「ジョン・ウィック」Blu-ray

ジョン・ウィック [Blu-ray]

新品価格
¥3,727から
(2016/7/28 11:07時点)



↓ 人気ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします

映画 ブログランキングへ

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

◆私の好きなキアヌ・コレクション

コンスタンティン [Blu-ray]

新品価格
¥1,100から
(2015/8/12 16:01時点)



マトリックス スペシャル・バリューパック (3枚組)(初回限定生産) [Blu-ray]

新品価格
¥4,580から
(2015/8/12 16:02時点)



スピード [Blu-ray]

新品価格
¥950から
(2015/8/12 16:02時点)









このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック